「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂っている女性は太らないとは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

毎年新しいダイエット法が話題になります。

テレビなどでは、「たった3日で、◎キロ減! ウエスト、マイナス〇センチ!」と喧伝されていますが、「一時的にやせる」だけで、それを持続できなければ意味がないと思いませんか?

そういったダイエット法は、極端な食事制限、ある特定の食品(野菜、果物など)だけを食べ続けることを提唱するものが、ほとんどです。

でも、偏ったダイエットは健康的に美しく輝く体を手に入れるのとは、「真逆」のことが起きてしまいます。

ここではタンパク質不足の弊害を確認した上で、タンパク質をしっかり摂るダイエットが健康的に美しく痩せる上で大切なことをご紹介します。

タンパク質 不足で老化が進む?

タンパク質不足の弊害とは?

体の基礎となるタンパク質を摂らなければ、体は「危機的な状況」と感じて、筋肉に蓄えているタンパク質を壊して、体の機能を維持しようとします。

そして、この状態が続くと、体はまるで 「メンテナンスをしない機械」のように、それぞれの機能が滞るようになり、ついにはサビついて動かなくなってしまうでしょう。

こうなると、ピチビチ感が失われ、肌はカサカサ、髪はバサバサ。

老化が進み、頭も体も思ったように動かない 「魔法使いのおばあさ」 のようになってしまいますよ。

 

タンパク質は”食べだめ”ができない理由は?

しかも、タンパク質は食べた分は毎日使われていくので、「今日は、明日の分までたくさん食べたから大丈夫」というわけにはいきません。

ストックがきかないので、毎日、下図の目安量のタンパク質を摂るのが基本です。

タンパク質は体内に入ると消化されて、アミノ酸に分解されます。

アミノ酸はいったん体のあちこちにある「アミノ酸プール」 に蓄えられて、その後、必要に応じて、再びタンパク質に合成されます。

この 「アミノ酸プール」 の残量が不足してくると、古いタンパク質が分解されて、アミノ酸が供給されます。

体内のタンパク質は内外の変化に応じて毎日新しくつくり替えられているので、常にアミノ酸はたくさん必要とされるのです。

タンパク質は食事誘発性熱産生が高いとは

もしタンパク質を摂り過ぎたら、余分なアミノ酸は尿素、窒素となって尿から排せつされてしまいます。

だからストックがきかず、毎日摂らなくてはいけないのです。

しかも、タンパク質は、消化・吸収されるのに時間がかかります。

これは消化にエネルギーを多く必要とするということで、なんと、30%分の力ロリーを消費します。

これを「食事誘発性熱産生」と言いますが、糖質では6%脂質は4%にすぎません。

つまり、同じ200キロカロリーの食べものを食べたとしても、タンパク質で摂取したほうがカロリーを消費しやすいので、太りにくいということです。

 

なお、「食事誘発性熱産生」とたんぱく質のとりすぎについては次の記事でもご紹介しています。

参考記事⇒食事誘発性熱産生が高いとは?たんばく質の補給は?とりすぎても大丈夫とは?

 

タンパク質摂取で成長ホルモンがつくられる?

タンパク質は美ボディを目指す女性の味方

タンパク質をたっぷり摂ると、お腹がじんわりと温かくなるのは、消化のときにすでに熱が発生しているからです。
また、タンパク質をたっぷり摂ると、ダイエットをサポートする「成長ホルモンがつくられやすくなります。

成長ホルモンは、「筋肉を増やして、脂肪をつきにくくする」働きがあるので、美ボディを目指す女性が仲良くなっておきたいホルモン。

 

 

この成長ホルモンをしっかり分泌するには、原料となる 「タンパク質」をしっかり摂ること、そして、十分な睡眠時間を確保することが大切です。

ダイエットアドバイザーのコメント


糖尿人である私は糖質制限による血糖コントロ―ルで糖尿病改善と同時に肥満も解消しました。

食事では肉、魚などでタンパク質と脂質はしっかり摂っていますが、野菜など食事だけでは不十分になりがちな栄養素を補い栄養のバランスを高めるため、補助食品を用いています。

私が継続的に利用している補助食品は、大豆製品の中でも特に栄養価が高いスーパー発芽大豆大豆麺ソイドルとコラーゲン・プラセンター・セラミドも配合され美容効果が優れている「すっきりフルーツ青汁」です。

すっきりフルーツ青汁の公式ページはこちら

↓ ↓クリック ↓ ↓

 

こちらの記事は補助食品購入に際して参考になりますよ!
「すっきりフルーツ青汁でやせる」の罠?購入前に知るべき事とは?

