健康常識の嘘とは?カロリー制限ダイエットはリバウドを招く、健康的でないとは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

これまで何度もダイエットに挑戦してはリバウンドを繰り返して来たという人は、むしろダイエットに成功して体形をキープしている人より多いかもしれません。

短期(速攻)ダイエット、○○抜きダイエット…など涙ぐましいダイエット。

これらはみんなトライしますが、たいていは挫折し、リバウンドしてしまうことは次の記事
リバウンドする原因は?繰り返しが怖い理由は?ウエイトサイクリングとは?
でもご紹介しました。

ここでは、リバウンドの原因が、これまでのカロリー制限一辺倒の栄養教育カロリー神話の健康常識の間違いにあることをご紹介します。

健康常識の間違いとは?

一時は頑張って体重を落としたとしても、その後、1か月ごとに体重がジワジワと増えていき、結果的にダイエット前より太ってしまう。

しかも、以前と同じダイエットに取り組んでも歳を重ねる中れるごとにやせにくくなる。

こがリバウンドの恐ろしいところです。

こうしたリバウンドの罠に陥りやすいのは、肉や油ののった魚、卵、ナッツや良質な油脂まで減らしてしまう、カロリー制限をしやすい人です。

私たち日本人は長い間、カロリー制限一辺倒の栄養教育を受けてきました。

このなかで野菜や淡白な魚を食べることはカラダによくて、ハイカロリーな肉や魚、油もってのほかほかで間食も厳禁、というイメージが健康常識として刷り込まれています。

でも近年、カロリーに対する栄養学の常識が激変してきたことは次の記事で既にご紹介しましたね。
カロリーに対する栄養学の変化は?ロカボ食とは?ゆるい糖質制限の効果は?
カロリー理論の嘘とは?カロリーの定義から見える健康常識の嘘とは?

そうはいっても、糖質制限を勉強した人で、制限するのは糖質だけだと頭ではわかっていても、無意識のうちに肉や魚の摂取を控えたり、ノンオイルにこだわリ、結果的にカロリー制限でやせてしまうケースも多いようです。

カロリー制限 ダイエットはリバウンドを招く。

しかし、肉や魚や脂質の摂取を減らすカロリー制限でやせるのは、体脂肪だけでなく、筋肉量の低下が懸念されます。

肉や魚、卵に多く含まれるタンパク質は、筋肉の形成に欠かせません。

カロリー制限食によって、タンパク質の摂取が減ると、結果、筋肉量が減り、筋肉量に比例しているといわれている基礎代謝も低下します。

 基礎代謝とは生命を維持するための最低限必要なカロリー量のことです。

筋肉量が減った結果、基礎代謝が減り、少ないカロリで生命維持できるカラダになってしまうと、少ない量しか食べていないのに、やせない、太るという、リバウンドにつながってしまうのです

カロリー制限は健康的は嘘?

肉や魚介、卵など動物性タンパク質は、必須アミノ酸といって、これがなくては生命維持ができない大切な栄養素を含んでいます。

脳も、乾燥重量にすると、約半分がタンパク質、残り半分が脂質からつくられています。

タンパク質や脂質を毛嫌いするカロリー制限は健康に有害であるともいえるのです。

ダイエットアドバイザーのコメント


糖尿病と診断された私は、その後病院が指導するカロリー制限食を試みましたが、一時的に痩せても継続できずリバンドでもとに戻るという繰り返しでした。

でも、肉や魚などタンパク質と脂質をしっかり摂る糖質制限に切り変えてからは、空腹のストレスもなく、継続でき、糖尿病と肥満をあっさり改善することができました。
それで、国や病院のすすめる糖質重視のカロリー制限食=高糖質食やカロリー神話の栄養常識が間違いであることを確信したのです。

なお、今では摂取すべき脂質の種類には注意していますし、食事からだけで摂りにくい栄養素を手っ取り早く摂るため適切な補助食品を用いています。

このように、従来の栄養常識に惑わされることなく、自分で確かめた自分にあった適切な食事療法を選択することが大切です。

私が継続的に利用している補助食品は「すっきりフルーツ青汁」です。

↓ ↓クリック ↓ ↓

 

こちらの記事は補助食品購入に際して参考になりますよ!
「すっきりフルーツ青汁でやせる」の罠?購入前に知るべき事とは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

関連記事

インスリンと肥満の関係から見える!糖質制限ダイエットの効果とは?

糖質制限のダイエット効果を理解する上で、太るホルモン(肥満ホルモン)であるインスリンの働きを

記事を読む

酵素不足は太る!?あなたの 酵素不足の症状をチェックリストで判定しよう!

体内の酵素が不足していると、さまざまな体の不調が現れてきます。 最近、肌がくすんできた。

記事を読む

リバウンドの繰り返しは痩せにくい体に!食べないダイエットの悪影響とは?

ダイエット中は痩せたがダイエットを中断するとまもなく元の体重に戻ってしまった。 このような、いわゆ

記事を読む

ダイエットで目標体重は必要か?「なりたい自分」をイメージしやる気を継続する方法

ダイエットをする際には、一般的に 「目標体重を持つこと」が大切だとされています。 そのため、「

記事を読む

炭水化物6割、油2割という基準が病気の原因!脂質を増やしても安全な理由は?

前回の記事で、「油を抜いた、炭水化物の多い食事はよくない」ことをご紹介しました。 でも、大抵の

記事を読む

肥満の種類は?皮下脂肪型と内臓脂肪型の違いは?病気になりやすいのは?

肥満の種類と見分け方は? 肥満の種類は 肥満は脂肪のつき方によって2種類にわけられます。

記事を読む

必須アミノ酸をバランス良く摂ろう!アミノ酸の分類は?筋力維持にBCAAが有効とは?

今 注目されているケトジェニックダイエットやケトン体食事法では、糖質摂取を控えるとともに、たんぱく質

記事を読む

セカンドミール効果と朝食の関係は?食後高血糖が昼食、夕食へと波及?改善するには?

前回は、糖質制限の共通の悩みに徹底的に向き合って開発された【糖質スリム】というサプリメントをご紹介し

記事を読む

ご飯のカロリーは?食べ過ぎると?玄米で便秘解消できる?

「お米は世界でも類を見ないほどおいしい主食だ」といわれています。 たとえば、焼きノリだけでもお

記事を読む

らっきょうの驚くべき健康効果とは?らっきょうの産地は?購入方法は?

らっきょうには「畑の薬」と言われるぐらい、驚くべき健康効果があるって事をご存じですか? そしてそん

記事を読む

活性酸素の重大な害=がんを防ぐ食べ物とは?活性酸素が増加する原因は?

  記事 テロメアって命の回数券?活性酸素の悪影響を減

パンと ご飯の違い?パンの危険性とは?同じ力ロリーだと交換できるの嘘とは?

食品交換表を用いたカロリー制限による糖尿病の食事療法の最大の欠陥は、食

肥満の本当の原因は?カロリー表示があてにならない、計算が意味ないとは?

肥満やメタボが世界的に増えています。 私たちが太るのは、摂取カロ

栄養素が加熱で壊れる?非加熱食品が慢性病の3大原因を防ぐとは?

あなたは、非加熱食品と加熱食品で栄養価値が異なることをご存知ですか?

加熱食の過食が病気を招く!酵素食の効果とは?加熱食対生食の理想は?

火食とは加熱食のことで、人類は火食を覚えて病気を貰った、と云われていま

→もっと見る

PAGE TOP ↑