便秘&下痢対策|腸内環境を改善する栄養素は?食物繊維の種類と効果は?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

前回の記事 肌荒れの原因と対策は生活習慣にある?ビタミンBやミネラルなどの効果は?

では肌荒れの改善策のひとつとして、腸内環境を改善することを挙げました。

腸内環境を整えることで様々な体の不調の改善が期待されます。

今回は便秘&下痢の対策としても、腸内環境を整えることが大切であることを確認します。

そして、そのために役立つ3つの栄養素をご紹介し、それらの効果についてご紹介しています。

便秘&下痢の対策とは?

女性は便秘の悩みを抱えていることが多く、逆に男性にも下痢で困っている人が多いようです。

これは腸の長さの違いによるところがありますが、それ以外でも水分を摂りたがらなかったり、飲酒の量が多かったりと生活習慣も影響しています。

便秘と下痢は真逆の現象ですが、解決法はほぼ同じと言ってもいいかもしれません。

それは、腸内環境を整えることです。

 

栄養素は腸から吸収されますから、腸は栄養の「本当の入り口」といっても過言ではありません。

一方で細菌やウイルスなども腸から入ってくる可能性があるため、腸には多くの免疫細胞が集まっていたり、バイエル板という人体で最も大きなリンパ節が備わったりしています。

 

ご参考記事腸の重要な働きとは?腸内環境の悪化の症状は?改善の方法は?

腸内環境を改善する3つの栄養素とは?

食物繊維

腸内環境を改善するための栄養素として、まずは食物繊維が挙げられます。

食物繊維は大きく二種類に分類されます。

ひとつは水溶性食物繊維で、これは糖や脂肪の吸収を抑えるなどの効果があります。

もうひとつが不溶性食物繊維です。

こちらは穀物の外皮などに含まれるセルロースが有名ですが、腸内で不要なものをまとめて排泄してくれます。

どちらも大切な機能ですか、腸内環境の改善につながるという点においては不溶性食物繊維が特に重要です

食物繊維とはヒトの消化酵素では分解ざれにくい物質で、以前は栄養価的にあまり価値がないとされていましたが、現在ではさまざまな機能が確認され、重要な栄養素へと評価が変わりました。

 

ご参考記事食物繊維の多い食品にダイエット効果がある!その理由とは?

 

 

乳酸菌

二つ目は乳酸菌です。

腸内では悪玉菌と善玉菌が常に縄張り争いをしていますが、乳酸菌の摂取によって善玉菌が優位に立てば、腸内環境がいちじるしく改善されていきます。

ヨーグルトなどの発酵食品を継続的に摂り入れて、徐々に悪玉菌を駆逐していくことがポイントです。

ご参考記事乳製品のダイエット 効果は?食べ過ぎ防止とは?お肉のヨーグルト漬けは?

グルタミン

そして三つ目がグルタミンです。

グルタミンは小腸が唯一エネルギーとして使える栄養素のため、小腸が元気になるためには十分なグルタミンと、食べ物を摂取しない時間帯(就寝)とが必要となります。

  • 腸の働きのサポート
  • 免疫機能の向上
  • 筋肉の強化
  • アルコール代謝の促進

 

など、様々な効果が期待でき、ダイエットや健康管理などに幅広く役立ちます。

また、サプリメントの中では、比較的飲みやすく、安心して飲むことが出来ます。

カキエキス・亜鉛サプリメント「海乳EX」 初回商品購入
グルタミン酸やアスパラギン酸など、19種類以上のアミノ酸も含まれています。
↓↓クリック↓↓
妊活LP

食物繊維の種類と効果とは

水溶性食物繊維とは

水に溶ける種類の食物繊維です。
果物、野菜に多く含まれるペクチンや、こんぶやわかめなどの海藻類に多く含まれるアルギン酸、生のこんにゃく芋に多く含まれるグルコマンナンなどです。

水分保持力が強く、水に溶けるとドロドロのゲル状に変化します。

血糖値の急上昇を防ぐ、コレステロールなどの余分な脂質を吸着し排出する、腸の粘膜を守る、善玉菌を増やすなどの効果があります。

不溶性食物繊維とは

水に溶けない食物繊維です。

いんげん豆、ひよこ豆、あずき、おから、工リンギ、えのき、切りぼし大恨、小麦ふすま、干し柿、アーモンドなどに多く含まれます。

吸水性が高く、腸内で大きく膨らんで腸壁を刺激して嬬動(ぜんどう)運動を活発にし、便通を促進するなどの効果があります。

 

 

ご参考記事水溶性食物繊維の特徴?不溶性食物繊維の役割?とりすぎはミネラルを排出とは?

