朝・昼・晩。時間帯に合わせて必要な栄養を!朝はタンパク質不足、夜は糖質過剰とは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

美容あるいはボディメイクのためには、「朝・昼・晩のそれぞれのタイミングで摂ると良い栄養は異なる」ってご存知ですか?

つまり、時間帯に合わせて必要な栄養を摂ることが大切なのです。

そこでここでは、どのタイミングでどの栄養素を摂るべきか、あるいは控えるべきかについて、その理由とともにご紹介します。

朝 昼 晩 時間帯に合わせて必要な栄養をとは?

「1日に必要なカロリー」や「1日に必要なタンパク質」といった表現をよく見かけますが、実際には必要な栄養素は1日単位で見るのではなく、朝・昼・晩とより細かく見ていく必要があります。

1日に必要なタンパク質を朝食で摂取したら、その日はもう必要ないかと言えばそうはなりません。

夕方には逆に足りない状況に陥るでしょう。

そのために三度の食事があるのですが、時間帯によって、不足する栄養素もあれば、逆に過剰気味となっている栄養素もあります。

ですから、朝 昼 晩 時間帯に合わせて必要な栄養を考慮した食事が望ましいのです。

朝はタンパク質が不足する

大きなポイントを押さえるならば、まず朝はタンパク質が足りていません。

タンパク質は体内で貯えておけない栄養素なので、朝にしっかりと補充しておかないと、昼までに体内のアミノ酸濃度が欠乏してしまいます

アミノ酸濃度とは
血液中のアミノ酸バランスは常にほぼ一定になるよう調整されています。
ただし、病気になると代謝のバランスが変化し、アミノ酸濃度も変動します。
幼児期に多く、成人になると減少していきます。

タンパク質を摂ろうとすると、肉や魚などを焼いたり煮たりと調理が必要なことが多いので、特に忙しい朝は摂りづらいのかもしれません。

また、朝はあまり食欲がないという人もいるでしょう。

従って、場合によっては、プロテインなどサプリメントを活用して調整すればよいでしょう。

例えば、プロテインが配合されたサプリはこれ
↓ ↓  クリック   ↓ ↓
ヴィーナスボディー

夜は糖質が過剰気味とは?

一方で、夜は糖質が過剰気味になることが多くあります。

夜の糖質摂取を控えるのが良い

最近、低糖質ダイエットが流行っています。

終日一切の糖質を摂取しないのは少し行き過ぎの感がありますが、晩御飯の糖質を抑えるというのは間違いではありません。

実際、あのカリスマ江部先生の推奨する糖質制限食の3つのパターンの内、最もゆるいプチでも夕食の主食は控えます。

参考記事⇒炭水化物≠糖質:炭水化物抜きが便秘の原因?低糖質ダイエットは?

果物も夜遅くは控えたほうが無難

果物はビタミン、ポリフェノール、食物繊維など栄養価が豊富な食べ物ですが、夜遅くは控えたほうが無難です。

果物には果糖という糖が含まれていますが、果糖は時間をかけてエネルギーへと変わるため、工ネルギーをあまり必要としない就寝中に過剰なエネルギーが生み出される
ことになってしまい、脂肪の蓄積を招きます。

果糖とは
別名フルクトース。フルーツに多く含まれるので、フルーツシュガーとも呼ばれます。
インスリン分泌を促進しますが、ブドウ糖よりも促進程度は弱い。
エネルギー源となったり、ブドウ糖に変換されたり、中性脂肪の合成に利用されたりします。

その他

水溶性ビタミンは体に溜めておけないので、マルチビタミンのようなサプリメントを飲む場合は、何度かに分けて摂取したほうが効果的ですい

また、脂質は体内に最も貯えやすい栄養素ですから、摂り過ぎに常に気をつけておけば、多少足りない時間帯があっても問題ありません。

 

