ロカボと炭水化物抜きダイエットの違い?デメリットは?食べれる糖質の目安は?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

あなたは、ロカボって何かご存知ですか?

北里大学北里研究所病院糖尿病センター長の山田悟先生が提唱している食事法なんです。

ロカボについては

記事:カロリーに対する栄養学の変化は?ロカボ食とは?ゆるい糖質制限の効果は?

糖質制限とロカボの違いや、ロカボの特徴、効果などをご紹介しました。

今回は、

  • ロカボと炭水化物抜きダイエットの違い
  • 炭水化物抜きダイエットのデメリット
  • ロカボで食べて良い糖質の目安

などをご紹介します。

ロカボと炭水化物抜きダイエットの違いは?

ロカボとは?

「ロカボ」というのは、”緩やかな糖質制限” をする食事法のことです。

現在のダイエットの大きな潮流になっている糖質制限をベースとして、誰にとっても安全で、効果が高く、そしておいしく楽しい食生活が送れるようにと考案したのが、ロカボです

 

ロカボ・・・緩い糖質制限食
【特徴】
・1食当たり20~40gの糖質を1日3食+間食10g
・安全性と継続のし易さを強調したもので山田先生が推奨
・糖尿病改善、美容、ダイエット、老化予防目的

 

炭水化物抜きダイエットとは?

「炭水化物抜き」というダイエット法を聞いたことがあると思います。

でも、糖質削根と炭水化物抜きの違いを、正確に把握されているでしょうか?

確かに糖質制限と炭水化物扱きは近い関係にあります。

糖質を抑えて食べるとなぜやせられるのか、そのメカニズムについては

参考記事:糖質制限ダイエットのメカニズム|インスリンと肥満の関係・太らない方法は?

でご紹介していますが、

ここでは、炭水化物抜きとロカボの違いを簡単にお話ししておきたいと思います。

最初に広まったのは、炭水化物抜きでした。

炭水化物を含む食べ物は、すべて警戒して抜いてしまおうというシンプルなダイエット法です。

非常に分かりやすいのでブームとなりました。

でも実は、炭水化物抜きというのは、やや問題がある食事法です。

では、その問題とは?

炭水化物抜き ダイエットのデメリットは?

炭水化物は糖質と食物繊維でできています。

このうち、肥満につながるのは糖質だけで、食物繊維は消化を促し、むしろダイエットを手助けしてくれます。

つまり炭水化物抜きと言ってしまうと、糖質だけではなく、役に立つ食物繊維までも抜くという意味になってしまうのです。

それに「抜き」という言葉だと、”ゼロを目指す”ということになりますが、ロカボの場合は、緩やかな糖質制限なので、極端にゼロに近づけるような糖質制限を推奨していません。

そういう意味では、制限する対象と度合いが違うので、「炭水化物抜き」と「ロカボ」はまったく別の方法と考えてもいいでしょう。

 

なお、炭水化物と糖質の違いや、炭水化物抜き ダイエットのデメリットについては、次の記事でご紹介しています。

参考記事:炭水化物≠糖質:炭水化物抜きが便秘の原因?低糖質ダイエットは?

ロカボで食べて良い糖質量の目安は?

食べて良い糖質量の目安は?

ロカボ=緩やかな糖質制限は、一食あたりの糖質量を抑えて食べ、一日の糖質摂取量を、決められた範囲内にするという考え方です。

ロカボ食を実践すると、普通に食事をしたときの半分程度まで、糖質を抑えることになります。

 

普通の糖質制根と違うのは、糖質の摂取量にこれ以上は減らさないように、という上限を決めていることです。

糖質を完全に抜いてしまうのではなく、毎食、ある程度は食べるのがロカボです。

1日に摂取できる糖質量は?

