メタボ 診断基準とは?内臓脂肪 チェックリストでわかるあなたの診断結果は?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

メタボ 診断基準とは?

以前にご紹介しました以下の記事でも、メタボリックシンドロームの診断基準を紹介しました。

メタボはお腹まわりだけでは決まらない?診断基準の第1が腹囲の理由

あらためて説明すると、メタボとは、内臓脂肪から分泌される物質のバランスが崩れることで、糖や脂質の代謝や血圧のコントロールに異常が起こり、その相乗効果で動脈
硬化が進行して、心筋梗塞や脳卒中などの危険度が増す状態です。

日本では2005年に日本人向けの診断基準が策定されました。

ただの生活習慣病と違う点は、病気が複合的に進行することです。

脂質異常や高血圧、高血糖など、どれもが自覚症状がほとんどなく、病気の進行にも気づきにくい疾患です。

自分でお腹まわりを測ったうえで、健康診断の結果と見比べてみると、自分がメタボかどうか、すぐわかります。

また、脂質異常 (中性脂肪、HDLコレステロールの数値)、高血圧 (最大と最小の血圧)、高血糖 (空腹時血糖) のどれか1項目でも該当すれば、立派なメタボ予備軍です。

メタボが引き起こす、おもな病気には次のようなものがあります。

メタボが引き起こすおもな病気
●脂質異常症

●高血圧

●糖尿病

●狭心症・心筋梗塞

●脳卒中

内臓脂肪は、他にも脂肪肝や痛風、腎臓病、膵炎などにもつながりかねません。

たかが脂肪と放っておくと生命取りです。

メタボに進行しないよう食い上めましょう。

 

内臓脂肪のチェックリスト

~あなたのメタボ度はどのくらい?~

自覚症状があまりなくても、知らず知らずのうちについている内臓脂肪。

あてはまる項目がないかチェックしてみましょう。

 

体型

Q1 口年を重ねるにつれて体重が増えている
Q2 口体重はそう変わらないが、ベルトがきつくなってきた
Q3 口足や腕はそうでもないのに、お腹がぽっこリ出ている
Q4 口お腹がふくよかになったが、指でつまみにくい
Q5 口食べる量や運動量は変わらないのに太ってきた

運動習慣

Q6 口運動をする習慣がなく、日常的に歩く時間も短い
Q7 口休日は家でゴロゴロしていることが多い
Q8 口若い頃はスポーツをしていたが、今はしていない
Q9 口階段よりエスカレーターなどをつい利用してしまう
Q10 口少し身体を動かすと息が切れたり筋肉痛が出る

食生活

Q11   口朝食を取らないのが普通だ
Q12 口外食の機会が多く、井ものや麺類が好き
Q13 口夜は食べてから2時間以内に寝る日が多い
Q14 口おかずは肉が中心で野菜はあまり食べない
Q15 口清涼飲料水や甘いお菓子が大好きだ

生活習慣

Q16 口帰宅が遅い日が多く、就寝は午前1時過ぎ
Q17 口ストレスがたまりがちな生活だ
Q18 口毎日の平均睡眠時間は6時間以下
Q19 口お風呂にゆっくり浸かる日が少ない
Q20 口休日はゴロ寝が中心、趣味も特にない

→該当する項目はいくつありましたか?
 各1点で計算してみてください。

合計   点

 

メタボ度の診断結果は?

(3点以下)危険度は低め
今のところ、メタボの危険度は低そうです。

現在の健康的なライフスタイルを継続しましょう。


4~10点以下)やや危険
このままだとメタボになる可能性があります。

チェック項目を中心に生活習慣を見直しましょう。

★★★
(11~17点以下)危険

赤信号です。

高血圧や高血糖、脂質異常がある人は、適正な腹囲・体重をめざして努力してください。

★★★★★
(18点以上)かなり危険

メタボが進行している可能性が高いです。

医療機関での受診も含め、本格的な改善に取り組んでください。

 

【チェックポイント】

深刻な病気になる前に内臓脂肪を放置しないで早めに対策をとりましよう。

ダイエットアドバイザーのコメント


 

「年齢とともにポッチャリ、ブヨブヨ。昔はこんなことなかったのに…」

年齢とともに深刻になってくる中年太り。

ダイエットしようとしてもなかなか落ちにくい…。
食べる量は増えていないのに、なぜかブクブク…。

そんな悩みを抱えているのではないでしょうか?

