ココナッツオイルにバナナの効果は?フルーツの糖質で太るか?お勧めのレシピは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

前回ご紹介の記事

ココナッツオイルの健康効果は?パンにココナッツオイルを塗るのは効果なしとは?

ではパンにココナッツオイルを塗って食べるのではダイエット等のは効果がないことをご紹介しました。

それでは、ココナッツオイルにフルーツの食べ合わせの場合はどうなのでしょうか?

フルーツの糖質でも食べ過ぎると太るのでしょうか?

ここではどんなフルーツでもよいわけではないことと、お勧めフルーツと避けるべきフルーツをご紹介します。

ココナッツオイルとバナナを同時に食べる効果は

朝食として、フルーツを食べている人は多いでしょう。

フルーツには、ビタミンやミネラルなど、が含まれるため、決して悪い習慣ではありません。

でも、ココナッツオイルを活用するときには、注意していただきたいことがあります。

それは、「ココナッツオイルを入れたコーヒーとバナナ1本を食べる」といった方法はよくないということです。

バナナは食物繊維が豊富でで、パンに比べるとブドウ糖に変わる速度が遅いため、糖尿病の患者さんに「朝はパンではなく、バナナを食べるようにしてください」と勧めている医師もいます。

「バンよりは、バナナの方がよい」というのはその通りでしょう。

 ただし、ココナッツオイルの油生活では、朝食のバナナは控えていただきたいのです。

バナナなどのフルーツに含まれる「果糖」は、体内でブドウ糖に変わりやすいからです。

このブドウ糖が、ココナッツオイルからケトン体を作り出すのを妨げることになります。

フルーツの糖質で太るか?

一般的に、食生活の改善に取り組む糖尿病の患者さんの悩みとして、「ご飯を控えてお菓子も止めたのに、体重が減らない」というのがあります。

一生懸命取り組んでも、減量できないと戸惑いがちです。

そういった方のメニューを聞くと、「毎食ごとにデザートでフルーツを食べています。

フルーツはお菓子とは違うので食べでも問題はないですよね」といわれるのです。

もちろん、全くフルーツを食べない方がよいとは申しません。

どんなフルーツでもよいわけではないのです。

果糖を多く含んだフルーツは、ブドウ糖を多く作り出すため、食べ過ぎると太ります。

ココナッツオイルとフルーツのお勧めレシピは

お勧めのフルーツは

フルーツの中でお勧めなのは「ブルーベリーなどのベリー類とリンゴ」 です。

どちらも血糖値を上げにくいので、朝食用にスムージーにしてココナッツオイルを加えても大丈夫です。

このスムージーに無糖のヨーグルトを入れでもおいしいですよ。

避けたいフルーツは

逆に避けていただきたいのは、「バナナ、パイナップル、ブドウ、メロン」などです。

果糖が多く含まれていますので、朝食のスムージーにするのは控えていただきたいと思います。

 

ダイエットアドバイザーのコメント

 

どんなフルーツでもよいわけではないことはご理解いただけましたか。

なお、糖尿人である私はフルーツは、もっぱら血糖値を上げにくいリンゴを1日に半分食べています。

そして、小腹がすいた時には、ココナッツオイルを入れたコーヒーと補助食品「スーパー発芽大豆」をおやつとして食べています。
その結果BMI=22.5で血糖値も正常域をキープしており、糖質制限のストレスも感じません。

 

参考記事:スーパー発芽大豆 (だいずデイズ)の栄養は?糖質制限ダイエットにピッタリとは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

牛丼の塩分量は?塩分の取りすぎでどうなる? おすすめの食べ方は?

糖質制限ダイエットでは、ごはんの多い丼ものは要注意食品とされており、牛丼も例外ではありません。

記事を読む

和食のマナーは三角食べ?その弊害は?食べる順番ダイエットと は?

和食のマナーは三角食べ? 三角食べとは? 日本の家庭料理は一汁三菜を基本として、汁物・主食・主菜

記事を読む

GI値が高い食品、低い食品とは?GI値は食品の組み合わせや調理法でも変わるか?

前回の記事 肥満を防止する食事方法とは?GI値の定義とは?おもな主食のGI値は? では肥満を防

記事を読む

「甘いものは別腹」の 意味は?別腹の正体とは?食べ過ぎを防ぐには?

お腹がいっぱいでも「甘いものは別腹」とよくいわれます。 これは、どういうことでしょうか?

記事を読む

朝食抜きは太る!体内時計をリセットし活動モードに変える食事とは?

「あ、今日はもう時間がない!」。あわてて飛び起きて、駅にダッシュする。 「昨日の酒が残って食欲

記事を読む

ココナッツオイルとはヤシ油?中鎖脂肪酸や飽和脂肪酸が豊富とは?

今、ダイエットで注目されているケトン体食事法とは、文字通りケトン体を体内でたくさん生み出すことを目的

記事を読む

「ダイエット中」の勘違いとは?ダイエットと禁煙を比較すると?本当に痩せる ダイエットとは?

「ダイエット中」の勘違いとは? あなたは「今、ダイエット中だから食べられない」とか「ダイエット中は

記事を読む

間違った ダイエットとは?食べる ダイエットの方法は?ダイエットの本来の意味は?

間違った ダイエットとは? ダイエットをしている人の多くが、「食事を減らす」、極端な人では「食べな

記事を読む

内臓脂肪の落とし方|コンビニランチ選択時の2つの注意点とは?

近年、コンビニの数が増え、商品も多彩になり、充実してきました。 昼食はコンビニなどで、おにぎり

記事を読む

満腹中枢をコントロールしゆっくり食べる方法は?よく噛むことの効果は?

肥満の主要な原因が、「大食い」であることは確かです。 でも、「早食い」を直せば「大食い」になら

記事を読む

腸内フローラの最適バランスとは?腸内細菌の数や種類は?善玉 悪玉 日和見とは?

  日本人の腸管は、成人で10メートル近くもの長さがあ

ラクトフェリン サプリの口コミ|ダイエット効果は?免疫力アップした?老化防止は?

健康的なスタイル美人になるため体の内側からスッキリを目指せるサプリとい

ラクトフェリン サプリの口コミ|「ラクトフェリン+乳酸菌」との出会いとその効果とは?

記事:ビフィズス菌の効能とは?乳酸菌との違いは?ビフィズス菌を増やす方

「ラクトフェリン+乳酸菌」の効果|ラクトフェリン、ビフイズス菌、フェカリス菌の相乗効果とは?

これまで、善玉菌、悪玉菌を含め、100兆個いるといわれる腸内の細菌の中

ビフィズス菌の効能とは?乳酸菌との違いは?ビフィズス菌を増やす方法とは?

日本で売り出されているヨーグルトは7500種類以上もあり、ビフィズス菌

→もっと見る

PAGE TOP ↑