果物は甘いお菓子 ?果糖の血糖値への影響は?食べるならどうする?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

果物は全般的に低GIだから、健康的でダイエットにも効果あり、と思われてきたようです。

低GIというのは、肥満と大きな関連性のある血糖値 (血液中のブドウ糖の量)を上げにくい食べ物です。

したがって、果物はヘルシーな食べ物だと思っている人も多いでしょう。

でも、果物って本当にヘルシーな食べ物でしょうか?

果物は甘いお菓子 ?

「果物は低カロリー」 「果物を食べても血糖値は上がりにくい」 ことを理由に、果物はヘルシーな食べ物だと思っている人も多く、最近は健康のため、またはやせるために、朝は果物だけしか食べないという人もいるようです。

しかしこれは、危険と言ってもいい食事法です。

たいていの果物には、たくさんの糖質が含まれています。

特に最近の果物は、甘くておいしいですよね。

消費者の求めに応じて、甘味を増す方向に品種改良がされているためです。

だから現代の果物は、甘いお菓子と考えたほうがいいのです。

 

果糖の血糖値への影響は?

それではなぜ、果物を食べても血糖値が上がりにくいのでしょうか。

それは、果物の甘さの元に果糖が含まれるからです。

果糖は体の中に入ると、肝臓で10パーセントだけ、ブドウ糖に変換されますが、残りは果糖のままで血中を回ります。

血糖値は血中のブドウ糖の量を計測した値です。

したがって、果糖が中心である果物は、糖質たっぷりであるにもかかわらず、食べてもあまり血糖値が上がらないのです。

参考:果糖について、江部康二先生のブログから引用

果糖は、ブドウ糖とは代謝経路が全く異なっています。

そして、果糖のGI(血糖上昇指数)は20くらいと低いです。
低いけれど、GIが20あるということは、
それくらいは血糖を上げるということです。

果糖の代謝経路は特殊で、10%がブドウ糖に変換され吸収されますが、残りの90%は、果糖のまま吸収され、肝臓でそのまま直接代謝されます。

ですから、果糖は血糖値をほとんど上昇させず、インスリンの分泌もほとんど促しません。

つまり、果糖のGI値が低いのは、果糖が「ブドウ糖として」利用されるのはごく一部であるからであり、
果糖の吸収速度が遅いからGI値が低いというわけではありません。

消化吸収されて肝門脈に流れ込んだ果糖は肝臓で、ブドウ糖より速く解糖作用をうけます。

中略

ですから、果糖は、ブドウ糖に比べれば血糖値は少ししか上昇させませんが、
中性脂肪合成を促進させ、太りやすい性質をもっています。

果物の糖質の主成分は果糖ですので、血糖値はパンや米など穀物より上昇させにくいですが、
中性脂肪に変わるという意味では多く摂ればやはり太ると思います。

 

このように、果糖は体内で中性脂肪に変化して内臓にくっつき、脂肪肝などを引き起こします。

脂肪肝になると、血糖を上げる役目のホルモンである、インスリンの働きが弱くなってしまいます。

つまり

果物は、短期的に見るとー血糖値が上がらないので健康的なようですが、長期的に見ると危ないのです。

 

 

果物を食べるならどうする?

果物は質を変える方法がないので、量のコントロールしかありません。

記事 カロリーに対する栄養学の変化は?ロカボ食とは?ゆるい糖質制限の効果は?

でご紹介した、緩い糖質制限であるロカボのルールで、

間食(おやつ)として考えるなら、摂れる糖質量は1日に10グラムまでに抑えなければなりません。

それでも、イチゴだったら4~5個は食べられます。

リンゴは1個30グラムほどの糖質がありますので、3分の1個程度

ミカンだったら、1個食べても大丈夫。

フルーツは健康だという妄信は捨てた上で、おやつと思って食べればいいのです。

ドライフルーツは、より注意が必要です。

小さくなっているから、その分、糖質が減っていると思う人がいるかもしれませんが、濃縮されているだけで、糖質量はまったく減っていないのです。

同様に、果汁100%のフルーツジュースも濃縮されていて糖質がとても高いので、量に注意しましょう。

 