中年太りの原因は、ズバリ「基礎代謝の低下」。
普段のエネルギー消費が低下しているから
食べる量は一緒でも、年齢とともに太ってしまうのです。

さらに年齢を重ねると「筋肉量」までもが低下してしまうから
自然と運動からも遠ざかり、ポッチャリ街道まっしぐら!なんてことも。

だからこそ、中年太り対策には
しっかりとカロリーをカットできて
ダイエットをサポートする成分が入った習慣を
選ぶべきなのです。

ティーライフ「メタボメ茶」は、
静岡の老舗お茶屋が、世界中から探し出した
4種類のお茶・素材を独自にブレンド。
「カロリーゼロ」「糖質ゼロ」「脂質ゼロ」に加え、
スッキリ、メラメラを応援する成分が入っていますので
まさに中年太り専用茶なのです!

中年太り専用茶の実力を特別に500円でお試しください!
↓ ↓ クリック ↓ ↓

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

関連記事

体幹が老化すると?要介護のリスクは?筋肉を鍛える効果は?

  体幹とは、身体の頭部と四肢(左右の手足)を除く胴体部分のことです。

記事を読む

酵素阻害剤とは?薬は異物?薬剤師が薬を飲まないわけとは?

病気をよくするはずの薬が、あなたの体を悪くしているかもしれない。 そんな恐ろしい事実を、あなた

記事を読む

睡眠は時間より質!睡眠の質を高める生活習慣とは?体内時計を治すには?

睡眠は時間より質を重視すべき? 睡眠の質や時間と肥満の関係について取り上げた記事 睡眠の質と

記事を読む

満腹中枢をコントロールしゆっくり食べる方法は?よく噛むことの効果は?

肥満の主要な原因が、「大食い」であることは確かです。 でも、「早食い」を直せば「大食い」になら

記事を読む

ストレスに強い人とは? ストレスの解消法は?ストレス対策に効くサプリとは?

既にご紹介しました記事、 ⇒ストレスの弊害は?食欲との関係は?ダイエットの最大の敵とは?

記事を読む

血糖値・ブドウ糖負荷試験とは?「食後高血糖」が危険?朝食で血糖値を上げない方法は?

あなたはどんな朝食を食べていますか? 忙しい現代人、朝は毎日、パンとコーヒーという人も多いと思

記事を読む

酵素の種類と働きは?消化酵素と代謝酵素の関係は?「酵素食」の効果とは?

「酵素」は動物・植物など、すべての生命体のなかに存在する、生きた「タンパク質の一種」です。 私

記事を読む

肥満の種類は?皮下脂肪型と内臓脂肪型の違いは?病気になりやすいのは?

肥満の種類と見分け方は? 肥満の種類は 肥満は脂肪のつき方によって2種類にわけられます。

記事を読む

日本人の食事の課題=太りやすい&やせにくい とは?健康的にやせるダイエット法は?

戦前の日本には、肥満で悩む人はほとんどいなかったそうです。 肥満に悩む人が増えてきたのは、日本

記事を読む

肥満と姿勢の関係|肥満は姿勢の悪さが招く?姿勢を改善する方法は?

肥満と姿勢の関係は? 筋肉は、使わないでいると20代前半の早い時期から衰え始めます。 特に、

記事を読む

腸内環境を整える食事は?油抜きダイエットの弊害&良質の油を適量摂るべきとは?

女性の中には、頑間な便秘や下腹の張りなど、腸の調子が今ひとつすぐれない

カロリー制限では美しく痩せない!そのわけは?「酵素ダイエット」の方法とメリットとは?

「ダイエットをしているのに、なかなか体重が落ちない」と悩んでいる女性は

酵素阻害剤とは?薬は異物?薬剤師が薬を飲まないわけとは?

病気をよくするはずの薬が、あなたの体を悪くしているかもしれない。

すっきりフルーツ青汁は酵素サプリ?生酵素との違いは?もっとすっきり生酵素とは?

  すっきりフルーツ青汁って酵素サプリ? 酵素サプリとは

フルーツの糖分はダイエットにNG?牛乳でカルシウム補給は嘘?生野菜は体を冷やす?

「今まで何度もダイエットを試みているのに、なかなか成果が上がらない」

→もっと見る

PAGE TOP ↑