ロカボではスイーツもOK?低糖質レシピもおすすめ?人工甘味料の危険性は嘘?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

従来のダイエットでは、とかくスイーツは日の敵にされていました。

油やバターなどがたっぷり使われていて、カロリーが高いからです。

でも、前回の記事でご紹介したようように

ロカボの観点からすると、油をたっぷり摂ったとしても、太ることはありません。

むしろ、油は間違いなく、ロカボによるダイエットの効果を後押しする働きをしてくれます。

前回記事⇒油の悪いイメージは嘘!白いごはんよりチャーハン?ラーメンの健康的な食べ方は?

ですから、生クリームや卵、バターなどは怖いものではありません。

ここでは、ロカボ生活の中でのスイーツの食べ方や人工甘味料に対する考え方ををご紹介します。

ロカボではスイーツもOK?

 

スイーツには砂糖などの糖質も含まれていますので、その量は気にしなければいけませんが、糖質の量がロカボのルール内であれば、絶対に避けなければならない食べ物ではりません。

チョコレートの食べ方は

 たとえば市販の板チョコで考えてみましょう。

チョコレートはカロリーの高い食べ物ですが、普通の板チョコだったら1枚で糖質は40グラム程度です。

丸々1枚食べてしまったら、食事一食分の上限にあたる糖質を摂ってしまうので多すぎですが、ちょっと息抜きに少量ずつ食べるのであれば、ロカボ的にはまったく問題はありません。

またチョコレートでも低糖質で作られた商品がいろいろ発売されています。

裏側の成分表を見て、糖質の少ない商品であればもっとたくさん楽しむことができるでしょう。

アイスクリームの食べ方は

ハーゲンダッツのアイスクリームなどは、ミニカップ1個で280キロカロリーほどありますが、糖質は20グラムにすぎません。

やはり1個丸ごと食べるとロカボの観点からも多すぎではありますが、半分ずつ食べるのであれば、毎日食べても問題にはならないのです。

このように、いままでカロリーが高いからと思って敬遠してきたスイーツ、特にリッチな味のものなどには、バターや生クリームが多い反面、意外と糖質は少ないものがたくさんあります。

そういうものをうまく探していけば、ダイエットをしながらスイーツを十分に味わっていくことができるのです。

低糖質 スイーツ レシピもおすすめ

最近はケーキメーカーや一流のパティシエが、低糖質スイーツの開発に力を注いでいます。

また、コンビニやスーパーでも低糖質 スイーツ レシピが人気です。

低糖質スイーツは、糖質の少ない人口甘味料を使用しています。

味はいずれも、砂糖を使ったものと遜色ないおいしさで、低糖質であることを忘れてしまうような味わい深さです。

スイーツを思いきり食べたいときには、ぜひ、そういうものに注目してください。

自分で低糖質のスイーツを作るのもおすすめです。

人口甘味料さえ使えば、糖質ゼロのオリジナルスイーツを作ることができますので、自分好みの低糖質スイーツ作りにトライすることもおすすめです。

 

人工甘味料の危険性は嘘?

 甘いもの好きな人がロカボ生活を実践するにあたり、強い味方になってくれるのが人工甘味料です。

糖質がまったく含まれていないか、非常に抑えられている人工甘味料は、食べても太る心配がありません。

ロカボの提案者である山田悟先生によると

人工甘味料を使ったドリンクを飲んでダイエットをするグループと、水を飲んでダイエットをするグループとを比較した、信頼できる実験があります。

結果は人工甘味料のドリンクを飲んでいたグループのほうが、体重の減量効果は高いというものでした。

 その一方で、人工甘味料は危険なのではないかと心配される人が多いのも事実です。

発ガン性があるなどとたびたび噂されるので、意識の高い人ほど、人工甘味料は口にしないと決めているかもしれません。

 しかしそれは杞憂です。

現在、日本で認可され、食品に使用されている人工甘味料には、心配されるようなものはまったくありません。

 

とのことです。

 

