代謝アップに効果がある栄養成分は? サプリは?運動+BCAAの効果とは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

綺麗な体を作るためには、体内で起こるさまざまな代謝を活性化する必要があります。

そこで、ここでは、まず代謝の種類を確認し、代謝を上げるために効果がある栄養成分をご紹介します。

また、代謝アップのためのサプリメントや運動+BCAAについてもご紹介します。

代謝アップに効果がある栄養成分は

代謝の種類は

一口に「代謝」と言っても、体内ではさまざまな種類の代謝が起こっています。

例えば、寝ているときの「睡眠時代謝」と起きていて安静状態で起こっている「基礎代謝」(この両者を合わせて基礎代謝とも言う)。

実はこの2つで1日の代謝の大半(60~70%)を占めています。

ほかに運動や、階段を上がるなど積極的に休を動かす時の「生活活動代謝」、食事をすることによって上がる「食事誘発性熱産生」という代謝もあります。

食事誘発性熱産生の意味は

食事による代謝は、1日の代謝の約1割を占めるので、食事はエネルギーを取り入れると同時にエネルギー消費の要素もあわせ持ちます。

食事誘発性熱産生とは
DIT(Diet induned Thermogenesis)
食事をすると、消化などのために内臓が活発に活動し、エネルギーが消費される。
しっかりと十分な回数噛んで食べると、それが交感神経を刺激し、エネルギー消費を高める。
またよく噛むと、ヒスタミンという物質が分泌され、それが満腹中枢を刺激して食欲を抑えてくれる。

ご参考記事⇒食事誘発性熱産生が高いとは?たんばく質の補給は?とりすぎても大丈夫とは?

代謝を上げる サプリは

代謝を上げる栄養成分は

代謝を上げる体づくりのためには、朝にタンパク質を摂取することがポイントになるので、朝食時のプロテインは代謝アップのサプリメントという役割も果たしています。

例えば、プロテインが配合されたサプリはこれ
↓ ↓  クリック   ↓ ↓
ヴィーナスボディー
生活活動代謝では、血流を良くしたり脂肪の燃焼を促進したりすることが代謝アップにつながります。

栄養素で言えばアルギ二ン、リジン、メチオニン、Lーカル二チン、HCA(ヒドロキシクエン酸)などの栄養素がこれに関わってきます。

HCA(ヒドロキシクエン酸)とは
インドや東南アジアに自生する、ガルシニアという植物の果実から抽出されたエキスに含有。
古くから民間薬として利用されている。
脂肪の合成を抑えるはたらきがあるため肥満の予防に効果があると言われる。

運動+BCAAの組み合わせの効果は

1日の6割ほどを占める睡眠時代謝・基礎代謝においては、筋肉がその重要なファクターとなります。

筋肉の量が多いほど、代謝が高い状態になるのです。

残念ながら筋肉は一朝一夕につくものではありませんが、日々の積み重ねによって確実に進化をしてくれる特徴もあります。

BCAAは筋肉の主成分とも言えるアミノ酸ですから、運動+BCAAの組み合わせは根本的な代謝アップにつながります。

ある程度筋肉がつけば、何もしなくても代謝が高い状態をキープでき、これは脂肪がつきにくくボディメイクがしやすい状態とも言えます。

ボディメイクを目指す人や、代謝を根本的に上げていきたい人にとっては、筋肉をつけるためにある程度の長期プランを立てる必要があるかもしれ
ませんね。

ご参考記事⇒必須アミノ酸をバランス良く摂ろう!アミノ酸の分類は?筋力維持にBCAAが有効とは?

ダイエットアドバイザーのコメント

 

この記事では、美容&ボディメイクのためには糖質を制限だけではなく、たんぱく質のもとであるアミノ酸をバランス良く摂る必要があることやそのタイミングについてご紹介しました。

ちなみに、私は、たんぱく質をしっかり摂るために最近は補助食品「スーパー発芽大豆」を主食として利用しています。そして、夕食では肉や魚、朝食ではチーズや卵すっきりフルーツ青汁牛乳にいれて飲み、アミノ酸スコアを高めています。また、ウォーキングやたまにゴルフなど適度な運動を心がけBCAAの有効化を図っています。

 

参考記事:スーパー発芽大豆 (だいずデイズ)の栄養は?糖質制限ダイエットにピッタリとは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

便秘は腸内環境悪化のサイン!腸内細菌の数や種類は?腸内フローラとは?

あなたは、1000兆個という膨大な数字をイメージできますか? 実は、コレは最近わかってきた人の

記事を読む

肉や魚

食事誘発性熱産生が高いとは?たんばく質の補給は?とりすぎても大丈夫とは?

糖質制限で痩せやすくなる要因のひとつに「食事誘発性熱産生が高いこと」が挙げられます。 正しい糖質制

記事を読む

肌荒れの原因と対策は生活習慣にある?ビタミンBやミネラルなどの効果は?

このサイトのテーマである「綺麗に痩せる」を実現するためには、肥満解消のみならず美容面への注意も必要で

記事を読む

ごはんの太らない 食べ方は?食べ合わせは?太る原因はカロリーではないとは?

ごはんの太らない 食べ方は? 日本人のダイエットだからこそ、ごはんを上手に食べることは重要課題です

記事を読む

地中海食とは?ダイエット法の効果を比較すると?最強のダイエット食は?

前回の記事で地中海食の健康効果とダイエット効果が有効であることをご紹介しました。 とくに、炭水化物

記事を読む

ダイエットに成功する食事のコツは?不規則な食事、夜遅い食事はどうする?

遅い夕食、アルコールとおつまみでカロリーオーバーと、ビジネスマンの食生活はおよそダイエットには不向き

記事を読む

睡眠の質と肥満、睡眠時間とダイエットの研究結果は?その意外な関係とは?

あなたは、睡眠と肥満の関係ってご存知ですか? たっぷり睡眠をとれば、ダイエットに良いと思ってい

記事を読む

スーパー発芽大豆 (だいずデイズ)の栄養は?糖質制限ダイエットにピッタリとは?

「畑の肉」とも言われる「大豆」には、肉に匹敵する量のたんぱく質が含まれています。 そして、大豆

記事を読む

糖質制限でタンパク質をしっかりとる理由は?カロリー制限では?満腹感や満足度は?

近年、注目を集めている糖質制限ダイエットについて。 前回の記事では、糖質制減食ではタンパク質や

記事を読む

ダイエットの目的とは?太りやすい生活をチェックして生活習慣病を予防しよう!

あなたは太りやすい生活、していませんか? ここでは、まず、ダイエットの真の目的を確認した上で、

記事を読む

サプリを続けるコツは?栄養素はグループで効く?すっきりフルーツ青汁はなぜ青汁か?

  ダイエットで食事制限をすると、体に必要な栄養素が足

タンパク質 不足の影響は?コレステロールって悪玉?不足するとどうなる?

  記事「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂って

「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂っている女性は太らないとは?

毎年新しいダイエット法が話題になります。 テレビなどでは、「たっ

リバウンドの原因はストレスぎれで起こす過食?それを防止できるダイエットとは?

長年ダイエットをしてきた人なら、だれでもリバウンドの経験があると思いま

過剰な糖質が太りやすく、やせにくい体をつくる理由とは?

糖質の 摂り過ぎの現状 あなたの食事の糖質の量は? あなたは、きょ

→もっと見る

PAGE TOP ↑