1日に摂取できる糖質量は、70~130g

1食当たりの上根と下限が決まっていて、下限は20g、上根は40gです。

上根、上根の数字にそれぞれ3食を掛けると、1日で60~120gになりますが、おやつ(間食)として10gの糖質を摂ることができるので、トータルで70~130gとなります。

ロカボのくだけた定義は

ロカボのもう少しくだけた定義は、「おいしく楽しく食べて健康になれる食事法」 ということです。

いくら健康になる、やせられるといっても、食べるのを我慢してばかりでは人生がつまらないものになってしまいますし、第一、なかなか続けることができません 。

おいしく楽しく食べるというのはとても大切なことですよね。

つまり、それが継続しやすい理由なんです。

ロカボの効果は?

ところで、緩い糖質制限でも効果があるのでしょうか?

気になるロカボのダイエット等の効果ですが、次の記事でご紹介しています。

参考記事:カロリーに対する栄養学の変化は?ロカボ食とは?ゆるい糖質制限の効果は?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

カロリー制限ダイエットは痩せない?糖質制限の効果は?ケトン体食事法は?

カロリー制限ダイエットって、なかなか成功しないですよね。 むしろ糖質制限ダイエットの方が効果的だと

記事を読む

糖質オフ レシピで何を食べる?活性酸素を抑える腸内細菌は野菜を摂ると増える?

既にご紹介した記事  40代までは炭水化物を!ミトコンドリアエンジンで50代以降の老化を遅らせるに

記事を読む

回転寿司はヘルシーか?健康上の問題点は?ヘルシーな食べ方は?

回転寿司はヘルシーか? いまや寿司は「SUSHI」という国際語になり、欧米ではヘルシーメニューとし

記事を読む

3大栄養素のエネルギー比率は?日本人は糖質の摂りすぎか?寿司やカレーはOKか?

以前は”異端”とされてきた糖質制限食でしたが、近年、糖尿病治療や糖質制限ダイエットを実践してきた多く

記事を読む

セカンドミール効果と朝食の関係は?食後高血糖が昼食、夕食へと波及?改善するには?

前回は、糖質制限の共通の悩みに徹底的に向き合って開発された【糖質スリム】というサプリメントをご紹介し

記事を読む

糖質制限ダイエットの リバウンド理由は?糖質過剰摂取の症状は?注意点は?

ご飯、パン、麺類、砂糖などの「糖質」をできるだけ控えて、肉、魚、豆腐などから「たんぱく質」と「脂質」

記事を読む

糖質の量を計算する方法は?糖質と糖類の違いに注意!糖分の定義はないとは?

糖尿病患者を対象とした糖質制限食では1回の食事につき、摂取する糖質を20グラム以内と設定しています。

記事を読む

コーヒーに入れるなら砂糖よりミルク?清涼飲料水のカロリーに注意!

飲み物でなるべくカロリーを取らないのも、内臓脂肪を予防するポイントです。 たとえば、コーヒーや

記事を読む

油抜きダイエットの効果は?炭水化物 が体脂肪に変わる!低脂肪食で糖尿病が3倍に?

昼食にとんかつ定食をガッツリ食べて、夕食はフライドチキンやフライドポテトなどでビールを飲む。

記事を読む

太る原因とカロリーは?カロリー制限が継続困難な理由は?糖質制限の利点は?

前回の記事で、全ての生活習憤病の原点は、肥満であり、中年以降の肥満は、若い頃の肥満とは異なり、既に病

記事を読む

加齢につれ不足する栄養素:肉の健康的な食べ方・血糖値の上昇を抑える食べる順序は?

以下の記事でもお伝えしましたが、私たちの体は、若い時期の「子作りのため

ヨーグルトって整腸 効果なし?あり?プロバイオテイクス+プレバイオテイクスの効果とは?

私は毎朝、100gぐらいのヨーグルトを食べています。 ヨーグルト

善玉菌だけでは健康になれない?日和見菌を増やす納豆のネバネバ 効果とは?

  前回は日本の伝統食である味噌に含まれる善玉菌による

腸内細菌のバランスを整えるポイントは?発酵食 味噌の効果とは?

近年、腸内細菌に関する研究がさまざまな分野で、多くの研究者によって進め

腸内細菌でうつを治療できる?タンパク質を合成する?健康への影響は?

年々深刻化しているうつ病。 日本ではその患者数が増え続け、毎年3

→もっと見る

PAGE TOP ↑