人間は本来、ブドウ糖ではなくケトン体をエネルギー源としていた !?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

前回の記事:人間のエネルギー源は糖質が主?脂質、たんぱく質も?健康に良いエネルギー源は?

で人間のエネルギー源はブドウ糖ケトン体であることを明らかにしました。

ここでは、人類の食の歴史を振り返って、人間は本来、ブドウ糖ではなくケトン体をエネルギー源としていたことを明らかにします。

あなたの健康に良いエネルギー源とは何かを考える上で参考になれば幸いです。

ブドウ糖を主なエネルギー源としている現在人

ブドウ糖を主なエネルギー源にすることを「グルコジェニック」といいます。

一方、脂肪酸からつくられるケトン体を主なエネルギー源とすることを「ケトジェニック」 といいます。

現代の食生活では、ごはんやパン、めん類を食べてブドウ糖をエネルギー源とするグルコジェニックが中心です。

そのことに対して、みなさんも、そして、医学や栄養学の専門家たちも、なんの疑問ももっていませんでした。

でも、冷静に考えれば、ブドウ糖をエネルギー源とする糖質中心の食生活が健康に良いかは疑問がありますね。

その理由は糖質のとり過ぎが現在の様々な病気の原因になっていることが明らかになってきたからです。

糖質の取りすぎが 病気の原因とは?

糖質中心の食生活が、国民病ともいえる肥満症や糖尿病、高血圧、脂質異常症を引き起こしたり、動脈硬化を促進して脳卒中や狭心症、心筋梗塞を発症させたり、そして、がん発生にもかかわっていることがわかってきました。

みなさんは、にわかには信じられないかもしれませんが、これはさまざまな研究によって明らかになっています。

糖質のとりすぎが肥満をもたらす理由や太るメカニズムは次の記事で記載しています。

5大栄養素の役割とは?糖質の摂りすぎで太るメカニズムとは?

「肥満は万病のもと」と言われるように、糖尿病をはじめとして肥満がもたらす病気は多々あります。

それは、メタボリックドミノ図の大元に肥満があることでも明らかでしょう。

従って、糖質の取りすぎが「万病のもとともいえるでしょう。

 

ケトン体をエネルギー源にすることがDNAにプログラムされている

糖質をエネルギー源としてきた歴史は1万年

「でも、人間はずっと糖質をエネルギー源としてきたのでは?」 と思うかたも多いのではないでしょうか?

しかし私たち人類が糖質をエネルギー源としてきた歴史は、どんなに長く見積もっても稲作などの穀物を栽培する農耕文化が始まった1万年前からにすぎません。

つまり、現在のように糖質を主なエネルギー源としていた歴史は1万年にすぎないのです。

それでは、それ以前のエネルギー源はどうしていたのでしょうか。

 

ケトン体をエネルギー源してきた歴史は299万年

地球に人類が登場したのは約500万~600万年前です。

二足歩行するようになり、火や道具を使って進化をとげ、300万年前から肉食が始まりました

穀物栽培が始まったのはわずか1万年前。

それまでの299万年間は、山や森、川、海で動物や魚を狩猟し、木の実や果物などを採集することで命をつないできたのです。

つまり、主なエネルギー源は動物や魚、木の実などに含まれる脂質(75%)とたんばく質(20%) でした。

言い換えれば、299万年間の主なエネルギー源はケトン体だったのです。

従って、私たち人類のDNAには、脂質からつくり出されるケトン体をエネルギー源とするケトジェニックがプロクラムされているのです。

 

まとめ

●糖質をエネルギー源とする歴史は1万年ほど

●人間本来のエネルギー源は脂質からつくられるケトン体

●人間のDNAにはケトジェニックが刻み込まれている

 

ダイエットアドバイザーのコメント

 
 
 

なお、ケトジェニックダイエットについて詳しくはコチラの記事を参照ください。

ケトジェニックダイエットとは?4つのルールとは?効果は?

また、ケトジェニックダイエット(ケトン体 食事法)は、進化した糖質制限ダイエットとも言えるでしょう。

糖質制限ダイエットとケトジェニックダイエットの共通点や違いについてはコチラの記事を参照ください。

ケトン体 食事法とは?糖質制限との違いは?その健康効果とは?

私は肉や魚をしっかり食べてケトジェニック的な糖質制限を継続中ですが、食物繊維、ミネラル等の必須栄養素を効率よく摂るために「すっきりフルーツ青汁」を継続して利用しています。

↓ ↓クリック ↓ ↓

 
こちらの記事は補助食品購入に際して参考になりますよ!

「すっきりフルーツ青汁でやせる」の罠?購入前に知るべき事とは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂っている女性は太らないとは?

毎年新しいダイエット法が話題になります。 テレビなどでは、「たった3日で、◎キロ減! ウエスト

記事を読む

うどんを食べ過ぎると太る?地中海食のパスタは?スパゲティ レシピご紹介

日本は世界に冠たる麹大国です。 多種多様な麺料理がありますが、そば以外はGlが高くて太りやすい

記事を読む

オリーブオイルの人気の理由は?脂肪酸の組成は?特徴は?

オリーブオイルのつくり方は極めてシンプルです。 ・まずはデリケートな実を傷つけないように、一つ

記事を読む

太らない 体質の作り方|食材の買い物の頻度は?買い物上手なダイエッターは?

太る理由の1つとして食べ過ぎが考えられます。 従って、もしあなたが太らない体質を手にしたいのな

記事を読む

乳製品のダイエット 効果は?食べ過ぎ防止とは?お肉のヨーグルト漬けは?

乳製品のダイエット 効果とは? 良質のたんばく質の供給に欠かせない乳製品は、多くのビタミンを含む優

記事を読む

糖質制限ダイエットの悩みに向き合うサプリ【糖質スリム】とは?口コミを紹介!

糖質を制限するダイエット方法は2012年頃から話題になり、その効果の高さから老若男女問わずに支持を得

記事を読む

「甘いものは別腹」の 意味は?別腹の正体とは?食べ過ぎを防ぐには?

お腹がいっぱいでも「甘いものは別腹」とよくいわれます。 これは、どういうことでしょうか?

記事を読む

41歳でも半年で20kgダイエットに成功!その方法とは?

Koujiさん 現在42歳の男性会社員ですが、去年ダイエットをして半年で約20kg痩せてダイエット

記事を読む

主食を摂るなら パンよりごはん!輸入小麦は危険、パンの食べ過ぎは病気を招く?

近年、糖質制限ダイエットを実践する方が増えてきました。 糖質制限ダイエットでは減量に成功してゆ

記事を読む

メタボの腹囲基準の男女差は?内臓脂肪は女性も注意?落とし方は簡単?

前回紹介したメタボの診断基準の第1の基準である腹囲については男女差があります。 男性85センチ

記事を読む

サプリを続けるコツは?栄養素はグループで効く?すっきりフルーツ青汁はなぜ青汁か?

  ダイエットで食事制限をすると、体に必要な栄養素が足

タンパク質 不足の影響は?コレステロールって悪玉?不足するとどうなる?

  記事「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂って

「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂っている女性は太らないとは?

毎年新しいダイエット法が話題になります。 テレビなどでは、「たっ

リバウンドの原因はストレスぎれで起こす過食?それを防止できるダイエットとは?

長年ダイエットをしてきた人なら、だれでもリバウンドの経験があると思いま

過剰な糖質が太りやすく、やせにくい体をつくる理由とは?

糖質の 摂り過ぎの現状 あなたの食事の糖質の量は? あなたは、きょ

→もっと見る

PAGE TOP ↑