食事制限 ダイエットの 問題点とは?失敗の原因は? 成功させる秘訣とは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

なぜいつもあなたのダイエットは続かないのでしょうか?

それは、あなたの意志が弱く、我慢が足らないせいでしょうか?

それを明らかにするためここでは、まず、これまでのダイエット法の問題点を明らかにし、そして失敗の原因があなた自身の奥底にある「潜在意識」であることを明らかにします。

そして、あなたのダイエット成功の秘訣が「現状維持の本能」に打ち勝つことであることをご紹介します。

食事制限 ダイエットの 問題点とは?

これまでのダイエット法では食事制限による方法が第1で次のように言われてきました。

  • 「この方法を毎日続けなくちゃいけない」
  • 「強い意志を持って苦しさを乗り越えて、がまんしなくちゃ成功できない」
  • 「今のままのあなたではやせられない!自分を根底から変えなければ成功できない」

このように、不安をあおり、今のあなたを否定することで、「今のあなたじゃダメだから、ダイエットしなくちゃいけない!」 と半ば強制するかのようにダイエットに駆り立てるものでした。

そして、「ダイエットは苦しいもの。その苦しさを来り越えなければ成功できない」と説いてきました。

 

こうした、ダイエット法は、確かに短期間ならば継続することもできるでしよう。

強い意志で短期間のダイエットに成功した人は、ダイエット広告の一面を飾り、一見ダイエットの成功者であるかのようにたたえられています。

しかし、実際にそうした、ダイエットに成功した人で、一年以上体型をキープできている人は、ほんのわずかなことをご存じですか。

 

あなたの長い人生の中でほんの数カ月だはやせたとしでも、それに何の意味があるでしょうか?

ダイエットは無理なく継続できなければ意味がありません。

「苦しいものだから早く終わらせたい」と思って、ダイエットを行うからこそ、短期間にやせる方法を選択してしまうのです。

しかし、数カ月で目標体重を達成したとしでも、生活を元に戻せば、体重も元通りです。

むしろ、つらく苦しいダイエットは代謝を低下させることが多いので、元の生活に戻すとダイエットをする前よりも、ブタブクに太ってしまうことも多いのです。

せっかく「つらく苦しいダイエット」 に耐え抜いてやせたのに、残ったものが、「リバウンドしやすい体だとしたら、あなたはどう思いますか?

また、今までのダイエット法は、「今のままのあなたじゃダメだから頑張ってこれをやりなさい」と、「今のあなた」を否定するところから始まるため、運動することを忘れてしまった時に、「こんな自分はダメな人間だ」と自分をさらに否定してしまいます。

自分を否定し続けると、どんどん自分が嫌いになってしまい、自分の気持ちを追い込んでしまいます。

そのストレスがある時に爆発してしまい、「こんな自分なんかどうせダイエットに成功できない!」 とダイエットを放棄し、過食してしまうことにもなりかねません。

これまでのダイエット法には、こうした問題点、があるのです。

 

ダイエット 失敗の原因は?

  • 「何度やっても成功できない」
  • 「すぐに挫折してしまう」

ダイエットの悩みは、あなたの中でとても大きな影として居座ってきたのではないでしょうか。

実はこれらを引き起こしているのはあなた自身の奥底にある「潜在意識」なのです。

潜在意識があなたのダイエットを邪魔して、失敗させています。

潜在意識とは、私たちの意識していないところで、私たちの行動や考え方を支配している意識です。

私たちが意識することのできる「顕在意識」は約10%未満であり、残り90%以上が「潜在意識」に支配されています。

これはよく氷山にたとえられ、次の図のように表されています。

 

この図のように、あなたがいくらやせたい!変わりたい!と思っても、それは脳の中の10%未満の顕在意識で思っているだけ

90%以上の潜在意識では、今のままの自分でいたいという「現状維持の本能によって、あなたのダイエットを邪魔します。

このために、あなたがダイエットしようとすると、潜在意識はあなたに対してこんな声をささやいてきます。

  • 「どうせまた挫折するに決まっているよ」 
  • 「今でなくてもいいんじゃない?」 
  • 「太っている人もいるしまだまだ大丈夫!」

こうした心の声は、あなたも聞いたことがあるのではないでしょうか?

