ダイエットで目標体重は必要か?「なりたい自分」をイメージしやる気を継続する方法

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

ダイエットをする際には、一般的に 「目標体重を持つこと」が大切だとされています。

そのため、「目標体重」を設定して、それを目指してダイエットを頑張っている人がたくさんいます。

しかし、あなたは次の目標を見てどう思いますか? どう感じますか?

 

ちょっとつらくなりませんか?

そもそもダイエットをする際の「目標体重」って本当に必要なのでしょうか?

ダイエットで 目標体重は必要か?

「~ねばならないダイエット」を実践すると

例えば「3ヶ月後までに10kgやせなければならない」という目標。

この「ねばならない」という感覚が、あなたをつらくさせてしまいます。

  • 「やせなくてはいけない」
  • 「食事をがまんしなくてはいけない」
  • 「運動しなくではいけない」

こうした思いで、ダイエットを頑張る。

これってとってもつらいですよね?

しかも、最初に「目標体重」を設定してしまうと、どうしても「目標体重をクリアしなければならない」いう思いが出てくるものです。

そして、つらいと分かっていても「~ねばならないダイエット」を実践してしまいます。

これでは疲れてしまいますね。

たとえ、ダイエットに励み、目標体重をクリアしても、「やった! 成功した!これで元の生活に戻れる!」と元の生活に戻ってしまえば、体重も元通りです。

ダイエットは一生続けるもの

ダイエットは一生続けるものです。

「目標体重」を目指してしまうと「目標体重」を達成した時点で、ダイエットが終わってしまいます。

体重はあくまでも「目安」です。

体重が減ったからと言って、やせているとは限りません。

筋肉が落ちて体重が落ちだのに 「やせた」と勘違いして喜んでいる人も多いものです。

体重という数字には、あまり意味はないのです。

 

 

「なりたい自分」をイメージすべきとは?

「数字ではない目標」を持つには?

だからこそ、「数字ではない目標」を持つことが非常に重要なのです。

それは、実はすでにあなた自身の中にあります。あなたの心の中にあるのです。

あなたが、ダイエットをしたい! と思ったのはなぜでしょうか?

じっくり考えてみてください。

  • 「スリムになって人前で堂々と話したい」
  • 「きれいになって、友達をたくさん作りたい」
  • 「きれいになって、好きな人に告白したい」
  • 「身も心も軽くなって、もっとアクティブにいろいろなことをやりたい!」

こんな思いがあったのではないでしょうか?

そこに、「体重」という数字はありません。

「なりたい自分になる」ことは楽しい!

「なりたい自分になる」ことって、考えるだけで楽しくなるものです。

自分が望むすがたなのですから。

「なりたい姿、やりたいこと、叶えたい未来」

これらをくっきりとイメージして、その時の自分になったつもりで感情に浸る。

ダイエットを通じて「なりたい自分になる」ことはとても楽しいことです。

楽しいことならば続けることができます。

だから、「体重」ではなく、ダイエットを通じて「なりたい自分」「やりたいたいこと」「叶えたい未来」を目標にすることで、「~ねばならないダイエット」は「やりたいダイエット」に変わっていきます。

すると、心からダイエットしたい!と思えてきます。

 

目指すべきは「目標体重」でなく、ダイエットの先にある「なりたい自分」なのです。

 

「目標体重」よりも、ダイエットの先にある「なりたい自分」を意識しましょう。

 

ダイエットでやる気を 継続する方法は?

「意志が弱いからダイエットが続かない」はウソ

「私は意志が弱いから、ダイエットを続けることができない」

これは、「ダイエットがつらく苦しいもの」だと考えている証ですね。

どんなに意志が強い人でも「つらく苦しいことを一生続けなさい」と言われたら、それを受け入れることができるでしょうか?

世の中にはダイエットに成功してリバウンドもせず、自分の人生を変えている人はたくさんいます。

これらの人は、なぜリバウンドせずにやせ続けでいられるのでしょうか?

ダイエットに本当に必要なものは?

ダイエットに成功するために必要なのは「意志の強さ」ではありません。

  • 「なぜ私はやせる必要があるのか?」
  • 「やせでどうなりたいのか?」
  • 「やせることでどんなメリットを得たいのか?」

これらを自分の中でもう一度考えて、納得してからダイエットをすること、が大切なのです。

短期的には、「生活を変える」「習慣を変える」ということに苦痛を感じることもあるかもしれません。

しかし、「なりたい自分になる」のは「つらく苦しいことではありません。

長い目で見ると、それはとても楽しいことなのではないでしょうか?

