人間のエネルギー源は糖質が主?脂質、たんぱく質も?健康に良いエネルギー源は?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

以前ご紹介した記事 正しい糖質制限=ケトジェニックダイエットとは?高カロリーだと太るの嘘?
では、ケトジェニックダイエットについてとりあげました。

ケトジェニックダイエットとは糖質制限をするとともに、カラグを維持するのに必要な栄養素を決まったルールに従って摂ることで、「ケトン体」回路を回し、体脂肪を燃焼させるダイエットです。

今回はそのダイエットの基本であるところの人間のエネルギー源を3大栄養素のPFC比率と関係づけて整理しました。

健康で長生きするためのエネルギー源とは一体何なのでしょうか?

人間の エネルギー源とは?

私たちは、無意識のうちに呼吸をし、心臓を動かし、食べたものを消化し、体温を一定に保っています。

こうした生命活動を維持するためにエネルギーが使われています。

さらに、歩く、走る、考える、話をする、人の話を理解するなど、さまざまな活動も、筋肉や脳などがエネルギーを利用することで可能になっています。

そのエネルギーは何によってつくられるのでしょうか。

私たちは、食事をすることでさまざまな栄養素を体の中にとり込んでいます。

これらの栄養素のなかで、エネルギー源になるのは、三大栄養素といわれている糖質(炭水化物)、脂質たんばく質です。

糖質はごはんやパン、めん類などの主食、砂糖などに多く含まれています。

脂質は、豚や牛、鶏といった肉類、魚の脂肪、油脂類などに多く含まれています。

たんばく質は脂質と同じように肉や魚に含まれています。

 

脂質、たんばく質もエネルギー源になる!?

「ごはんを食べないと力が出ない」という言い方をするように、私たち現代人は、糖質を、主なエネルギー源としています。

また、現在の日本の栄養学でも糖質を主なエネルギー源とし、三大栄養素のバランス(PFCバランス)の目安を以下のように推奨しています。

ただし、このPFCバランスについては異論があることは以下の記事で紹介済みです。

参考記事:炭水化物6割、油2割という基準が病気の原因!脂質を増やしても安全な理由は?

 

実は、糖質だけではなく脂質もたんばく質もエネルギー源になるのです。

それでは、三大栄養素がどのようにエネルギー源につくりかえられているのでしょうか。

そして、健康で長生きするのに必要なエネルギー源は何なのでしょうか?

 

健康で長生きするのに必要なエネルギー源は?

私たちがごはんやパン、肉、魚などを食べると、食道を通って胃に送り込まれます。

胃である程度消化されると、十二指腸から小腸に送られて消化酵素によって本格的な消化が始まります。

糖質はブドウ糖、脂質は脂肪酸、たんばく質はアミノ酸に分解されます。

糖質とたんばく質の役割りと消化プロセス

血管を通してブドウ糖とアミノ酸は肝臓に送られます。

ブドウ糖は肝臓から血液に送られて細胞に入り、エネルギー源となります。

アミノ酸は肝臓でたんばく質に合成されて、内臓や筋肉になって体を形づくります。

糖新生とは?

血液中のブドウ糖の濃度(血糖値)が低下すると、脳から 「ブドウ糖が不足しているから、食事をしなさい」という指令が出ます。

おなかがすくとは、血糖値が低下したというサインなのです。

おなかがすいたときにたまたま糖質を補給できないと、肝臓ではアミノ酸をブドウ糖につくりかえて血液中に供給することもあります。

これを糖新生といいます。

肝臓に蓄えられたアミノ酸だけでは足りなくなると、筋肉を分解して肝臓にアミノ酸を送り込んでブドウ糖をつくり出します。

参考記事:糖新生の仕組みとは?糖質制限で活性化?メインのエネルギー源は脂肪とは?

脂肪酸の役割りと消化プロセス

一方、脂肪酸は、主にリンパ管に送られ、最終的には肝臓に運ばれます。

脂肪酸はコレステロールに合成されて、損傷した血管壁を修復したり、消化酵素やさまざまなホルモンの材料として使われます。

脂肪酸もエネルギー源として使われます。

脂肪酸は、アミノ酸のようにブドウ糖につくりかえられるのではなく、肝臓で「ケトン体」という物質になり、血液中に供給されてエネルギー源となる
のです。

ダイエットや健康に良いエネルギー源は?

少し話がややこしくなってきましたが、ここでは体のエネルギー源には、ブドウ糖ケトン体があるということを覚えておいてください。

そして、健康で長生きするのに必要なエネルギー源はごはんやパンなどの糖質からできるブドウ糖でなく、ケトン体るであるとし、

ケトン体を主なエネルギー源にすることで、効率よくダイエットし、健康で長生きできることを強調するケトジェニックダイエットが、近年注目されています

なお、糖質制限論者によると、農耕が始まる(約1万年前)前の人類300万年間のPFCバランスでは脂質がメインであり、主なエネルギー源はケトン体であったことを強調しています。

参考記事:人間は本来、ブドウ糖ではなくケトン体をエネルギー源としていた !?

