ロカボと炭水化物抜きダイエットの違い?デメリットは?食べれる糖質の目安は?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

あなたは、ロカボって何かご存知ですか?

北里大学北里研究所病院糖尿病センター長の山田悟先生が提唱している食事法なんです。

ロカボについては

記事:カロリーに対する栄養学の変化は?ロカボ食とは?ゆるい糖質制限の効果は?

糖質制限とロカボの違いや、ロカボの特徴、効果などをご紹介しました。

今回は、

  • ロカボと炭水化物抜きダイエットの違い
  • 炭水化物抜きダイエットのデメリット
  • ロカボで食べて良い糖質の目安

などをご紹介します。

ロカボと炭水化物抜きダイエットの違いは?

ロカボとは?

「ロカボ」というのは、”緩やかな糖質制限” をする食事法のことです。

現在のダイエットの大きな潮流になっている糖質制限をベースとして、誰にとっても安全で、効果が高く、そしておいしく楽しい食生活が送れるようにと考案したのが、ロカボです

 

ロカボ・・・緩い糖質制限食
【特徴】
・1食当たり20~40gの糖質を1日3食+間食10g
・安全性と継続のし易さを強調したもので山田先生が推奨
・糖尿病改善、美容、ダイエット、老化予防目的

 

炭水化物抜きダイエットとは?

「炭水化物抜き」というダイエット法を聞いたことがあると思います。

でも、糖質削根と炭水化物抜きの違いを、正確に把握されているでしょうか?

確かに糖質制限と炭水化物扱きは近い関係にあります。

糖質を抑えて食べるとなぜやせられるのか、そのメカニズムについては

参考記事:糖質制限ダイエットのメカニズム|インスリンと肥満の関係・太らない方法は?

でご紹介していますが、

ここでは、炭水化物抜きとロカボの違いを簡単にお話ししておきたいと思います。

最初に広まったのは、炭水化物抜きでした。

炭水化物を含む食べ物は、すべて警戒して抜いてしまおうというシンプルなダイエット法です。

非常に分かりやすいのでブームとなりました。

でも実は、炭水化物抜きというのは、やや問題がある食事法です。

では、その問題とは?

炭水化物抜き ダイエットのデメリットは?

炭水化物は糖質と食物繊維でできています。

このうち、肥満につながるのは糖質だけで、食物繊維は消化を促し、むしろダイエットを手助けしてくれます。

つまり炭水化物抜きと言ってしまうと、糖質だけではなく、役に立つ食物繊維までも抜くという意味になってしまうのです。

それに「抜き」という言葉だと、”ゼロを目指す”ということになりますが、ロカボの場合は、緩やかな糖質制限なので、極端にゼロに近づけるような糖質制限を推奨していません。

そういう意味では、制限する対象と度合いが違うので、「炭水化物抜き」と「ロカボ」はまったく別の方法と考えてもいいでしょう。

 

なお、炭水化物と糖質の違いや、炭水化物抜き ダイエットのデメリットについては、次の記事でご紹介しています。

参考記事:炭水化物≠糖質:炭水化物抜きが便秘の原因?低糖質ダイエットは?

ロカボで食べて良い糖質量の目安は?

食べて良い糖質量の目安は?

ロカボ=緩やかな糖質制限は、一食あたりの糖質量を抑えて食べ、一日の糖質摂取量を、決められた範囲内にするという考え方です。

ロカボ食を実践すると、普通に食事をしたときの半分程度まで、糖質を抑えることになります。

 

普通の糖質制根と違うのは、糖質の摂取量にこれ以上は減らさないように、という上限を決めていることです。

糖質を完全に抜いてしまうのではなく、毎食、ある程度は食べるのがロカボです。

1日に摂取できる糖質量は?

