代謝アップに効果がある栄養成分は? サプリは?運動+BCAAの効果とは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

綺麗な体を作るためには、体内で起こるさまざまな代謝を活性化する必要があります。

そこで、ここでは、まず代謝の種類を確認し、代謝を上げるために効果がある栄養成分をご紹介します。

また、代謝アップのためのサプリメントや運動+BCAAについてもご紹介します。

代謝アップに効果がある栄養成分は

代謝の種類は

一口に「代謝」と言っても、体内ではさまざまな種類の代謝が起こっています。

例えば、寝ているときの「睡眠時代謝」と起きていて安静状態で起こっている「基礎代謝」(この両者を合わせて基礎代謝とも言う)。

実はこの2つで1日の代謝の大半(60~70%)を占めています。

ほかに運動や、階段を上がるなど積極的に休を動かす時の「生活活動代謝」、食事をすることによって上がる「食事誘発性熱産生」という代謝もあります。

食事誘発性熱産生の意味は

食事による代謝は、1日の代謝の約1割を占めるので、食事はエネルギーを取り入れると同時にエネルギー消費の要素もあわせ持ちます。

食事誘発性熱産生とは
DIT(Diet induned Thermogenesis)
食事をすると、消化などのために内臓が活発に活動し、エネルギーが消費される。
しっかりと十分な回数噛んで食べると、それが交感神経を刺激し、エネルギー消費を高める。
またよく噛むと、ヒスタミンという物質が分泌され、それが満腹中枢を刺激して食欲を抑えてくれる。

ご参考記事⇒食事誘発性熱産生が高いとは?たんばく質の補給は?とりすぎても大丈夫とは?

代謝を上げる サプリは

代謝を上げる栄養成分は

代謝を上げる体づくりのためには、朝にタンパク質を摂取することがポイントになるので、朝食時のプロテインは代謝アップのサプリメントという役割も果たしています。

例えば、プロテインが配合されたサプリはこれ
↓ ↓  クリック   ↓ ↓
ヴィーナスボディー
生活活動代謝では、血流を良くしたり脂肪の燃焼を促進したりすることが代謝アップにつながります。

栄養素で言えばアルギ二ン、リジン、メチオニン、Lーカル二チン、HCA(ヒドロキシクエン酸)などの栄養素がこれに関わってきます。

HCA(ヒドロキシクエン酸)とは
インドや東南アジアに自生する、ガルシニアという植物の果実から抽出されたエキスに含有。
古くから民間薬として利用されている。
脂肪の合成を抑えるはたらきがあるため肥満の予防に効果があると言われる。

運動+BCAAの組み合わせの効果は

1日の6割ほどを占める睡眠時代謝・基礎代謝においては、筋肉がその重要なファクターとなります。

筋肉の量が多いほど、代謝が高い状態になるのです。

残念ながら筋肉は一朝一夕につくものではありませんが、日々の積み重ねによって確実に進化をしてくれる特徴もあります。

BCAAは筋肉の主成分とも言えるアミノ酸ですから、運動+BCAAの組み合わせは根本的な代謝アップにつながります。

ある程度筋肉がつけば、何もしなくても代謝が高い状態をキープでき、これは脂肪がつきにくくボディメイクがしやすい状態とも言えます。

ボディメイクを目指す人や、代謝を根本的に上げていきたい人にとっては、筋肉をつけるためにある程度の長期プランを立てる必要があるかもしれ
ませんね。

ご参考記事⇒必須アミノ酸をバランス良く摂ろう!アミノ酸の分類は?筋力維持にBCAAが有効とは?

ダイエットアドバイザーのコメント

 

この記事では、美容&ボディメイクのためには糖質を制限だけではなく、たんぱく質のもとであるアミノ酸をバランス良く摂る必要があることやそのタイミングについてご紹介しました。

ちなみに、私は、たんぱく質をしっかり摂るために最近は補助食品「スーパー発芽大豆」を主食として利用しています。そして、夕食では肉や魚、朝食ではチーズや卵すっきりフルーツ青汁牛乳にいれて飲み、アミノ酸スコアを高めています。また、ウォーキングやたまにゴルフなど適度な運動を心がけBCAAの有効化を図っています。

 

すっきりフルーツ青汁について詳しくはこちらのサイトを参照してください。
↓ ↓ ↓
「すっきりフルーツ青汁でやせる」の罠?購入前に知るべき事とは?

2014y11m15d_152908512-300x216

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

関連記事

肉や魚

これだけは必要!ダイエット食の基本とは?

ダイエットの基本は、腹八分目で、一日のカロリーを1600~1800キロカロリーにし、 高タンパク・

記事を読む

ダイエットで痩せるメカニズム?失敗の原因?運動で痩せない理由は?

多くの人が、「ダイエットは難しい……」と感じているのではないでしょうか。 私もかって、糖尿

記事を読む

インスリンと肥満の関係から見える!糖質制限ダイエットの効果とは?

糖質制限のダイエット効果を理解する上で、太るホルモン(肥満ホルモン)であるインスリンの働きを

記事を読む

糖質制限で内臓脂肪が減る!メタボの症状は?保健指導の内容は?

糖質制限をして体脂肪が減り、適切な体重になると、さまざまな生活習慣病を予防したり改善します。 基本

記事を読む

腸内フローラとは?肥満人の腸内細菌をマウスに移植したら?肥満を改善するには?

最近、「腸内フローラ」という言葉を、よく耳にされると思います。 このブログのでも、以下の記事で

記事を読む

人類の食の歴史から見る!糖質の過剰摂取が糖尿病を増やすわけは?

私たちは、物心がついた頃から白いご飯やパンを食べ続けてきたので、「糖質は体に悪い」と言われてもなかな

記事を読む

40代以降だからこそ太りやすい?太る要因は?ライフスタイルは?

  このサイトでも40代の方が成功した、次のダイエット体験談の記事をご紹介しました。

記事を読む

血糖値・ブドウ糖負荷試験とは?「食後高血糖」が危険?朝食で血糖値を上げない方法は?

あなたはどんな朝食を食べていますか? 忙しい現代人、朝は毎日、パンとコーヒーという人も多いと思

記事を読む

リバウンドの原因はストレスぎれで起こす過食?それを防止できるダイエットとは?

長年ダイエットをしてきた人なら、だれでもリバウンドの経験があると思います。 極端な食事制限の後

記事を読む

早食い防止法|噛む回数が少ない食材、多い食材は?噛む回数を増やすには?

早食いは満腹になりにくく、血糖値の上昇が早いので、「ゆっくり時間をかけて食べたほうがよい」とよく言わ

記事を読む

活性酸素の重大な害=がんを防ぐ食べ物とは?活性酸素が増加する原因は?

  記事 テロメアって命の回数券?活性酸素の悪影響を減

パンと ご飯の違い?パンの危険性とは?同じ力ロリーだと交換できるの嘘とは?

食品交換表を用いたカロリー制限による糖尿病の食事療法の最大の欠陥は、食

肥満の本当の原因は?カロリー表示があてにならない、計算が意味ないとは?

肥満やメタボが世界的に増えています。 私たちが太るのは、摂取カロ

栄養素が加熱で壊れる?非加熱食品が慢性病の3大原因を防ぐとは?

あなたは、非加熱食品と加熱食品で栄養価値が異なることをご存知ですか?

加熱食の過食が病気を招く!酵素食の効果とは?加熱食対生食の理想は?

火食とは加熱食のことで、人類は火食を覚えて病気を貰った、と云われていま

→もっと見る

  • すっきりフルーツ青汁の公式ページはこちら

    ↓ ↓クリック ↓ ↓

PAGE TOP ↑