肌荒れの原因と対策は生活習慣にある?ビタミンBやミネラルなどの効果は?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

このサイトのテーマである「綺麗に痩せる」を実現するためには、肥満解消のみならず美容面への注意も必要です。

ここで、特に注意したいのが吹き出物・乾燥・脂ぽいなどの肌荒れの悩みではないでしょうか?

肌荒れの悩みは、いつも女性の悩みランキングの上位を占めています。

また、男性でも青春時代の二キビに悩まされた人もいるでしょう。

ここでは肌荒れの原因と対策について、既にご紹介済みの記事を参照しながら確認するとともに、ビタミンBやミネラルなどの効果についてご紹介します。

肌荒れの原因は生活習慣にある?

乾燥肌と脂性肌、遠いもののようですが、実は原因は近いところにあります。

それは角質層という、いわばお肌の表面の部分の水分量に関係してきます。

水分量が足りない状態というのは、乾燥肌を引き起こします。

ところが水分量を補おうと、過剰に皮脂が分泌されてしまうと、今度は脂性肌になってしまうのです。

肌荒れはその原因が幅広い分、栄養素も何かひとつだけを摂取しても解決が難しい点があります。

肌荒れの原因が幅広いとは

終日エアコンのきいた部屋にいる、屋外で紫外線の影響を受ける、漠然としたストレスを感じる、睡眠不足、食生活の乱れ、便秘、スキンケアの不備など、肌荒れの原因は非常に幅広い生活習慣の乱れにあといえるでしょう。

肌荒れの対策は?

吹き出物も含め、肌荒れ対策の大前提はいわゆるスキンケアです。

二キビなどが治らない場合は、清潔にしたうえで、肌に何を補えば良いのか皮膚科などで専門家にチェックしてもらうほうが効率的でしょう。

元々、肌のトラブルの原因がある生活習慣にあるはずですから、ライフスタイルを改善することが結果的には根本解決につながる近道となります。

便秘が原因のケースの対策は?

肌荒れの原因として明らかに便秘という悩みを抱えている場合は、食物繊維、乳酸菌などによる腸内環境の改善が格段の効果につながります。

腸内環境改善については次の記事が参考になるでしょう。

腸内環境が悪いと便秘になり太る?改善でダイエットできる?改善に良い食品は?

 

水分不足対策も

水太りする、むくむというイメージから水分を控える人もいますが、水分不足は体内でのさまざまな化学反応を鈍らせます。

ですから、夏場に限らず適宜水分を補給することを心がけ、特に起床時に水を飲むことは習慣化しましょう。

 

ビタミンB群、ミネラル類などの効果は?

ビタミンB群の効果は?

肌荒れ用の医薬品に含まれている、ビタミンB2はそれなりの効果を発揮してくれそうです。

ただしビタミンB群はそれぞれが作用し合う性質を持つので、ビタミン振単B2よリビタミンB群で摂取したはうがいいでしょう。

ビタミンB2とは
水溶性ビタミン。皮膚や粘膜の健康維持を助け、糖質、脂質、タンパク質を体内で工ネルギーに変えるなどして代謝を支える。 活発に活動し、エネルギーをたくさん消費する人ほどビタミンB2が必要になる。 レバー、うなぎ、卵、納豆、乳製品などに多く含まれる。

なお、ビタミンB群については以下の記事でもご紹介しています。

腸内細菌がビタミンをつくるとは?ビタミンB群の働きは?食物繊維が多い食べ物は?

ミネラルの効果は?

また亜鉛、鉄、マグネシウムなどのミネラルも肌荒れ改善に効果のある栄養素なのですから、これもミネラル類が総合的に不足しないよう、補充しておくことが望ましいと言えます。

 

 

なおビタミンやミネラルを手っ取り早く補充する方法としてサプリメントの利用も有効でしょう。

サプリの利用については次の記事が参考になるでしょう。

サプリは薬ではない!ビタミン・ ミネラル・たんぱく質を補給し自分に合うものを!

美肌の三大成分とは

コラーゲンヒアルロン酸セラミドは美肌の三大成分ですが、ヒアルロン酸とセラミドに関しては経口摂取の効果について意見が分かれるところです。

高分子のためそのまま吸収されず、結局は食事などからの栄養素と同じではないかという意見も多く、それを覆すほどの研究の報告は今のところ見当たりません。

なお、コラーゲンについてはこちらの記事で口から摂取しても効果があることをご紹介しています。

コラーゲンは摂取しても意味ない?アミノ酸が豊富なコラーゲンペプチドの効果とは?

