朝・昼・晩。時間帯に合わせて必要な栄養を!朝はタンパク質不足、夜は糖質過剰とは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

美容あるいはボディメイクのためには、「朝・昼・晩のそれぞれのタイミングで摂ると良い栄養は異なる」ってご存知ですか?

つまり、時間帯に合わせて必要な栄養を摂ることが大切なのです。

そこでここでは、どのタイミングでどの栄養素を摂るべきか、あるいは控えるべきかについて、その理由とともにご紹介します。

朝 昼 晩 時間帯に合わせて必要な栄養をとは?

「1日に必要なカロリー」や「1日に必要なタンパク質」といった表現をよく見かけますが、実際には必要な栄養素は1日単位で見るのではなく、朝・昼・晩とより細かく見ていく必要があります。

1日に必要なタンパク質を朝食で摂取したら、その日はもう必要ないかと言えばそうはなりません。

夕方には逆に足りない状況に陥るでしょう。

そのために三度の食事があるのですが、時間帯によって、不足する栄養素もあれば、逆に過剰気味となっている栄養素もあります。

ですから、朝 昼 晩 時間帯に合わせて必要な栄養を考慮した食事が望ましいのです。

朝はタンパク質が不足する

大きなポイントを押さえるならば、まず朝はタンパク質が足りていません。

タンパク質は体内で貯えておけない栄養素なので、朝にしっかりと補充しておかないと、昼までに体内のアミノ酸濃度が欠乏してしまいます

アミノ酸濃度とは
血液中のアミノ酸バランスは常にほぼ一定になるよう調整されています。
ただし、病気になると代謝のバランスが変化し、アミノ酸濃度も変動します。
幼児期に多く、成人になると減少していきます。

タンパク質を摂ろうとすると、肉や魚などを焼いたり煮たりと調理が必要なことが多いので、特に忙しい朝は摂りづらいのかもしれません。

また、朝はあまり食欲がないという人もいるでしょう。

従って、場合によっては、プロテインなどサプリメントを活用して調整すればよいでしょう。

例えば、プロテインが配合されたサプリはこれ
↓ ↓  クリック   ↓ ↓
ヴィーナスボディー

夜は糖質が過剰気味とは?

一方で、夜は糖質が過剰気味になることが多くあります。

夜の糖質摂取を控えるのが良い

最近、低糖質ダイエットが流行っています。

終日一切の糖質を摂取しないのは少し行き過ぎの感がありますが、晩御飯の糖質を抑えるというのは間違いではありません。

実際、あのカリスマ江部先生の推奨する糖質制限食の3つのパターンの内、最もゆるいプチでも夕食の主食は控えます。

参考記事⇒炭水化物≠糖質:炭水化物抜きが便秘の原因?低糖質ダイエットは?

果物も夜遅くは控えたほうが無難

果物はビタミン、ポリフェノール、食物繊維など栄養価が豊富な食べ物ですが、夜遅くは控えたほうが無難です。

果物には果糖という糖が含まれていますが、果糖は時間をかけてエネルギーへと変わるため、工ネルギーをあまり必要としない就寝中に過剰なエネルギーが生み出される
ことになってしまい、脂肪の蓄積を招きます。

果糖とは
別名フルクトース。フルーツに多く含まれるので、フルーツシュガーとも呼ばれます。
インスリン分泌を促進しますが、ブドウ糖よりも促進程度は弱い。
エネルギー源となったり、ブドウ糖に変換されたり、中性脂肪の合成に利用されたりします。

その他

水溶性ビタミンは体に溜めておけないので、マルチビタミンのようなサプリメントを飲む場合は、何度かに分けて摂取したほうが効果的ですい

また、脂質は体内に最も貯えやすい栄養素ですから、摂り過ぎに常に気をつけておけば、多少足りない時間帯があっても問題ありません。

 

ダイエットアドバイザーのコメント

jigazou
%e5%a4%a7%e9%ba%a6%e8%8b%a5%e8%91%89

 

