セカンドミール効果と朝食の関係は?食後高血糖が昼食、夕食へと波及?改善するには?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

前回は、糖質制限の共通の悩みに徹底的に向き合って開発された【糖質スリム】というサプリメントをご紹介しました。

糖質制限ダイエットの悩みに向き合うサプリ【糖質スリム】とは?口コミを紹介!

今回は、この記事中に出てきたセカンドミール効果について、詳しく見ていきます。

セカンドミール効果と朝食の関係は?

朝食 昼食 夕食で最重要なのは?

朝食、昼食、夕食の3食のうち、血糖コントロールにとってどれが最も重要だと思いますか?

答えは 「朝食」 です。

これは、最初にとる食事(ファーストミール)が、次の食事(セカンドミール)のあとの血糖値にまで影響を及ぼすという「セカンドミール効果」という埋論によるものです。

セカンドミール効果は、1981年にGI値を提唱したジエンキンズ博士らによって発表されたのですが、1日のスタートである朝食にこの効果を利用すると、1日の血糖コントロールを比較的簡単に、うまく行うことができるのです。

たとえば、朝食で血糖植がゆるやかに上がる食事や食べ方をすれば、昼食でも血糖値がゆるやかに上がり、さらに昼食の影響が夕食にも伝わって、3食ともに食後の血糖値が安定しやすくなります。

 

朝食の影響が、昼食、夕食へと波及する

しかし逆に、朝食で血糖値の上がりやすい食事をすれば、昼食でも夕食でも食後高血糖になりやすいことになるのです。

この効果に対する要因の一つにあげられているのは、膵臓から分泌される血糖値を下げるホルモン、インスリンの効きぐあいです。

血糖値を上げにくい食事をすると、インスリンは節約モードで、効率よく効くように働きます。

しかし、大量の糖が一気に入ってくる食事では、高血糖を抑えようと大量のインスリンが分泌され、おさえ込みます。

すると、次の食事でのインスリンの効きが悪くなるのです。

食後高血糖を改善するには?

食習慣による「負の連鎖」を断ち切るには

食事のたびに食後高血糖になっていては、そのたびにインスリンが大量に分泌され、その効きも悪くなって、糖尿病のリスクは高まります。

また、急上昇した血糖値は、インスリンによって急降下することになるので、食後の満足感が持続しません。

結果、昼食、夕食を食べ過ぎる傾向になり、悪影響を助長します。

さらに、血糖値の急上昇、急降下はグルコースパイクと呼ばれ、血管壁を傷つけ様々な病気の要因となるので、健康上もよくありません。

これらの悪影響を回避し、食習慣による「負の連鎖」を断ち切るには朝食を見直すのがいちばんです。

朝食を1日の食生活全体を改善するきっかけにしましょう。

 

どのような朝食にすればよいか

食後の高血糖を防ぐ朝食にすればよいのです。

そのためには朝食で食べるパンやご飯などの糖質を多く含む主食を減らせばよいのです。

つまり、糖質制限食(ロカボ含む)にすれば良いのです。

 

あるいは、食べる順序を工夫し、血糖値が上昇しにくい食べ方にするなどの方法もあります。

参考記事⇒肥満の原因をとり除く食事とは?GI値の低い食事にシフトするには?  

 

とは言え、長年の食生活を変え毎日の朝食を糖質制限食にするには色々なやみがあることも事実です。

前回は、そんな悩みに徹底的に向き合って開発された【糖質スリム】というサプリメントをご紹介しました。
糖質制限ダイエットの悩みに向き合うサプリ【糖質スリム】とは?口コミを紹介!