そうして、この潜在意識が発する「現状維持の本能」の声に従ってしまうことがあなたのダイエット失敗の原因なのです。

ダイエットを 成功させる秘訣とは

「現状維持の本能」があなたのダイエットを邪魔しています。

ですから、ダイエットに成功するためにはまず、この「潜在意識の世界」を知ることが成功への第一歩です。

そして、この現状維持の本能による抵抗を乗り越える必要があります。

 

「現状維持の本能」に打ち勝つには?

現状維持の本能を力でねじ伏せようと、絶食や激しい運動などをしても、さらに強い力(食欲)を私たちに与えて抵抗してきますりその方は想像をはるかに超えるほど強力ですりだから、力でねじ伏せようとすればするはど挫折しやすくなってしまいます。

これに打ち勝つにはイソップ童話の「北風と太陽」の太陽のように、旅人である現状維持の本能を暖かく迎えてあげること、つまり「現状維持の本能を安心させてあげる」ことが、とても大切なのです。

これが、最終的にこの本能に打ち勝つ方法なのです。

 

「現状維持の本能を安心させる」とは

それでは、「現状維持の本能を安心させる」とはどういうことなのでしょうか?

最も大切なポイントが 「急激にやせることはしない」 ことです。

急激に痩せるデメリットは?

食欲が暴走しやすくなる

現状維持の本能は、変化が急激であればあるほど、危機感を強く感じ、よりいっそぅ強く元に戻そうとします。

「飢餓モード」という緊急非常態勢のモードに切り替わります。

そして、食欲をより強く感じるようになります。

甘いものや脂っこいものなど手軽にエネルギーが摂取できる高カロリーなものが欲しくなってしまいます。

さらに悪いことに、一度食べ始めると正まらなくなり、食欲が暴走しやすくなってしまい、ダイエットに挫折してしまうのです。

「基礎代謝」が低下

さらに、現状維持の本能は飢餓の危機を感じるとエネルギー(カロリー)の燃焼を抑えようとします。

このため、基礎代謝」を低下させます。

基礎代謝とは
基礎代謝とは、内臓を動かして食べたものを消化したり、心臓を動かして私たちの体中に血液を行き渡らせたりする、私たち、が生きていくための基本となる活動を支えているエネルギーです。

基礎代謝は「寝ていでも消費されるエネルギー」ですが、「飢餓モード」になると、現状維持の本能はあなたの体内の活動を衰えさせて、この基礎代謝を減らそうとします。

筋肉が落ちて脂肪がたくわえられる

具体的には、まず筋肉を分解して脂肪を蓄えようとします。

筋肉はエネルギーを燃焼させる存在なので、脂肪よりも優先的に分解されてしまうのです。

急激にやせようとすると消化活動や様々な代謝活動など、が低下して便秘になったり、血行が悪くなって冷え性肩こりになったり、さらに筋肉が落ちて脂肪がたくわえられます。

筋肉の方が脂肪よりも重いため、筋肉、が落ちた方、が一見、体重は減るのです。
しかし、「体重が減った」と喜んでいる裏側では、実はこんなことが起きているのです。

まとめ

だからこそ、時間をかけてゆっくりとやせる」 ことが何より大切なのです。

少しずつやせるのであれば現状維持の本能が危機感を感じることも少なくなります。

「飢餓モード」 のスイッチも入らずに代謝も落ちません。

だから、「やせやすい体質」を維持したままダイエットできます。

短期間で急激にやせることは「百害あって一利なしなのです。

これが、元の自分に戻そうとする 「現状維持の本能」 に打ち勝つ最も大切なポイントです。

大切なのは、時間をかけてゆっくりやせることです

ダイエットアドバイザーのコメント


糖尿病と診断された私は、その後病院が指導するカロリー制限食を試みましたが、一時的に痩せても継続できずリバンドでもとに戻るという繰り返しでした。

これは現状維持の本能を乗り越えることができなかったのです。

でも、肉や魚などタンパク質と脂質はしっかり摂る糖質制限に切り変えてからは、空腹のストレスもなく、継続できました。糖質制限のパターン(プチ、スタンダード、スーパ)を体調に合わせて使い分けることにより、好物の讃岐うどんを食べることもできストレスも感じませんでした。また、食事からだけで摂りにくい栄養素を手っ取り早く摂るため補助食品を用いています。

