油脂・脂肪酸の種類とは?どの油脂をどのようにとれば健康にいいのか?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

ここまで、栄養素として脂質の重要性と油脂全般についてご紹介してきました。

脂質は、体のエネルギーになり、また、細胞膜の材料にもなり血液をつくります。

ただ、だからといって単に油脂をとれば健康になれるわけではなく、世の中に出回っている油脂にはさまざまな危険が潜んでいるのです。

では、結局のところ、いったいどんな油脂を、どのようにとれば、私たちは健康になれるのでしょうか。

ここでは、すでにご紹介した記事を参照しつつ、再確認します。

油脂・脂肪酸の種類とは

まず、油脂・脂肪酸の種類と役割をざっとおさらいしてみましょう。

私たちがよく使う油脂は、単独の脂肪酸で構成されるのではなく、いくつかの脂肋酸が混ざり合って構成されています。

そして油脂の種類によって脂肪酸組成は大きく異なり、性質も大きく違います。

炭素同士の結合からは、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に大別することができます。

大まかにいえば、飽和脂肪酸が動物性油脂、不飽和脂肪酸が植物性油脂といっていいでしょう。

詳しくは下図と参考記事を参照してください。

参考記事:脂質・脂肪酸の種類と働きは?構造は?「脂質を食べたら太る」は大きな誤解とは?

植物性油脂は種類に注意!

オメガ3とオメガ6の最適比率は?

植物油は、まず脂肪酸の種類に注意します。

とくに現代人は例外なくオメガ6脂肪酸をとりすぎています。

植物油をとる際には、オメガ3脂肪酸の含有量の多い油をとるように心がけましょう。

なお、オメガ3とオメガ6の最適な比率は以下の記事でご紹介しています。

参考記事:リノール酸はとりすぎか?オメガ3とオメガ6の比率は?トランス脂肪酸は危険?

熱酸化しにくい植物性油脂 は

ただ、オメガ6もオメガ3も熱酸化しやすいので、加熱調理には適しません。

加熱する場合は、植物油のなかでは比較的熱に強いオメガ9がおすすめです。

なお、オメガ6をオメガ9に代えることで、オメガ3とオメガ6の比率が改善できるという効果もあります。

特に、オメガ9では、近年は地中海食で多用されているオリーブオイルが人気があります。

参考記事:オリーブオイルの人気の理由は?脂肪酸の組成は?特徴は?

また、質のいい油を選ぶことも重要です。

油は生鮮食品」をつねに念頭に、ペットボトル入りで安売りされているような油は、何であれ避けることが賢明です。

参考記事:糖質制限では脂質=悪者は嘘?摂るべきおすすめの脂質とは?

 

健康に良い油脂とは?

きれいな動物性油とは

動物性油脂は、とにかく、動物の育ち方が肝心です。

畜産肉、養殖魚であれば、遺伝子組換え飼料やホルモン剤、抗生物質を使わず、健康に育てられたもの

天然の魚やジビエなら、土壌汚染、海洋汚染が比較的少ない場所でとれたもの。

これらを、なるべく生に近い形で食べることで、きれいな動物性油脂に加えて、ビタミン、ミネラル、酵素なども一緒にとれます。

また、加工肉も畜産肉と同様、インターネットを駆使して、まず信頼できるメーカーを探しておけば、有害な化学添加物から身を守ることができます。

 

危険な植物性油脂は

前述のオメガ6脂肪酸をとりすぎの問題もありますが、リノール酸のとりすぎには注意が必要です。

また、トランス脂肪酸の危険性についてもご紹介しましたね。

参考記事:リノール酸はとりすぎか?オメガ3とオメガ6の比率はトランス脂肪酸は危険?

