5大栄養素の役割とは?糖質の摂りすぎで太るメカニズムとは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

近年、ダイエットや健康に効果があることが認められて、実践する人が増えてきた糖質制限ダイエット。

そのメカニズムは既に以下の記事でもご紹介しました。

糖質制限で痩せるメカニズム|脂肪の摂取が増えても痩せる理由とは?

 

今回は、5大栄養素の役割を確認した上で、見方を変えて、糖質の摂りすぎで太るメカニズムについて整理しました。

5大栄養素の役割とは?

私たちが食事をすると、それぞれの食品は咀嚼されて飲み込まれ、胃腸で消化・分解されてから吸収されます。

そこから血流に乗って全身へと運ばれ、筋肉や脳の活動エネルギーになったり、体をつくる材料になったりして利用されていきます。

3大栄養素が分解されると、次のような物質になります。

○タンパク質 → アミノ酸
○脂質 → 脂肪酸とグリセリン
○糖質 → ブドウ糖

3大栄養素にビタミンとミネラルを含めた5大栄養素の役割については、下図のとおりです。

さて、糖質が分解されてできたブドウ糖は、人体にとってのエネルギー源です。

そのほかの役割はなく、単にエネルギーになるだけです。

ということは、体がさほどエネルギーを必要としないときには、糖質は余ってしまいます。

 

糖質を摂りすぎたらどうなる?

前回の記事
3大栄養素のエネルギー比率は?日本人は糖質の摂りすぎか?寿司やカレーはOKか?
で見たように、現代日本人は糖質を摂りすぎているので、多くの人の場合は常に余っているといっていい状態です。

そこで何が起きるがというと、余ったブドウ糖を脂肪に変換して、脂肪細胞の中にストックしてしまうわけです。

これこそが、ヒトが太るメカニズムです。

ブドウ糖を脂肪細胞に取り込ませる際には、必ずインスリンというホルモンの力を借ります。

インスリンは、膵臓のβ細胞という部位でつくられる、ブドウ糖を処理できる人体唯一のホルモンです。

糖を脂肪に変換して貯蔵するはたらきをもつため、「肥満ホルモン」 という別名もあります。

 

糖質過多で太る メカニズムとは?

ヒトが糖質を摂取すると、分解されたブドウ糖が血管内に放出されます。

そうして、筋肉や脳や内臓(の細胞)へと運ばれ、それらを動かすエネルギーとなります。

糖質をとるとインスリンが分泌される

ここで使い切れなかったブドウ糖は、いざというときの非常用燃料にするため、インスリンの力を借りて脂肪細胞に備蓄されるわけです。

このとき、体内で起きている出来事を順に整理すると、次のようになります。

太るメカニズム(健常人の場合)
①摂取した糖質が、ブドウ糖となって血中に放出される (※血糖値が上昇する)

②高すぎる血糖値は、人体にとってとても危険

③膵臓がインスリンを分泌して、エネルギーとしてブドウ糖を利用する  (※血糖値が低下する)

④糖質を過剰に取り入れる食生活のせいで、ブドウ糖は余ってしまう

⑤余ったブドウ糖は、脂肪に変換されて脂肪細胞にストックされる

⑥贅肉が増える

これが贅肉の正体であり、ヒトが肥満になる唯一のメカニズムです。

 

タンパク質や脂質では太らない!

ちなみに、インスリンが発動する仕組みは、糖質を食べたときだけの特殊なもので、タンパク質や脂質では起こりません。

3大栄養素の糖質、たんぱく質、脂質のうち、食後血糖値を上げる原因は糖質(炭水化物)だけだからです。

なお、私は、この事実を食後の自己血糖測定で確かめました。

2型糖尿病の方に:血糖自己測定のススメ!

