ケトン体回路を回すには?糖質依存の食事の糖質摂取量を1日どれだけに減らす?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

既にご紹介しました記事で、健康に良いエネルギー源はケトン体であることをご紹介しました。

人間のエネルギー源は糖質が主?脂質、たんぱく質も?健康に良いエネルギー源は?

それでは、ケトン体をエネルギー源とするケトジェニックになるためには、どのような日常生活を送ったらいいのでしょうか。

ここでは、ケトン体 回路をオンにして、ケトジェニックにするための糖質制限食はどの程度にすればよいかご紹介します。

ケトン体 回路をオンにするには?

ケトジェニックになるために最も重要になってくるのが食生活です。

ブドウ糖、ケトン体、アミノ酸の中で、エネルギー源として最初に使われるのはブドウ糖です。

ブドウ糖が不足すると、脂肪酸からケトン体がつくられて使われます。

ケトン体も不足すると、最後に筋肉などのたんぱく質が分解されたアミノ酸が、ブドウ糖につくりかえられてエネルギー源として使われます。

ケトン体をエネルギー源として使うケトン体回路をオンにするためには、最初に使われるブドウ糖を減らすことがポイントです。

つまり、ケトン体回路をオンにするためには食事からとる糖質の量を制限する必要があります。

個人差はありますが、早い人であれば、糖質制限をして12時間後にはケトン体が出始めます。

なお、ケトン体の定義やケトン体回路をオンする条件については次の記事でもご紹介しています。

脳細胞はブドウ糖しか使えないの嘘!ケトン体回路が回るとは?

糖質依存の食事となっている現在の日本人

現在の日本人の食生活は、糖質依存状態(1日の糖質摂取量が180g以上)といってもいいでしょう。

たとえば、茶わん1杯(150g)のごはんに含まれる糖質は約55gです。

朝・昼・晩と3食茶わん1杯ずつごはんを食べるだけでも165gの糖質をとっていることになります。

糖質はごはんなどの主食だけに含まれているわけではありません。

料理の昧つけに砂糖を使ったり、果物や甘いお菓子を食べていたら、180g以上の糖質依存状態になっていることになります。

糖質依存状態では、ブドウ糖によるエネルギー代謝が中心となります。

糖質を過剰にとると、エネルギー源として使い切れなかったブドウ糖は肝臓に戻されてグリコーゲンというブドウ糖の集合体として蓄積されます。

それでも余ったブドウ糖は、中性脂肪に変えられて脂肪細胞に蓄積され肥満を招きます。

糖質の摂取量は 1日どれぐらいに制限すれば良い?

ケトン体回路を回すためには1日にとる糖質をどのくらいに制限したらいいのでしょうか。

一口にケトジェニックといっても目的によって糖質の1日の摂取量は異なります。

セミケトジェニックでは

生活習慣病の予防や改善、アンチエイジングによる健康長寿を目的とするケトジェニックです。

糖質の摂取量は、1食あたり20~40g (1日60~120g)を目安にします。

セミケトジェニック状態では、エネルギー源としてブドウ糖とケトン体の面方か利用されています。

ケトジェニックでは

ダイエットを目的とするケトジェニックです。

糖質の摂取量は、1食あたり20g以下(1日60g以下)を目安にします。

厳密な糖質制限をすることによって、ケトン体がエネルギー源の中心になり、ケトン体回路がフル回転するのです。

その結果、脂肪細胞が縮小傾向になり、体重が減少します。

糖質制限をして、肉や魚などから積極的に脂質をとり、エネルギー源がブドウ糖からケトン体に移行することで、脳も体も活性化していきます。

 

1週間を目安に糖質制限と脂質の摂取をして様子を見るようにしてください。

 

まとめ

●エネルギー源としてはブドウ糖が最初に使われる

●ケトン体をエネルギー源にするためには糖質制限が必要

●3食ごはんの食生活は糖質依存状態に陥っている

●ケトジェニック の目的によって糖質の摂取量が異なる

●1週間を目安にケトジェニック をして様子を見る

ダイエットアドバイザーのコメント

 

