糖質の量を計算する方法は?糖質と糖類の違いに注意!糖分の定義はないとは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

糖尿病患者を対象とした糖質制限食では1回の食事につき、摂取する糖質を20グラム以内と設定しています。

健康な人は少しゆるやかに30~40グラムを目安とすればいいでしょう。

でも、食事に含まれる糖質の量はどのように計算すればよいのでしょか?

ここでは、その方法として、食品の成分表示の見方をご紹介し、同時に食品パッケージなどに書いてある「糖質」に似たまぎらわしい言葉との違いを明らかにします。。

糖質の量を計算するにはどうする?

では、食品に含まれる糖質の量をどうやって計算すればいいのでしょうか?

これは、食品の成分表示を注意深く見るようにしてください。

食品の成分表示の内容はエネルギー量・糖質・脂質・たんばく質などです。

1回の食事でとる糖質の量も、この成分表示から判断すればいいということになります。

今はコンビニの食品にも成分表示がつけられるようになりました。

だから読み方を知っておくと、いろんなところで役に立つのです。

炭水化物と表示されている場合は、「糖質=炭水化物-食物繊維」で考えてください。

一般的には炭水化物で表示され、糖質や食物繊維の表記がない場合が多いようです。

その場合は予め、主な食材の糖質の量を把握しておくと良いでしょう。

その場合、次の本が役立ちます。

糖質と糖類の違いに注意

いっぽうで注意したいのは、食品パッケージなどに書いてある「糖質」に似た言葉です。

「糖質ゼロ」はそのままの意味で理解してよいのですが、糖類ゼロ」という表記は注意が必要なのです。

なぜなら、「糖類」とは単糖類と二糖類のみを指すと法律で決まっているからです。

 

しかし、糖質はそもそも単糖類と二糖類、多糖類、糖アルコール、人工甘味料の5つを総称した言葉です。

ちなみに、単糖類はブドウ糖や果糖など、二糖類はショ糖 (砂糖の主成分) や乳糖など、多糖類とはでんぷんなどのことです。

つまり、もし商品に糖アルコールや多糖類が含まれていても、法律では「糖類ゼロ」と表記してもよいことになるのです。

よって、「糖類ゼロ」と表記してあっても、「糖質ゼロ」ではないことがあるのです。

まざらわしいですね。

糖分の定義はないとは?

もっと注意したい言葉は「糖分」です。この言葉には法律がありません。

ですから、メーカーによって自由な定義で使われていることが多いのです。

従って、実際のところ、栄養表示基準に「糖分」の字は見当たりません。

つまり「糖分」とは、栄養学上で専門的に定義された言葉ではなく、いわゆる「甘いもの全般」を指す総称なのです。

「糖分」は「糖質」や「糖類」にも代用されるなど、とてもあいまいに使われる言葉です。

ですから、商品によっては「糖分ゼロ」は「糖質ゼロ」ではないことがあります。

 

ただし、「無糖」の表記は「糖類ゼロ」とほぼ同じです。

ポイント

・食品成分ラベルの表示から糖質の量を判断しよう。

・炭水化物と表示されていれば「糖質=炭水化物-食物繊維」と考える。

・「糖類」と「糖質」はイコールではない!

 
スポンサーリンク


【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

空腹で脳が活性化しストレスでダメージ!イライラで過食が止まらない訳は?

あなたは何かを紛らわせるために、とりあえず口にものを運んではいないだろうか? 私たちの食欲は脳が司

記事を読む

ストレスで太るのはなぜ?空腹でない食欲とは?過食を防止するには?

「ストレスで太る」は医学的にも正しい事がわかっています。 ここでは、まず、ストレスで太る原因が

記事を読む

内臓脂肪型肥満が原因で起こる病気は?メタボリック・ドミノの進行は予防できるか?

糖尿病が病気であることは分かりますが、メタボ、すなわち肥満が何故、病気なのでしょうか? まだ理

記事を読む

GI値とは?低インスリン ダイエットとは?炭水化物プラス砂糖はダイエットの敵!とは?

GI値 とは? GI値とは、グリセミック・インデソクスの略で、炭水化物が糖に変わる比率を数値化した

記事を読む

太る原因とカロリーは?カロリー制限が継続困難な理由は?糖質制限の利点は?

前回の記事で、全ての生活習憤病の原点は、肥満であり、中年以降の肥満は、若い頃の肥満とは異なり、既に病

記事を読む

ケトン体回路を回すには?糖質依存の食事の糖質摂取量を1日どれだけに減らす?

既にご紹介しました記事で、健康に良いエネルギー源はケトン体であることをご紹介しました。 ⇒人間

記事を読む

リバウンド予防のダイエットは成功したか?オルビスダイエット食品の効果は?

TERAIさん 30歳前半 女性、ライター、身長は151cm 私は、28歳のOLの時、あるダイ

記事を読む

内臓脂肪の落とし方|コンビニランチ選択時の2つの注意点とは?

近年、コンビニの数が増え、商品も多彩になり、充実してきました。 昼食はコンビニなどで、おにぎり

記事を読む

肉食は健康に悪い?日本人の寿命が長い理由は?肉食の起源は?

大腸ガンは日本人にはあまり縁のない病気でした。 ところが最近は、それが年々増えてきています。

記事を読む

マーガリンよりバターが太らない!トランス脂肪酸は危険?ショートニングも?

かつては、「バターは動物性脂質、マーガリンは植物性脂質だから、マーガリンのほうが健康的」とされていま

記事を読む

サプリを続けるコツは?栄養素はグループで効く?すっきりフルーツ青汁はなぜ青汁か?

  ダイエットで食事制限をすると、体に必要な栄養素が足

タンパク質 不足の影響は?コレステロールって悪玉?不足するとどうなる?

  記事「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂って

「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂っている女性は太らないとは?

毎年新しいダイエット法が話題になります。 テレビなどでは、「たっ

リバウンドの原因はストレスぎれで起こす過食?それを防止できるダイエットとは?

長年ダイエットをしてきた人なら、だれでもリバウンドの経験があると思いま

過剰な糖質が太りやすく、やせにくい体をつくる理由とは?

糖質の 摂り過ぎの現状 あなたの食事の糖質の量は? あなたは、きょ

→もっと見る

PAGE TOP ↑