油の悪いイメージは嘘!白いごはんよりチャーハン?ラーメンの健康的な食べ方は?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

ロカボ食の定義や効果については以下の記事でご紹介しました。

カロリーに対する栄養学の変化は?ロカボ食とは?ゆるい糖質制限の効果は?

 

ここでは、ロカボに於ける「油の摂取法」や今までのダイエットの常識をくつがえす健康に良いごはんやラーメンの食べ方についてご紹介します。

 

油の悪いイメージは嘘?

「油の摂取」で太るの嘘

油というと、食べたらそのまま体の脂肪になるのではないかというイメージを持つ人が多いようですが、まずそれが誤解です。

油をたっぷり摂ったとしても、太ることはありません。

むしろ、油は間違いなく、ロカボによるダイエットの効果を後押しする働きをしてくれます。

植物性でも動物性でも、これが悪いという油はほとんどありません。

特に動物性の油は、日本人に関しては悪いと示唆するものが何もありません。

参考記事⇒脂質・脂肪酸の種類と働きは?構造は?「脂質を食べたら太る」は大きな誤解とは?

「油の摂取」で病気になりにくくなる

ダイエット云々の前に、油は動脈硬化などの病気につながるという、悪いイメージで見られがちでした。

でも実は、これもまったく逆で、本当は油を摂ったほうが動脈硬化になりにくいのです。

欧米で、油を控えたグループと、油を積極的に摂ったグループで、動脈硬化症の発症率を比較した研究がありました。

その結果は、油を積極的に摂ったグループの方が30パーセントも発症率が低かったそうです。

ところで、油を積極的に摂ったグループが食べていたという量は、オリーブオイルを週に1リットルほどでした。

どうでしょう? 私達日本人がこんなにたくさんの油を、食べることはありますか?

普通に生活している日本人には難しいと思います。

ですから、日本人は健康のためにむしろ、もっともつと油を摂ったほうがよいのです

 

参考記事⇒カットすべきは脂質ではなく糖質!脂質が必要な理由は? 米国では脂質摂取の制限はない 

ごはんよりチャーハンがよい?

ごはんを食べるのだったら、ただの白いごはんではなく、チャーハンや卵かけごはんにするといいのです

もちろん、白いごはんよりもチャーハンや卵かけごはんの方が、栄養価は高くなります。

これまで当たり前と思われていた考え方であれば、太りやすいのではないかと疑われると思いますが、実は逆なのです。

お米には糖質がたっぷり含まれています。

 

そして同じ量のお米を食べるのなら、糖質だけではなくほかの栄養素も一緒に摂ったほうがいいのです。

 

 

 

つまり、白いごはんよりもチャーハンや卵かけごはんのほうがいいというわけです

参考記事⇒ごはんの太らない 食べ方は?食べ合わせは?太る原因はカロリーではないとは?
 

ラーメンの健康的な食べ方は?

糖質をとるなら、糖質だけではなくほかの栄養素も一緒に摂ったほうがいい

これが分かると、豚骨ラーメンの食べ方も変わってきます。

これまでの考え方では、油がたっぷり入ったスープを警戒し、飲まずに残していた方も多いと思います。

そのかわり、麺の替え玉を頼んで満足する……。

しかし、ロカボの考え方からするとこれはまったく逆です。

糖質の多い麺は、注文するときに半玉にしてもらい、その代わりにチャーシューやネギのトッピングをしてもらい、たんばく質と食物繊維をプラスすればいいのです。

そしてスープをしっかり飲めば、油もたっぷり摂れて十分満足できるでしょう。

 

 

ダイエットアドバイザーのコメント

似顔絵データ100

 

ダイエットと健康効果を最大限に引き出すなら、エキストラバージンオイルが良い。
でも、エキストラバージンと表記されていても、ピンからキリまであり偽物も多いという。

そこで、まず本物を購入しその美味しさを味わって、自分自身で本物と偽物を見分ける感性をもつ必要がありそうですね。

高品質の本物エキストラバージンは日本でも生産しています。
詳しくはこちら
↓  ↓  ↓


【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

オリーブオイルのオレイン酸の健康効果|動脈硬化の原因を取り除く働きとは?

前回までで、地中海食で多用するオリーブオイルが健康ダイエットに優れていることをご紹介しました。

記事を読む

食べる量が減ったのに太るわけは?朝食抜きが肥満の原因?時間 栄養学への変化とは?

飽食の時代といわれる現代ですが、実は以前に比べて食べる量が減っているという事実をご存じでしょぅか?

記事を読む

主食を摂るなら パンよりごはん!輸入小麦は危険、パンの食べ過ぎは病気を招く?

近年、糖質制限ダイエットを実践する方が増えてきました。 糖質制限ダイエットでは減量に成功してゆ

記事を読む

オリーブオイルは「調味料」? テイスティングがおすすめとは?和食にも合うか?

オリーブオイルは「調味料」? オリーブオイルの使いこなす上で重要なのは、合わせる食材でベスト

記事を読む

DHAとEPAのダイエット効果は?タンパク質の効果は?「サバ缶」も効果的?

DHAとEPAのダイエット効果は? 昔の日本人の食卓では、主菜といえば、さんま、あじ、いわし、さば

記事を読む

糖質の量を計算する方法は?糖質と糖類の違いに注意!糖分の定義はないとは?

糖尿病患者を対象とした糖質制限食では1回の食事につき、摂取する糖質を20グラム以内と設定しています。

記事を読む

人間のエネルギー源は糖質が主?脂質、たんぱく質も?健康に良いエネルギー源は?

以前ご紹介した記事 正しい糖質制限=ケトジェニックダイエットとは?高カロリーだと太るの嘘? では、

記事を読む

肥満の原因をとり除く食事とは?GI値の低い食事にシフトするには?  

近年、ヒトが肥満になるメカニズムが明らかになり、肥満のカギを握るインスリンというホルモンが出るのを抑

記事を読む

チアシード ダイエットで痩せた?その効果は?食事メニューは?運動は?

necosさん 31歳女性 主婦 管理栄養士 身長151cm 私が痩せたいと思った動機は、友人

記事を読む

糖質制限では脂質=悪者は嘘?摂るべきおすすめの脂質とは?

糖質制限食では糖質の摂取減らし、脂質を効率的に使えるカラダにします。 従って、従来からの常識、脂質

記事を読む

腸内細菌が健康に影響する!腸内環境を 良くするには?ビフィズス菌と乳酸菌の違いは?

腸というものは、私たちが自分でコントロールすることが可能な臓器です。

食事制限 ダイエットで痩せないわけは?腸内細菌と肥満や健康との関係は?

ダイエットは、女性の永遠のテーマですね。 また働き盛りの男性にと

老化を促す原因とは?老化スピードを遅らせるには?肉の老化防止効果 とは?

  既にご紹介しました以下の記事 熱中症予防の根

コレステロール値について|病気との関係は?適正値とは?高いことの影響は?

中高年になると、「コレステロール値が高いから肉は食べない」という方が多

たんばく質食品の中で肉が最良の理由|良質脂質と必須アミノ酸が全て摂れるから?

  中高年が老化を早めないためには、筋肉や骨のたんばく

→もっと見る

PAGE TOP ↑