ダイエットアドバイザーのコメント

似顔絵データ100
  

糖尿人の私はロカボ生活をしているときの果物はりんご約1/4です。小腹がすいていてそれでは物足りないときは、「スーパー発芽大豆」を食べています。

でも元来甘党の私は、果物をもっと多く食べたいときには我慢せずに食べています。その場合、糖質制限を強めた食事(例えばスーパーやスタンダード糖質制限食)にして、1日の糖質量がオーバーしないように調整しています。

なお、私が「スーパー発芽大豆」を利用する理由は、栄養価の高い大豆の中でも発芽大豆は特に優れていることと、それを袋から出すだけで手軽に食べることでき、味は栗のようにホックラとしておいしいからです。

なお「スーパー発芽大豆」の詳細はこちらの記事で紹介中です。

スーパー発芽大豆 (だいずデイズ)の栄養は?糖質制限ダイエットにピッタリとは?


 

また、
江部康二先生が提案する3パターンの糖質制限食についてはこちらの記事で紹介中。

糖質制限食 江部先生の方法|スーパー、 スタンダード、 プチとは?

 

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

「肉」を食べると太るは嘘?太らない食べ方は?健康に悪いって本当?

糖質制限ダイエット法を始めても、途中でを挫折し、止めてしまう人もいます。 いくら 「新しい健康

記事を読む

肥満のメカニズム|脂肪細胞の働きとは?食べ過ぎで起こる悪循環のリセット方法は?

あなたは、脂肪はお腹まわりにつくためか、なんとなく塊となってお腹にたまっているという印象をもっていま

記事を読む

糖質制限 ダイエットは効果があるが続かない!糖質の吸収を抑えるサプリメントとは?

近年、従来のカロリー制限に比べて、ダイエット効果が優れていることが明らかになってきた糖質制限ダイエッ

記事を読む

炭水化物を食べても痩せる?血糖値の上昇を抑える食べ方、食べて良いもの悪いものは?

炭水化物を食べても痩せる食生活とは? 日本人の食生活はもともと、炭水化物が多い傾向にあります。

記事を読む

肥満を防止する食事方法とは?GI値の定義とは?おもな主食のGI値は?

近年、太る原因となる栄養素は主に主食に含まれる糖質であることが分かってきました。 主食の中でも

記事を読む

糖質の量を計算する方法は?糖質と糖類の違いに注意!糖分の定義はないとは?

糖尿病患者を対象とした糖質制限食では1回の食事につき、摂取する糖質を20グラム以内と設定しています。

記事を読む

糖質制限とカロリー制限の併用は間違い?リバウンドや痩せない理由は?

従来、カロリー制限でダイエットしていた方が糖質制限する際、よくある間違いがあります。 それは、糖質

記事を読む

カロリー制限から糖質制限へ|糖尿病食事療法のパラダイムシフトとは?

ダイエットのための適切な食事療法は何かを考えるうえで、糖尿病の食事療法の歴史的な変遷を理解しておくこ

記事を読む

肥満の原因は脂質ではなく糖質の摂り過ぎ!脂質の代謝過程からわかる事は?

肥満の原因は脂質の摂り過ぎではなかった。 高脂質の食事を続けたら肥満になってしまう? 「糖質制限

記事を読む

カットすべきは脂質ではなく糖質!脂質が必要な理由は? 米国では脂質摂取の制限はない  

旧来の摂取カロリーを制限するダイエット法に毒されていると、「油脂(脂質)=悪者」という先入観がありま

記事を読む

サプリを続けるコツは?栄養素はグループで効く?すっきりフルーツ青汁はなぜ青汁か?

  ダイエットで食事制限をすると、体に必要な栄養素が足

タンパク質 不足の影響は?コレステロールって悪玉?不足するとどうなる?

  記事「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂って

「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂っている女性は太らないとは?

毎年新しいダイエット法が話題になります。 テレビなどでは、「たっ

リバウンドの原因はストレスぎれで起こす過食?それを防止できるダイエットとは?

長年ダイエットをしてきた人なら、だれでもリバウンドの経験があると思いま

過剰な糖質が太りやすく、やせにくい体をつくる理由とは?

糖質の 摂り過ぎの現状 あなたの食事の糖質の量は? あなたは、きょ

→もっと見る

PAGE TOP ↑