タンバク質の役割は?不足の 影響は加齢による回復力低下ではないとは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

前回の記事:必須アミノ酸をバランス良く摂ろう!アミノ酸の分類は?筋力維持にBCAAが有効とは?

では、たんばく質を構成するアミノ酸は、健康維持や綺麗な体を作る基盤だから、しっかり摂る必要があることをご説明しました。

今回は、たんぱく質の一番の役割をまず確認した上で、たんぱく質が不足した場合の影響は加齢による回復力の低下ではないことをご紹介します。

あなたの肌のハリやツヤのおとろえはトシのせいでないかもしれませんよ。

タンパク質のいちばんの役割とは?

タンパク質の摂取は継続して

タンパク質のいちばんの役割は、エネルギー源ではなく、身体の組織(筋肉、髪の毛、血液、皮膚など)をつくったり、機能させたりすることにあります。

そして、重要な点は、「身体にあるタンパク質は、つねに入れ替わっている」ということです。

このように「スクラップ・アンド・ビルド」がタンパク質の宿命なので、継続して摂取していないと必ず足りなくなってしまうのです。

タンパク質のターンオーバーとは

タンパク質が壊れ、新しいタンパク質がつくられる日数は身体の組織ごとに決まっています。

早いものでは1日、2日で入れ皆わるものがあります。

皮膚などでは、28日間で新しい皮膚と入れ替わり、酸素を運ぶ赤血球は、およそ120日で入れ皆わります。

こうして、私たちの身体のほとんどの組織は、半年くらいでへ全面的に入れ皆わり、若返りをはかっています。

このサイクルを「代謝回転(ターンオーバー」といいます。

タンパク質の 不足の 影響は?

しかし、タンパク質ごとに寿命が決まっているので、つくるほうが遅れると、壊れるほうが多くなり、どんどん質が落ちていってしまうということも起こります。

壊れるほうが多くなったからといって、組織の細胞数を減らすわけにはいかないから質を落とすことになるわけです。

日に見えるわかりやすい例では、肌のハリがなくなったり、爪がもろくなったり、髪の毛が細くなったり、というものです。

これらは細胞の代謝回転(ターンオーバーに負け、つくるほうが追いつかなくなって質が落ちるのです。

当然、目には見えない内臓などでも、機能の低下が起こってきます。

これらは、入れ替わりのペースに負けているだけなのですから、タンパク質を十分に摂取することで回復できます。

そのほかにも、傷の治りが遅くなったり、虫に刺されてもなかなか腫れがひかなかったり、ぶつけたところのあざがなかなか消えなくなった。

など、最近、そんなふうに感じることはないでしょうか。

 

加齢による回復力低下ではないとは?

こうしたことがあると、「トシのせいで回複力が落ちた」と思ってしまいがちです。

でも、年齢のせいとあきらめる必要はありません。

これも回復力の問題ではなく、栄養の問題なのです。

肌のハリやツヤがおとろえてくると、高い化粧品を使ってなんとかしようとする女性は多いと思いますが、化粧品ばかりに頼っていてもダメです。

肌をつくり替えるための材料(タンパク質)をもっとたくさん食べて、積極的に体内に取り入れなければ意味がないのです。

10歳の子の細胞も、80歳の人の細胞も、基本的には同じ細胞です。

だから、細胞の生まれ変わりをうまくやっていけば、理屈のうえでは、いつまでも若々しく、元気でいられることになります。

若々しさのもとはタンバク質の入れ替えなのです。

 

なお、たんぱく質の若返り効果については次の記事でも取り上げています。

正しい 糖質制限とは?タンパク質の若返り・美肌効果とは?

 

ダイエットアドバイザーのコメント


前回の記事で「桶の理論」を使ってご説明しましたが、たんぱく質は色んな食材からバランス良く摂ることが大切です。

また、食事からだけで摂りにくい場合は手っ取り早く摂るため補助食品を用いるのもよいでしょう。

ちなみに、私は、栄養価が高い補助食品「スーパー発芽大豆」とプラセンターも配合され美容効果もある「すっきりフルーツ青汁」を愛用しています。

↓ ↓クリック ↓ ↓

 

こちらの記事は補助食品購入に際して参考になりますよ!
「すっきりフルーツ青汁でやせる」の罠?購入前に知るべき事とは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

癌 ・心疾患・ 脳血管疾患に効くココナッツオイルは血管の病気も防ぐ!

ココナッツオイルは、癌 心疾患 脳血管疾患の三大生活習慣病に効くと同時に血中の中性脂肪やコレステロー

記事を読む

正しい糖質制限=ケトジェニックダイエットとは?高カロリーだと太るの嘘?

近年、欧米のスーパーモデルやセレブリティの影響か、日本でも栄養バランスや運動に気を使い、健康的なボデ

記事を読む

内臓脂肪の落とし方|コンビニランチ選択時の2つの注意点とは?

近年、コンビニの数が増え、商品も多彩になり、充実してきました。 昼食はコンビニなどで、おにぎり

記事を読む

カロリー制限&糖質制限+運動でダイエット!その方法って正しいか?

2chipさん 38歳 専業主婦 女性 身長160cm 健康診断で悪玉コレステロール値が高く出

記事を読む

40代からの老化現象サルコペ二ア肥満 とは?原因は?太らない方法は? 

あなたはメタボよりも怖いと言われるサルコペ二ア肥満をご存知ですか? サルコペ二アとは、筋肉が減

記事を読む

DHAの脳への効果とは?脳内での働きは?その他の健康効果は?

DHA(ドコサヘキサエン酸)は脳細胞を活性化させ、 神経組織の機能を高める働きを持っているため、頭

記事を読む

サプリメントの効果はあるのか?実感できない理由は?BCAAの効果は?

以前ご紹介した記事 サプリは薬ではない!ビタミン・ ミネラル・たんぱく質を補給し自分に合うもの

記事を読む

ストレスの弊害は?食欲との関係は?ダイエットの最大の敵とは?

私たちは、日々たくさんのストレスを受けながら生きています。 これは仕事をしていても専業主婦でも

記事を読む

 ケトン体の健康効果は?「ケトン体が増えると危険」の誤解とは?

糖質制限をすると脂質から代謝される「ケトン体」が増えて、エネルギー源として使われるようになります。

記事を読む

置き換えダイエットの大事なポイントは?適した食べ物は何?

最近、ローフードやコールドプレスジュースなどを利用したクレンズプログラムやファスティングなどの新しい

記事を読む

血糖値・ブドウ糖負荷試験とは?「食後高血糖」が危険?朝食で血糖値を上げない方法は?

あなたはどんな朝食を食べていますか? 忙しい現代人、朝は毎日、パ

英語で朝食の意味は?体内時計とは?朝食 抜き ダイエットは逆効果とは?

あなたは朝ご飯を食べていますか? ダイエット効果を上げたいからと

糖質制限ダイエットの悩みに向き合うサプリ【糖質スリム】とは?口コミを紹介!

糖質を制限するダイエット方法は2012年頃から話題になり、その効果の高

魚の缶詰の簡単レシピ紹介!おすすめの種類は?DHAとEPAは缶詰でとれる?

ダイエットに有効ということで、近年 糖質制限食が流行っています。

糖質の量を計算する方法は?糖質と糖類の違いに注意!糖分の定義はないとは?

糖尿病患者を対象とした糖質制限食では1回の食事につき、摂取する糖質を2

→もっと見る

PAGE TOP ↑