主食を摂るなら パンよりごはん!輸入小麦は危険、パンの食べ過ぎは病気を招く?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

近年、糖質制限ダイエットを実践する方が増えてきました。

糖質制限ダイエットでは減量に成功してゆるやかな糖質オフ食にスイッチしたいというとき、主食を取り入れるなら、できるだけカラダへのリスクが低いものを選ぶことがポイントです。

ここでは、もし主食を摂るなら、パンよりご飯がいいこと、及びその理由について確認し、特に昨今の輸入小麦の危険性について注意を促します。

パンよりごはんがいい!その理由は?

パンよりごはんが健康的!

もし、1日のどこかで主食を食べるなら、パンよりごはんがおすすめです。

市販されている米は精米こそされているものの、ほとんど収穫されたままの状態の原材料です。
油脂や添加物が加えられている心配はありません。

ごはんに含まれるタンパク質は小麦粉に含まれるグルテンに比べて、アレルギーを引き起こしにくいということもメリットのひとつです。
黒米や赤米など、色のついた米を混ぜて炊けば色素成分にあたる抗酸化成分を摂取することができますし、ヒジキなどの海藻を炊き込めばミネラルや食物繊維を同時に摂ることもできます

ごはんはひと工夫すれは、さまざまな栄養の摂り方がごきる主食なのです。

一方のパンですが。

ご飯1膳(150g)に含まれる糖質量55g、食パン1枚(60g)に含まれるそれは27gです。

一見ごはんよりパンの方が糖質含有量が少なく、糖質オフに有利そうに見えますが、じつは注意が必要です。

輸入小麦が危険な理由とは?

食パンに使われているのはおもに輸入小麦です。

輸送中の害虫やカビの発生を防ぐために農薬が散布されます。

濃度が高けれは、表面の外皮だけでなく内部まで浸透している可能性も否定できません。
散布される農薬のなかには発ガン性が疑われているものもあります。

また、輸入小麦には、品種改良されたものが多いことも問題ののひとつです。
化学的に品種改良された小麦に含まれるタンパク質、麦グルテンはアレルギーを引き起こしたり、さまざまざまな病気のリスクを高める可能性も指摘されています。

輸入小麦の弊害に関しては、『小麦は食べるな!』(日本文芸社)という本に詳しく解説されています。

中身検索するならここをクリック
↓ ↓ ↓
 

 パンの食べ過ぎで病気になる?

それだけではありません。

市販されているパンのなかには、多くの場合、ショートニングやマーガリンといった植物性油脂が梗用されています。

これらは化学的につくられたトランス胎肪酸で、摂りすぎることで心臓疾患などの健康害が起こることがか報告されています。

なお、トランス脂肪酸の危険性は以下の記事でもご紹介しました。

マーガリンよりバターが太らない!トランス脂肪酸は危険?

つまり、パンを日常的な主食に取り入れることは、二重三重の意味で危険をはらんでいるということです。

ひと頃のように糖質オフさえすればいいという時代は終わりを迎えようしています

化学操作された食品のなかには、糖質より恐ろしい作用を及はすものもあります。

目先の糖質量に振り回されず、健康に害の少ない食材を選ぶことが大切です。

 

なお、糖質制限ダイエット時のごはんについては以下の記事も参考になるでしょう。

糖質制限ダイエットでご飯を食べたい!効果を損なわない方法とは?
 

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

関連記事

血糖値とインスリンと肥満の関係は?食べても 太らない 方法とは?

近年、ダイエットや糖尿病改善効果が認知され、流行っている糖質制限食ですが、糖質を食べるのを制限すれば

記事を読む

糖質の量を計算する方法は?糖質と糖類の違いに注意!糖分の定義はないとは?

糖尿病患者を対象とした糖質制限食では1回の食事につき、摂取する糖質を20グラム以内と設定しています。

記事を読む

 ケトン体の健康効果は?「ケトン体が増えると危険」の誤解とは?

糖質制限をすると脂質から代謝される「ケトン体」が増えて、エネルギー源として使われるようになります。

記事を読む

ITの進化がストレスの原因とは?眼精疲労に効く栄養は?サプリのおすすめは?

「綺麗に痩せる」ためのダイエットでは、まず、健康な体を維持することが大前提です。 そのためには

記事を読む

大豆サポニンの効果とは?脂の酸化を抑え、肥満予防に適している理由とは?

ダイエットの方法といえば、まずは食事制限。 でも、空腹を我慢するのって、つらいですよね。

記事を読む

ケトン体の新しい定義とは?ブドウ糖とケトン体エンジンに関する考え方

前回、斉藤先生の著書「ケトジェニックダイエット」を参考にしてケトン体とケトン体回路についてご紹介しま

記事を読む

健康で長生きの秘訣は?酵素は体の痛みにも効く?酵素を節約し有効活用するとは?

これまでの記事でご紹介したように、酵素は人間の体内でじつによく働いてくれます。 「消化酵素」 

記事を読む

お酒の飲み過ぎ予防法は?おつまみの選び方は?食べすぎや飲みすぎの調整法は?

「お酒をよく飲むから体重が増える」と言う人がいますが、じつは、アルコールはそれほどカロリーは高くあり

記事を読む

「肉」を食べると太るは嘘?太らない食べ方は?健康に悪いって本当?

糖質制限ダイエット法を始めても、途中でを挫折し、止めてしまう人もいます。 いくら 「新しい健康

記事を読む

ヤセ菌・ デブ菌の働きは?短鎖脂肪酸が肥満を防ぐ?痩せ体質の作り方は?

同じ食事内容であっても、太りやすさは、その人の筋肉量や体温、食べ方によっても変わります。 さら

記事を読む

活性酸素の重大な害=がんを防ぐ食べ物とは?活性酸素が増加する原因は?

  記事 テロメアって命の回数券?活性酸素の悪影響を減

パンと ご飯の違い?パンの危険性とは?同じ力ロリーだと交換できるの嘘とは?

食品交換表を用いたカロリー制限による糖尿病の食事療法の最大の欠陥は、食

肥満の本当の原因は?カロリー表示があてにならない、計算が意味ないとは?

肥満やメタボが世界的に増えています。 私たちが太るのは、摂取カロ

栄養素が加熱で壊れる?非加熱食品が慢性病の3大原因を防ぐとは?

あなたは、非加熱食品と加熱食品で栄養価値が異なることをご存知ですか?

加熱食の過食が病気を招く!酵素食の効果とは?加熱食対生食の理想は?

火食とは加熱食のことで、人類は火食を覚えて病気を貰った、と云われていま

→もっと見る

PAGE TOP ↑