「 月別アーカイブ:2017年02月 」 一覧

人間は本来、ブドウ糖ではなくケトン体をエネルギー源としていた !?

前回の記事:人間のエネルギー源は糖質が主?脂質、たんぱく質も?健康に良いエネルギー源は? で人間のエネルギー源はブドウ糖とケトン体であることを明らかにしました。 ここでは、人類の食の歴史を

続きを見る

人間のエネルギー源は糖質が主?脂質、たんぱく質も?健康に良いエネルギー源は?

以前ご紹介した記事 正しい糖質制限=ケトジェニックダイエットとは?高カロリーだと太るの嘘? では、ケトジェニックダイエットについてとりあげました。 ケトジェニックダイエットとは糖質制限をすると

続きを見る

運営者情報

2017/02/25 | 運営者情報

サイトの概要 このサイトでは食事療法を主とした方法で、ダイエットに取り組んだ方のさまざまな体験談を掲載し、ダイエットアドバイザーである私が寸評を加えています。 また、最近のダイエットメッソド(

続きを見る

脂質・脂肪酸の種類と働きは?構造は?「脂質を食べたら太る」は大きな誤解とは?

脂質は太るもの、体に悪いものという一部間違った情報がひとり歩きしてきましたが、近年、オメガ3などの良質な脂質の摂取が大事であることが、 マスコミでもとりあげられるようになりました。 さて、「脂

続きを見る

炭水化物6割、油2割という基準が病気の原因!脂質を増やしても安全な理由は?

前回の記事で、「油を抜いた、炭水化物の多い食事はよくない」ことをご紹介しました。 でも、大抵の病院の栄養士さんからは「油を控えて、炭水化物は適度に食べましょう」と指導されます。 長年国を挙

続きを見る

油抜きダイエットの効果は?炭水化物 が体脂肪に変わる!低脂肪食で糖尿病が3倍に?

昼食にとんかつ定食をガッツリ食べて、夕食はフライドチキンやフライドポテトなどでビールを飲む。 油の豊富な肉や料理を食べ続け、運動不足の状態が続いていると、体重はあっという間に増えていきます。

続きを見る

主食を摂るなら パンよりごはん!輸入小麦は危険、パンの食べ過ぎは病気を招く?

近年、糖質制限ダイエットを実践する方が増えてきました。 糖質制限ダイエットでは減量に成功してゆるやかな糖質オフ食にスイッチしたいというとき、主食を取り入れるなら、できるだけカラダへのリスクが低い

続きを見る

カットすべきは脂質ではなく糖質!脂質が必要な理由は? 米国では脂質摂取の制限はない  

旧来の摂取カロリーを制限するダイエット法に毒されていると、「油脂(脂質)=悪者」という先入観があります。 でも、それは誤解であることは以下の記事でもご紹介しました。 ⇒脂質=悪者は誤解か?

続きを見る

健康常識の嘘とは?カロリー制限ダイエットはリバウドを招く、健康的でないとは?

これまで何度もダイエットに挑戦してはリバウンドを繰り返して来たという人は、むしろダイエットに成功して体形をキープしている人より多いかもしれません。 短期(速攻)ダイエット、○○抜きダイエット…な

続きを見る

ダイエット失敗の理由は?効果がでるまでの 期間が長いと?継続の秘訣とは?

多くの方が色々な理由でダイエットに挑戦されています。 でも、ダイエットに成功して滿足されている方よりも、失敗してあきらめている人のほうが圧倒的に多いのではないでしょうか。 あなたはいかがで

続きを見る

腸内細菌が健康に影響する!腸内環境を 良くするには?ビフィズス菌と乳酸菌の違いは?

腸というものは、私たちが自分でコントロールすることが可能な臓器です。

食事制限 ダイエットで痩せないわけは?腸内細菌と肥満や健康との関係は?

ダイエットは、女性の永遠のテーマですね。 また働き盛りの男性にと

老化を促す原因とは?老化スピードを遅らせるには?肉の老化防止効果 とは?

  既にご紹介しました以下の記事 熱中症予防の根

コレステロール値について|病気との関係は?適正値とは?高いことの影響は?

中高年になると、「コレステロール値が高いから肉は食べない」という方が多

たんばく質食品の中で肉が最良の理由|良質脂質と必須アミノ酸が全て摂れるから?

  中高年が老化を早めないためには、筋肉や骨のたんばく

→もっと見る

PAGE TOP ↑