ダイエットアドバイザーのコメント

糖質制限実施中の私は、食べ物で注意するのは糖質の量のみです。
カロリーオーバーはまったく気にすることなく、料理にはオリーブオイルをたっぷり使います。
人工甘味料についてはネット上でも危険との情報が氾濫していますが、山田先生によると、普通に摂取する量ならばそれらに過剰反応する必要はないようですね。

でも私は人工甘味料は利用していません。
それは、糖質制限に慣れてくると、甘くなくても満足度を高めることができるようになるからです。

なお、私がスイーツとして食べている補助食品は「スーパー発芽大豆」です。
その理由は、栄養価の高い大豆の中でも発芽大豆は特に優れていることと、袋から出すだけで手軽に食べることでき、味は栗のようにホックラとしておいしいからです。

 

「スーパー発芽大豆」の詳細はこちらの記事で紹介中です。

スーパー発芽大豆 (だいずデイズ)の栄養は?糖質制限ダイエットにピッタリとは?

 

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

ダイエット失敗の理由は?効果がでるまでの 期間が長いと?継続の秘訣とは?

多くの方が色々な理由でダイエットに挑戦されています。 でも、ダイエットに成功して滿足されている

記事を読む

カットすべきは脂質ではなく糖質!脂質が必要な理由は? 米国では脂質摂取の制限はない  

旧来の摂取カロリーを制限するダイエット法に毒されていると、「油脂(脂質)=悪者」という先入観がありま

記事を読む

糖新生の仕組みとは?糖質制限で活性化?メインのエネルギー源は脂肪とは?

糖質制限のダイエット効果の要因として、体脂肪が燃えやすくなることは前回、ご紹介しました。 今回

記事を読む

糖質制限で内臓脂肪が減る!メタボの症状は?保健指導の内容は?

糖質制限をして体脂肪が減り、適切な体重になると、さまざまな生活習慣病を予防したり改善します。 基本

記事を読む

糖質の量を計算する方法は?糖質と糖類の違いに注意!糖分の定義はないとは?

糖尿病患者を対象とした糖質制限食では1回の食事につき、摂取する糖質を20グラム以内と設定しています。

記事を読む

リバウンド予防のダイエットは成功したか?オルビスダイエット食品の効果は?

TERAIさん 30歳前半 女性、ライター、身長は151cm 私は、28歳のOLの時、あるダイ

記事を読む

炭水化物ぬきダイエットでリバウンドの繰り返しを克服!その効果とは?

フミカさん 50歳 主婦 身長165㎝ 私の肥満歴は小学校2年生の頃からですので、もう40年以

記事を読む

カロリー制限ダイエットは痩せない?糖質制限で糖新生を!糖質は痩せるチャンスを奪うとは?

糖質制限食はカロリー制限食よりも、はるかに大きなダイエット効果をもたらします. ここでは、その

記事を読む

糖質オフ レシピで何を食べる?活性酸素を抑える腸内細菌は野菜を摂ると増える?

既にご紹介した記事  40代までは炭水化物を!ミトコンドリアエンジンで50代以降の老化を遅らせるに

記事を読む

「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

最近Twitterで、「すっきりフルーツ青汁」「ダイエット学校」「CUZA〜クーザ〜」などで、絶対痩

記事を読む

時間栄養学の研究で判明!食べる時間によって太る?朝食抜きは太るとは?

前回の記事では、「どうして、朝食を抜くと太るのか」について近年、時間栄

食べる量が減ったのに太るわけは?朝食抜きが肥満の原因?時間 栄養学への変化とは?

飽食の時代といわれる現代ですが、実は以前に比べて食べる量が減っていると

加齢につれ不足する栄養素:肉の健康的な食べ方・血糖値の上昇を抑える食べる順序は?

以下の記事でもお伝えしましたが、私たちの体は、若い時期の「子作りのため

ヨーグルトって整腸 効果なし?あり?プロバイオテイクス+プレバイオテイクスの効果とは?

私は毎朝、100gぐらいのヨーグルトを食べています。 ヨーグルト

善玉菌だけでは健康になれない?日和見菌を増やす納豆のネバネバ 効果とは?

  前回は日本の伝統食である味噌に含まれる善玉菌による

→もっと見る

PAGE TOP ↑