主食を摂るなら パンよりごはん!輸入小麦は危険、パンの食べ過ぎは病気を招く?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

近年、糖質制限ダイエットを実践する方が増えてきました。

糖質制限ダイエットでは減量に成功してゆるやかな糖質オフ食にスイッチしたいというとき、主食を取り入れるなら、できるだけカラダへのリスクが低いものを選ぶことがポイントです。

ここでは、もし主食を摂るなら、パンよりご飯がいいこと、及びその理由について確認し、特に昨今の輸入小麦の危険性について注意を促します。

パンよりごはんがいい!その理由は?

パンよりごはんが健康的!

もし、1日のどこかで主食を食べるなら、パンよりごはんがおすすめです。

市販されている米は精米こそされているものの、ほとんど収穫されたままの状態の原材料です。
油脂や添加物が加えられている心配はありません。

ごはんに含まれるタンパク質は小麦粉に含まれるグルテンに比べて、アレルギーを引き起こしにくいということもメリットのひとつです。
黒米や赤米など、色のついた米を混ぜて炊けば色素成分にあたる抗酸化成分を摂取することができますし、ヒジキなどの海藻を炊き込めばミネラルや食物繊維を同時に摂ることもできます

ごはんはひと工夫すれは、さまざまな栄養の摂り方がごきる主食なのです。

一方のパンですが。

ご飯1膳(150g)に含まれる糖質量55g、食パン1枚(60g)に含まれるそれは27gです。

一見ごはんよりパンの方が糖質含有量が少なく、糖質オフに有利そうに見えますが、じつは注意が必要です。

輸入小麦が危険な理由とは?

食パンに使われているのはおもに輸入小麦です。

輸送中の害虫やカビの発生を防ぐために農薬が散布されます。

濃度が高けれは、表面の外皮だけでなく内部まで浸透している可能性も否定できません。
散布される農薬のなかには発ガン性が疑われているものもあります。

また、輸入小麦には、品種改良されたものが多いことも問題ののひとつです。
化学的に品種改良された小麦に含まれるタンパク質、麦グルテンはアレルギーを引き起こしたり、さまざまざまな病気のリスクを高める可能性も指摘されています。

輸入小麦の弊害に関しては、『小麦は食べるな!』(日本文芸社)という本に詳しく解説されています。

中身検索するならここをクリック
↓ ↓ ↓
 

 パンの食べ過ぎで病気になる?

それだけではありません。

市販されているパンのなかには、多くの場合、ショートニングやマーガリンといった植物性油脂が梗用されています。

これらは化学的につくられたトランス胎肪酸で、摂りすぎることで心臓疾患などの健康害が起こることがか報告されています。

なお、トランス脂肪酸の危険性は以下の記事でもご紹介しました。

マーガリンよりバターが太らない!トランス脂肪酸は危険?

つまり、パンを日常的な主食に取り入れることは、二重三重の意味で危険をはらんでいるということです。

ひと頃のように糖質オフさえすればいいという時代は終わりを迎えようしています

化学操作された食品のなかには、糖質より恐ろしい作用を及はすものもあります。

目先の糖質量に振り回されず、健康に害の少ない食材を選ぶことが大切です。

 

なお、糖質制限ダイエット時のごはんについては以下の記事も参考になるでしょう。

糖質制限ダイエットでご飯を食べたい!効果を損なわない方法とは?
 

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

早食い防止法|噛む回数が少ない食材、多い食材は?噛む回数を増やすには?

早食いは満腹になりにくく、血糖値の上昇が早いので、「ゆっくり時間をかけて食べたほうがよい」とよく言わ

記事を読む

太る原因とカロリーは?カロリー制限が継続困難な理由は?糖質制限の利点は?

前回の記事で、全ての生活習憤病の原点は、肥満であり、中年以降の肥満は、若い頃の肥満とは異なり、既に病

記事を読む

太らない食べ方、順番は?ダイエットの外食は定食、野菜→おかず→主食の順が良い?

太らない食べ方、順番とは? まずは野菜。最後に炭水化物を食べるほうが太らない事がわかっています。

記事を読む

深海サメの肝油のすごい効能とは?昭和初期小学校で肝油が配布された! 

昭和初期小学校では肝油が配布された 実は、肝油の健康効果は戦前から知られていました。 小さい

記事を読む

ダイエット失敗の理由は?効果がでるまでの 期間が長いと?継続の秘訣とは?

多くの方が色々な理由でダイエットに挑戦されています。 でも、ダイエットに成功して滿足されている

記事を読む

DHAの脳への効果とは?脳内での働きは?その他の健康効果は?

DHA(ドコサヘキサエン酸)は脳細胞を活性化させ、 神経組織の機能を高める働きを持っているため、頭

記事を読む

3大栄養素の比率は妥当か?糖質は必須栄養素?糖質過剰は危険?

ヒトを含む、すべての動物は血液中の栄養素をエネルギーに変えて燃焼させながら生きています。 従来はそ

記事を読む

必須アミノ酸をバランス良く摂ろう!アミノ酸の分類は?筋力維持にBCAAが有効とは?

今 注目されているケトジェニックダイエットやケトン体食事法では、糖質摂取を控えるとともに、たんぱく質

記事を読む

肥満のメカニズム|脂肪細胞の働きとは?食べ過ぎで起こる悪循環のリセット方法は?

あなたは、脂肪はお腹まわりにつくためか、なんとなく塊となってお腹にたまっているという印象をもっていま

記事を読む

らっきょうの驚くべき健康効果とは?らっきょうの産地は?購入方法は?

らっきょうには「畑の薬」と言われるぐらい、驚くべき健康効果があるって事をご存じですか? そしてそん

記事を読む

食事制限 ダイエットで痩せないわけは?腸内細菌と肥満や健康との関係は?

ダイエットは、女性の永遠のテーマですね。 また働き盛りの男性にと

老化を促す原因とは?老化スピードを遅らせるには?肉の老化防止効果 とは?

  既にご紹介しました以下の記事 熱中症予防の根

コレステロール値について|病気との関係は?適正値とは?高いことの影響は?

中高年になると、「コレステロール値が高いから肉は食べない」という方が多

たんばく質食品の中で肉が最良の理由|良質脂質と必須アミノ酸が全て摂れるから?

  中高年が老化を早めないためには、筋肉や骨のたんばく

肥満と腸内細菌の深い関係とは?マウス実験の論文では?肥満を解消できる?

太るよりはやせたい、やせてカッコよく、きれいにみせたいという人が、とく

→もっと見る

PAGE TOP ↑