肥満の原因は脂質ではなく糖質の摂り過ぎ!脂質の代謝過程からわかる事は?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

肥満の原因は脂質の摂り過ぎではなかった。

高脂質の食事を続けたら肥満になってしまう?

「糖質制限食を実践するに当たり、高脂質の食事を続けたら肥満になってしまうのではないかと思いますが、心配はないのでしょうか?」

というご質問がありました。

結論から言うと、人間の生理的なメカニズムからいって、心配はいりません。

肥満の原因は脂質のとり過ぎというのは誤解です。

例えば、ステーキを食べても太りません。

参考記事⇒脂質・脂肪酸の種類と働きは?構造は?「脂質を食べたら太る」は大きな誤解とは?

糖質制限食は糖質の割合を減らすために、相対的に脂質の割合が高くなってきます。

長年の問、脂質の摂り過ぎが肥満を招くといわれてきましたから、糖質制限食で太ってしまうのではという疑問は当然だと思います。

脂質を減らしたのに肥満は倍増した?

かつてアメリカで、脂質の摂り過ぎが肥満の原因だと疑われた時期がありました。

そのため、国を挙げて啓蒙活動に取り組み、1971年から2000年までの30年間で脂質の摂取比率を36.9%から32.8%と4.1%減少させることに成功しました。

ところが、意に反して、1971年には14.5%だった肥満率が2000年には30.9%になり、30年間で肥満は倍増してしまったのです。

2010年には35.9%とさらに悪化しています。

つまり、脂質の摂取比率を減らしたら、肥満を減らすどころか、逆に増やしてしまう結果となってしまったのです。

これは、脂質の摂取量と肥満率に因果関係はなかったということです。

肥満の原因は炭水化物(糖質)の過剰

肥満の原因は脂質の過剰ではなく、糖質(炭水化物-食物繊維)の過剰摂取だったのです。

実は、肥満が増え続けていたこの期間、脂質の摂取比率が減少する一方で糖質の摂取比率は42.4%から49.0%と6.6%増えていました。

そのため現在では、肥満の原因は脂質の過剰ではなく、糖質の過剰ではないかと考えられるようになりました。

参考記事⇒5大栄養素の役割とは?糖質の摂りすぎで太るメカニズムとは?

なぜこのようなことになるのでしょうか。

これは、体内での脂質の代謝という生理学的な見地から考えれば明らかです。

脂質の代謝 過程からわかる事は?

物として脂質が摂取されると、小腸上皮から吸収されます。

食物中の脂質はほとんど中性脂肪ですが、小腸でダリセロールと脂肪酸に分解され、吸収されると再び中性脂肪に再合成され集合します。

この集合体は、キロミクロン (中性脂肋が積み荷) と呼ばれ、リンパ液に瞬時に入り、リンパ管に拡散し、他の場所へ輸送されるのです。

キロミクロンは、胸管を上行し鎖骨下静脈内に移行します。

鎖骨下静脈に入ったキロミクロンのほとんどは、肝臓、あるいは脂肪組織・筋肉組織などの毛細血管を通る間に、毛細血管壁にあるリポタンパクリパーゼにより、その積み荷の中性脂肪は、脂肋酸とグリセロールに分解されます。

その分、中性脂肪は血液中から取り除かれます。

脂肪酸は、筋肉細胞などでエネルギー源として利用されます。

このような代謝の過程で明らかなように、食事で摂った脂質がそのまま中性脂肪として血中に残り続けるのではなく、ほとんどがいったん脂肋酸とダリセロールに分解されるのです。

人間の体は食事で脂質をたくさん摂れば、それだけ血中の脂質の状況が悪くなる、といった単純なシステムにはなっていないということです。

蓄えられるのはエネルギーとして利用されなかった余剰分だけですし、血中の中性脂肋を増やしてしまうのは、別の原因によるものです。

それが、糖質の摂り過ぎです。

 

ダイエットアドバイザーのコメント


 
 

香川県でうどんを食べすぎて肥満&糖尿病になってしまった私は、九年間のカロリー制限食で一向に改善しませんでした。
ところが、この事実を知って糖質制限を実践したら、数ヶ月で肥満も糖尿病も改善することができました。
この記事の脂質代謝のプロセスは複雑でわかりにくいかもしれませんが、「脂質を摂っても太らない」というのが私の実感です。
なお、麺好きの私は、今では補助食品の大豆麺ソイドルを利用してストレスなく糖質制限を継続中です。

 
大豆麺ソイドルが糖質制限の強い味方とは?
 