 

ダイエットアドバイザーのコメント

糖尿人である私は、糖質制限ダイエットで、血糖コントロールを継続中で、血糖値の正常域を保っていると同時に肥満も解消しています。

朝食と夕食では、糖質を控えるものの、タンパク質と脂質は肉、魚など食事でしっかり摂っており、食物繊維やビタミン、ミネラルなど食事だけでは不十分になりがちな栄養素を補助食品を用いて補っています。

私が料理に多用している油脂は、オリーブオイルとココナッツオイルです。
もちろん、トランス脂肪酸のマーガリンは止めてバターにしています。

そして毎朝、とっている補助食品は、コラーゲン・プラセンター・セラミドも配合され美容効果が優れている「すっきりフルーツ青汁」です。

すっきりフルーツ青汁の公式ページはこちら

↓ ↓クリック ↓ ↓

 

こちらの記事は補助食品購入に際して参考になりますよ!
「すっきりフルーツ青汁でやせる」の罠?購入前に知るべき事とは?

 

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

カロリー制限から糖質制限へ|糖尿病食事療法のパラダイムシフトとは?

ダイエットのための適切な食事療法は何かを考えるうえで、糖尿病の食事療法の歴史的な変遷を理解しておくこ

記事を読む

過剰な糖質が太りやすく、やせにくい体をつくる理由とは?

糖質の 摂り過ぎの現状 あなたの食事の糖質の量は? あなたは、きょう、朝食で何を食べましたか?

記事を読む

脳細胞はブドウ糖しか使えないの嘘!ケトン体回路が回るとは?

「糖質が切れると頭がフラフラしてしょうがない」と言い張る人がいます。 それは、「脳のエネルギー

記事を読む

チアシード ダイエットで痩せた?その効果は?食事メニューは?運動は?

necosさん 31歳女性 主婦 管理栄養士 身長151cm 私が痩せたいと思った動機は、友人

記事を読む

糖質の量を計算する方法は?糖質と糖類の違いに注意!糖分の定義はないとは?

糖尿病患者を対象とした糖質制限食では1回の食事につき、摂取する糖質を20グラム以内と設定しています。

記事を読む

大豆サポニンの効果とは?脂の酸化を抑え、肥満予防に適している理由?

6月になりました。ダイエットの季節です。 ダイエットの方法といえば、まずは食事制限。 でも、空腹

記事を読む

5大栄養素の役割とは?糖質の摂りすぎで太るメカニズムとは?

近年、ダイエットや健康に効果があることが認められて、実践する人が増えてきた糖質制限ダイエット。

記事を読む

ケトン体 食事法とは?糖質制限との違いは?その健康効果とは?

最近、よく見聞きする「ケトン体食事法」ですが、これって、糖質制限食とよく似ていますが、微妙に違います

記事を読む

油抜きダイエットの効果は?炭水化物 が体脂肪に変わる!低脂肪食で糖尿病が3倍に?

昼食にとんかつ定食をガッツリ食べて、夕食はフライドチキンやフライドポテトなどでビールを飲む。

記事を読む

ココナッツオイルが老化防止に効果!酵素の活性低下を防ぐとは?

ケトン体が「元から人間が持っている抗酸化酵素を活性化」してくれるということが最近分かってきました。そ

記事を読む

食事制限 ダイエットで痩せないわけは?腸内細菌と肥満や健康との関係は?

ダイエットは、女性の永遠のテーマですね。 また働き盛りの男性にと

老化を促す原因とは?老化スピードを遅らせるには?肉の老化防止効果 とは?

  既にご紹介しました以下の記事 熱中症予防の根

コレステロール値について|病気との関係は?適正値とは?高いことの影響は?

中高年になると、「コレステロール値が高いから肉は食べない」という方が多

たんばく質食品の中で肉が最良の理由|良質脂質と必須アミノ酸が全て摂れるから?

  中高年が老化を早めないためには、筋肉や骨のたんばく

肥満と腸内細菌の深い関係とは?マウス実験の論文では?肥満を解消できる?

太るよりはやせたい、やせてカッコよく、きれいにみせたいという人が、とく

→もっと見る

PAGE TOP ↑