メタボ 診断基準とは?内臓脂肪 チェックリストでわかるあなたの診断結果は?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

メタボ 診断基準とは?

以前にご紹介しました以下の記事でも、メタボリックシンドロームの診断基準を紹介しました。

メタボはお腹まわりだけでは決まらない?診断基準の第1が腹囲の理由

あらためて説明すると、メタボとは、内臓脂肪から分泌される物質のバランスが崩れることで、糖や脂質の代謝や血圧のコントロールに異常が起こり、その相乗効果で動脈
硬化が進行して、心筋梗塞や脳卒中などの危険度が増す状態です。

日本では2005年に日本人向けの診断基準が策定されました。

ただの生活習慣病と違う点は、病気が複合的に進行することです。

脂質異常や高血圧、高血糖など、どれもが自覚症状がほとんどなく、病気の進行にも気づきにくい疾患です。

自分でお腹まわりを測ったうえで、健康診断の結果と見比べてみると、自分がメタボかどうか、すぐわかります。

また、脂質異常 (中性脂肪、HDLコレステロールの数値)、高血圧 (最大と最小の血圧)、高血糖 (空腹時血糖) のどれか1項目でも該当すれば、立派なメタボ予備軍です。

メタボが引き起こす、おもな病気には次のようなものがあります。

メタボが引き起こすおもな病気
●脂質異常症

●高血圧

●糖尿病

●狭心症・心筋梗塞

●脳卒中

内臓脂肪は、他にも脂肪肝や痛風、腎臓病、膵炎などにもつながりかねません。

たかが脂肪と放っておくと生命取りです。

メタボに進行しないよう食い上めましょう。

 

内臓脂肪のチェックリスト

~あなたのメタボ度はどのくらい?~

自覚症状があまりなくても、知らず知らずのうちについている内臓脂肪。

あてはまる項目がないかチェックしてみましょう。

 

体型

Q1 口年を重ねるにつれて体重が増えている
Q2 口体重はそう変わらないが、ベルトがきつくなってきた
Q3 口足や腕はそうでもないのに、お腹がぽっこリ出ている
Q4 口お腹がふくよかになったが、指でつまみにくい
Q5 口食べる量や運動量は変わらないのに太ってきた

運動習慣

Q6 口運動をする習慣がなく、日常的に歩く時間も短い
Q7 口休日は家でゴロゴロしていることが多い
Q8 口若い頃はスポーツをしていたが、今はしていない
Q9 口階段よりエスカレーターなどをつい利用してしまう
Q10 口少し身体を動かすと息が切れたり筋肉痛が出る

食生活

Q11   口朝食を取らないのが普通だ
Q12 口外食の機会が多く、井ものや麺類が好き
Q13 口夜は食べてから2時間以内に寝る日が多い
Q14 口おかずは肉が中心で野菜はあまり食べない
Q15 口清涼飲料水や甘いお菓子が大好きだ

生活習慣

Q16 口帰宅が遅い日が多く、就寝は午前1時過ぎ
Q17 口ストレスがたまりがちな生活だ
Q18 口毎日の平均睡眠時間は6時間以下
Q19 口お風呂にゆっくり浸かる日が少ない
Q20 口休日はゴロ寝が中心、趣味も特にない

→該当する項目はいくつありましたか?
 各1点で計算してみてください。

合計   点

 

メタボ度の診断結果は?

(3点以下)危険度は低め
今のところ、メタボの危険度は低そうです。

現在の健康的なライフスタイルを継続しましょう。


4~10点以下)やや危険
このままだとメタボになる可能性があります。

チェック項目を中心に生活習慣を見直しましょう。

★★★
(11~17点以下)危険

赤信号です。

高血圧や高血糖、脂質異常がある人は、適正な腹囲・体重をめざして努力してください。

★★★★★
(18点以上)かなり危険

メタボが進行している可能性が高いです。

医療機関での受診も含め、本格的な改善に取り組んでください。

 

【チェックポイント】

深刻な病気になる前に内臓脂肪を放置しないで早めに対策をとりましよう。

ダイエットアドバイザーのコメント


 

「年齢とともにポッチャリ、ブヨブヨ。昔はこんなことなかったのに…」

年齢とともに深刻になってくる中年太り。

ダイエットしようとしてもなかなか落ちにくい…。
食べる量は増えていないのに、なぜかブクブク…。

そんな悩みを抱えているのではないでしょうか?

