「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂っている女性は太らないとは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

毎年新しいダイエット法が話題になります。

テレビなどでは、「たった3日で、◎キロ減! ウエスト、マイナス〇センチ!」と喧伝されていますが、「一時的にやせる」だけで、それを持続できなければ意味がないと思いませんか?

そういったダイエット法は、極端な食事制限、ある特定の食品(野菜、果物など)だけを食べ続けることを提唱するものが、ほとんどです。

でも、偏ったダイエットは健康的に美しく輝く体を手に入れるのとは、「真逆」のことが起きてしまいます。

ここではタンパク質不足の弊害を確認した上で、タンパク質をしっかり摂るダイエットが健康的に美しく痩せる上で大切なことをご紹介します。

タンパク質 不足で老化が進む?

タンパク質不足の弊害とは?

体の基礎となるタンパク質を摂らなければ、体は「危機的な状況」と感じて、筋肉に蓄えているタンパク質を壊して、体の機能を維持しようとします。

そして、この状態が続くと、体はまるで 「メンテナンスをしない機械」のように、それぞれの機能が滞るようになり、ついにはサビついて動かなくなってしまうでしょう。

こうなると、ピチビチ感が失われ、肌はカサカサ、髪はバサバサ。

老化が進み、頭も体も思ったように動かない 「魔法使いのおばあさ」 のようになってしまいますよ。

 

タンパク質は”食べだめ”ができない理由は?

しかも、タンパク質は食べた分は毎日使われていくので、「今日は、明日の分までたくさん食べたから大丈夫」というわけにはいきません。

ストックがきかないので、毎日、下図の目安量のタンパク質を摂るのが基本です。

タンパク質は体内に入ると消化されて、アミノ酸に分解されます。

アミノ酸はいったん体のあちこちにある「アミノ酸プール」 に蓄えられて、その後、必要に応じて、再びタンパク質に合成されます。

この 「アミノ酸プール」 の残量が不足してくると、古いタンパク質が分解されて、アミノ酸が供給されます。

体内のタンパク質は内外の変化に応じて毎日新しくつくり替えられているので、常にアミノ酸はたくさん必要とされるのです。

タンパク質は食事誘発性熱産生が高いとは

もしタンパク質を摂り過ぎたら、余分なアミノ酸は尿素、窒素となって尿から排せつされてしまいます。

だからストックがきかず、毎日摂らなくてはいけないのです。

しかも、タンパク質は、消化・吸収されるのに時間がかかります。

これは消化にエネルギーを多く必要とするということで、なんと、30%分の力ロリーを消費します。

これを「食事誘発性熱産生」と言いますが、糖質では6%脂質は4%にすぎません。

つまり、同じ200キロカロリーの食べものを食べたとしても、タンパク質で摂取したほうがカロリーを消費しやすいので、太りにくいということです。

 

なお、「食事誘発性熱産生」とたんぱく質のとりすぎについては次の記事でもご紹介しています。

参考記事⇒食事誘発性熱産生が高いとは?たんばく質の補給は?とりすぎても大丈夫とは?

 

タンパク質摂取で成長ホルモンがつくられる?

タンパク質は美ボディを目指す女性の味方

タンパク質をたっぷり摂ると、お腹がじんわりと温かくなるのは、消化のときにすでに熱が発生しているからです。
また、タンパク質をたっぷり摂ると、ダイエットをサポートする「成長ホルモンがつくられやすくなります。

成長ホルモンは、「筋肉を増やして、脂肪をつきにくくする」働きがあるので、美ボディを目指す女性が仲良くなっておきたいホルモン。

 

 

この成長ホルモンをしっかり分泌するには、原料となる 「タンパク質」をしっかり摂ること、そして、十分な睡眠時間を確保することが大切です。

ダイエットアドバイザーのコメント


糖尿人である私は糖質制限による血糖コントロ―ルで糖尿病改善と同時に肥満も解消しました。

食事では肉、魚などでタンパク質と脂質はしっかり摂っていますが、野菜など食事だけでは不十分になりがちな栄養素を補い栄養のバランスを高めるため、補助食品を用いています。