1日に摂取できる糖質量は、70~130g

1食当たりの上根と下限が決まっていて、下限は20g、上根は40gです。

上根、上根の数字にそれぞれ3食を掛けると、1日で60~120gになりますが、おやつ(間食)として10gの糖質を摂ることができるので、トータルで70~130gとなります。

ロカボのくだけた定義は

ロカボのもう少しくだけた定義は、「おいしく楽しく食べて健康になれる食事法」 ということです。

いくら健康になる、やせられるといっても、食べるのを我慢してばかりでは人生がつまらないものになってしまいますし、第一、なかなか続けることができません 。

おいしく楽しく食べるというのはとても大切なことですよね。

つまり、それが継続しやすい理由なんです。

ロカボの効果は?

ところで、緩い糖質制限でも効果があるのでしょうか?

気になるロカボのダイエット等の効果ですが、次の記事でご紹介しています。

参考記事:カロリーに対する栄養学の変化は?ロカボ食とは?ゆるい糖質制限の効果は?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

「肉」を食べると太るは嘘?太らない食べ方は?健康に悪いって本当?

糖質制限ダイエット法を始めても、途中でを挫折し、止めてしまう人もいます。 いくら 「新しい健康

記事を読む

カットすべきは脂質ではなく糖質!脂質が必要な理由は? 米国では脂質摂取の制限はない  

旧来の摂取カロリーを制限するダイエット法に毒されていると、「油脂(脂質)=悪者」という先入観がありま

記事を読む

自分に合った自分流ダイエットの方法|炭水化物抜きは危険か?

kai0815さん 30歳、男性、飲食店勤務、身長170センチ。 私がダイエットを始めたきっか

記事を読む

人類の食の歴史から見る!糖質の過剰摂取が糖尿病を増やすわけは?

私たちは、物心がついた頃から白いご飯やパンを食べ続けてきたので、「糖質は体に悪い」と言われてもなかな

記事を読む

主食を摂るなら パンよりごはん!輸入小麦は危険、パンの食べ過ぎは病気を招く?

近年、糖質制限ダイエットを実践する方が増えてきました。 糖質制限ダイエットでは減量に成功してゆ

記事を読む

カロリー制限は続かない?糖質制限は?太る原因は カロリーではなく糖質とは?

太っている人でダイエットに挫折してしまう理由として、「カロリー制限がつらくて続かない」という人がいま

記事を読む

たるみ対策が必要なわけは?40代のたるみの3つの原因と改善方法は?

たるみ対策が必要なわけは? 40代からのダイエットはただ体重を落とすだけでは不十分です。 筋

記事を読む

糖質制限時、調味料の糖質にも注意!マヨネーズは?マーガリンとバターは?

糖質制限ダイエット実践者にとって、ダイエット効果を上げるためには糖質含有量の多い食材を避けることが大

記事を読む

自律神経が乱れると太る?体内時計の乱れの原因と整える方法は?

「朝の太陽の光」が内臓脂肪を減らすってどういうことなのでしょうか? 実は、自律神経の乱れが内臓

記事を読む

ココナッツオイル ダイエットで中性脂肪を減らし便秘解消もできる訳は?

肥満は、いろいろな病気の原因となります。 ココナッツオイルは肥満を解消するダイエットや便秘に効

記事を読む

血糖値・ブドウ糖負荷試験とは?「食後高血糖」が危険?朝食で血糖値を上げない方法は?

あなたはどんな朝食を食べていますか? 忙しい現代人、朝は毎日、パ

英語で朝食の意味は?体内時計とは?朝食 抜き ダイエットは逆効果とは?

あなたは朝ご飯を食べていますか? ダイエット効果を上げたいからと

糖質制限ダイエットの悩みに向き合うサプリ【糖質スリム】とは?口コミを紹介!

糖質を制限するダイエット方法は2012年頃から話題になり、その効果の高

魚の缶詰の簡単レシピ紹介!おすすめの種類は?DHAとEPAは缶詰でとれる?

ダイエットに有効ということで、近年 糖質制限食が流行っています。

糖質の量を計算する方法は?糖質と糖類の違いに注意!糖分の定義はないとは?

糖尿病患者を対象とした糖質制限食では1回の食事につき、摂取する糖質を2

→もっと見る

PAGE TOP ↑