ストレスに強い人とは? ストレスの解消法は?ストレス対策に効くサプリとは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

既にご紹介しました記事、

ストレスの弊害は?食欲との関係は?ダイエットの最大の敵とは?

でストレスはダイエットを継続する上での最大の障害であることをご紹介しました。

「ストレス」とは、何か具体なものを指すのではなく、漠然とした表現なので、原因不明で体調が悪いときは、ストレスが原因と言われることが多いでしょう。

今回は、これまでご紹介したストレス対策、

ストレスの身体への影響|過食が招く悪循環は?ストレスをためない 方法は?

に加えて、ストレスに強くなるポイントや手軽なストレス解消法、及び効果的なサプリメントをご紹介します。

気持ちを切り替え、足りない栄養を補い、ストレスが溜まるのを防ぎましょう。

ストレスに強い人とは

そして、気持ちの切り替えが上手な人は、自分が熱中できることを持っている人でもあります。

体を動かすことに熱中できる人であれば、運動はストレス発散にぴったりです。

ランニング、筋トレ、ダンス、山登り、自転車、水泳、テニス、ゴルフなど、どれでもOKです。

それ以外にも、映画鑑賞や美術鑑賞など、自身が没頭できる時間を作りましょう。

ストレスの解消法(手軽な方法の例)

とは言うものの、日々ゴルフをしたり映画を観たりはできませんから、とりあえず手軽なストレスの解消法を見つけておくと良いでしょう。

泣くという行為

実は、泣くという行為は非常に効果的なストレス発散法です。

人前では恥ずかしいでしょうから、お風呂場でこっそり泣くのも良いですし、感動するDVDを見たり、小説を読んだりするのも良いでしょう。

カラオケで大声を出す

歌うのが好きな人は、カラオケで大声を出すというのも効果的なストレス発散法です。

 

 

 

その他

ストレス解消には、ほかにも、新聞紙をビリビリ破いたり、粘土を思いっきり投げつけたりするのも効果的。
この瞬間だけは大人げないという気持ちを捨てて、別世界に行くことにしましょう。

お酒やたばこは

お酒やたばこは一時的なストレス発散につながりますが、深酒は体調を崩すことになり、また、たばこは体のすべての細胞に悪影響を与えてしまいます。

これらは、ストレスの原因そのものが解決するわけではありませんから、翌日からさらなるストレスを抱えることになります。

ですから、お酒やたばこは度を越さないように注意しましょう。

 

ストレス対策に効くサプリは

ストレス対策に効く栄養素

ストレスで最も影響を受ける体の器官は、自律神経と密接に関わる胃ですから、グルタミンの利用もストレスに対するひとつの緩和策と言えます。

自律神経とは
内臓や血管に分布しており、活動に作用する交感神経系とリラックスに作用する副交感 神経系に分けられる。 呼吸、消化吸収、血液循環などの活動を調節する。

また、ストレスを感じるとアドレナリンが放出され、ビタミンCが消費されます。

ビタミンCを意識して摂りましょう。

精神の興奮を鎮める栄養素であるカルシウム、マグネシウム、ビタミンB群も不足しないように気をつけます。

ストレス対策に効くサプリ

ストレスの原因は人によって、下記のような要因によって異なるので、決して一様ではありません。

  • その人の食習慣などのライフスタイル
  • ストレスの原因となっている悩みの程度

前述の「ストレス対策に効く栄養素」や下図の「桶の理論」も考慮して、あなたにとって最も不足しやすい栄養素を補えるサプリを選びましょう。

 

なお、サプリの選択に当たっては次の記事も参考になるでしょう

サプリは薬ではない!ビタミン・ ミネラル・たんぱく質を補給し自分に合うものを!

また、食物繊維が豊富な大麦若葉を原料にしている青汁が栄養バランス助ける上で効果があることが知られています。

大麦若葉は栄養バランスを助ける長寿食材!おすすめの青汁はコレ!