このように、ダイエットを 成功させる秘訣として、自分にあった適切な食事療法を選択することが大切です。

なお、私が継続的に利用している補助食品は「すっきりフルーツ青汁」です。

↓ ↓クリック ↓ ↓

 

こちらの記事は補助食品購入に際して参考になりますよ!
「すっきりフルーツ青汁でやせる」の罠?購入前に知るべき事とは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

インスリンと肥満の関係から見える!糖質制限ダイエットの効果とは?

糖質制限のダイエット効果を理解する上で、太るホルモン(肥満ホルモン)であるインスリンの働きを

記事を読む

ごはんの太らない 食べ方は?食べ合わせは?太る原因はカロリーではないとは?

ごはんの太らない 食べ方は? 日本人のダイエットだからこそ、ごはんを上手に食べることは重要課題です

記事を読む

「甘いものは別腹」の 意味は?別腹の正体とは?食べ過ぎを防ぐには?

お腹がいっぱいでも「甘いものは別腹」とよくいわれます。 これは、どういうことでしょうか?

記事を読む

イヌイットの長生きの事例からわかる!厚生省「食事バランスガイド」の問題点とは?

厚生労働省が策定した「食事バランスガイド」には、糖質を含めてバランスよく食べるようにとありますが、糖

記事を読む

脂肪分解を促進するには?褐色脂肪細胞の活性化、コレウスフォルスコリの効果とは?

適切なトレーニングをすれば、「脂肪が燃える」事はわかっていますが、脂肪を分解してくれる栄養素ってある

記事を読む

ココナッツオイル ダイエットで中性脂肪を減らし便秘解消もできる訳は?

肥満は、いろいろな病気の原因となります。 ココナッツオイルは肥満を解消するダイエットや便秘に効

記事を読む

ビフィズス菌の効能とは?乳酸菌との違いは?ビフィズス菌を増やす方法とは?

日本で売り出されているヨーグルトは7500種類以上もあり、ビフィズス菌など、さまざまな菌が入っている

記事を読む

脂質の役割とは?「油脂は太る」は嘘?糖質のとり過ぎこそ諸悪の元凶とは?

肥満は、下図のドミノに見るようにさまざまな生活習慣病につながります。 脂質もとりすぎれ

記事を読む

スーパー発芽大豆 (だいずデイズ)の栄養は?糖質制限ダイエットにピッタリとは?

「畑の肉」とも言われる「大豆」には、肉に匹敵する量のたんぱく質が含まれています。 そして、大豆

記事を読む

ストレスの身体への影響|過食が招く悪循環は?ストレスをためない 方法は?

食べ過ぎの原因の一つにストレスが上げられます。 ここではストレスの身体への影響をまず確認した後

記事を読む

腸内フローラの最適バランスとは?腸内細菌の数や種類は?善玉 悪玉 日和見とは?

  日本人の腸管は、成人で10メートル近くもの長さがあ

ラクトフェリン サプリの口コミ|ダイエット効果は?免疫力アップした?老化防止は?

健康的なスタイル美人になるため体の内側からスッキリを目指せるサプリとい

ラクトフェリン サプリの口コミ|「ラクトフェリン+乳酸菌」との出会いとその効果とは?

記事:ビフィズス菌の効能とは?乳酸菌との違いは?ビフィズス菌を増やす方

「ラクトフェリン+乳酸菌」の効果|ラクトフェリン、ビフイズス菌、フェカリス菌の相乗効果とは?

これまで、善玉菌、悪玉菌を含め、100兆個いるといわれる腸内の細菌の中

ビフィズス菌の効能とは?乳酸菌との違いは?ビフィズス菌を増やす方法とは?

日本で売り出されているヨーグルトは7500種類以上もあり、ビフィズス菌

→もっと見る

PAGE TOP ↑