カットすべきは脂質ではなく糖質!脂質が必要な理由は? 米国では脂質摂取の制限はない  

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

旧来の摂取カロリーを制限するダイエット法に毒されていると、「油脂(脂質)=悪者」という先入観があります。

でも、それは誤解であることは以下の記事でもご紹介しました。

脂質=悪者は誤解か?脂質エネルギー比の理想は?量より質が大切なわけは?

今回は、ダイエッターががカットするべきは脂質でもカロリーでもなく、過剰な糖質であることを確認します。

そして、脂質摂取が必要な理由と、日米における脂質摂取基準の変化をご紹介します。

カットすべきは脂質ではなく糖質とは

摂取カロリーを減らしてエネルギー収支の赤字をつくり出そうとするカロリー制限食では、おもに制限されていたのは脂質です。

従来は、食べてカロリーになる三大栄養素のうち、糖質とタンパク賃は1g4kmlなのに、脂質は2倍以上の1g9kmlもあるため、脂質を減らすことが推奨されていたのです。

でも、いくら脂質からカロリーを減らしても糖質をたっぷり食べているうちはやせられません。

カットするべきは脂質でもカロリーでもなく、過剰な糖質なのです。

脂質が必要な理由は?

脂質の安全性は?

糖質オフでは、糖質を減らす分だけ脂質の摂取量が増えてきます。

脂質の摂りすぎを不安視する人もいますが、現代の栄養学では脂質の安全性は保証されています。

脂質は、化学的な構造の違いから、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けられます。

飽和脂肪酸は総じて肉頬に多く、不飽和脂肪酸は魚油、オリーブオイル、ナッツなどに多いという特徴があります。

飽和脂肪酸の健康効果は

肉頬に多く含まれる飽和脂肪酸に関しては、マクガバン・レポ-トや世界7か国研究といった20世紀に行われた研究で、脳卒中や心臓病といった脳心血管系の疾患のリスクとなるという見方が広がりました。

しかし21世紀に行われた精度の高い研究で、飽和脂肪酸の摂取量が増えても脳心血管糸の疾患は増えないという報告が相次いでます。

国立がん研究センターが日本人の男女約8万2000人を約11年間追跡した調査では逆に飽和脂肪酸の摂取量が多いほど脳卒中のリスクが低いと指摘しています。

不飽和脂肪酸の健康効果は

不飽和脂肪酸に関しては、魚油、オリーブオイル、ナッツを多く摂る地中海食の研究から、不飽和脂肪酸の摂取が多い人は脂質の摂取が少ない人と比べて、心血管系の疾患による死亡率か低いことがわかっています。

糖質オフ食である地中海食の健康効果を調べる大規模な研究 (PRFDiMED)で、オリーブオイルやナッツから脂質を多く 取り入れるグループと低脂質食を比べた結果、前者のほうが 心血管系疾患の予防に有効と判明。N EngljMed 2013

ことに青魚などの魚油仁含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)、エゴマ油やアマ二油などに多いα-リノレン酸などのオメガ3脂肪酸は、血液中の脂質代謝を改善させて心血管系の疾患を引き起こす動脈硬化を予防する働きがあると考えられています。

米国では脂質摂取の制限はない?

日本ではまだ総摂取カロリーに占める脂質の割合を25%前後にするように指導されています。(下図参照)

しかし、アメリカの食事摂取基準では2015年から脂質摂取の上限に対する勧告は撤廃されているのです。

アメリカでは21世紀に行われた精度の高い研究結果が摂取基準に反映されて改訂されいるのに、日本では、なぜか、まだ反映されていないということです。

つまり、日本の摂取基準は遅れているといえるでしょう。

栄養摂取ではバランスも重視されるので脂質をいくら食べてもいいわけではありませんが、ダイエットのために脂質を減らす必要はないのです。

脂質はむしろ摂取すべき種類と控えた方が良い種類に注意して摂るようにすればよいでしょう。

摂るべき脂質の種類については次の記事を参考にしてください。

糖質制限では脂質=悪者は嘘?摂るべきおすすめの脂質とは?

 
 

コストパーフォーマンスの優れたEPA DHAサプリを選ぶならこちら
↓  ↓  ↓
DHA&EPAサプリ!どちらがお得!? みやびvs佐藤製薬vsさくらの森

dhakinari

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

カロリーに対する栄養学の変化は?ロカボ食とは?ゆるい糖質制限の効果は?

ロカボは北里大学北里研究所病院糖尿病センター長の山田悟先生が提唱している糖質制限食の一種です。

記事を読む

ダイエットでリバウンドするメカニズムは? きれいに 痩せるには?体重維持の方法は?

短期間で体重を減らせたとしても、再び短期間で元に戻ってしまう。 これではダイエット成功とはいえ

記事を読む

和食は太りやすい?食品のGI 値とは?寿司、ラーメン、カレーライスは?

和食は太りやすい? 和食はヘルシーフードとして世界的に人気を博していますが、専門的に評価すると栄養

記事を読む

ストレスで太るのはなぜ?空腹でない食欲とは?過食を防止するには?

「ストレスで太る」は医学的にも正しい事がわかっています。 ここでは、まず、ストレスで太る原因が

記事を読む

早食い防止法|噛む回数が少ない食材、多い食材は?噛む回数を増やすには?

早食いは満腹になりにくく、血糖値の上昇が早いので、「ゆっくり時間をかけて食べたほうがよい」とよく言わ

記事を読む

人間のエネルギー源は糖質が主?脂質、たんぱく質も?健康に良いエネルギー源は?

以前ご紹介した記事 正しい糖質制限=ケトジェニックダイエットとは?高カロリーだと太るの嘘? では、

記事を読む

お酒の飲み過ぎ予防法は?おつまみの選び方は?食べすぎや飲みすぎの調整法は?

「お酒をよく飲むから体重が増える」と言う人がいますが、じつは、アルコールはそれほどカロリーは高くあり

記事を読む

ココナッツオイルはamazonで買える?おすすめは?

ココナッツオイルはどこで購入できるのでしょうか? ナチュラル系の店や、輸入スーパーで買うことが

記事を読む

デトックスのダイエット 効果は?メンタル的には?便秘解消が1番!とは?

あなたは、デトックスという言葉の意味をご存知ですか? デトックスの英語表記は「detox」。「

記事を読む

入浴のストレス解消効果は?効果的な温度は?ダイエット効果を高めるには?

入浴のストレス解消効果は? 毎日忙しいからといって、シャワーだけですましている人もいるようです。

記事を読む

腸内フローラの最適バランスとは?腸内細菌の数や種類は?善玉 悪玉 日和見とは?

  日本人の腸管は、成人で10メートル近くもの長さがあ

ラクトフェリン サプリの口コミ|ダイエット効果は?免疫力アップした?老化防止は?

健康的なスタイル美人になるため体の内側からスッキリを目指せるサプリとい

ラクトフェリン サプリの口コミ|「ラクトフェリン+乳酸菌」との出会いとその効果とは?

記事:ビフィズス菌の効能とは?乳酸菌との違いは?ビフィズス菌を増やす方

「ラクトフェリン+乳酸菌」の効果|ラクトフェリン、ビフイズス菌、フェカリス菌の相乗効果とは?

これまで、善玉菌、悪玉菌を含め、100兆個いるといわれる腸内の細菌の中

ビフィズス菌の効能とは?乳酸菌との違いは?ビフィズス菌を増やす方法とは?

日本で売り出されているヨーグルトは7500種類以上もあり、ビフィズス菌

→もっと見る

PAGE TOP ↑