そして、健康で長生きするために重要な栄養素は炭水化物(糖質)でなくむしろ脂質ということです。

この記事のまとめ

●人間はエネルギーを使って生命を維持し、活動している
●エネルギー源になるのは糖質脂質たんばく質の3大栄養素
●現代人は主に糖質をエネルギー源としている
●ブドウ糖が細胞の中に入ってエネルギーをつくり出す
●ブドウ糖が不足すると「糖新生」でアミノ酸がブドウ糖につくりかえられる
●脂肪酸はケトン体というエネルギー源になる
健康で長生きできることを強調するケトジェニックダイエットが、近年注目されている。

参考記事:ケトジェニックダイエットとは?4つのルールとは?効果は?

ダイエットアドバイザーのコメント

 

この記事から、正しい糖質制限ダイエットでは、「糖質を制限するだけ」ではないことがわかりますね。
「糖質を制限するだけ」ダイエットでたんぱく質が不足すると、筋肉やせとなり不健康なダイエットになりかねないからです。

ですから、たんぱく質とともに脂質もしっかり摂る必要があるのです。

なお、私は、たんぱく質をしっかり摂るために最近は補助食品「スーパー発芽大豆」をおやつや、夕食の主食として利用しています。

 

参考記事:スーパー発芽大豆 (だいずデイズ)の栄養は?糖質制限ダイエットにピッタリとは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

大豆タンパク質のダイエット効果とは?健康効果は?「スーパー発芽大豆」の口コミは?

あなたは、大豆製品を食べればダイエットに効果があるってことをご存知ですか? このブログでも以下

記事を読む

体重の減量 目標 |ベストの体重は?減量ペースの理想とは?

なぜ人間は体脂肪を蓄積しようとするのかや、ダイエットには食事制限が必須であることも、運動を同時に行な

記事を読む

たるみ対策が必要なわけは?40代のたるみの3つの原因と改善方法は?

たるみ対策が必要なわけは? 40代からのダイエットはただ体重を落とすだけでは不十分です。 筋

記事を読む

糖質の量を計算する方法は?糖質と糖類の違いに注意!糖分の定義はないとは?

糖尿病患者を対象とした糖質制限食では1回の食事につき、摂取する糖質を20グラム以内と設定しています。

記事を読む

短期間 ダイエットは健康を害す?リバウンドする理由は?減量の目安は?

急激なダイエットで、かえって太る! 太りやすくなる、健康を害す。とよく言われます。 これ

記事を読む

お酒の飲み過ぎ予防法は?おつまみの選び方は?食べすぎや飲みすぎの調整法は?

「お酒をよく飲むから体重が増える」と言う人がいますが、じつは、アルコールはそれほどカロリーは高くあり

記事を読む

「モリチン」の乱れが便秘の原因?改善する方法は?胃腸のホルモンの種類は?

  前回の記事 『デトックスのダイエット 効果は?メンタル的には?便秘解消が1

記事を読む

糖質制限ダイエットの悩みに向き合うサプリ【糖質スリム】とは?口コミを紹介!

糖質を制限するダイエット方法は2012年頃から話題になり、その効果の高さから老若男女問わずに支持を得

記事を読む

「もったいない」が太るもと!食べる量を減らすには?残す マナーとは?

「もったいない」が太るもと!とは 食べ物を粗末にしてはいけません。 しかし、もったいなからと

記事を読む

地中海食とは?ダイエット法の効果を比較すると?最強のダイエット食は?

前回の記事で地中海食の健康効果とダイエット効果が有効であることをご紹介しました。 とくに、炭水化物

記事を読む

人間のエネルギー源は解糖エンジンからミトコンドリアエンジンへの移行するとは?

車は、ガソリンをのエネルギー源として動きますが、私達、人間の体は何をエ

腸内フローラの最適バランスとは?腸内細菌の数や種類は?善玉 悪玉 日和見とは?

  日本人の腸管は、成人で10メートル近くもの長さがあ

ラクトフェリン サプリの口コミ|ダイエット効果は?免疫力アップした?老化防止は?

健康的なスタイル美人になるため体の内側からスッキリを目指せるサプリとい

ラクトフェリン サプリの口コミ|「ラクトフェリン+乳酸菌」との出会いとその効果とは?

記事:ビフィズス菌の効能とは?乳酸菌との違いは?ビフィズス菌を増やす方

「ラクトフェリン+乳酸菌」の効果|ラクトフェリン、ビフイズス菌、フェカリス菌の相乗効果とは?

これまで、善玉菌、悪玉菌を含め、100兆個いるといわれる腸内の細菌の中

→もっと見る

PAGE TOP ↑