脂肪分解を促進するには?褐色脂肪細胞の活性化、コレウスフォルスコリの効果とは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

適切なトレーニングをすれば、「脂肪が燃える」事はわかっていますが、脂肪を分解してくれる栄養素ってあるのでしょうか?

また、そんな栄養成分を配合したサプリメントにはどんな効果があるのでしょうか?

ここでは、脂肪の分解を促進する栄養成分、コレウスフォルスコリの効果をご紹介し、それを配合した、今話題のサプリメントをご紹介します。

脂肪の分解を促進する栄養成分とは?

脂肪をエネルギーに変えるプロセス

脂肪をエネルギーに変えるには、まず分解というプロセスがあり、その後、運搬」 「燃焼というプロセスを経ます。

分解を促進する方法は?

分解は、トレーニングなどによってアドレナリンやノルアドレナリンが分泌されるとスイッチがオンとなります。

また、トレーニング以外でも分解を促進させる栄養成分があります。

では、次に脂肪の分解を促進させる栄養成分をご紹介します。

唐辛子は 効果あるか?

私たちになじみがあるのは唐辛子の成分でもあるカブサイシンです。

微量摂取しただけでも体が熱くなる感じは、いかにも脂肪が分解されている印象を持ちます。

しかし、実は相当量を摂取しなくては効果がないため、あまり現実的ではありません 。

また、相当量摂取すると胃壁が荒らされてしまうという欠点があります。

 

褐色脂肪細胞を活性化とは?

唐辛子以外の候補成分として、カフェイン、CLA (共役リノール酸)、コレウスフォルスコリ、n-3系不飽和脂肪酸などの成分があります。

これらは体内に蓄積された余分なカロリーを熱に変え、褐色脂肪細胞活性化させるのでおすすめです。

褐色脂肪細胞とは
背中(肩甲骨のあたり)や首まわり、胸などに少量存在する細胞。

UCP脱共役タンパフ質)が含まれており、これのはたらきにより熱を作り出して褐色脂肪細胞を活性化させることで何もしていない状態での消費力ロリーアップにつながる。

幼児期に多く、成人になると減少していく。

コレウスフォルスコリの効果とは?

カフェインは中枢神経を刺激するため、トレーニング同様にアドレナリンなどの分泌を促進させます。

CLAやn-3系不飽和脂肪酸は、褐色脂肪細胞を活性化させ、脂肪の分解酵素であるリパーゼを生成します。

コレウスフォルスコリとは?

そして、ユニークな効果を持つのが、コレウスフォルスコリというシソ科のハーブです。

脂肪分解に向けての出発地点をβ3受容体というのですが、コレウスフォルスコリの作用でそこを介さず、その先の酵素を活性化させます。

実は日本人には、β3受容体の感受性が弱い人が多いので、結果として脂肪の分解効果が得られにくくなります。

コレウスフォルスコリのような作用は、β3受容体を回避して脂肪分解へとつないでくれるので、そういった問題を解決してくれそうです。

コレウスフォルスコリ配合のダイエットサプリは?

今話題のグラマラス成分とダイエット成分を贅沢に配合したオールインワンサプリメント「グラマラスリム・プエラリアをご紹介します。

その特徴は

1、大豆イソフラボンの40倍の効果を持つ「プエラリア
2、グラマラスフルーツとして海外セレブにも人気の「アグアへ
3、飲むダイエットとして世界中で愛されている「ココナッツオイル

さらにうれしい三大スマート成分である「コレウスフォルスコリ」「BCAAアミノ酸」「L-カルニチン」を配合。

ダイエットだけ、バストアップだけ、という商品はありふれていますが
この商品はどちらの効果も期待できる商品です。

つまり、痩せながらグラマラスなBobyを手に入れられるそうです。

グラマラスに痩せるをコンセプトにすることで、
ダイエットで課題となっていた「痩せたら貧相になる」と言う問題を
解決できるサプリメントが登場しました。

それがコレウスフォルスコリも配合したグラマラスリム・プエラリアです。
↓↓詳しくはクリック↓↓

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

アミノ酸ってどんなもの?タンパク質との結合・構成の関係は?その定義は?

既にご紹介しました記事:必須アミノ酸をバランス良く摂ろう!アミノ酸の分類は?筋力維持にBCAAが有効

記事を読む

コラーゲンは摂取しても意味ない?アミノ酸が豊富なコラーゲンペプチドの効果とは?

お肌や関節軟骨などに効果があると言われるコラーゲンですが、最近、「口から摂取してもそのままでは吸収さ

記事を読む

カロリー制限&糖質制限+運動でダイエット!その方法って正しいか?

2chipさん 38歳 専業主婦 女性 身長160cm 健康診断で悪玉コレステロール値が高く出

記事を読む

脂質=悪者は誤解か?脂質エネルギー比の理想は?量より質が大切なわけは?

「脂質=悪者」は誤解か? 旧来の摂取カロリーを制限するダイエット法に毒されていると、「油脂(脂質)

記事を読む

置き換えダイエットの大事なポイントは?適した食べ物は何?

最近、ローフードやコールドプレスジュースなどを利用したクレンズプログラムやファスティングなどの新しい

記事を読む

スーパー発芽大豆 (だいずデイズ)の栄養は?糖質制限ダイエットにピッタリとは?

「畑の肉」とも言われる「大豆」には、肉に匹敵する量のたんぱく質が含まれています。 そして、大豆

記事を読む

痩せるダイエット食品は低糖質・低脂肪・高タンパク?ケトン体食事法では?

従来のカロリー制限ダイエットで痩せるために適した、食事はとにかく低カロリーなものというのが常識でした

記事を読む

美禅食で置き換えダイエット!その効果は?食事制限ダイエットはもう古い?

ダイエットのための補助食品って、TV通販などの宣伝のせいか利用する人が増えてきています。 でも

記事を読む

肥満の原因は脂質ではなく糖質の摂り過ぎ!脂質の代謝過程からわかる事は?

肥満の原因は脂質の摂り過ぎではなかった。 高脂質の食事を続けたら肥満になってしまう? 「糖質制限

記事を読む

主食を摂るなら パンよりごはん!輸入小麦は危険、パンの食べ過ぎは病気を招く?

近年、糖質制限ダイエットを実践する方が増えてきました。 糖質制限ダイエットでは減量に成功してゆ

記事を読む

食事制限 ダイエットで痩せないわけは?腸内細菌と肥満や健康との関係は?

ダイエットは、女性の永遠のテーマですね。 また働き盛りの男性にと

老化を促す原因とは?老化スピードを遅らせるには?肉の老化防止効果 とは?

  既にご紹介しました以下の記事 熱中症予防の根

コレステロール値について|病気との関係は?適正値とは?高いことの影響は?

中高年になると、「コレステロール値が高いから肉は食べない」という方が多

たんばく質食品の中で肉が最良の理由|良質脂質と必須アミノ酸が全て摂れるから?

  中高年が老化を早めないためには、筋肉や骨のたんばく

肥満と腸内細菌の深い関係とは?マウス実験の論文では?肥満を解消できる?

太るよりはやせたい、やせてカッコよく、きれいにみせたいという人が、とく

→もっと見る

PAGE TOP ↑