 

ダイエットアドバイザーのコメント


  

糖尿人である私は、糖質制限のパターン(プチ、スタンダード、スーパ)やロカボを体調に合わせて使い分けることにより、好物の讃岐うどんも食べれるので、この食事法に特に悩むことはありません。
でも、セカンドミール効果を有効にするため朝食は低糖質になるように注意しています。
具体的にはトーストの代わりにお揚げにチーズとハムを乗せ、目玉焼きと一緒に食べ、飲み物は、食物繊維やビタミン、ミネラル等が豊富なすっきりフルーツ青汁を牛乳に混ぜて摂ります。
そうすると、野菜不足も補えるとともに、昼食で讃岐うどんなど好きな麺類を食べても、血糖値の上昇は緩やかになるからです。

そして、昼食で糖質を食べ過ぎたときには、食後にウォーキングなど運動を取り入れています。

私が継続的に利用している補助食品「すっきりフルーツ青汁」の詳細はこちら

↓ ↓クリック ↓ ↓

 

こちらの記事は補助食品購入に際して参考になりますよ!
「すっきりフルーツ青汁でやせる」の罠?購入前に知るべき事とは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

基礎代謝を上げる方法|日常生活 の活動レベルを上げるには?

寒い冬は、つい屋内にこもりっきりになり、運動不足になりがちです。 一方、飽食の時代、食料は豊富

記事を読む

コラーゲンは摂取しても意味ない?アミノ酸が豊富なコラーゲンペプチドの効果とは?

お肌や関節軟骨などに効果があると言われるコラーゲンですが、最近、「口から摂取してもそのままでは吸収さ

記事を読む

ココナッツオイルの健康効果は?パンにココナッツオイルを塗るのは効果なしとは?

ケトン体をエネルギー源としたケトジェニック(ケトン体食)ダイエットの効果については、以下の記事で既に

記事を読む

正しい 糖質制限とは?タンパク質の若返り・美肌効果とは?

最近、糖質制限ダイエットなどで、糖質制限を実践する方が増加しています。 ところで、あなたは「糖

記事を読む

コーヒーに入れるなら砂糖よりミルク?清涼飲料水のカロリーに注意!

飲み物でなるべくカロリーを取らないのも、内臓脂肪を予防するポイントです。 たとえば、コーヒーや

記事を読む

脂肪分解を促進するには?褐色脂肪細胞の活性化、コレウスフォルスコリの効果とは?

適切なトレーニングをすれば、「脂肪が燃える」事はわかっていますが、脂肪を分解してくれる栄養素ってある

記事を読む

カロリーに対する栄養学の変化は?ロカボ食とは?ゆるい糖質制限の効果は?

ロカボは北里大学北里研究所病院糖尿病センター長の山田悟先生が提唱している糖質制限食の一種です。

記事を読む

リバウンドの原因はストレスぎれで起こす過食?それを防止できるダイエットとは?

長年ダイエットをしてきた人なら、だれでもリバウンドの経験があると思います。 極端な食事制限の後

記事を読む

リバウンド予防のダイエットは成功したか?オルビスダイエット食品の効果は?

TERAIさん 30歳前半 女性、ライター、身長は151cm 私は、28歳のOLの時、あるダイ

記事を読む

ダイエット中のアルコールの影響は?適量とは?守るコツは?

「アルコールは体脂肪に変わりにくい」「ごはんはアルコールで摂る」…… 酒好きは、自分で勝手に理屈を

記事を読む

サプリを続けるコツは?栄養素はグループで効く?すっきりフルーツ青汁はなぜ青汁か?

  ダイエットで食事制限をすると、体に必要な栄養素が足

タンパク質 不足の影響は?コレステロールって悪玉?不足するとどうなる?

  記事「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂って

「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂っている女性は太らないとは?

毎年新しいダイエット法が話題になります。 テレビなどでは、「たっ

リバウンドの原因はストレスぎれで起こす過食?それを防止できるダイエットとは?

長年ダイエットをしてきた人なら、だれでもリバウンドの経験があると思いま

過剰な糖質が太りやすく、やせにくい体をつくる理由とは?

糖質の 摂り過ぎの現状 あなたの食事の糖質の量は? あなたは、きょ

→もっと見る

PAGE TOP ↑