私が継続的に利用している補助食品は、大豆製品の中でも特に栄養価が高いスーパー発芽大豆大豆麺ソイドルとコラーゲン・プラセンター・セラミドも配合され美容効果が優れている「すっきりフルーツ青汁」です。

すっきりフルーツ青汁の公式ページはこちら

↓ ↓クリック ↓ ↓

 

こちらの記事は補助食品購入に際して参考になりますよ!
「すっきりフルーツ青汁でやせる」の罠?購入前に知るべき事とは?

 

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

関連記事

腸内環境を整える食事は?油抜きダイエットの弊害&良質の油を適量摂るべきとは?

女性の中には、頑間な便秘や下腹の張りなど、腸の調子が今ひとつすぐれないという悩みを抱えている人が多い

記事を読む

ダイエットに適した食べものとは?

ダイエット中だといっても、なにがなんでもカロリーを減らせばいいというわけではあ りません。 とく

記事を読む

セカンドミール効果と朝食の関係は?食後高血糖が昼食、夕食へと波及?改善するには?

前回は、糖質制限の共通の悩みに徹底的に向き合って開発された【糖質スリム】というサプリメントをご紹介し

記事を読む

短時間のウォーキングで効果ある?おすすめの方法は?スマホで歩数をカウントしよう!

内臓脂肪を落とすために欠かせないのは、まずは食生活の改善、そして運動です。 ただ、「一念発起し

記事を読む

肥満は健康問題を引き起こす?生活習慣病の原因にも?BMI 25 以上は要注意!

記事「BMl 判定基準 (日本肥満学会)は?」でご紹介した標準体重を計算してみて、「私は標準範囲だか

記事を読む

ケトン体はいつから増加する?ダイエット効果をカロリー制限と比較すると?

今、本屋さんには、さまざまなダイエット方法を紹介する書籍が並んでいます。 しかし、そのほとんど

記事を読む

ストレスの弊害は?食欲との関係は?ダイエットの最大の敵とは?

私たちは、日々たくさんのストレスを受けながら生きています。 これは仕事をしていても専業主婦でも

記事を読む

カットすべきは脂質ではなく糖質!脂質が必要な理由は? 米国では脂質摂取の制限はない  

旧来の摂取カロリーを制限するダイエット法に毒されていると、「油脂(脂質)=悪者」という先入観がありま

記事を読む

糖新生の仕組みとは?糖質制限で活性化?メインのエネルギー源は脂肪とは?

糖質制限のダイエット効果の要因として、体脂肪が燃えやすくなることは前回、ご紹介しました。 今回

記事を読む

コーヒーに入れるなら砂糖よりミルク?清涼飲料水のカロリーに注意!

飲み物でなるべくカロリーを取らないのも、内臓脂肪を予防するポイントです。 たとえば、コーヒーや

記事を読む

腸内環境を整える食事は?油抜きダイエットの弊害&良質の油を適量摂るべきとは?

女性の中には、頑間な便秘や下腹の張りなど、腸の調子が今ひとつすぐれない

カロリー制限では美しく痩せない!そのわけは?「酵素ダイエット」の方法とメリットとは?

「ダイエットをしているのに、なかなか体重が落ちない」と悩んでいる女性は

酵素阻害剤とは?薬は異物?薬剤師が薬を飲まないわけとは?

病気をよくするはずの薬が、あなたの体を悪くしているかもしれない。

すっきりフルーツ青汁は酵素サプリ?生酵素との違いは?もっとすっきり生酵素とは?

  すっきりフルーツ青汁って酵素サプリ? 酵素サプリとは

フルーツの糖分はダイエットにNG?牛乳でカルシウム補給は嘘?生野菜は体を冷やす?

「今まで何度もダイエットを試みているのに、なかなか成果が上がらない」

→もっと見る

PAGE TOP ↑