中年太りの原因は、ズバリ「基礎代謝の低下」。
普段のエネルギー消費が低下しているから
食べる量は一緒でも、年齢とともに太ってしまうのです。

さらに年齢を重ねると「筋肉量」までもが低下してしまうから
自然と運動からも遠ざかり、ポッチャリ街道まっしぐら!なんてことも。

だからこそ、中年太り対策には
しっかりとカロリーをカットできて
ダイエットをサポートする成分が入った習慣を
選ぶべきなのです。

ティーライフ「メタボメ茶」は、
静岡の老舗お茶屋が、世界中から探し出した
4種類のお茶・素材を独自にブレンド。
「カロリーゼロ」「糖質ゼロ」「脂質ゼロ」に加え、
スッキリ、メラメラを応援する成分が入っていますので
まさに中年太り専用茶なのです!

中年太り専用茶の実力を特別に500円でお試しください!
↓ ↓ クリック ↓ ↓

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは?放置すると危険?治療するには?

昼間も眠気が取れない、大事な会議中でも眠気が襲ってくる……。 あなたにはこのような経験はありま

記事を読む

肥満のメカニズム|脂肪細胞の働きとは?食べ過ぎで起こる悪循環のリセット方法は?

あなたは、脂肪はお腹まわりにつくためか、なんとなく塊となってお腹にたまっているという印象をもっていま

記事を読む

カロリー理論の嘘とは?カロリーの定義から見える健康常識の嘘とは?

あなたは、「カロリーの収支バランスをマイナスにすること」がダイエットだと思って食事制限をしていません

記事を読む

ダイエットの目的とは?太りやすい生活をチェックして生活習慣病を予防しよう!

あなたは太りやすい生活、していませんか? ここでは、まず、ダイエットの真の目的を確認した上で、

記事を読む

腸内フローラとは?肥満人の腸内細菌をマウスに移植したら?肥満を改善するには?

最近、「腸内フローラ」という言葉を、よく耳にされると思います。 このブログのでも、以下の記事で

記事を読む

40代までは炭水化物を!ミトコンドリアエンジンで50代以降の老化を遅らせるには?

前回の記事 人間のエネルギー源は解糖エンジンからミトコンドリアエンジンへの移行するとは?

記事を読む

脂質の役割とは?「油脂は太る」は嘘?糖質のとり過ぎこそ諸悪の元凶とは?

肥満は、下図のドミノに見るようにさまざまな生活習慣病につながります。 脂質もとりすぎれ

記事を読む

肥満の原因をとり除く食事とは?GI値の低い食事にシフトするには?  

近年、ヒトが肥満になるメカニズムが明らかになり、肥満のカギを握るインスリンというホルモンが出るのを抑

記事を読む

「もったいない」が太るもと!食べる量を減らすには?残す マナーとは?

「もったいない」が太るもと!とは 食べ物を粗末にしてはいけません。 しかし、もったいなからと

記事を読む

お酒のカロリーで太る?アルコールの適量は?飲み過ぎを予防するには?

お酒は「エンプティ・カロリーだから太らない」という説を信じている人がいます。 ところが、エンプ

記事を読む

加齢につれ不足する栄養素:肉の健康的な食べ方・血糖値の上昇を抑える食べる順序は?

以下の記事でもお伝えしましたが、私たちの体は、若い時期の「子作りのため

ヨーグルトって整腸 効果なし?あり?プロバイオテイクス+プレバイオテイクスの効果とは?

私は毎朝、100gぐらいのヨーグルトを食べています。 ヨーグルト

善玉菌だけでは健康になれない?日和見菌を増やす納豆のネバネバ 効果とは?

  前回は日本の伝統食である味噌に含まれる善玉菌による

腸内細菌のバランスを整えるポイントは?発酵食 味噌の効果とは?

近年、腸内細菌に関する研究がさまざまな分野で、多くの研究者によって進め

腸内細菌でうつを治療できる?タンパク質を合成する?健康への影響は?

年々深刻化しているうつ病。 日本ではその患者数が増え続け、毎年3

→もっと見る

  • 累計販売135万個
     中年太り専用茶の実力を特別に500円でお試しください!
        ↓ ↓ クリック ↓ ↓

PAGE TOP ↑