イヌイットの長生きの事例からわかる!厚生省「食事バランスガイド」の問題点とは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

厚生労働省が策定した「食事バランスガイド」には、糖質を含めてバランスよく食べるようにとありますが、糖質を摂らなくて大丈夫ですか?

という質問がありました。

 

答えは、ご心配無用です。

実は、「食事バランスガイド」の食事はバランスが悪いともいえるからです。

ここでは、「食事バランスガイド」の問題点を明らかにし、アラスカやグリーンランドで暮らすイヌイットの健康&長生きの事例をご紹介します。

厚生省が策定した「食事バランスガイド」とは?

「食事バランスガイド」とは健康で豊かな食生活の実現を目的に策定された「食生活指針」(平成12年3月)を具体的に行動に結びつけるものとして、平成17年6月に厚生労働省と農林水産省が決定しました。

でも、この「食事バランスガイド」は日本人の平均的な食事を調査して作成したもので、バランスのとれた食事を科学的に究明し、その結果を示しているわけでありません。

これはあくまでも、日本人の日常的な食事の平均値を提示しているにすぎないということです。

 

食事バランスガイドの 問題点とは?

「食事バランスガイド」では毎日の食事を「主食」 「副菜」 「主菜」 「牛乳・乳製品」 「果物」 の5つの料理区分で示し、「何を」「どれだけ」食べたらよいかをコマのィラストを用いてわかりやすく表しています。

 

そのなかで 「主食」 は、「1日にご飯なら中盛り4杯、食パンなら6枚、うどんやそばなどの麺類なら3杯食べなさい」 と記されているのです。

しかし、むしろこれは「健康的な食事」という意味では、バランスが悪いといえるでしょう。

なぜなら、人間の消化・吸収・代謝のシステムは、現代のような糖質をたっぷり摂る食事に適したものではなく、本来は糖質制限食に適合する仕組みになっていると考えられるからです。

参考記事⇒人間のエネルギー源は糖質が主?脂質、たんぱく質も?健康に良いエネルギー源は?

 

したがって、総摂取カロリーの50~60%が糖質という現代の穀物ベースの食生活はバランスがよいとはいえません。

 

なお、3大栄養素のバランスについては次の記事でご紹介しています。

参考記事⇒3大栄養素の比率は妥当か?糖質は必須栄養素?糖質過剰は危険?

 

イヌイットの長生きからわかる「健康的な食事」とは?

イヌイットの食生活は?

アラスカやグリーンランドで暮らすイヌイットと呼ばれる人々がいます。

白人との接触により、今日では伝統的な生活からは遠ざかってしまったようですが、もともと彼らの食生活は、狩猟によって得たアザラシやカリブーなどの生肉や生魚が中心で、低糖質・高タンバク・高脂質であり、まさにスーパー糖質制限食です。

イヌイットは、そんな食生活を何千年にもわたって続けてきたのです。

スーパー糖質制限食とは?
どんなパターン?

朝・昼・晩すべての食事でご飯やパンなどの主食を食べずに糖質制限する。

1日当たり糖質摂取量は

1食当たり糖質10~20g以下、1日当たり糖質30~60gが目安です。

イヌイットの健康&長生きの秘密は?

1960年代に、デンマークの研究者がイヌイットについて調査研究を行った結果・驚くべきことがわかりました。

デンマーク人とイヌイットの総摂取カロリーに占める脂質の割合は40~50%と両者ほぼ同じだったのですが、デンマーク人の虚血性心疾患による死亡率が35%にものぼるのに対し、イヌイットでは同じ疾患での死亡率は5%しかなかったのです。

つまり、偏った食事をしていると思われたイヌイットのほうが、現代的な食事のデンマーク人よりも、はるかに健康で長生きだったというわけです。

イヌイットの健康&長生きの秘密は低糖質・高タンバク・高脂質の食事、特に良質な脂質であるDHA&EPAの摂取であると言われています。

DHAとEPAの効果については次の記事が参考になるでしょう。

参考記事⇒DHAとEPAのダイエット効果は?タンパク質の効果は?「サバ缶」も効果的?

