肥満の原因は脂質ではなく糖質の摂り過ぎ!脂質の代謝過程からわかる事は?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

肥満の原因は脂質の摂り過ぎではなかった。

高脂質の食事を続けたら肥満になってしまう?

「糖質制限食を実践するに当たり、高脂質の食事を続けたら肥満になってしまうのではないかと思いますが、心配はないのでしょうか?」

というご質問がありました。

結論から言うと、人間の生理的なメカニズムからいって、心配はいりません。

肥満の原因は脂質のとり過ぎというのは誤解です。

例えば、ステーキを食べても太りません。

参考記事⇒脂質・脂肪酸の種類と働きは?構造は?「脂質を食べたら太る」は大きな誤解とは?

糖質制限食は糖質の割合を減らすために、相対的に脂質の割合が高くなってきます。

長年の問、脂質の摂り過ぎが肥満を招くといわれてきましたから、糖質制限食で太ってしまうのではという疑問は当然だと思います。

脂質を減らしたのに肥満は倍増した?

かつてアメリカで、脂質の摂り過ぎが肥満の原因だと疑われた時期がありました。

そのため、国を挙げて啓蒙活動に取り組み、1971年から2000年までの30年間で脂質の摂取比率を36.9%から32.8%と4.1%減少させることに成功しました。

ところが、意に反して、1971年には14.5%だった肥満率が2000年には30.9%になり、30年間で肥満は倍増してしまったのです。

2010年には35.9%とさらに悪化しています。

つまり、脂質の摂取比率を減らしたら、肥満を減らすどころか、逆に増やしてしまう結果となってしまったのです。

これは、脂質の摂取量と肥満率に因果関係はなかったということです。

肥満の原因は炭水化物(糖質)の過剰

肥満の原因は脂質の過剰ではなく、糖質(炭水化物-食物繊維)の過剰摂取だったのです。

実は、肥満が増え続けていたこの期間、脂質の摂取比率が減少する一方で糖質の摂取比率は42.4%から49.0%と6.6%増えていました。

そのため現在では、肥満の原因は脂質の過剰ではなく、糖質の過剰ではないかと考えられるようになりました。

参考記事⇒5大栄養素の役割とは?糖質の摂りすぎで太るメカニズムとは?

なぜこのようなことになるのでしょうか。

これは、体内での脂質の代謝という生理学的な見地から考えれば明らかです。

脂質の代謝 過程からわかる事は?

物として脂質が摂取されると、小腸上皮から吸収されます。

食物中の脂質はほとんど中性脂肪ですが、小腸でダリセロールと脂肪酸に分解され、吸収されると再び中性脂肪に再合成され集合します。

この集合体は、キロミクロン (中性脂肋が積み荷) と呼ばれ、リンパ液に瞬時に入り、リンパ管に拡散し、他の場所へ輸送されるのです。

キロミクロンは、胸管を上行し鎖骨下静脈内に移行します。

鎖骨下静脈に入ったキロミクロンのほとんどは、肝臓、あるいは脂肪組織・筋肉組織などの毛細血管を通る間に、毛細血管壁にあるリポタンパクリパーゼにより、その積み荷の中性脂肪は、脂肋酸とグリセロールに分解されます。

その分、中性脂肪は血液中から取り除かれます。

脂肪酸は、筋肉細胞などでエネルギー源として利用されます。

このような代謝の過程で明らかなように、食事で摂った脂質がそのまま中性脂肪として血中に残り続けるのではなく、ほとんどがいったん脂肋酸とダリセロールに分解されるのです。

人間の体は食事で脂質をたくさん摂れば、それだけ血中の脂質の状況が悪くなる、といった単純なシステムにはなっていないということです。

蓄えられるのはエネルギーとして利用されなかった余剰分だけですし、血中の中性脂肋を増やしてしまうのは、別の原因によるものです。

それが、糖質の摂り過ぎです。

 

