カロリー制限 ダイエットの停滞とは?リバウンドの理由は?カロリー計算の嘘とは? 

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

私が2型糖尿病予備軍と診断された時、病院から指導された肥満解消のための食事療法はカロリー制限によるものでした。

その後、数年間、カロリー制限ダイエットにチャレンジしましたが一向に改善しませんでした。
ここでは、私のカロリー制限ダイエットの失敗経験を振り返って、その後学んだ以下の点についてご紹介します。

  • カロリー制限 ダイエットはなぜ停滞期があり、継続できないのか?
  • カロリー制限 ダイエットではなぜリバウンドしてしまうのか?
  • 肥満を解消できる正しい方法とは

カロリー制限 ダイエットの停滞とは?

カロリー制限をすると、人間の体はおのずとカロリーの消費を減らそうとします。

人間の体で一番カロリーを消費しているのは、基礎代謝といって、何もしていなくても生きているだけで自動的に行われている活動に必要なエネルギーです。

そして、基礎代謝の量を一番左右するのは筋肉量です。(図 消費エネルギーのうちわけ参照)

したがって、カロリー制限をすると人間の体は、まず筋肉を減らしてカロリーの消費を少なくしようとします

カロリー制限でダイエットをすると、みんなある程度まで体重が減りますが、そこから先は落ちにくくなるという壁にぶつかります。

つまり、カロリー制限ダイエットの停滞期を迎えるのです。

まず筋肉が削られて体重は減ったものの、基礎代謝が落ちたので、カロリー消費のスピードがぐんと下がったてしまうのです。。

 

なお、カロリー制限ダイエットの停滞期については次の記事が参考になるでしょう。

ダイエットの停滞期っていつ? なぜ来る?脱出の方法は?

 

 

カロリー制限 ダイエットのリバウンドの理由は?

 

そしてダイエットの停滞に業を煮やした末、我慢できなくなり、いっぱい食べてしまうと、筋肉が減った体はそれをすぐに燃やしきれず、内臓脂肪として蓄えようとします。

従って、「カロリー制限で筋肉を減らした結果、リバウンドで脂肪を増やす」ということになってしまうのです。

そして、リバウンドの終着点では、体重が元に戻るどころか、ダイエット前より増えてしまうということが起こります。

ダイエット前より増えてしまう理由は、筋肉に比べて体脂肪はエネルギー消費率が低いからです。

筋肉よりもかなり重みのある体脂肪をつけないと、同じ量のエネルギーを燃やせないのです。

 

なお、カロリー制限ダイエットのリバウンドについては次の記事でもご紹介しています。

健康常識の嘘とは?カロリー制限ダイエットはリバウドを招く、健康的でないとは?

 

カロリー計算の大嘘とは?

従来のダイエット本の嘘とは?


従来のダイエット本で、「1日100キロカロリーだけ減らしてみましょう」とすすめるものがあります。

そうすれば365日で36500キロカロリー減らすことができ、だいたい1年間で約5キログラムもの体脂肪が落ちるはずだというのです。

実は、これって大嘘もいいところなので、皆さんはだまされないようにしてください。

この計算には、代謝のメカニズムがまったく考慮されていません。

もし、1日100キロカロリーを確実に減らせたとしても、筋肉が落ちてカロリー消費も減っていくことを考慮すれば、1年で減らせる体重はせいぜい2キロぐらいです。

そして100キロカロリー減らすことを日々頑張って、それだけの効果しか得られないというつらい現実を目の当たりにして、耐えきれなくなってリバウンドしていくのです。

 

体重を減らすには?

逆に言うと、たんばく質や油をしっかり摂っていると、おのずとエネルギー消費は上がります。

筋肉の量は、食べるたんばく質の量に比例してつきやすいので、今度は基礎代謝が上がってきて、体が体重を減らしやすい状況に持っていくことができるからです。

したがって、体重を減らすには、たんばく質や油をしっかり摂って糖質の摂取を控えればよいのです。

 

糖質を控えて、たんばく質や油をしっかり摂る正しい糖質制限の効果については次の記事でご紹介しています。

カロリー制限ダイエットは痩せない?糖質制限の効果は?ケトン体食事法は?

