血糖値・ブドウ糖負荷試験とは?「食後高血糖」が危険?朝食で血糖値を上げない方法は?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

あなたはどんな朝食を食べていますか?

忙しい現代人、朝は毎日、パンとコーヒーという人も多いと思います。

中には、メロンパンやクリームパンなど、甘いお菓子のようなパンを朝食に食べる人も多いのではないでしょうか。

菓子パンとコーヒーという組合せは、残念ながら、おすすめできない朝食の代表例です。

 

その理由は、糖質をたっぷり含む甘いパンは、食後の血糖値を急上昇させ、一気に「高血糖」になってしまうからです。

血糖値ってなに?ブドウ糖負荷試験とは?

「高血糖」を理解するためにはまず、血糖値について。

血糖値とは?

「血糖」とは血液中に溶け込んだブドウ糖のことで、その血液中に合まれる量を表わすのが「血糖値」です。

血糖値は食事をすれば上がります。

それは食事でとった栄養素の中の糖質が、消化酵素で分解されてブドウ糖になり、小腸で吸収され、血液によって全身に行き渡るからです。

ブドウ糖とは?

ブドウ糖は、車でいえばいわばガソリンで、重要なエネルギー源です。

しかし、余った糖が血液中に停滞し、必要以上に糖の濃度が高い「高血糖」になるとトラブルが発生します。

ちなみに健康であれば、ブドウ糖負荷試験で、120分値が140mg/dlをこえることはありません。

でも、糖尿病の患者さんの場合は、血糖値が上昇したままなかなか下がらず、120分値で140mg/dl未満になりません。

ブドウ糖負荷試験とは?

*ブドウ糖負荷試験とは?
 ブドウ糖75gを溶かした水溶液を飲み、その後30分ごとに4~5回にわたって採血して血糖値を測り、血糖値の変化やインスリンの分泌量などを計測する試験。

血糖値は常に変動しているので、1回の血糖値測定で異常値が出ても、すぐに糖尿病と診断することはできません。

そこで、空腹時の血糖値とともに、一定量(75g)のブドウ糖水溶液を飲み、その結果、血糖値がどのように推移するかをみて、より正しい判定をしようというのがブドウ糖負荷試験です。

「食後高血糖」が危険とは?

健康診断で「血糖値は正常」と言われたから大丈夫という人も実は安心できません。

食事のあとにだけ血糖値が急上昇する「食後高血糖」を起こしている可能性があるからです。

  • 「ご飯をおなかいっぱい食べないと気がすまない」
  • 「忙しいので、食事の代りに甘いものをよく食べる」
  • 「お菓子やジュースがやめられない」

などが思い当たる人は要注意ですよ。

食後高血糖を繰り返すうちに、しだいに空腹時の血糖値が上がり、肥満ホルモンとも呼ばれるインスリンの働きで太りやすくなるとともに、ついには糖尿病を発症することになります。

↓インスリンの働き↓

ですから、「食後高血糖」は危険なんで避けるべきなのです。

なお、食後血糖値と肥満の関係は以下の記事でご紹介しています。

血糖値とインスリンと肥満の関係は?食べても 太らない 方法とは?

 

朝食で血糖値を上げない方法は?

加齢とともに膵臓の働きも弱まり、インスリンの効き目も弱まってきます。

したがって、特に中高年からは、朝食を含めた食事は、内容や質にこだわり、食後高血糖にならないように工夫したいものです。

そのためには、まず朝食で血糖値を上げすぎないことが大事です。

でも、血糖値を上げにくい食事として糖質制限書食にすればよい事はわかっていますが、以下の記事でもご紹介しましたように、糖質制限にも色々悩みがありましたね。

糖質制限ダイエットの悩みに向き合うサプリ【糖質スリム】とは?口コミを紹介!