糖尿人の私は、糖質制限ダイエットを継続中ですが、このダイエット法で炭水化物の摂取を制限すると、食物繊維が不足する心配があります。

そこで、私は食物繊維が豊富な青汁補助食品として利用して快調な腸内環境を維持しています。

私が毎日飲んでいるすっきりフルーツ青汁には栄養素が豊富な国内産の厳選された大麦若葉と色とりどりの野菜のエキスが使用されており、食物繊維が豊富です。

 

 

すっきりフルーツ青汁について詳しくはこちらのサイトを参照してください。
↓ ↓ ↓
「すっきりフルーツ青汁でやせる」の罠?購入前に知るべき事とは?

2014y11m15d_152908512-300x216

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

空腹で脳が活性化しストレスでダメージ!イライラで過食が止まらない訳は?

あなたは何かを紛らわせるために、とりあえず口にものを運んではいないだろうか? 私たちの食欲は脳が司

記事を読む

ダイエットに成功する食事のコツは?不規則な食事、夜遅い食事はどうする?

遅い夕食、アルコールとおつまみでカロリーオーバーと、ビジネスマンの食生活はおよそダイエットには不向き

記事を読む

カロリー制限から糖質制限へ|糖尿病食事療法のパラダイムシフトとは?

ダイエットのための適切な食事療法は何かを考えるうえで、糖尿病の食事療法の歴史的な変遷を理解しておくこ

記事を読む

食生活の改善によるダイエット方法|レシピや運動は?効果はあったか?

asakoさん33歳、女性、主婦、身長154センチ 以前に比べ、だんだん太ってきて(50キロ⇒

記事を読む

クレンジング酵素0 ダイエットで痩せた?購入方法や置き換え方は?効果は?

miitaさん 25歳、会社員、女、身長157センチ 恥ずかしい話、太りすぎが原因で自分を律し

記事を読む

ダイエット中のアルコールの影響は?適量とは?守るコツは?

「アルコールは体脂肪に変わりにくい」「ごはんはアルコールで摂る」…… 酒好きは、自分で勝手に理屈を

記事を読む

体内時計をつかさどる時計遺伝子とは何か?その働きとは?リセット方法とは?

既に確認したように、「少食なのに太ってしまう」という不思議な現象が解明されたのは、「時計遺伝子」 の

記事を読む

「ダイエット中」の勘違いとは?ダイエットと禁煙を比較すると?本当に痩せる ダイエットとは?

「ダイエット中」の勘違いとは? あなたは「今、ダイエット中だから食べられない」とか「ダイエット中は

記事を読む

3大栄養素のエネルギー比率は?日本人は糖質の摂りすぎか?寿司やカレーはOKか?

以前は”異端”とされてきた糖質制限食でしたが、近年、糖尿病治療や糖質制限ダイエットを実践してきた多く

記事を読む

有酸素運動と無酸素運動のどっち?代謝を上げるには?筋肉を増やすには?

健康的にダイエットするには運動が欠かせませんが、 ひと口に運動といっても「有酸素運動」と「無酸素運

記事を読む

腸内細菌が健康に影響する!腸内環境を 良くするには?ビフィズス菌と乳酸菌の違いは?

腸というものは、私たちが自分でコントロールすることが可能な臓器です。

食事制限 ダイエットで痩せないわけは?腸内細菌と肥満や健康との関係は?

ダイエットは、女性の永遠のテーマですね。 また働き盛りの男性にと

老化を促す原因とは?老化スピードを遅らせるには?肉の老化防止効果 とは?

  既にご紹介しました以下の記事 熱中症予防の根

コレステロール値について|病気との関係は?適正値とは?高いことの影響は?

中高年になると、「コレステロール値が高いから肉は食べない」という方が多

たんばく質食品の中で肉が最良の理由|良質脂質と必須アミノ酸が全て摂れるから?

  中高年が老化を早めないためには、筋肉や骨のたんばく

→もっと見る

  • すっきりフルーツ青汁の公式ページはこちら

    ↓ ↓クリック ↓ ↓

PAGE TOP ↑