タンパク質 不足の影響は?コレステロールって悪玉?不足するとどうなる?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

 

記事「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂っている女性は太らないとは?

でも説明してきたように、タンパク質は私たちが生きていくうえでもっとも重要な栄養素です。

毎日生まれ変わる細胞をつくる材料であり、もちろん、女性ホルモンにも使われています。

また、タンパク質を必要としているのは、体だけではありません。

ここでは、

  • タンパク質の脳への影響、
  • コレステロール=悪玉説 の真偽、
  • コレステロール不足の影響

をご紹介します。

タンパク質 不足の影響は?

 

感情や感覚のもととなる脳の神経伝達物質にも使われているため、タンパク質が不足すると、心の安定も失われてしまいます。

心にも体にも欠かせない栄養素だけに、必要な量は相当なもの。

しかも、運動をしたとき、頭を使ったとき、病気で薬を飲んだとき、ストレスを受けたときなど、普段より多くのタンパク質が消費されますから、その分より多く補給しなければなりません。

女性に多い野菜と肉を少しだけ」といった食生活では、十分なタンパク質をとるのはとうてい不可能です。

タンパク質が不足すると、体調を崩したり、肌がポロポロになるばかりか、心のバランスも崩してしまうので、毎日意識してたくさんとりたい栄養素です。

 

コレステロールって悪玉?

タンパク質をしっかりとると、コレステロールをつくることができます。

コレステロールって、体に悪いんじゃないの?」という声が聞こえてきそうですね。

でも、「肉や卵ばかり食べているとコレステロール値が高くなって、動脈硬化になる」という通説は、草食動物のウサギに卵を食べさせ続けたという、1913年のロシアにおける実験に基づいたたもの。

人間とウサギは、消化や代謝の仕組みが異なるため、今ではまったく意味がないことがわかっています。

参考記事⇒コレステロール神話の崩壊:悪玉説の嘘を支える利益構造とは?

 

コレステロールは、実は女性にとって欠かせないものです。

コレステロールこそが、女性ホルモンの材料になるからです。

 

コレステロールが 不足すると

血液中のコレステロール量が少ないと女性ホルモンの分泌も低下しますから、コレステロール値はむしろ低いほうが問題なのです。

また、ストレスに対抗するための副腎皮質ホルモンの材料でもありますから、不足すると元気を維持することができません。

実際、イライラやうつ症状に悩まされている方に多いのがコレステロール不足です。

また、最近では、「コレステロール値が高いほうが年をとってから認知症になりにくい」とも言われています。

 

 

コレステロールを上げるためにはタンパク質が重要です。

 

「コレステロール=悪」の思い込みは捨てて毎日の食事でタンパク質をどんどん取り入れ、女性ホルモン力をアップしていきましょう。

 

参考記事⇒コレステロール悪玉説は嘘? 脂質摂取基準では?動脈硬化 との因果関係は?

ダイエットアドバイザーのコメント

糖尿人である私は糖質制限による血糖コントロ―ルで糖尿病改善と同時に肥満も解消し精神面も安定し健康です。

タンパク質と脂質は肉、魚など食事でしっかり摂っており、ビタミン、ミネラルなど食事だけでは不十分になりがちな栄養素を補助食品を用いて補っています。

私が継続的に利用している補助食品は、大豆製品の中でも特に栄養価が高いスーパー発芽大豆大豆麺ソイドルとコラーゲン・プラセンター・セラミドも配合され美容効果が優れている「すっきりフルーツ青汁」です。

すっきりフルーツ青汁の公式ページはこちら

↓ ↓クリック ↓ ↓

 

こちらの記事は補助食品購入に際して参考になりますよ!
「すっきりフルーツ青汁でやせる」の罠?購入前に知るべき事とは?

 

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

関連記事

糖質制限時、調味料の糖質にも注意!マヨネーズは?マーガリンとバターは?

糖質制限ダイエット実践者にとって、ダイエット効果を上げるためには糖質含有量の多い食材を避けることが大

記事を読む

「もったいない」が太るもと!食べる量を減らすには?残す マナーとは?

「もったいない」が太るもと!とは 食べ物を粗末にしてはいけません。 しかし、もったいなからと

記事を読む

有酸素運動と無酸素運動のどっち?代謝を上げるには?筋肉を増やすには?

健康的にダイエットするには運動が欠かせませんが、 ひと口に運動といっても「有酸素運動」と「無酸素運

記事を読む

コーヒーに入れるなら砂糖よりミルク?清涼飲料水のカロリーに注意!

飲み物でなるべくカロリーを取らないのも、内臓脂肪を予防するポイントです。 たとえば、コーヒーや

記事を読む

セカンドミール効果と朝食の関係は?食後高血糖が昼食、夕食へと波及?改善するには?

前回は、糖質制限の共通の悩みに徹底的に向き合って開発された【糖質スリム】というサプリメントをご紹介し

記事を読む

ストレスでなぜ食べ過ぎる?満腹中枢と摂食中枢って?ストレス解消法のランキングは?

前回の記事「ストレスで太るのはなぜ?空腹でない食欲とは?過食を防止するには?」で 空腹でないのに食

記事を読む

アミノ酸が肥満を防ぐ!血糖を脂肪細胞に取り込むインスリンの作用を阻害する

糖質のみが血糖値を上げ、血管中の余分の血糖は肥満ホルモンと呼ばれるインスリンの働きによって、体内の脂

記事を読む

小太りの方が長生きって本当か?BMI判定の限界は?肥満の判定は体脂肪率で!とは?

あなたは、小太りくらいの方が長生きできるから・・・と思ってメタボを放置していませんか? 事実、

記事を読む

たんばく質食品の中で肉が最良の理由|良質脂質と必須アミノ酸が全て摂れるから?

  中高年が老化を早めないためには、筋肉や骨のたんばく質を減らさないことかポイントで

記事を読む

大麦若葉は栄養バランスを助ける長寿食材!Q&A、おすすめの青汁はコレ!

大麦若葉は栄養バランスを助ける長寿食材と言われています。 その理由は大麦若葉は栄養バランスをと

記事を読む

腸内環境を整える食事は?油抜きダイエットの弊害&良質の油を適量摂るとは?

女性の中には、頑間な便秘や下腹の張りなど、腸の調子が今ひとつすぐれない

カロリー制限では美しく痩せない!そのわけは?「酵素ダイエット」の方法とメリットとは?

「ダイエットをしているのに、なかなか体重が落ちない」と悩んでいる女性は

酵素阻害剤とは?薬は異物?薬剤師が薬を飲まないわけとは?

病気をよくするはずの薬が、あなたの体を悪くしているかもしれない。

すっきりフルーツ青汁は酵素サプリ?生酵素との違いは?もっとすっきり生酵素とは?

  すっきりフルーツ青汁って酵素サプリ? 酵素サプリとは

フルーツの糖分はダイエットにNG?牛乳でカルシウム補給は嘘?生野菜は体を冷やす?

「今まで何度もダイエットを試みているのに、なかなか成果が上がらない」

→もっと見る

PAGE TOP ↑