5大栄養素の役割とは?糖質の摂りすぎで太るメカニズムとは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

近年、ダイエットや健康に効果があることが認められて、実践する人が増えてきた糖質制限ダイエット。

そのメカニズムは既に以下の記事でもご紹介しました。

糖質制限で痩せるメカニズム|脂肪の摂取が増えても痩せる理由とは?

 

今回は、5大栄養素の役割を確認した上で、見方を変えて、糖質の摂りすぎで太るメカニズムについて整理しました。

5大栄養素の役割とは?

私たちが食事をすると、それぞれの食品は咀嚼されて飲み込まれ、胃腸で消化・分解されてから吸収されます。

そこから血流に乗って全身へと運ばれ、筋肉や脳の活動エネルギーになったり、体をつくる材料になったりして利用されていきます。

3大栄養素が分解されると、次のような物質になります。

○タンパク質 → アミノ酸
○脂質 → 脂肪酸とグリセリン
○糖質 → ブドウ糖

3大栄養素にビタミンとミネラルを含めた5大栄養素の役割については、下図のとおりです。

さて、糖質が分解されてできたブドウ糖は、人体にとってのエネルギー源です。

そのほかの役割はなく、単にエネルギーになるだけです。

ということは、体がさほどエネルギーを必要としないときには、糖質は余ってしまいます。

 

糖質を摂りすぎたらどうなる?

前回の記事
3大栄養素のエネルギー比率は?日本人は糖質の摂りすぎか?寿司やカレーはOKか?
で見たように、現代日本人は糖質を摂りすぎているので、多くの人の場合は常に余っているといっていい状態です。

そこで何が起きるがというと、余ったブドウ糖を脂肪に変換して、脂肪細胞の中にストックしてしまうわけです。

これこそが、ヒトが太るメカニズムです。

ブドウ糖を脂肪細胞に取り込ませる際には、必ずインスリンというホルモンの力を借ります。

インスリンは、膵臓のβ細胞という部位でつくられる、ブドウ糖を処理できる人体唯一のホルモンです。

糖を脂肪に変換して貯蔵するはたらきをもつため、「肥満ホルモン」 という別名もあります。

 

糖質過多で太る メカニズムとは?

ヒトが糖質を摂取すると、分解されたブドウ糖が血管内に放出されます。

そうして、筋肉や脳や内臓(の細胞)へと運ばれ、それらを動かすエネルギーとなります。

糖質をとるとインスリンが分泌される

ここで使い切れなかったブドウ糖は、いざというときの非常用燃料にするため、インスリンの力を借りて脂肪細胞に備蓄されるわけです。

このとき、体内で起きている出来事を順に整理すると、次のようになります。

太るメカニズム(健常人の場合)
①摂取した糖質が、ブドウ糖となって血中に放出される (※血糖値が上昇する)

②高すぎる血糖値は、人体にとってとても危険

③膵臓がインスリンを分泌して、エネルギーとしてブドウ糖を利用する  (※血糖値が低下する)

④糖質を過剰に取り入れる食生活のせいで、ブドウ糖は余ってしまう

⑤余ったブドウ糖は、脂肪に変換されて脂肪細胞にストックされる

⑥贅肉が増える

これが贅肉の正体であり、ヒトが肥満になる唯一のメカニズムです。

 

タンパク質や脂質では太らない!

ちなみに、インスリンが発動する仕組みは、糖質を食べたときだけの特殊なもので、タンパク質や脂質では起こりません。

3大栄養素の糖質、たんぱく質、脂質のうち、食後血糖値を上げる原因は糖質(炭水化物)だけだからです。

なお、私は、この事実を食後の自己血糖測定で確かめました。

2型糖尿病の方に:血糖自己測定のススメ!