 

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

血糖値・ブドウ糖負荷試験とは?「食後高血糖」が危険?朝食で血糖値を上げない方法は?

あなたはどんな朝食を食べていますか? 忙しい現代人、朝は毎日、パンとコーヒーという人も多いと思

記事を読む

正しい 糖質制限とは?タンパク質の若返り・美肌効果とは?

最近、糖質制限ダイエットなどで、糖質制限を実践する方が増加しています。 ところで、あなたは「糖

記事を読む

人間のエネルギー源は解糖エンジンからミトコンドリアエンジンへの移行するとは?

車は、ガソリンをのエネルギー源として動きますが、私達、人間の体は何をエネルギー源として動いているので

記事を読む

ダイエットに適した食べものとは?

ダイエット中だといっても、なにがなんでもカロリーを減らせばいいというわけではあ りません。 とく

記事を読む

肥満を防止する食事方法とは?GI値の定義とは?おもな主食のGI値は?

近年、太る原因となる栄養素は主に主食に含まれる糖質であることが分かってきました。 主食の中でも

記事を読む

乳製品のダイエット 効果は?食べ過ぎ防止とは?お肉のヨーグルト漬けは?

乳製品のダイエット 効果とは? 良質のたんばく質の供給に欠かせない乳製品は、多くのビタミンを含む優

記事を読む

うどんを食べ過ぎると太る?地中海食のパスタは?スパゲティ レシピご紹介

日本は世界に冠たる麹大国です。 多種多様な麺料理がありますが、そば以外はGlが高くて太りやすい

記事を読む

ファスティングとは?その目的は?美容に繋げる秘訣とは?

ファスティングとは日本語で「絶食療養法」とか「絶食療法」を意味しています。 しかし、断食といっ

記事を読む

カロリー制限ダイエットで成功しない理由は脳が食欲をコントロールしているから?  

あなたは おなかがすいたからではなく、脳を満足させるために、食べていませんか? 前回の記事「カ

記事を読む

ダイエット時、運動で体脂肪は減らない?運動の効果は?健康には?

「運動すればメラメラと脂肪が燃える!」と、過剰な期待をもってはいけない。 運動だけでは、期待してい

記事を読む

食べる量が減ったのに太るわけは?朝食抜きが肥満の原因?時間 栄養学への変化とは?

飽食の時代といわれる現代ですが、実は以前に比べて食べる量が減っていると

加齢につれ不足する栄養素:肉の健康的な食べ方・血糖値の上昇を抑える食べる順序は?

以下の記事でもお伝えしましたが、私たちの体は、若い時期の「子作りのため

ヨーグルトって整腸 効果なし?あり?プロバイオテイクス+プレバイオテイクスの効果とは?

私は毎朝、100gぐらいのヨーグルトを食べています。 ヨーグルト

善玉菌だけでは健康になれない?日和見菌を増やす納豆のネバネバ 効果とは?

  前回は日本の伝統食である味噌に含まれる善玉菌による

腸内細菌のバランスを整えるポイントは?発酵食 味噌の効果とは?

近年、腸内細菌に関する研究がさまざまな分野で、多くの研究者によって進め

→もっと見る

  • デトックスダイエットテイー 美痩身(be-slim)
       ↓ ↓クリック↓ ↓
    ビスリムnew(ダイエット)[シュシュルル]

  • コーヒーでメラメラパワーをGET! エクササイズコーヒーの初回定期コース 新登場!
PAGE TOP ↑