 

ダイエットアドバイザーのコメント

 

 

なお、私は肉や魚をしっかり食べてストレスなく糖質制限を継続中ですが、 食物繊維、ミネラル等の必須栄養素を摂るために補助食品「すっきりフルーツ青汁」を継続して利用しています。

「すっきりフルーツ青汁」の公式サイトはこちら

↓ ↓クリック ↓ ↓

 

こちらの記事は補助食品購入に際して参考になりますよ!
「すっきりフルーツ青汁でやせる」の罠?購入前に知るべき事とは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

関連記事

加熱食の過食が病気を招く!酵素食の効果とは?加熱食対生食の理想は?

火食とは加熱食のことで、人類は火食を覚えて病気を貰った、と云われています。 野生の動物には原因

記事を読む

3大栄養素のエネルギー比率は?日本人は糖質の摂りすぎか?寿司やカレーはOKか?

以前は”異端”とされてきた糖質制限食でしたが、近年、糖尿病治療や糖質制限ダイエットを実践してきた多く

記事を読む

脂質が肥満の原因?コレステロールで動脈硬化は嘘!糖質オフで脂肪が燃える?

糖質オフ健康法(糖質制限ダイエット)のメリットとして、脂質を食べてもOKであることも挙げられます。

記事を読む

急激なダイエットでリバウンドする理由は?原因は?対策は?

ダイエットにはつきものとされるのがリバウンドです。 ダイエット実践者の60%の人が、リバウンドを経

記事を読む

ケトン体回路を回すには?糖質依存の食事の糖質摂取量を1日どれだけに減らす?

既にご紹介しました記事で、健康に良いエネルギー源はケトン体であることをご紹介しました。 ⇒人間

記事を読む

DHAとEPAのダイエット効果は?タンパク質の効果は?「サバ缶」も効果的?

DHAとEPAのダイエット効果は? 昔の日本人の食卓では、主菜といえば、さんま、あじ、いわし、さば

記事を読む

コーヒーに入れるなら砂糖よりミルク?清涼飲料水のカロリーに注意!

飲み物でなるべくカロリーを取らないのも、内臓脂肪を予防するポイントです。 たとえば、コーヒーや

記事を読む

短期間 ダイエットは健康を害す?リバウンドする理由は?減量の目安は?

急激なダイエットで、かえって太る! 太りやすくなる、健康を害す。とよく言われます。 これ

記事を読む

ご飯のカロリーは?食べ過ぎると?玄米で便秘解消できる?

「お米は世界でも類を見ないほどおいしい主食だ」といわれています。 たとえば、焼きノリだけでもお

記事を読む

朝ごはんが大事な理由は?昼食はしっかり?食事のエネルギー配分の理想は?

1日の食事の配分は3対4対3の食べ方が理想的だと言われています。 私たちの普段の食事は、朝食は

記事を読む

活性酸素の重大な害=がんを防ぐ食べ物とは?活性酸素が増加する原因は?

  記事 テロメアって命の回数券?活性酸素の悪影響を減

パンと ご飯の違い?パンの危険性とは?同じ力ロリーだと交換できるの嘘とは?

食品交換表を用いたカロリー制限による糖尿病の食事療法の最大の欠陥は、食

肥満の本当の原因は?カロリー表示があてにならない、計算が意味ないとは?

肥満やメタボが世界的に増えています。 私たちが太るのは、摂取カロ

栄養素が加熱で壊れる?非加熱食品が慢性病の3大原因を防ぐとは?

あなたは、非加熱食品と加熱食品で栄養価値が異なることをご存知ですか?

加熱食の過食が病気を招く!酵素食の効果とは?加熱食対生食の理想は?

火食とは加熱食のことで、人類は火食を覚えて病気を貰った、と云われていま

→もっと見る

PAGE TOP ↑