このことは「カロリーと体重の問に関係性はない」という事実の1つの証明になります。

つまり、タンパク質や脂質を食べても、太ることはないのです。

 

従来、言われていた肉や脂を控える」という「ヘルシーな食事」や「カロリー制限」 の概念は、まったく的外れだったのです。

 

まとめ

  • あなたが病気にならないための答えは「糖質オフ」
  • ヒトが太る仕組みの鍵は「肥満ホルモン」インスリンが握っている

ダイエットアドバイザーのコメント


糖尿人である私は肉や魚、オリーブオイルなどタンパク質と脂質はしっかり摂って糖質制限をストレスなく継続中です。

その際、カロリーオーバーは気にしませんが、食物繊維、ミネラル等の必須栄養素を摂るために補助食品「すっきりフルーツ青汁」を継続して利用しています。

↓ ↓クリック ↓ ↓

 

こちらの記事は補助食品購入に際して参考になりますよ!
「すっきりフルーツ青汁でやせる」の罠?購入前に知るべき事とは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

朝・昼・晩。時間帯に合わせて必要な栄養を!朝はタンパク質不足、夜は糖質過剰とは?

美容あるいはボディメイクのためには、「朝・昼・晩のそれぞれのタイミングで摂ると良い栄養は異なる」って

記事を読む

大豆サポニンの効果とは?脂の酸化を抑え、肥満予防に適している理由?

6月になりました。ダイエットの季節です。 ダイエットの方法といえば、まずは食事制限。 でも、空腹

記事を読む

脂質=悪者は誤解か?脂質エネルギー比の理想は?量より質が大切なわけは?

「脂質=悪者」は誤解か? 旧来の摂取カロリーを制限するダイエット法に毒されていると、「油脂(脂質)

記事を読む

必須アミノ酸をバランス良く摂ろう!アミノ酸の分類は?筋力維持にBCAAが有効とは?

今 注目されているケトジェニックダイエットやケトン体食事法では、糖質摂取を控えるとともに、たんぱく質

記事を読む

カロリー制限で体重が減らない理由は?栄養不足による現代型栄養失調とは?

ダイエットと聞いてまず思い浮かべるのが「カロリー制限」ではないでしょうか。 「ダイエットにはカ

記事を読む

ラーメン+ ご飯 のカロリーと塩分のとりすぎに注意!その対策は?

サラリーマンのランチメニューとして、ラーメンも人気があります。 ラーメン店や中華料理店の中には

記事を読む

血糖値・ブドウ糖負荷試験とは?「食後高血糖」が危険?朝食で血糖値を上げない方法は?

あなたはどんな朝食を食べていますか? 忙しい現代人、朝は毎日、パンとコーヒーという人も多いと思

記事を読む

地中海食とは?ダイエット法の効果を比較すると?最強のダイエット食は?

前回の記事で地中海食の健康効果とダイエット効果が有効であることをご紹介しました。 とくに、炭水化物

記事を読む

和食は太りやすい?食品のGI 値とは?寿司、ラーメン、カレーライスは?

和食は太りやすい? 和食はヘルシーフードとして世界的に人気を博していますが、専門的に評価すると栄養

記事を読む

栄養バランスは和食の豆腐より地中海食の豆料理!インゲン豆の煮物のレシピは?

前回まで、麺、魚料理、肉料理、野菜料理について和食と地中海食を比べてみました。 その結果、健康

記事を読む

サプリを続けるコツは?栄養素はグループで効く?すっきりフルーツ青汁はなぜ青汁か?

  ダイエットで食事制限をすると、体に必要な栄養素が足

タンパク質 不足の影響は?コレステロールって悪玉?不足するとどうなる?

  記事「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂って

「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂っている女性は太らないとは?

毎年新しいダイエット法が話題になります。 テレビなどでは、「たっ

リバウンドの原因はストレスぎれで起こす過食?それを防止できるダイエットとは?

長年ダイエットをしてきた人なら、だれでもリバウンドの経験があると思いま

過剰な糖質が太りやすく、やせにくい体をつくる理由とは?

糖質の 摂り過ぎの現状 あなたの食事の糖質の量は? あなたは、きょ

→もっと見る

PAGE TOP ↑