アミノ酸ってどんなもの?タンパク質との結合・構成の関係は?その定義は?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

既にご紹介しました記事:必須アミノ酸をバランス良く摂ろう!アミノ酸の分類は?筋力維持にBCAAが有効とは?

などで、私達の体の若々しさのもとはタンバク質の入れ替えであり、タンバク質を構成するアミノ酸は、健康維持や綺麗な体を作る基盤であることをご説明しました。

にもかかわらず、アミノ酸って、なかなか理解しづらいものがあります。

そこで、今回は、タンパク質とアミノ酸の関係やアミノ酸の定義や性質について解説しました。

タンパク質はアミノ酸が結合されたもの

20世紀が「ビタミンの時代」と呼ばれたのに対して、21世紀は「アミノ酸の時代と呼ばれています。

アミノ酸という名前だけはよく目にするものの、実際は今ひとつわかりにくい栄養素かもしれませんね。

アミノ酸とは、タンパク質を構成している最小単位の物質です。

つまりタンパク質を分解するとアミノ酸になります。

例えば肉を食べた場合、肉に含まれているタンパク質は主に胃で消化された後分解され、小腸で吸収されます。これかアミノ酸です。

タンパク質を構成していないアミノ酸もある

ただし、タンパク質を構成していないアミノ酸も存在します。

例えば、脂肪燃焼(運搬)にかかわるLーカル二チン、瞬発的なパワーを生み出すクレアチン、二日酔いに効くとされるオルニチン、これらはどれもアミノ酸に分類されますか、タンパク質を構成していないアミノ酸です。

用語解説
Lーカル二チン

体内の脂肪を燃焼し、エネルギーに変えるための栄養素。卵・豆・野菜類にはほとんど含まれず、牛肉や羊肉から摂取できる。

クレアチン

すばやくエネルギー源として利用でき、筋肉の増強やパフォーマンスの向上、脳の疲労軽減などに効果があるとされる。肉や魚に含まれるが、加熱すると大部分が失われてしまう。

オル二チン :

有害なアンモニアを無害な尿素に代謝する。ほか′にも、肝臓ののはたらきを保全したり、肝臓でのタンパク質合成を促進するはたらきなどがある。しじみに多く含まれる。

アミノ酸の定義とは

実はアミノ酸の定義にあてはまる栄養素は500種類ほどあると言われています。これからも発見されて増えていくかもしれません。

アミノ酸の定義
塩基性のアミノ基 -NH2 と酸性のカルボキシル基 -COOH とをもつ有機化合物の総称。 タンパク質の構成単位で,タンパク質を加水分解して得る。

アミノ基とカルボキシル基が同一の炭素原子に結合した α -アミノ酸が最も重要で,タンパク質を構成するアミノ酸はすべて α -アミノ酸である。 グリシン・アスパラギン・グルタミン酸・リジンなどが代表的なもの。 >>『三省堂 大辞林』より引用

そのうちたった20種類のアミノ酸だけがタンパク質を構成しているアミノ酸なのです。

さらにはそのなかの9種類のアミノ酸が体内で合成されないアミノ酸で、必須アミノ酸と呼ばれます。

ですから9種類の必須アミノ酸を摂っていれば、残り11種類の非必須アミノ酸は不足していても体内で合成されるので、タンパク等(体)を構成する20種類が揃うというわけです。

この9種類の必須アミノ酸はチームプレイか大前提となります。

つまり、どれかひとつか大切なのではなく、9種類それぞれか反応しあって初めて力を発揮します。

この性質は桶の理論で説明されます。

 


一方で、アミノ酸は個々に力を発揮するケースもあります。
こちらの記事も参考になるでしょう。
タンバク質の役割は?不足の 影響は加齢による回復力低下ではないとは?

