油の悪いイメージは嘘!白いごはんよりチャーハン?ラーメンの健康的な食べ方は?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

ロカボ食の定義や効果については以下の記事でご紹介しました。

カロリーに対する栄養学の変化は?ロカボ食とは?ゆるい糖質制限の効果は?

 

ここでは、ロカボに於ける「油の摂取法」や今までのダイエットの常識をくつがえす健康に良いごはんやラーメンの食べ方についてご紹介します。

 

油の悪いイメージは嘘?

「油の摂取」で太るの嘘

油というと、食べたらそのまま体の脂肪になるのではないかというイメージを持つ人が多いようですが、まずそれが誤解です。

油をたっぷり摂ったとしても、太ることはありません。

むしろ、油は間違いなく、ロカボによるダイエットの効果を後押しする働きをしてくれます。

植物性でも動物性でも、これが悪いという油はほとんどありません。

特に動物性の油は、日本人に関しては悪いと示唆するものが何もありません。

参考記事⇒脂質・脂肪酸の種類と働きは?構造は?「脂質を食べたら太る」は大きな誤解とは?

「油の摂取」で病気になりにくくなる

ダイエット云々の前に、油は動脈硬化などの病気につながるという、悪いイメージで見られがちでした。

でも実は、これもまったく逆で、本当は油を摂ったほうが動脈硬化になりにくいのです。

欧米で、油を控えたグループと、油を積極的に摂ったグループで、動脈硬化症の発症率を比較した研究がありました。

その結果は、油を積極的に摂ったグループの方が30パーセントも発症率が低かったそうです。

ところで、油を積極的に摂ったグループが食べていたという量は、オリーブオイルを週に1リットルほどでした。

どうでしょう? 私達日本人がこんなにたくさんの油を、食べることはありますか?

普通に生活している日本人には難しいと思います。

ですから、日本人は健康のためにむしろ、もっともつと油を摂ったほうがよいのです

 

参考記事⇒カットすべきは脂質ではなく糖質!脂質が必要な理由は? 米国では脂質摂取の制限はない 

ごはんよりチャーハンがよい?

ごはんを食べるのだったら、ただの白いごはんではなく、チャーハンや卵かけごはんにするといいのです

もちろん、白いごはんよりもチャーハンや卵かけごはんの方が、栄養価は高くなります。

これまで当たり前と思われていた考え方であれば、太りやすいのではないかと疑われると思いますが、実は逆なのです。

お米には糖質がたっぷり含まれています。

 

そして同じ量のお米を食べるのなら、糖質だけではなくほかの栄養素も一緒に摂ったほうがいいのです。

 

 

 

つまり、白いごはんよりもチャーハンや卵かけごはんのほうがいいというわけです

参考記事⇒ごはんの太らない 食べ方は?食べ合わせは?太る原因はカロリーではないとは?
 

ラーメンの健康的な食べ方は?

糖質をとるなら、糖質だけではなくほかの栄養素も一緒に摂ったほうがいい

これが分かると、豚骨ラーメンの食べ方も変わってきます。

これまでの考え方では、油がたっぷり入ったスープを警戒し、飲まずに残していた方も多いと思います。

そのかわり、麺の替え玉を頼んで満足する……。

しかし、ロカボの考え方からするとこれはまったく逆です。

糖質の多い麺は、注文するときに半玉にしてもらい、その代わりにチャーシューやネギのトッピングをしてもらい、たんばく質と食物繊維をプラスすればいいのです。

そしてスープをしっかり飲めば、油もたっぷり摂れて十分満足できるでしょう。

 

 

ダイエットアドバイザーのコメント

似顔絵データ100

 

ダイエットと健康効果を最大限に引き出すなら、エキストラバージンオイルが良い。
でも、エキストラバージンと表記されていても、ピンからキリまであり偽物も多いという。

そこで、まず本物を購入しその美味しさを味わって、自分自身で本物と偽物を見分ける感性をもつ必要がありそうですね。

高品質の本物エキストラバージンは日本でも生産しています。
詳しくはこちら
↓  ↓  ↓


【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

関連記事

ココナッツオイルにバナナの効果は?フルーツの糖質で太るか?お勧めのレシピは?

前回ご紹介の記事 ココナッツオイルの健康効果は?パンにココナッツオイルを塗るのは効果なしとは?

記事を読む

揚げ物は食べても太らないは大誤解!健康に悪い?食べすぎで病気になるとは?

これからの季節、サラリーマンの方などは忘年会など、何かと居酒屋で飲む機会が増えて来るでしょう。

記事を読む

腸内環境を整える食事は?油抜きダイエットの弊害&良質の油を適量摂るとは?

女性の中には、頑間な便秘や下腹の張りなど、腸の調子が今ひとつすぐれないという悩みを抱えている人が多い

記事を読む

トランス脂肪酸が日本で溢れる理由?見分け方は?不自然な食品とは?

前回ご紹介した記事 油脂・脂肪酸の種類とは?どの油脂をどのようにとれば健康にいいのか で

記事を読む

食事量を減らすと太る?ヤセ菌が好む腸内環境とは?糖質を減らすと痩せるとは?

ダイエットというと、食事制限がつらい。 食べる量を減らすのは、空腹のがまんができない。

記事を読む

和食のマナーは三角食べ?その弊害は?食べる順番ダイエットと は?

和食のマナーは三角食べ? 三角食べとは? 日本の家庭料理は一汁三菜を基本として、汁物・主食・主菜

記事を読む

回転寿司はヘルシーか?健康上の問題点は?ヘルシーな食べ方は?

回転寿司はヘルシーか? いまや寿司は「SUSHI」という国際語になり、欧米ではヘルシーメニューとし

記事を読む

「甘いものは別腹」の 意味は?別腹の正体とは?食べ過ぎを防ぐには?

お腹がいっぱいでも「甘いものは別腹」とよくいわれます。 これは、どういうことでしょうか?

記事を読む

オリーブオイルの人気の理由は?脂肪酸の組成は?特徴は?

オリーブオイルのつくり方は極めてシンプルです。 ・まずはデリケートな実を傷つけないように、一つ

記事を読む

体内時計をつかさどる時計遺伝子とは何か?その働きとは?リセット方法とは?

既に確認したように、「少食なのに太ってしまう」という不思議な現象が解明されたのは、「時計遺伝子」 の

記事を読む

牛乳は飲み方次第で骨を弱くする!?おすすめの飲み方は?摂取の適量とは?

前回の記事: 牛乳神話の崩壊!?タンパク質は分解できない?カルシウムも

牛乳神話の崩壊!?タンパク質は分解できない?カルシウムも摂取できないとは?

牛乳神話の崩壊とは? 牛乳神話とは 「牛乳やヨーグルトなどの乳製品

揚げ物は食べても太らないは大誤解!健康に悪い?食べすぎで病気になるとは?

これからの季節、サラリーマンの方などは忘年会など、何かと居酒屋で飲む機

飲み会続きには「腸を強くするメニュー」がおすすめ!納豆や酢の健康効果とは?

忘年会、新年会、送別会、新人歓迎会、同窓会、…など 仕事上のつき

大豆の健康&ダイエット効果に注目!イソフラボンが女性をきれいにするとは?

日本では昔から豆腐、みそ、納豆など、大豆を原料とした食品がよく食べ

→もっと見る

PAGE TOP ↑