ダイエットに必要なのは「理由づけ」です。

 

ダイエットアドバイザーのコメント


  

ダイエットでやる気を 継続する方法をご理解いただけましたでしょうか。
我慢を強いるつらい方法はダメですね。

ダイエットの先にある「なりたい自分」を目指すことが大切ですね。

私の場合、ダイエットの先にあるものは「健康」であり、老化を遅らせ充実した余暇を過ごすことです。

そのため、適切な補助食品を用いて、空腹の我慢などストレスのない方法でダイエットを継続しています。

あなたはいかがですか?

なお、私が現在用いている補助食品はすっきりフルーツ青汁と、スーパー発芽大豆です。

「スーパー発芽大豆」の詳細は公式サイトでご確認ください
↓ ↓お試しセットはこちら ↓ ↓



↓ ↓ 継続するならこちら ↓ ↓


【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

カットすべきは脂質ではなく糖質!脂質が必要な理由は? 米国では脂質摂取の制限はない  

旧来の摂取カロリーを制限するダイエット法に毒されていると、「油脂(脂質)=悪者」という先入観がありま

記事を読む

人類の食の歴史から見る!糖質の過剰摂取が糖尿病を増やすわけは?

私たちは、物心がついた頃から白いご飯やパンを食べ続けてきたので、「糖質は体に悪い」と言われてもなかな

記事を読む

睡眠の質と肥満、睡眠時間とダイエットの研究結果は?その意外な関係とは?

あなたは、睡眠と肥満の関係ってご存知ですか? たっぷり睡眠をとれば、ダイエットに良いと思ってい

記事を読む

ストレスでなぜ食べ過ぎる?満腹中枢と摂食中枢って?ストレス解消法のランキングは?

前回の記事「ストレスで太るのはなぜ?空腹でない食欲とは?過食を防止するには?」で 空腹でないのに食

記事を読む

過剰な糖質が太りやすく、やせにくい体をつくる理由とは?

糖質の 摂り過ぎの現状 あなたの食事の糖質の量は? あなたは、きょう、朝食で何を食べましたか?

記事を読む

ダイエットでリバウンドするメカニズムは? きれいに 痩せるには?体重維持の方法は?

短期間で体重を減らせたとしても、再び短期間で元に戻ってしまう。 これではダイエット成功とはいえ

記事を読む

ダイエットの停滞期っていつ? なぜ来る?脱出の方法は?

ダイエットを実践したあなたは、こんな経験はないだろうか? 開始した当初は順調に体重が減るのに、

記事を読む

糖質制限で痩せるメカニズム|脂肪の摂取が増えても痩せる理由とは?

実践してみればわかりますが、糖質制限をすると、ほとんどの人は面白いように体重が減り、お腹回りがスマー

記事を読む

人間は本来、ブドウ糖ではなくケトン体をエネルギー源としていた !?

前回の記事:人間のエネルギー源は糖質が主?脂質、たんぱく質も?健康に良いエネルギー源は? で人

記事を読む

イモ類

糖質制限で食べてはいけないものは穀物とイモ類!コンニャクイモはOKとは?

ダイエットに効果的!ということで近年注目されている糖質制限食。 では、糖質制限で食べてはいけな

記事を読む

加齢につれ不足する栄養素:肉の健康的な食べ方・血糖値の上昇を抑える食べる順序は?

以下の記事でもお伝えしましたが、私たちの体は、若い時期の「子作りのため

ヨーグルトって整腸 効果なし?あり?プロバイオテイクス+プレバイオテイクスの効果とは?

私は毎朝、100gぐらいのヨーグルトを食べています。 ヨーグルト

善玉菌だけでは健康になれない?日和見菌を増やす納豆のネバネバ 効果とは?

  前回は日本の伝統食である味噌に含まれる善玉菌による

腸内細菌のバランスを整えるポイントは?発酵食 味噌の効果とは?

近年、腸内細菌に関する研究がさまざまな分野で、多くの研究者によって進め

腸内細菌でうつを治療できる?タンパク質を合成する?健康への影響は?

年々深刻化しているうつ病。 日本ではその患者数が増え続け、毎年3

→もっと見る

  • コーヒーでメラメラパワーをGET! エクササイズコーヒーの初回定期コース 新登場!
PAGE TOP ↑