ダイエットアドバイザーのコメント


 
 

香川県でうどんを食べすぎて肥満&糖尿病になってしまった私は、九年間のカロリー制限食で一向に改善しませんでした。
ところが、この事実を知って糖質制限を実践したら、数ヶ月で肥満も糖尿病も改善することができました。
この記事の脂質代謝のプロセスは複雑でわかりにくいかもしれませんが、「脂質を摂っても太らない」というのが私の実感です。
なお、麺好きの私は、今では補助食品の大豆麺ソイドルを利用してストレスなく糖質制限を継続中です。

 
大豆麺ソイドルが糖質制限の強い味方とは?
 

ソイドル

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

コーヒーに入れるなら砂糖よりミルク?清涼飲料水のカロリーに注意!

飲み物でなるべくカロリーを取らないのも、内臓脂肪を予防するポイントです。 たとえば、コーヒーや

記事を読む

酢のダイエット効果とは?糖質の吸収は?脂肪燃焼を促進するか?

酢はダイエットに効果あるか? 酢は昔から魚介類、肉、野菜、さまざまな食品と相性がよく、料理の味を引

記事を読む

痩せるダイエット食品は低糖質・低脂肪・高タンパク?ケトン体食事法では?

従来のカロリー制限ダイエットで痩せるために適した、食事はとにかく低カロリーなものというのが常識でした

記事を読む

うなぎの健康効果は?栄養価は?蒲焼(市販)の美味しい調理法は?

江戸時代から、夏の土用の丑の日に食されてきたウナギですが、 ウナギには、疲労の回復や風邪の予防など

記事を読む

太らない食べ方、順番は?ダイエットの外食は定食、野菜→おかず→主食の順が良い?

太らない食べ方、順番とは? まずは野菜。最後に炭水化物を食べるほうが太らない事がわかっています。

記事を読む

GI値とは?低インスリン ダイエットとは?炭水化物プラス砂糖はダイエットの敵!とは?

GI値 とは? GI値とは、グリセミック・インデソクスの略で、炭水化物が糖に変わる比率を数値化した

記事を読む

人間は本来、ブドウ糖ではなくケトン体をエネルギー源としていた !?

前回の記事:人間のエネルギー源は糖質が主?脂質、たんぱく質も?健康に良いエネルギー源は? で人

記事を読む

肉食は健康に悪い?日本人の寿命が長い理由は?肉食の起源は?

大腸ガンは日本人にはあまり縁のない病気でした。 ところが最近は、それが年々増えてきています。

記事を読む

オリーブオイルのオレイン酸の健康効果|動脈硬化の原因を取り除く働きとは?

前回までで、地中海食で多用するオリーブオイルが健康ダイエットに優れていることをご紹介しました。

記事を読む

DHAとEPAのダイエット効果は?タンパク質の効果は?「サバ缶」も効果的?

DHAとEPAのダイエット効果は? 昔の日本人の食卓では、主菜といえば、さんま、あじ、いわし、さば

記事を読む

食事制限 ダイエットで痩せないわけは?腸内細菌と肥満や健康との関係は?

ダイエットは、女性の永遠のテーマですね。 また働き盛りの男性にと

老化を促す原因とは?老化スピードを遅らせるには?肉の老化防止効果 とは?

  既にご紹介しました以下の記事 熱中症予防の根

コレステロール値について|病気との関係は?適正値とは?高いことの影響は?

中高年になると、「コレステロール値が高いから肉は食べない」という方が多

たんばく質食品の中で肉が最良の理由|良質脂質と必須アミノ酸が全て摂れるから?

  中高年が老化を早めないためには、筋肉や骨のたんばく

肥満と腸内細菌の深い関係とは?マウス実験の論文では?肥満を解消できる?

太るよりはやせたい、やせてカッコよく、きれいにみせたいという人が、とく

→もっと見る

PAGE TOP ↑