 

【糖質スリム】糖質制限が抱える悩みに徹底的に向き合って開発された糖質制限サポートスムージーです。

セカンドミール効果を意識した【糖質スリム】を朝食や会食前の食事に摂ることで、次の食後の血糖値の低減を目指せます。

糖質スリム」による、セカンドミール効果腸内フローラの改善に注目することで、糖質制限の継続に伴う悩みから解き放たれるます。

あなたも「糖質スリム」で、本当に身体が喜ぶ糖質制限との向き合い方を始めてみませんか

 

糖質スリムの公式ページはこちら
↓ ↓ クリック ↓ ↓ 


【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

ビフィズス菌の効能とは?乳酸菌との違いは?ビフィズス菌を増やす方法とは?

日本で売り出されているヨーグルトは7500種類以上もあり、ビフィズス菌など、さまざまな菌が入っている

記事を読む

ダイエット時、運動で体脂肪は減らない?運動の効果は?健康には?

「運動すればメラメラと脂肪が燃える!」と、過剰な期待をもってはいけない。 運動だけでは、期待してい

記事を読む

GI値とは?低インスリン ダイエットとは?炭水化物プラス砂糖はダイエットの敵!とは?

GI値 とは? GI値とは、グリセミック・インデソクスの略で、炭水化物が糖に変わる比率を数値化した

記事を読む

6ヶ月で35キロ減!糖質制限ダイエットのやり方・効果・リバウンド対策は?

ace0120さん 24歳 男性 「私、太っている人って絶対に好きになれないんだよねぇ。汗臭そ

記事を読む

ココナッツオイルが老化防止に効果!酵素の活性低下を防ぐとは?

ケトン体が「元から人間が持っている抗酸化酵素を活性化」してくれるということが最近分かってきました。そ

記事を読む

カロリー制限&糖質制限+運動でダイエット!その方法って正しいか?

2chipさん 38歳 専業主婦 女性 身長160cm 健康診断で悪玉コレステロール値が高く出

記事を読む

間違った ダイエットとは?食べる ダイエットの方法は?ダイエットの本来の意味は?

間違った ダイエットとは? ダイエットをしている人の多くが、「食事を減らす」、極端な人では「食べな

記事を読む

回転寿司はヘルシーか?健康上の問題点は?ヘルシーな食べ方は?

回転寿司はヘルシーか? いまや寿司は「SUSHI」という国際語になり、欧米ではヘルシーメニューとし

記事を読む

リバウンドの原因はストレスぎれで起こす過食?それを防止できるダイエットとは?

長年ダイエットをしてきた人なら、だれでもリバウンドの経験があると思います。 極端な食事制限の後

記事を読む

ダイエットを成功の秘訣|食事制限のやり方は?運動は何をすればよい?

お肌の露出機会が多い夏にむけて、ダイエットに取り組む女性や メタボ検診で肥満を指摘されて、生活習慣

記事を読む

時間栄養学の研究で判明!食べる時間によって太る?朝食抜きは太るとは?

前回の記事では、「どうして、朝食を抜くと太るのか」について近年、時間栄

食べる量が減ったのに太るわけは?朝食抜きが肥満の原因?時間 栄養学への変化とは?

飽食の時代といわれる現代ですが、実は以前に比べて食べる量が減っていると

加齢につれ不足する栄養素:肉の健康的な食べ方・血糖値の上昇を抑える食べる順序は?

以下の記事でもお伝えしましたが、私たちの体は、若い時期の「子作りのため

ヨーグルトって整腸 効果なし?あり?プロバイオテイクス+プレバイオテイクスの効果とは?

私は毎朝、100gぐらいのヨーグルトを食べています。 ヨーグルト

善玉菌だけでは健康になれない?日和見菌を増やす納豆のネバネバ 効果とは?

  前回は日本の伝統食である味噌に含まれる善玉菌による

→もっと見る

  • コーヒーでメラメラパワーをGET! エクササイズコーヒーの初回定期コース 新登場!
PAGE TOP ↑