ダイエットアドバイザーのコメント

似顔絵データ100

糖尿人の私は「スーパー発芽大豆」を夕食でごはんの代わりに食べ糖質制限ダイエットをストレスなく継続しています。

また、朝食時にタンパク質を補給する必要がある場合にも食べています。

私が「スーパー発芽大豆」を利用する理由は、栄養価の高い大豆の中でも発芽大豆は特に優れていることと、それを袋から出すだけで手軽に食べることでき、味は栗のようにホックラとしてごはんよりおいしいからです。

しかも、常温で保存できますから、解凍の手間も不要で冷凍庫のスペースに悩む必要もありません。

なお、「スーパー発芽大豆」の栄養価については提供元の株式会社だいずデイズが以下の動画で紹介しています。

「スーパー発芽大豆」の詳細は公式サイトでご確認ください
↓ ↓ ↓ ↓


 

 

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

たるみ対策が必要なわけは?40代のたるみの3つの原因と改善方法は?

たるみ対策が必要なわけは? 40代からのダイエットはただ体重を落とすだけでは不十分です。 筋

記事を読む

糖質制限ダイエットの悩みに向き合うサプリ【糖質スリム】とは?口コミを紹介!

糖質を制限するダイエット方法は2012年頃から話題になり、その効果の高さから老若男女問わずに支持を得

記事を読む

体重の減量 目標 |ベストの体重は?減量ペースの理想とは?

なぜ人間は体脂肪を蓄積しようとするのかや、ダイエットには食事制限が必須であることも、運動を同時に行な

記事を読む

1日1食&炭水化物抜きダイエットで痩せた!その効果とは?

san_888さん 64歳女性 主婦 昨年の年末でした。血液検査の結果は最悪なものだったのです

記事を読む

食後高血糖が危険!糖尿病3大合併症、動脈硬化、ガンの原因は?

糖尿病とガンが密接な関係にあることがわかってきました。 そして、前回、ご紹介した悪しき生活習慣

記事を読む

ストレスに強い人とは? ストレスの解消法は?ストレス対策に効くサプリとは?

既にご紹介しました記事、 ⇒ストレスの弊害は?食欲との関係は?ダイエットの最大の敵とは?

記事を読む

アミノ酸が肥満を防ぐ!血糖を脂肪細胞に取り込むインスリンの作用を阻害する

糖質のみが血糖値を上げ、血管中の余分の血糖は肥満ホルモンと呼ばれるインスリンの働きによって、体内の脂

記事を読む

でんぷん、タンパク質、脂肪の消化吸収のしくみとは?

わたしたちが食べたものは、どんなしくみで消化され、吸収されるのでしょうか。 じつは、食品の消化・吸

記事を読む

デトックスのダイエット 効果は?メンタル的には?便秘解消が1番!とは?

あなたは、デトックスという言葉の意味をご存知ですか? デトックスの英語表記は「detox」。「

記事を読む

太る原因とカロリーは?カロリー制限が継続困難な理由は?糖質制限の利点は?

前回の記事で、全ての生活習憤病の原点は、肥満であり、中年以降の肥満は、若い頃の肥満とは異なり、既に病

記事を読む

血糖値・ブドウ糖負荷試験とは?「食後高血糖」が危険?朝食で血糖値を上げない方法は?

あなたはどんな朝食を食べていますか? 忙しい現代人、朝は毎日、パ

英語で朝食の意味は?体内時計とは?朝食 抜き ダイエットは逆効果とは?

あなたは朝ご飯を食べていますか? ダイエット効果を上げたいからと

糖質制限ダイエットの悩みに向き合うサプリ【糖質スリム】とは?口コミを紹介!

糖質を制限するダイエット方法は2012年頃から話題になり、その効果の高

魚の缶詰の簡単レシピ紹介!おすすめの種類は?DHAとEPAは缶詰でとれる?

ダイエットに有効ということで、近年 糖質制限食が流行っています。

糖質の量を計算する方法は?糖質と糖類の違いに注意!糖分の定義はないとは?

糖尿病患者を対象とした糖質制限食では1回の食事につき、摂取する糖質を2

→もっと見る

PAGE TOP ↑