タンパク質 不足の影響は?コレステロールって悪玉?不足するとどうなる?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

 

記事「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂っている女性は太らないとは?

でも説明してきたように、タンパク質は私たちが生きていくうえでもっとも重要な栄養素です。

毎日生まれ変わる細胞をつくる材料であり、もちろん、女性ホルモンにも使われています。

また、タンパク質を必要としているのは、体だけではありません。

ここでは、

  • タンパク質の脳への影響、
  • コレステロール=悪玉説 の真偽、
  • コレステロール不足の影響

をご紹介します。

タンパク質 不足の影響は?

 

感情や感覚のもととなる脳の神経伝達物質にも使われているため、タンパク質が不足すると、心の安定も失われてしまいます。

心にも体にも欠かせない栄養素だけに、必要な量は相当なもの。

しかも、運動をしたとき、頭を使ったとき、病気で薬を飲んだとき、ストレスを受けたときなど、普段より多くのタンパク質が消費されますから、その分より多く補給しなければなりません。

女性に多い野菜と肉を少しだけ」といった食生活では、十分なタンパク質をとるのはとうてい不可能です。

タンパク質が不足すると、体調を崩したり、肌がポロポロになるばかりか、心のバランスも崩してしまうので、毎日意識してたくさんとりたい栄養素です。

 

コレステロールって悪玉?

タンパク質をしっかりとると、コレステロールをつくることができます。

コレステロールって、体に悪いんじゃないの?」という声が聞こえてきそうですね。

でも、「肉や卵ばかり食べているとコレステロール値が高くなって、動脈硬化になる」という通説は、草食動物のウサギに卵を食べさせ続けたという、1913年のロシアにおける実験に基づいたたもの。

人間とウサギは、消化や代謝の仕組みが異なるため、今ではまったく意味がないことがわかっています。

参考記事⇒コレステロール神話の崩壊:悪玉説の嘘を支える利益構造とは?

 

コレステロールは、実は女性にとって欠かせないものです。

コレステロールこそが、女性ホルモンの材料になるからです。

 

コレステロールが 不足すると

血液中のコレステロール量が少ないと女性ホルモンの分泌も低下しますから、コレステロール値はむしろ低いほうが問題なのです。

また、ストレスに対抗するための副腎皮質ホルモンの材料でもありますから、不足すると元気を維持することができません。

実際、イライラやうつ症状に悩まされている方に多いのがコレステロール不足です。

また、最近では、「コレステロール値が高いほうが年をとってから認知症になりにくい」とも言われています。

 

 

コレステロールを上げるためにはタンパク質が重要です。

 

「コレステロール=悪」の思い込みは捨てて毎日の食事でタンパク質をどんどん取り入れ、女性ホルモン力をアップしていきましょう。

 

参考記事⇒コレステロール悪玉説は嘘? 脂質摂取基準では?動脈硬化 との因果関係は?

ダイエットアドバイザーのコメント

糖尿人である私は糖質制限による血糖コントロ―ルで糖尿病改善と同時に肥満も解消し精神面も安定し健康です。

タンパク質と脂質は肉、魚など食事でしっかり摂っており、ビタミン、ミネラルなど食事だけでは不十分になりがちな栄養素を補助食品を用いて補っています。

私が継続的に利用している補助食品は、大豆製品の中でも特に栄養価が高いスーパー発芽大豆大豆麺ソイドルとコラーゲン・プラセンター・セラミドも配合され美容効果が優れている「すっきりフルーツ青汁」です。

すっきりフルーツ青汁の公式ページはこちら

↓ ↓クリック ↓ ↓

 

こちらの記事は補助食品購入に際して参考になりますよ!
「すっきりフルーツ青汁でやせる」の罠?購入前に知るべき事とは?

 

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

太る油と太らない油がある!ダイエットには高品質オリーブオイルがおすすめとは?

太る油・太らない油とは? 「油は太る」と思いがちですが、油の種類によって成分はかなり違います。

記事を読む

ケトン体 食事法とは?糖質制限との違いは?その健康効果とは?

最近、よく見聞きする「ケトン体食事法」ですが、これって、糖質制限食とよく似ていますが、微妙に違います

記事を読む

脂質=悪者は誤解か?脂質エネルギー比の理想は?量より質が大切なわけは?

「脂質=悪者」は誤解か? 旧来の摂取カロリーを制限するダイエット法に毒されていると、「油脂(脂質)

記事を読む

自分の適正体重を知るには?ベスト体重とは?BMl 判定基準 (日本肥満学会)は?

ダイエットは本来、適正体重になるため、食べすぎている量を適量に戻し、本当の健康をつくることです。

記事を読む

乳製品のダイエット 効果は?食べ過ぎ防止とは?お肉のヨーグルト漬けは?

乳製品のダイエット 効果とは? 良質のたんばく質の供給に欠かせない乳製品は、多くのビタミンを含む優

記事を読む

ダイエット時、運動で体脂肪は減らない?運動の効果は?健康には?

「運動すればメラメラと脂肪が燃える!」と、過剰な期待をもってはいけない。 運動だけでは、期待してい

記事を読む

リバウンドの原因はストレスぎれで起こす過食?それを防止できるダイエットとは?

長年ダイエットをしてきた人なら、だれでもリバウンドの経験があると思います。 極端な食事制限の後

記事を読む

日本人の死因 ランキングは?メタボリックドミノとは?メタボ患者数は?

なぜ、ダイエットが必要なのでしょうか? それは、肥満が見た目がかっこ悪いだけでなく健康に重大な悪影

記事を読む

カロリー制限 ダイエットの停滞とは?リバウンドの理由は?カロリー計算の嘘とは? 

私が2型糖尿病予備軍と診断された時、病院から指導された肥満解消のための食事療法はカロリー制限によるも

記事を読む

肥満と姿勢の関係|肥満は姿勢の悪さが招く?姿勢を改善する方法は?

肥満と姿勢の関係は? 筋肉は、使わないでいると20代前半の早い時期から衰え始めます。 特に、

記事を読む

腸内細菌が健康に影響する!腸内環境を 良くするには?ビフィズス菌と乳酸菌の違いは?

腸というものは、私たちが自分でコントロールすることが可能な臓器です。

食事制限 ダイエットで痩せないわけは?腸内細菌と肥満や健康との関係は?

ダイエットは、女性の永遠のテーマですね。 また働き盛りの男性にと

老化を促す原因とは?老化スピードを遅らせるには?肉の老化防止効果 とは?

  既にご紹介しました以下の記事 熱中症予防の根

コレステロール値について|病気との関係は?適正値とは?高いことの影響は?

中高年になると、「コレステロール値が高いから肉は食べない」という方が多

たんばく質食品の中で肉が最良の理由|良質脂質と必須アミノ酸が全て摂れるから?

  中高年が老化を早めないためには、筋肉や骨のたんばく

→もっと見る

PAGE TOP ↑