 

ところで、ストレスをあまり深刻に捉え過ぎないようにすることも大切です。

少し楽観的に構えて解消していきましょう。

 

ダイエットアドバイザーのコメント

ビタミン、ミネラルなどを食事からだけで「バランス良く摂る」ことは大変難しいものです。そこで私も「すっきりフルーツ青汁」などサプリメントを活用しています。

ところで、最近 メディアでも大注目の「ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌」は、

・高品質ラクトフェリン300mg配合のラクトフェリンサプリ。
・注目成分であるフェカリス菌+ビフィズス菌も配合!
・胃酸に負けない耐酸性カプセルによりしっかり体に届ける!

などが特徴で健康的なスタイル美人になるため体の内側からスッキリを目指せると評判です。

そこで、早速、私も「ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌」を取り寄せ試してみることにしました。

 

なお、ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌 サプリの効果についてはこちらでご紹介中です。

「ラクトフェリン+乳酸菌」の効果|ラクトフェリン、ビフイズス菌、フェカリス菌の相乗効果とは?

また、ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌 サプリの口コミについてもご紹介中です。

ラクトフェリン サプリの口コミ|「ラクトフェリン+乳酸菌」との出会いとその効果とは?

 

ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌
↓ 詳しくはこちら ↓
バナー原稿imp

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

腹八分目の おすすめ理由は?腹八分目に抑える方法、コツは?

食べ過ぎることが太る原因であるってことは誰でも知ってる常識です。 でも、好きなものを目にすると

記事を読む

マーガリンよりバターが太らない!トランス脂肪酸は危険?ショートニングも?

かつては、「バターは動物性脂質、マーガリンは植物性脂質だから、マーガリンのほうが健康的」とされていま

記事を読む

糖質制限とカロリー制限の併用は間違い?リバウンドや痩せない理由は?

従来、カロリー制限でダイエットしていた方が糖質制限する際、よくある間違いがあります。 それは、糖質

記事を読む

肉や魚

これだけは必要!ダイエット食の基本とは?

ダイエットの基本は、腹八分目で、一日のカロリーを1600~1800キロカロリーにし、 高タンパク・

記事を読む

40代は太りやすい!よくあるダイエット方法の間違いとは?間違いのまとめ

40代は「太りやすい体」になっている! 40代は働き盛りで忙しい年代ですが、ついてしまった脂肪を早

記事を読む

急激なダイエットでリバウンドする理由は?原因は?対策は?

ダイエットにはつきものとされるのがリバウンドです。 ダイエット実践者の60%の人が、リバウンドを経

記事を読む

アミノ酸が肥満を防ぐ!血糖を脂肪細胞に取り込むインスリンの作用を阻害する

糖質のみが血糖値を上げ、血管中の余分の血糖は肥満ホルモンと呼ばれるインスリンの働きによって、体内の脂

記事を読む

乳製品のダイエット 効果は?食べ過ぎ防止とは?お肉のヨーグルト漬けは?

乳製品のダイエット 効果とは? 良質のたんばく質の供給に欠かせない乳製品は、多くのビタミンを含む優

記事を読む

サプリメント選びの注意点は?価格や素材の配合量は適正か?

サプリメントの選択に関しては、既に以下の記事でもご紹介しました。 サプリは薬ではない!ビタミン

記事を読む

糖質制限で内臓脂肪が減る!メタボの症状は?保健指導の内容は?

糖質制限をして体脂肪が減り、適切な体重になると、さまざまな生活習慣病を予防したり改善します。 基本

記事を読む

人間のエネルギー源は解糖エンジンからミトコンドリアエンジンへの移行するとは?

車は、ガソリンをのエネルギー源として動きますが、私達、人間の体は何をエ

腸内フローラの最適バランスとは?腸内細菌の数や種類は?善玉 悪玉 日和見とは?

  日本人の腸管は、成人で10メートル近くもの長さがあ

ラクトフェリン サプリの口コミ|ダイエット効果は?免疫力アップした?老化防止は?

健康的なスタイル美人になるため体の内側からスッキリを目指せるサプリとい

ラクトフェリン サプリの口コミ|「ラクトフェリン+乳酸菌」との出会いとその効果とは?

記事:ビフィズス菌の効能とは?乳酸菌との違いは?ビフィズス菌を増やす方

「ラクトフェリン+乳酸菌」の効果|ラクトフェリン、ビフイズス菌、フェカリス菌の相乗効果とは?

これまで、善玉菌、悪玉菌を含め、100兆個いるといわれる腸内の細菌の中

→もっと見る

PAGE TOP ↑