ダイエットアドバイザーのコメント

便秘・お通じにお困りの方
サプリメント等ではなく、お茶でダイエットをしたい方に

すっきりとキレイを同時に実感できるお茶★ボンボワール

公式ページで くみっきー流ダイエット法を動画で紹介中
↓ クリック ↓
ボンボワール

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

サプリメントの効果はあるのか?実感できない理由は?BCAAの効果は?

以前ご紹介した記事 サプリは薬ではない!ビタミン・ ミネラル・たんぱく質を補給し自分に合うもの

記事を読む

大麦若葉は栄養バランスを助ける長寿食材!Q&A、おすすめの青汁はコレ!

大麦若葉は栄養バランスを助ける長寿食材と言われています。 その理由は大麦若葉は栄養バランスをと

記事を読む

脂肪分解を促進するには?褐色脂肪細胞の活性化、コレウスフォルスコリの効果とは?

適切なトレーニングをすれば、「脂肪が燃える」事はわかっていますが、脂肪を分解してくれる栄養素ってある

記事を読む

肉食は健康に悪い?日本人の寿命が長い理由は?肉食の起源は?

大腸ガンは日本人にはあまり縁のない病気でした。 ところが最近は、それが年々増えてきています。

記事を読む

腸の重要な働きとは?腸内環境の悪化の症状は?改善の方法は?

大腸内検査の専門医の先生によると、腸の状態のよい人は全身の健康状態もよく、生活習慣病などにもかかりに

記事を読む

ストレスに強い人とは? ストレスの解消法は?ストレス対策に効くサプリとは?

既にご紹介しました記事、 ⇒ストレスの弊害は?食欲との関係は?ダイエットの最大の敵とは?

記事を読む

食物繊維の多い食品にダイエット効果がある!その理由とは?

食物繊維の多い食品にはダイエット効果がある! 肥満の予防に食物繊維が効果があるといわれています。

記事を読む

便秘は腸内環境悪化のサイン!腸内細菌の数や種類は?腸内フローラとは?

あなたは、1000兆個という膨大な数字をイメージできますか? 実は、コレは最近わかってきた人の

記事を読む

ヨーグルトって整腸 効果なし?あり?プロバイオテイクス+プレバイオテイクスの効果とは?

私は毎朝、100gぐらいのヨーグルトを食べています。 ヨーグルトは善玉菌を増やし、悪玉菌を減ら

記事を読む

善玉菌だけでは健康になれない?日和見菌を増やす納豆のネバネバ 効果とは?

  前回は日本の伝統食である味噌に含まれる善玉菌による健康効果についてご紹介しました

記事を読む

食事制限 ダイエットで痩せないわけは?腸内細菌と肥満や健康との関係は?

ダイエットは、女性の永遠のテーマですね。 また働き盛りの男性にと

老化を促す原因とは?老化スピードを遅らせるには?肉の老化防止効果 とは?

  既にご紹介しました以下の記事 熱中症予防の根

コレステロール値について|病気との関係は?適正値とは?高いことの影響は?

中高年になると、「コレステロール値が高いから肉は食べない」という方が多

たんばく質食品の中で肉が最良の理由|良質脂質と必須アミノ酸が全て摂れるから?

  中高年が老化を早めないためには、筋肉や骨のたんばく

肥満と腸内細菌の深い関係とは?マウス実験の論文では?肥満を解消できる?

太るよりはやせたい、やせてカッコよく、きれいにみせたいという人が、とく

→もっと見る

  • 乳酸菌は年齢と共に減少しますので、『腸内フローラ』善玉菌・悪玉菌のバランスを保つのは年々難しくなってきます。
    女神フローラは40代以降の方の不安を安全にサポートする強い味方です。
      ↓ ↓ 詳しくはこちら ↓ ↓

PAGE TOP ↑