ソイドル

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

ロカボと炭水化物抜きダイエットの違い?デメリットは?食べれる糖質の目安は?

あなたは、ロカボって何かご存知ですか? 北里大学北里研究所病院糖尿病センター長の山田悟先生が提

記事を読む

カットすべきは脂質ではなく糖質!脂質が必要な理由は? 米国では脂質摂取の制限はない  

旧来の摂取カロリーを制限するダイエット法に毒されていると、「油脂(脂質)=悪者」という先入観がありま

記事を読む

腸内細菌がビタミンをつくるとは?ビタミンB群の働きは?食物繊維が多い食べ物は?

前回の記事 食物繊維の便秘解消 理由は?サラダよりも加熱処理してたっぷり食べよう! でもご紹

記事を読む

ココナッツオイルとはヤシ油?中鎖脂肪酸や飽和脂肪酸が豊富とは?

今、ダイエットで注目されているケトン体食事法とは、文字通りケトン体を体内でたくさん生み出すことを目的

記事を読む

ケトン体回路を回すには?糖質依存の食事の糖質摂取量を1日どれだけに減らす?

既にご紹介しました記事で、健康に良いエネルギー源はケトン体であることをご紹介しました。 ⇒人間

記事を読む

ストレスでなぜ食べ過ぎる?満腹中枢と摂食中枢って?ストレス解消法のランキングは?

前回の記事「ストレスで太るのはなぜ?空腹でない食欲とは?過食を防止するには?」で 空腹でないのに食

記事を読む

ダイエットの運動は何をすれば良い?消費エネルギーや自律神経の関係は?

ダイエット目的で運動を始めるなら、やはりフィットネスクラブに入会したほうがいいのでしょうか。 たし

記事を読む

インスリンと肥満の関係から見える!糖質制限ダイエットの効果とは?

糖質制限のダイエット効果を理解する上で、太るホルモン(肥満ホルモン)であるインスリンの働きを

記事を読む

コレステロール悪玉説は嘘? 脂質摂取基準では?動脈硬化 との因果関係は?

あなたは、卵は「コレステロールの多い卵は1日1個までにして2個以上食べてはダメ」ということを言われた

記事を読む

糖質制限は女性に嬉しい効果が沢山!その効果とは?

糖質の高い食べ物を制限するというと、一見お菓子などに含まれる砂糖等を抑えればいいだけと考えてる方も多

記事を読む

腸内フローラの最適バランスとは?腸内細菌の数や種類は?善玉 悪玉 日和見とは?

  日本人の腸管は、成人で10メートル近くもの長さがあ

ラクトフェリン サプリの口コミ|ダイエット効果は?免疫力アップした?老化防止は?

健康的なスタイル美人になるため体の内側からスッキリを目指せるサプリとい

ラクトフェリン サプリの口コミ|「ラクトフェリン+乳酸菌」との出会いとその効果とは?

記事:ビフィズス菌の効能とは?乳酸菌との違いは?ビフィズス菌を増やす方

「ラクトフェリン+乳酸菌」の効果|ラクトフェリン、ビフイズス菌、フェカリス菌の相乗効果とは?

これまで、善玉菌、悪玉菌を含め、100兆個いるといわれる腸内の細菌の中

ビフィズス菌の効能とは?乳酸菌との違いは?ビフィズス菌を増やす方法とは?

日本で売り出されているヨーグルトは7500種類以上もあり、ビフィズス菌

→もっと見る

PAGE TOP ↑