ダイエット目的のケトジェニックでは、糖質を厳密に制限し、たんぱく質とともに脂質もしっかり摂る必要があります。

でも、ダイエットの目標を達成した後は、セミケトジェニックでも良いでしょう。

なお、私は、たんぱく質をしっかり摂るために最近は補助食品「スーパー発芽大豆」をおやつや、夕食の主食として利用してセミケトジェニックを実践中です。

 

参考記事:スーパー発芽大豆 (だいずデイズ)の栄養は?糖質制限ダイエットにピッタリとは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

糖質制限とカロリー制限の併用は間違い?リバウンドや痩せない理由は?

従来、カロリー制限でダイエットしていた方が糖質制限する際、よくある間違いがあります。 それは、糖質

記事を読む

脂質が肥満の原因?コレステロールで動脈硬化は嘘!糖質オフで脂肪が燃える?

糖質オフ健康法(糖質制限ダイエット)のメリットとして、脂質を食べてもOKであることも挙げられます。

記事を読む

たるみ対策が必要なわけは?40代のたるみの3つの原因と改善方法は?

たるみ対策が必要なわけは? 40代からのダイエットはただ体重を落とすだけでは不十分です。 筋

記事を読む

太る原因は糖質!糖質制限食は主食をカットしたんぱく質と脂質をしっかりとる!

従来の常識では太る原因は摂取カロリーが消費カロリを上回ることと考えられていました。 ところが、

記事を読む

内臓脂肪の落とし方|コンビニランチ選択時の2つの注意点とは?

近年、コンビニの数が増え、商品も多彩になり、充実してきました。 昼食はコンビニなどで、おにぎり

記事を読む

糖質制限で内臓脂肪が減る!メタボの症状は?保健指導の内容は?

糖質制限をして体脂肪が減り、適切な体重になると、さまざまな生活習慣病を予防したり改善します。 基本

記事を読む

自分に合った自分流ダイエットの方法|炭水化物抜きは危険か?

kai0815さん 30歳、男性、飲食店勤務、身長170センチ。 私がダイエットを始めたきっか

記事を読む

ストレスの弊害は?食欲との関係は?ダイエットの最大の敵とは?

私たちは、日々たくさんのストレスを受けながら生きています。 これは仕事をしていても専業主婦でも

記事を読む

ラーメン+ ご飯 のカロリーと塩分のとりすぎに注意!その対策は?

サラリーマンのランチメニューとして、ラーメンも人気があります。 ラーメン店や中華料理店の中には

記事を読む

白いご飯は日本の伝統食か?日本人の食事の変遷から見える現在の問題点は?

「日本人の主食はコメ」というのが、ごく一般的な”常識”となっています。 専門の学者のなかにも、

記事を読む

血糖値・ブドウ糖負荷試験とは?「食後高血糖」が危険?朝食で血糖値を上げない方法は?

あなたはどんな朝食を食べていますか? 忙しい現代人、朝は毎日、パ

英語で朝食の意味は?体内時計とは?朝食 抜き ダイエットは逆効果とは?

あなたは朝ご飯を食べていますか? ダイエット効果を上げたいからと

糖質制限ダイエットの悩みに向き合うサプリ【糖質スリム】とは?口コミを紹介!

糖質を制限するダイエット方法は2012年頃から話題になり、その効果の高

魚の缶詰の簡単レシピ紹介!おすすめの種類は?DHAとEPAは缶詰でとれる?

ダイエットに有効ということで、近年 糖質制限食が流行っています。

糖質の量を計算する方法は?糖質と糖類の違いに注意!糖分の定義はないとは?

糖尿病患者を対象とした糖質制限食では1回の食事につき、摂取する糖質を2

→もっと見る

PAGE TOP ↑