 

ダイエットアドバイザーのコメント


糖尿人である私は糖質制限による血糖コントロ―ルで糖尿病改善と同時に肥満も解消しました。

食事では肉、魚などでタンパク質と脂質はしっかり摂っていますが、野菜など食事だけでは不十分になりがちな栄養素を補い栄養のバランスを高めるため、補助食品を用いています。

私が継続的に利用している補助食品は、大豆製品の中でも特に栄養価が高いスーパー発芽大豆大豆麺ソイドルとコラーゲン・プラセンター・セラミドも配合され美容効果が優れている「すっきりフルーツ青汁」です。

すっきりフルーツ青汁の公式ページはこちら

↓ ↓クリック ↓ ↓

 

こちらの記事は補助食品購入に際して参考になりますよ!
「すっきりフルーツ青汁でやせる」の罠?購入前に知るべき事とは?

 

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

ラクトフェリン サプリの口コミ|「ラクトフェリン+乳酸菌」との出会いとその効果とは?

記事:ビフィズス菌の効能とは?乳酸菌との違いは?ビフィズス菌を増やす方法とは? では、ビフィズス菌

記事を読む

善玉菌だけでは健康になれない?日和見菌を増やす納豆のネバネバ 効果とは?

  前回は日本の伝統食である味噌に含まれる善玉菌による健康効果についてご紹介しました

記事を読む

体内時計をつかさどる時計遺伝子とは何か?その働きとは?リセット方法とは?

既に確認したように、「少食なのに太ってしまう」という不思議な現象が解明されたのは、「時計遺伝子」 の

記事を読む

食物繊維の便秘解消 理由は?サラダよりも加熱処理してたっぷり食べよう!

腸をスッキリさせるためには、食物繊維は欠かせません。 以前の記事 食物繊維の多い食品にダ

記事を読む

「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂っている女性は太らないとは?

毎年新しいダイエット法が話題になります。 テレビなどでは、「たった3日で、◎キロ減! ウエスト

記事を読む

入浴のストレス解消効果は?効果的な温度は?ダイエット効果を高めるには?

入浴のストレス解消効果は? 毎日忙しいからといって、シャワーだけですましている人もいるようです。

記事を読む

魚の缶詰の簡単レシピ紹介!おすすめの種類は?DHAとEPAは缶詰でとれる?

ダイエットに有効ということで、近年 糖質制限食が流行っています。 その実践のポイントはご飯やパ

記事を読む

「もったいない」が太るもと!食べる量を減らすには?残す マナーとは?

「もったいない」が太るもと!とは 食べ物を粗末にしてはいけません。 しかし、もったいなからと

記事を読む

「ラクトフェリン+乳酸菌」の効果|ラクトフェリン、ビフイズス菌、フェカリス菌の相乗効果とは?

これまで、善玉菌、悪玉菌を含め、100兆個いるといわれる腸内の細菌の中でも善玉菌の代表選手として、乳

記事を読む

食物繊維の多い食品にダイエット効果がある!その理由とは?

食物繊維の多い食品にはダイエット効果がある! 肥満の予防に食物繊維が効果があるといわれています。

記事を読む

食事制限 ダイエットで痩せないわけは?腸内細菌と肥満や健康との関係は?

ダイエットは、女性の永遠のテーマですね。 また働き盛りの男性にと

老化を促す原因とは?老化スピードを遅らせるには?肉の老化防止効果 とは?

  既にご紹介しました以下の記事 熱中症予防の根

コレステロール値について|病気との関係は?適正値とは?高いことの影響は?

中高年になると、「コレステロール値が高いから肉は食べない」という方が多

たんばく質食品の中で肉が最良の理由|良質脂質と必須アミノ酸が全て摂れるから?

  中高年が老化を早めないためには、筋肉や骨のたんばく

肥満と腸内細菌の深い関係とは?マウス実験の論文では?肥満を解消できる?

太るよりはやせたい、やせてカッコよく、きれいにみせたいという人が、とく

→もっと見る

  • デトックスダイエットテイー 美痩身(be-slim)
       ↓ ↓クリック↓ ↓
    ビスリムnew(ダイエット)[シュシュルル]

  • 乳酸菌は年齢と共に減少しますので、『腸内フローラ』善玉菌・悪玉菌のバランスを保つのは年々難しくなってきます。
    女神フローラは40代以降の方の不安を安全にサポートする強い味方です。
      ↓ ↓ 詳しくはこちら ↓ ↓

PAGE TOP ↑