 

ダイエットアドバイザーのコメント


必須アミノ酸はチームプレイか大前提なんですね。ですから、9種類それぞれをとれるように、たんぱく質は色んな食材からバランス良く摂ることが大切です。

また、食事からだけで摂りにくい場合は手っ取り早く摂るため補助食品を用いるのもよいでしょう。

ちなみに、私は、大豆製品の中でも特に栄養価が高い補助食品「スーパー発芽大豆」とプラセンターも配合され美容効果もある「すっきりフルーツ青汁」を愛用しています。

 
すっきりフルーツ青汁の公式ページはこちら

↓ ↓クリック ↓ ↓

 

こちらの記事は補助食品購入に際して参考になりますよ!
「すっきりフルーツ青汁でやせる」の罠?購入前に知るべき事とは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

肥満は飢餓に備えた身体の防衛反応!時計遺伝子の働きとは?朝食との関係は?

前回の記事では、時間栄養学の研究で、「朝食を抜くと太る」理由として以下の点を上げました。

記事を読む

うなぎの健康効果は?栄養価は?蒲焼(市販)の美味しい調理法は?

江戸時代から、夏の土用の丑の日に食されてきたウナギですが、 ウナギには、疲労の回復や風邪の予防など

記事を読む

脳細胞はブドウ糖しか使えないの嘘!ケトン体回路が回るとは?

「糖質が切れると頭がフラフラしてしょうがない」と言い張る人がいます。 それは、「脳のエネルギー

記事を読む

40代からの老化現象サルコペ二ア肥満 とは?原因は?太らない方法は? 

あなたはメタボよりも怖いと言われるサルコペ二ア肥満をご存知ですか? サルコペ二アとは、筋肉が減

記事を読む

ケトン体回路を回すには?糖質依存の食事の糖質摂取量を1日どれだけに減らす?

既にご紹介しました記事で、健康に良いエネルギー源はケトン体であることをご紹介しました。 ⇒人間

記事を読む

サプリメントの効果はあるのか?実感できない理由は?BCAAの効果は?

以前ご紹介した記事 サプリは薬ではない!ビタミン・ ミネラル・たんぱく質を補給し自分に合うもの

記事を読む

ブドウ糖が老化を促進!AGEでタンパク質は?糖質制限で老化予防できるか?

近年、糖質制限を実践することの効果を示すエビデンス(科学的な証拠)が明らかになってきました。

記事を読む

老化を促す原因とは?老化スピードを遅らせるには?肉の老化防止効果 とは?

  既にご紹介しました以下の記事 熱中症予防の根本対策とは?肉食は血液の放熱効

記事を読む

癌 ・心疾患・ 脳血管疾患に効くココナッツオイルは血管の病気も防ぐ!

ココナッツオイルは、癌 心疾患 脳血管疾患の三大生活習慣病に効くと同時に血中の中性脂肪やコレステロー

記事を読む

ココナッツオイルとはヤシ油?中鎖脂肪酸や飽和脂肪酸が豊富とは?

今、ダイエットで注目されているケトン体食事法とは、文字通りケトン体を体内でたくさん生み出すことを目的

記事を読む

免疫力を上げる 酵素生活とは?酵素の種類と働きは?酵素不足の症状は?

今、酵素がブームとなっています。 私たちの休の中には、必ず酵素が

三大栄養素の働きは?体は栄養素だけでは作れない?酵素が必要な理由とは?

「最近、よく『酵素』という言葉を耳にするな」と思った人もいるでしょう。

肥満の原因は?カロリー 制限で痩せないわけは?カロリー計算は意味ない とは?

肥満やメタボが世界的に増えています。 私たちが太るのは、摂取カロ

食物繊維の健康効果|水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の最適摂取バランスとは?

食べても太らないヤセ体質を手にするには、あなたの腸に住んでいるヤセ菌を

ニンジン、リンゴ、バナナの整腸作用とは?

ビフィズス菌を増やすために、前回の記事 痩せ菌を増やす

→もっと見る

PAGE TOP ↑