カロリー理論の嘘とは?カロリーの定義から見える健康常識の嘘とは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

あなたは、カロリーの収支バランスをマイナスにすること」がダイエットだと思って食事制限をしていませんか?

実は、それは誤解なんです。

でもその誤解はあなたのせいではありません。

事実、多くの病院や栄養士さんは肥満症の方にそのように説明し指導しているからです。

でも、その説明を鵜呑みにしてよいのでしょうか?

以前このブログでも「ダイエットでカロリー計算にこだわるのは意味がないことをご紹介しました。

今回、改めてその理由をご紹介します。

カロリー理論の嘘とは?

ダイエットの説明でよく見るカロリー理論を単純化すると、次のような式になります。

減量 = 摂取されたカロリ ー 燃焼(消費)されたカロリー

yaserugenri
ある車の燃料タンクに50リットルのガソリンが入っていました。

平均燃費10km/リットルの性能をもつその車で400kmのドライブをしたら、残りは10リットル。

はたして人体に対して、車の燃費のような計算が成り立つでしょうか?

答えはノーです

人体は、そんなに単純にはできていません。

カロリーの定義は?

では、そもそも「カロリー」とは何なのでしょうか?

実は熱量の単位で、1カロリーの定義は1mlのの水の温度を1℃上昇させる熱量」のこと。

栄養学の世界でよく使われる「キロカロリー」はその1000倍なので、「lリットルの水の温度を1℃上昇させる熱量」となり、あくまで物理学の単位なのです。

つまり、カロリーとは、「その物質を燃やしたときに発生する熱量 です。

それを現在の栄養学では、次の量であると定義づけています。

  • 炭水化物  1gあたり4カロリー
  • タンパク質 1gあたり4カロリー
  • 脂質    1gあたり9カロリー

この点だけを見ても、カロリー理論をすべてが化学変化である生体機能の数値に当てはめるのは、無理があることがわかります。

ヒトの体温はせいぜい37℃ですから、何らかの物質を燃焼させるには低すぎるというのも矛盾のひとつでしょう。

食べ物は、体内で消化・吸収され、さまざまな形に変化しながら代謝され使われていきます。

そして不要なものは、尿や便や汗や呼気として排泄されます。

この一連の作業のどこにも、」 は登場しません

ヒトの体内で、食べたものに火をつけて燃やすことなど不可能です。

健康常識の嘘とは?

カロリー理論の大きな疑問符とは?

ヒトが何かを食べると、その食物は胃から腸へと運搬されながら、消化・吸収の道をたどります。

最初に口で咀嚼された段階で、唾液に含まれるアミラーゼという消化酵素と混ぜられ、細かく砕かれます。

嘩下(飲み込むこと)されると、次は胃の中で胃液によってさらに溶かされますが、この液体はほぼ塩酸のような劇薬です。

そして次には十二指腸、小腸へと進みますが、ここで待ち受けているのは胃液よりさらに強力な膵液や胆汁など。

そうして、食べ物は消化管内で細かく砕かれ、一番小さな分子の形にまで分解されてから吸収され、代謝されていきます。

ところが、人体は吸収した栄養素を最大限に利用するため、いったん取り込んだものを別の形に変えて貯蔵したり、2つ以上のものを組み合わせて利用したりする高度な作業を休みなく繰り返しています。

この一連の作業は、生まれてから死ぬまで絶え間なく継続されるのです。

しかも、たとえばご飯 (主に炭水化物でできている食品) と肉 (主にタンパク質と脂質でできている食品) とでは、消化・吸収・代謝の経路がまったく異なっています。

このように、ヒトの生体活動の一連のプロセスは食べ物によって異なる非常に複雑な化学反応の連続なのです。

実は、人体中での栄養の消化、吸収は、いろんな消化酵素やホルモン、腸内に住んでいる様々な細菌の働きにも助けられて行われる極めて複雑なメカニズムなのです。

物理学の「空気中の燃焼の理論」で単純化して説明できるはずがありません。

ここからも、カロリー理論には大きな疑問符がつけられます。

ヒトの生体活動はあくまで 「代謝」 という化学反応であって、「燃焼」 ではありません

「入れたもの」と 「出したもの」 が等価でもありません。

間違った「健康常識」とは?

