タンパク質 不足の影響は?コレステロールって悪玉?不足するとどうなる?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

 

記事「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂っている女性は太らないとは?

でも説明してきたように、タンパク質は私たちが生きていくうえでもっとも重要な栄養素です。

毎日生まれ変わる細胞をつくる材料であり、もちろん、女性ホルモンにも使われています。

また、タンパク質を必要としているのは、体だけではありません。

ここでは、

  • タンパク質の脳への影響、
  • コレステロール=悪玉説 の真偽、
  • コレステロール不足の影響

をご紹介します。

タンパク質 不足の影響は?

 

感情や感覚のもととなる脳の神経伝達物質にも使われているため、タンパク質が不足すると、心の安定も失われてしまいます。

心にも体にも欠かせない栄養素だけに、必要な量は相当なもの。

しかも、運動をしたとき、頭を使ったとき、病気で薬を飲んだとき、ストレスを受けたときなど、普段より多くのタンパク質が消費されますから、その分より多く補給しなければなりません。

女性に多い野菜と肉を少しだけ」といった食生活では、十分なタンパク質をとるのはとうてい不可能です。

タンパク質が不足すると、体調を崩したり、肌がポロポロになるばかりか、心のバランスも崩してしまうので、毎日意識してたくさんとりたい栄養素です。

 

コレステロールって悪玉?

タンパク質をしっかりとると、コレステロールをつくることができます。

コレステロールって、体に悪いんじゃないの?」という声が聞こえてきそうですね。

でも、「肉や卵ばかり食べているとコレステロール値が高くなって、動脈硬化になる」という通説は、草食動物のウサギに卵を食べさせ続けたという、1913年のロシアにおける実験に基づいたたもの。

人間とウサギは、消化や代謝の仕組みが異なるため、今ではまったく意味がないことがわかっています。

参考記事⇒コレステロール神話の崩壊:悪玉説の嘘を支える利益構造とは?

 

コレステロールは、実は女性にとって欠かせないものです。

コレステロールこそが、女性ホルモンの材料になるからです。

 

コレステロールが 不足すると

血液中のコレステロール量が少ないと女性ホルモンの分泌も低下しますから、コレステロール値はむしろ低いほうが問題なのです。

また、ストレスに対抗するための副腎皮質ホルモンの材料でもありますから、不足すると元気を維持することができません。

実際、イライラやうつ症状に悩まされている方に多いのがコレステロール不足です。

また、最近では、「コレステロール値が高いほうが年をとってから認知症になりにくい」とも言われています。

 

 

コレステロールを上げるためにはタンパク質が重要です。

 

「コレステロール=悪」の思い込みは捨てて毎日の食事でタンパク質をどんどん取り入れ、女性ホルモン力をアップしていきましょう。

 

参考記事⇒コレステロール悪玉説は嘘? 脂質摂取基準では?動脈硬化 との因果関係は?

ダイエットアドバイザーのコメント

糖尿人である私は糖質制限による血糖コントロ―ルで糖尿病改善と同時に肥満も解消し精神面も安定し健康です。

タンパク質と脂質は肉、魚など食事でしっかり摂っており、ビタミン、ミネラルなど食事だけでは不十分になりがちな栄養素を補助食品を用いて補っています。

私が継続的に利用している補助食品は、大豆製品の中でも特に栄養価が高いスーパー発芽大豆大豆麺ソイドルとコラーゲン・プラセンター・セラミドも配合され美容効果が優れている「すっきりフルーツ青汁」です。

すっきりフルーツ青汁の公式ページはこちら

↓ ↓クリック ↓ ↓

 

こちらの記事は補助食品購入に際して参考になりますよ!
「すっきりフルーツ青汁でやせる」の罠?購入前に知るべき事とは?

 

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

ケトン体の新しい定義とは?ブドウ糖とケトン体エンジンに関する考え方

前回、斉藤先生の著書「ケトジェニックダイエット」を参考にしてケトン体とケトン体回路についてご紹介しま

記事を読む

糖質制限では脂質=悪者は嘘?摂るべきおすすめの脂質とは?

糖質制限食では糖質の摂取減らし、脂質を効率的に使えるカラダにします。 従って、従来からの常識、脂質

記事を読む

DHAとEPAのダイエット効果は?タンパク質の効果は?「サバ缶」も効果的?

DHAとEPAのダイエット効果は? 昔の日本人の食卓では、主菜といえば、さんま、あじ、いわし、さば

記事を読む

炭水化物が多い 食事は太る?ダブル炭水化物は?とんかつ屋とそば屋では?

あっさりした食事のほうが太らないと思われがちですが、実はそうとは限りません。 あなたは、たとえ

記事を読む

糖新生の仕組みとは?糖質制限で活性化?メインのエネルギー源は脂肪とは?

糖質制限のダイエット効果の要因として、体脂肪が燃えやすくなることは前回、ご紹介しました。 今回

記事を読む

マーガリンよりバターが太らない!トランス脂肪酸は危険?ショートニングも?

かつては、「バターは動物性脂質、マーガリンは植物性脂質だから、マーガリンのほうが健康的」とされていま

記事を読む

炭水化物を食べても痩せる?血糖値の上昇を抑える食べ方、食べて良いもの悪いものは?

炭水化物を食べても痩せる食生活とは? 日本人の食生活はもともと、炭水化物が多い傾向にあります。

記事を読む

ダイエット時、運動で体脂肪は減らない?運動の効果は?健康には?

「運動すればメラメラと脂肪が燃える!」と、過剰な期待をもってはいけない。 運動だけでは、期待してい

記事を読む

ケトン体はいつから増加する?ダイエット効果をカロリー制限と比較すると?

今、本屋さんには、さまざまなダイエット方法を紹介する書籍が並んでいます。 しかし、そのほとんど

記事を読む

ココナッツオイルが老化防止に効果!酵素の活性低下を防ぐとは?

ケトン体が「元から人間が持っている抗酸化酵素を活性化」してくれるということが最近分かってきました。そ

記事を読む

腸内フローラの最適バランスとは?腸内細菌の数や種類は?善玉 悪玉 日和見とは?

  日本人の腸管は、成人で10メートル近くもの長さがあ

ラクトフェリン サプリの口コミ|ダイエット効果は?免疫力アップした?老化防止は?

健康的なスタイル美人になるため体の内側からスッキリを目指せるサプリとい

ラクトフェリン サプリの口コミ|「ラクトフェリン+乳酸菌」との出会いとその効果とは?

記事:ビフィズス菌の効能とは?乳酸菌との違いは?ビフィズス菌を増やす方

「ラクトフェリン+乳酸菌」の効果|ラクトフェリン、ビフイズス菌、フェカリス菌の相乗効果とは?

これまで、善玉菌、悪玉菌を含め、100兆個いるといわれる腸内の細菌の中

ビフィズス菌の効能とは?乳酸菌との違いは?ビフィズス菌を増やす方法とは?

日本で売り出されているヨーグルトは7500種類以上もあり、ビフィズス菌

→もっと見る

PAGE TOP ↑