イヌイットの長生きの事例からわかる!厚生省「食事バランスガイド」の問題点とは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

厚生労働省が策定した「食事バランスガイド」には、糖質を含めてバランスよく食べるようにとありますが、糖質を摂らなくて大丈夫ですか?

という質問がありました。

 

答えは、ご心配無用です。

実は、「食事バランスガイド」の食事はバランスが悪いともいえるからです。

ここでは、「食事バランスガイド」の問題点を明らかにし、アラスカやグリーンランドで暮らすイヌイットの健康&長生きの事例をご紹介します。

厚生省が策定した「食事バランスガイド」とは?

「食事バランスガイド」とは健康で豊かな食生活の実現を目的に策定された「食生活指針」(平成12年3月)を具体的に行動に結びつけるものとして、平成17年6月に厚生労働省と農林水産省が決定しました。

でも、この「食事バランスガイド」は日本人の平均的な食事を調査して作成したもので、バランスのとれた食事を科学的に究明し、その結果を示しているわけでありません。

これはあくまでも、日本人の日常的な食事の平均値を提示しているにすぎないということです。

 

食事バランスガイドの 問題点とは?

「食事バランスガイド」では毎日の食事を「主食」 「副菜」 「主菜」 「牛乳・乳製品」 「果物」 の5つの料理区分で示し、「何を」「どれだけ」食べたらよいかをコマのィラストを用いてわかりやすく表しています。

 

そのなかで 「主食」 は、「1日にご飯なら中盛り4杯、食パンなら6枚、うどんやそばなどの麺類なら3杯食べなさい」 と記されているのです。

しかし、むしろこれは「健康的な食事」という意味では、バランスが悪いといえるでしょう。

なぜなら、人間の消化・吸収・代謝のシステムは、現代のような糖質をたっぷり摂る食事に適したものではなく、本来は糖質制限食に適合する仕組みになっていると考えられるからです。

参考記事⇒人間のエネルギー源は糖質が主?脂質、たんぱく質も?健康に良いエネルギー源は?

 

したがって、総摂取カロリーの50~60%が糖質という現代の穀物ベースの食生活はバランスがよいとはいえません。

 

なお、3大栄養素のバランスについては次の記事でご紹介しています。

参考記事⇒3大栄養素の比率は妥当か?糖質は必須栄養素?糖質過剰は危険?

 

イヌイットの長生きからわかる「健康的な食事」とは?

イヌイットの食生活は?

アラスカやグリーンランドで暮らすイヌイットと呼ばれる人々がいます。

白人との接触により、今日では伝統的な生活からは遠ざかってしまったようですが、もともと彼らの食生活は、狩猟によって得たアザラシやカリブーなどの生肉や生魚が中心で、低糖質・高タンバク・高脂質であり、まさにスーパー糖質制限食です。

イヌイットは、そんな食生活を何千年にもわたって続けてきたのです。

スーパー糖質制限食とは?
どんなパターン?

朝・昼・晩すべての食事でご飯やパンなどの主食を食べずに糖質制限する。

1日当たり糖質摂取量は

1食当たり糖質10~20g以下、1日当たり糖質30~60gが目安です。

イヌイットの健康&長生きの秘密は?

1960年代に、デンマークの研究者がイヌイットについて調査研究を行った結果・驚くべきことがわかりました。

デンマーク人とイヌイットの総摂取カロリーに占める脂質の割合は40~50%と両者ほぼ同じだったのですが、デンマーク人の虚血性心疾患による死亡率が35%にものぼるのに対し、イヌイットでは同じ疾患での死亡率は5%しかなかったのです。

つまり、偏った食事をしていると思われたイヌイットのほうが、現代的な食事のデンマーク人よりも、はるかに健康で長生きだったというわけです。

イヌイットの健康&長生きの秘密は低糖質・高タンバク・高脂質の食事、特に良質な脂質であるDHA&EPAの摂取であると言われています。

DHAとEPAの効果については次の記事が参考になるでしょう。

参考記事⇒DHAとEPAのダイエット効果は?タンパク質の効果は?「サバ缶」も効果的?