このことは「カロリーと体重の問に関係性はない」という事実の1つの証明になります。

つまり、タンパク質や脂質を食べても、太ることはないのです。

 

従来、言われていた肉や脂を控える」という「ヘルシーな食事」や「カロリー制限」 の概念は、まったく的外れだったのです。

 

まとめ

  • あなたが病気にならないための答えは「糖質オフ」
  • ヒトが太る仕組みの鍵は「肥満ホルモン」インスリンが握っている

ダイエットアドバイザーのコメント


糖尿人である私は肉や魚、オリーブオイルなどタンパク質と脂質はしっかり摂って糖質制限をストレスなく継続中です。

その際、カロリーオーバーは気にしませんが、食物繊維、ミネラル等の必須栄養素を摂るために補助食品「すっきりフルーツ青汁」を継続して利用しています。

↓ ↓クリック ↓ ↓

 

こちらの記事は補助食品購入に際して参考になりますよ!
「すっきりフルーツ青汁でやせる」の罠?購入前に知るべき事とは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

癌 ・心疾患・ 脳血管疾患に効くココナッツオイルは血管の病気も防ぐ!

ココナッツオイルは、癌 心疾患 脳血管疾患の三大生活習慣病に効くと同時に血中の中性脂肪やコレステロー

記事を読む

ラーメン+ ご飯 のカロリーと塩分のとりすぎに注意!その対策は?

サラリーマンのランチメニューとして、ラーメンも人気があります。 ラーメン店や中華料理店の中には

記事を読む

セカンドミール効果と朝食の関係は?食後高血糖が昼食、夕食へと波及?改善するには?

前回は、糖質制限の共通の悩みに徹底的に向き合って開発された【糖質スリム】というサプリメントをご紹介し

記事を読む

糖質制限ダイエットのメカニズム|インスリンと肥満の関係・太らない方法は?

近年、短期間で痩せると注目を集めている糖質制限ダイエットですが、 あなたは、糖質の摂取を制限すると

記事を読む

糖質制限では脂質=悪者は嘘?摂るべきおすすめの脂質とは?

糖質制限食では糖質の摂取減らし、脂質を効率的に使えるカラダにします。 従って、従来からの常識、脂質

記事を読む

血糖値・ブドウ糖負荷試験とは?「食後高血糖」が危険?朝食で血糖値を上げない方法は?

あなたはどんな朝食を食べていますか? 忙しい現代人、朝は毎日、パンとコーヒーという人も多いと思

記事を読む

油脂・脂肪酸の種類とは?どの油脂をどのようにとれば健康にいいのか?

ここまで、栄養素として脂質の重要性と油脂全般についてご紹介してきました。 脂質は、体のエネルギ

記事を読む

40代からの老化現象サルコペ二ア肥満 とは?原因は?太らない方法は? 

あなたはメタボよりも怖いと言われるサルコペ二ア肥満をご存知ですか? サルコペ二アとは、筋肉が減

記事を読む

肥満のメカニズム|脂肪細胞の働きとは?食べ過ぎで起こる悪循環のリセット方法は?

あなたは、脂肪はお腹まわりにつくためか、なんとなく塊となってお腹にたまっているという印象をもっていま

記事を読む

産後の炭水化物制限ダイエットの効果は?やり方は?成果は?

nyantaさん 48歳主婦で身長158センチ。 私は中年太りが加速してきて58キロにまで増加

記事を読む

時間栄養学の研究で判明!食べる時間によって太る?朝食抜きは太るとは?

前回の記事では、「どうして、朝食を抜くと太るのか」について近年、時間栄

食べる量が減ったのに太るわけは?朝食抜きが肥満の原因?時間 栄養学への変化とは?

飽食の時代といわれる現代ですが、実は以前に比べて食べる量が減っていると

加齢につれ不足する栄養素:肉の健康的な食べ方・血糖値の上昇を抑える食べる順序は?

以下の記事でもお伝えしましたが、私たちの体は、若い時期の「子作りのため

ヨーグルトって整腸 効果なし?あり?プロバイオテイクス+プレバイオテイクスの効果とは?

私は毎朝、100gぐらいのヨーグルトを食べています。 ヨーグルト

善玉菌だけでは健康になれない?日和見菌を増やす納豆のネバネバ 効果とは?

  前回は日本の伝統食である味噌に含まれる善玉菌による

→もっと見る

PAGE TOP ↑