このように、カロリー理論の欠陥が明らかであるにもかかわらず、いつしか世の中に広まってしまいました。

冷静に考え、自分で試せば分かることですが未だに、その事実を無視し続け、カロリー理論でダイエットを説明しようとする栄養学の専門家と称する人が多くいます。

 

その結果、低カロリーであることが「ヘルシー」と信じられ、肉や脂が目の敵にされるようになりました。

それが、現在の間違った「健康常識」 なのです。

ダイエットアドバイザーのコメント


糖尿病と診断された私は、その後病院が指導するカロリー制限を試みましたが、継続できず肥満や糖尿病は一向に改善しませんでした。それで、カロリー理論に疑問を持ち始めたのです。
今では、肉や魚、オリーブオイルなどタンパク質と脂質はしっかり摂って糖質制限をストレスなく継続し、肥満と高血糖は正常値をキープしています。

なお、食事では、カロリーオーバーは気にしませんが、食物繊維、ミネラル等の必須栄養素を摂るために補助食品「すっきりフルーツ青汁」を継続して利用しています。

↓ ↓クリック ↓ ↓

 

こちらの記事は補助食品購入に際して参考になりますよ!
「すっきりフルーツ青汁でやせる」の罠?購入前に知るべき事とは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

人間は肉食動物に近い!必須 栄養素とは?糖質の食事からの摂取は必須か?

現代の栄養学では、摂取カロリーから計算した3大栄養素の好ましい摂取比率として、 炭水化物は65~6

記事を読む

スーパー発芽大豆 (だいずデイズ)の栄養は?糖質制限ダイエットにピッタリとは?

「畑の肉」とも言われる「大豆」には、肉に匹敵する量のたんぱく質が含まれています。 そして、大豆

記事を読む

糖質制限ダイエットは危険?有効?そのメリットとデメリットとは?

いま、巷では、従来のカロリー制限ダイエットに比べて効果がある上、続け易いと評判の糖質制限ダイエットが

記事を読む

正しい 糖質制限とは?タンパク質の若返り・美肌効果とは?

最近、糖質制限ダイエットなどで、糖質制限を実践する方が増加しています。 ところで、あなたは「糖

記事を読む

自律神経が乱れると太る?体内時計の乱れの原因と整える方法は?

「朝の太陽の光」が内臓脂肪を減らすってどういうことなのでしょうか? 実は、自律神経の乱れが内臓

記事を読む

ダイエット失敗の理由は?効果がでるまでの 期間が長いと?継続の秘訣とは?

多くの方が色々な理由でダイエットに挑戦されています。 でも、ダイエットに成功して滿足されている

記事を読む

脳細胞はブドウ糖しか使えないの嘘!ケトン体回路が回るとは?

「糖質が切れると頭がフラフラしてしょうがない」と言い張る人がいます。 それは、「脳のエネルギー

記事を読む

マーガリンよりバターが太らない!トランス脂肪酸は危険?ショートニングも?

かつては、「バターは動物性脂質、マーガリンは植物性脂質だから、マーガリンのほうが健康的」とされていま

記事を読む

炭水化物を減らしたカロリー制限ダイエット成功の秘訣とは?

Okadaさん 36歳男 会社員 身長169cm 私のダイエットの動機は、36歳になった頃から痩せ

記事を読む

カロリー制限から糖質制限へ|糖尿病食事療法のパラダイムシフトとは?

ダイエットのための適切な食事療法は何かを考えるうえで、糖尿病の食事療法の歴史的な変遷を理解しておくこ

記事を読む

人間のエネルギー源は解糖エンジンからミトコンドリアエンジンへの移行するとは?

車は、ガソリンをのエネルギー源として動きますが、私達、人間の体は何をエ

腸内フローラの最適バランスとは?腸内細菌の数や種類は?善玉 悪玉 日和見とは?

  日本人の腸管は、成人で10メートル近くもの長さがあ

ラクトフェリン サプリの口コミ|ダイエット効果は?免疫力アップした?老化防止は?

健康的なスタイル美人になるため体の内側からスッキリを目指せるサプリとい

ラクトフェリン サプリの口コミ|「ラクトフェリン+乳酸菌」との出会いとその効果とは?

記事:ビフィズス菌の効能とは?乳酸菌との違いは?ビフィズス菌を増やす方

「ラクトフェリン+乳酸菌」の効果|ラクトフェリン、ビフイズス菌、フェカリス菌の相乗効果とは?

これまで、善玉菌、悪玉菌を含め、100兆個いるといわれる腸内の細菌の中

→もっと見る

PAGE TOP ↑