 

ダイエットアドバイザーのコメント

似顔絵データ100

以上の記事から、低糖質・高タンバク・高脂質の食事とりわけEPA DHAには健康効果があることがわかりますね。
でも、EPA DHAの1日に必要な量を食事から摂るには、近年、魚が高価になってきたこともあり、とっても大変なことがです。

それで、EPA DHAをサプリメントで摂る人が増加しているのです。
いろんなメーカーから販売されていますが、コストパーフォーマンスの優れたものが良いでしょう。

 

EPA DHAをサプリメントで摂るなるこちら
↓  ↓  ↓
DHA&EPAサプリ!どちらがお得!? みやびvs佐藤製薬vsさくらの森

dhakinari

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

「ダイエット中」の勘違いとは?ダイエットと禁煙を比較すると?本当に痩せる ダイエットとは?

「ダイエット中」の勘違いとは? あなたは「今、ダイエット中だから食べられない」とか「ダイエット中は

記事を読む

ケトジェニックダイエットとは?4つのルールとは?効果は?

近年、流行っている糖質制限ダイエット。 メリットもあるがやり方によってはデメリットもあります。

記事を読む

必須アミノ酸をバランス良く摂ろう!アミノ酸の分類は?筋力維持にBCAAが有効とは?

今 注目されているケトジェニックダイエットやケトン体食事法では、糖質摂取を控えるとともに、たんぱく質

記事を読む

炭水化物を食べても痩せる?血糖値の上昇を抑える食べ方、食べて良いもの悪いものは?

炭水化物を食べても痩せる食生活とは? 日本人の食生活はもともと、炭水化物が多い傾向にあります。

記事を読む

食べすぎが病気の原因!?食べすぎサインのチェック方法は?腹6分目の効果とは?

あなたは食べすぎを自覚していますか? 「自分は大食いではない」と思っている人は、多いでしょう。

記事を読む

ブドウ糖が老化を促進!AGEでタンパク質は?糖質制限で老化予防できるか?

近年、糖質制限を実践することの効果を示すエビデンス(科学的な証拠)が明らかになってきました。

記事を読む

体内時計をつかさどる時計遺伝子とは何か?その働きとは?リセット方法とは?

既に確認したように、「少食なのに太ってしまう」という不思議な現象が解明されたのは、「時計遺伝子」 の

記事を読む

産後の炭水化物制限ダイエットの効果は?やり方は?成果は?

nyantaさん 48歳主婦で身長158センチ。 私は中年太りが加速してきて58キロにまで増加

記事を読む

時間帯により必要な栄養は違う?朝食はタンパク質、糖質抜きダイエットは夜とは?

既にご紹介しましましたように、時間栄養学の研究により、食事を食べる時間によって、身体が発する熱量が違

記事を読む

「もったいない」が太るもと!食べる量を減らすには?残す マナーとは?

「もったいない」が太るもと!とは 食べ物を粗末にしてはいけません。 しかし、もったいなからと

記事を読む

食べすぎが病気の原因!?食べすぎサインのチェック方法は?腹6分目の効果とは?

あなたは食べすぎを自覚していますか? 「自分は大食いではない」と

甘いものの食べ過ぎの影響は?精製白米や白いパンもシミやシワの原因とは?

ケーキや菓子パン、アイスクリームなど、甘いものが大好きという人は特に女

シミやシワを増やす原因は活性酸素とは?酵素ダイエットで美肌になる方法は?

記事 酵素が健康ダイエットの本命!生活習慣病を防ぎアンチエイジン

酵素ダイエット成功の要は腸!リンパ組織が腸に集中?腸の健康チェックの方法は?

記事 日本人の食事の課題=太りやすい&やせにくい とは?健康的にやせ

健康で長生きの秘訣は?酵素は体の痛みにも効く?酵素を節約し有効活用するとは?

これまでの記事でご紹介したように、酵素は人間の体内でじつによく働いてく

→もっと見る

PAGE TOP ↑