 

ダイエットアドバイザーのコメント

似顔絵データ100

以上の記事から、低糖質・高タンバク・高脂質の食事とりわけEPA DHAには健康効果があることがわかりますね。
でも、EPA DHAの1日に必要な量を食事から摂るには、近年、魚が高価になってきたこともあり、とっても大変なことがです。

それで、EPA DHAをサプリメントで摂る人が増加しているのです。
いろんなメーカーから販売されていますが、コストパーフォーマンスの優れたものが良いでしょう。

 

EPA DHAをサプリメントで摂るなるこちら
↓  ↓  ↓
DHA&EPAサプリ!どちらがお得!? みやびvs佐藤製薬vsさくらの森

dhakinari

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

らっきょうの驚くべき健康効果とは?らっきょうの産地は?購入方法は?

らっきょうには「畑の薬」と言われるぐらい、驚くべき健康効果があるって事をご存じですか? そしてそん

記事を読む

食物繊維の便秘解消 理由は?サラダよりも加熱処理してたっぷり食べよう!

腸をスッキリさせるためには、食物繊維は欠かせません。 以前の記事 食物繊維の多い食品にダ

記事を読む

和食の焼き魚と地中海食の魚グリル|健康によいのはどちら?

世界でも有数の長寿国である日本、一方、地中海沿岸諸国も長寿国が多い。 今、健康やダイエットに優

記事を読む

和食は健康的は嘘?和食の欠点は? 地中海食の健康効果とは? 

カロリー制限食の有効性を主張される、糖尿病学会や病院の先生方は、 戦後の食の欧米化によるカロリ

記事を読む

血糖値・ブドウ糖負荷試験とは?「食後高血糖」が危険?朝食で血糖値を上げない方法は?

あなたはどんな朝食を食べていますか? 忙しい現代人、朝は毎日、パンとコーヒーという人も多いと思

記事を読む

人間は本来、ブドウ糖ではなくケトン体をエネルギー源としていた !?

前回の記事:人間のエネルギー源は糖質が主?脂質、たんぱく質も?健康に良いエネルギー源は? で人

記事を読む

糖質制限でタンパク質をしっかりとる理由は?カロリー制限では?満腹感や満足度は?

近年、注目を集めている糖質制限ダイエットについて。 前回の記事では、糖質制減食ではタンパク質や

記事を読む

肥満は飢餓に備えた身体の防衛反応!時計遺伝子の働きとは?朝食との関係は?

前回の記事では、時間栄養学の研究で、「朝食を抜くと太る」理由として以下の点を上げました。

記事を読む

糖新生の仕組みとは?糖質制限で活性化?メインのエネルギー源は脂肪とは?

糖質制限のダイエット効果の要因として、体脂肪が燃えやすくなることは前回、ご紹介しました。 今回

記事を読む

健康常識の嘘とは?カロリー制限ダイエットはリバウドを招く、健康的でないとは?

これまで何度もダイエットに挑戦してはリバウンドを繰り返して来たという人は、むしろダイエットに成功して

記事を読む

腸内細菌が健康に影響する!腸内環境を 良くするには?ビフィズス菌と乳酸菌の違いは?

腸というものは、私たちが自分でコントロールすることが可能な臓器です。

食事制限 ダイエットで痩せないわけは?腸内細菌と肥満や健康との関係は?

ダイエットは、女性の永遠のテーマですね。 また働き盛りの男性にと

老化を促す原因とは?老化スピードを遅らせるには?肉の老化防止効果 とは?

  既にご紹介しました以下の記事 熱中症予防の根

コレステロール値について|病気との関係は?適正値とは?高いことの影響は?

中高年になると、「コレステロール値が高いから肉は食べない」という方が多

たんばく質食品の中で肉が最良の理由|良質脂質と必須アミノ酸が全て摂れるから?

  中高年が老化を早めないためには、筋肉や骨のたんばく

→もっと見る

PAGE TOP ↑