トランス脂肪酸が日本で溢れる理由?見分け方は?不自然な食品とは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

前回ご紹介した記事

油脂・脂肪酸の種類とは?どの油脂をどのようにとれば健康にいいのか

では、色々ある油の種類の内、特にトランス脂肪酸の危険性についご紹介してきました。

トランス脂肪酸は、欧米では厳しく規制されてきました。

欧米のみならず、最近では、オーストラリアやシンガポール、韓国、台湾、そして中国、香港でも、使用を禁正したり、表示を義務付けたりなど規制が強まっています。

ここでは、以下の点についてご紹介します。

  • トランス脂肪酸が日本で溢れている理由
  • トランス脂肪酸の見分け方
  • 不自然な食品には注意すべきこと

トランス脂肪酸が日本で溢れる理由は?

トランス脂肪酸は日本では野放し

トランス脂肪酸の害から人々を守ることは、今や世界的な動きになっているといっていいでしょう。

そんな流れのなか、さしたる規制がなく、トランス脂肪酸が半ば野放しになっているのは、日本くらいではないでしょうか。

一時期、日本でも規制の動きが起こったものの、いつの間にかうやむやになって立ち消えになってしまいました。

国内でも規制の動きが生じたことで、多少、油脂産業側で自浄作用が働いた部分もあったかもしれません。

 

トランス脂肪酸は便利な油

ただ、トランス脂肪酸は、安く大量生産できる油です。

おまけに食べ物が傷みにくくなり、いつまでも 「できたて」 のような食感を保つことができます。

有害性を不問にすれば、食品産業にとって、これほど便利な油はありません。

規制によって罰せられないのをいいことに、利益を最優先」という企業が多くても、不思議はないでしょう。

 

トランス脂肪酸 見分け方とは?

国の規制に頼れない以上は、自分で自分の身を守るしかありません。

実際、ちょっと食品の表示に気をつけるだけでも、トランス脂肪酸が身近に溢れていることがわかるはずです。

トランス脂肪酸の表示は?

といっても、親切に 「トランス脂肪酸」 と書かれているわけではありません。

代表的なのは 「ファットスプレッド」 「ショートニング」 「水素化油脂」といった表示です。

植物油」「植物油脂」などの表示もよく見かけますが、こういうぼんやりした表示にも、気をつけたほうがいいでしょう。

マーガリンはもちろん、マヨネーズ、スナック菓子、クッキーやケーキ、油揚げや厚揚げ、アイスクリーム、おせんべいなどの米菓子類…‥・。

食品の保存期間を延ばし、食感をよくするトランス脂肪酸は、一見、油を使っていないように見える食品にまで、使われている場合もあるのです。

パッケージの表示を必ず見ることを、習慣づけてみてください。

出来合いの揚げ物にも要注意

もちろん、出来合いの揚げ物にも要注意です。

高熱で加熱されることで、トランス脂肪酸と化した植物油が使われている可能性が高いでしょう。

 

ファストフードのポテトやナゲット、インスタントラーメンなどにいたっては、油以前の問題といったほうがいいかもしれません。

原材料からして怪しく、食品添加物も満戦。

そのうえトランス脂肪酸で揚げているとくれば、論外です。

 

不自然な食品に注意!とは?

そもそも、時間が経っても傷まず、サクサク、カリカリの食感であること自体、おかしいと見るべきです。

実際、家で作った掲げ物やクッキーは、少し時間が経っただけでも湿気ってしまいますよね。

それが自然の姿なのですから、いつまでもサクサク、カリカリのものは 不自然 と考えるのが当然ではないでしょうか。

食品の表示には、もちろん気をつける。

これは最低限の意識、行動です。

そもそも表示がどうあれ、どう考えても不自然なものは買わないようにすることが、自分や家族の身を守るために大切です。

ダイエットアドバイザーのコメント

糖尿人である私は、糖質制限ダイエットで、血糖値の正常域を保っていると同時に肥満も解消しています。

朝食と夕食では、糖質を控えるものの、タンパク質と脂質は肉、魚など食事でしっかり摂っており、食物繊維やビタミン、ミネラルなど食事だけでは不十分になりがちな栄養素を補助食品「すっきりフルーツ青汁で補っています。

食品の表示では糖質含有量に注意し、同時に不自然なものも買わないようにしています。
私が料理に多用している油脂は、オリーブオイルとココナッツオイルです。
もちろん、トランス脂肪酸のマーガリンは止めてバターにしています。

とはいえ、100%トランス脂肪酸をシャットアウトするほど神経質になるのではなく、70点ぐらいで良しとしています。
おいしそうな出来合いの揚げ物があれば時には買って食べています。

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

太る油と太らない油がある!ダイエットには高品質オリーブオイルがおすすめとは?

太る油・太らない油とは? 「油は太る」と思いがちですが、油の種類によって成分はかなり違います。

記事を読む

血糖値・ブドウ糖負荷試験とは?「食後高血糖」が危険?朝食で血糖値を上げない方法は?

あなたはどんな朝食を食べていますか? 忙しい現代人、朝は毎日、パンとコーヒーという人も多いと思

記事を読む

カロリーに対する栄養学の変化は?ロカボ食とは?ゆるい糖質制限の効果は?

ロカボは北里大学北里研究所病院糖尿病センター長の山田悟先生が提唱している糖質制限食の一種です。

記事を読む

タンパク質 不足の影響は?コレステロールって悪玉?不足するとどうなる?

  記事「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂っている女性は太らないとは?

記事を読む

油抜きダイエットの効果は?炭水化物 が体脂肪に変わる!低脂肪食で糖尿病が3倍に?

昼食にとんかつ定食をガッツリ食べて、夕食はフライドチキンやフライドポテトなどでビールを飲む。

記事を読む

 ケトン体の健康効果は?「ケトン体が増えると危険」の誤解とは?

糖質制限をすると脂質から代謝される「ケトン体」が増えて、エネルギー源として使われるようになります。

記事を読む

動物性油脂=不健康 説の根拠は?「植物性油脂の方が健康に良い」に疑問あり?

脂質・脂肪酸の種類と働きについては既に、以下の記事で確認し「脂質を食べたら太る」が大きな誤解であるこ

記事を読む

脂質=悪者は誤解か?脂質エネルギー比の理想は?量より質が大切なわけは?

「脂質=悪者」は誤解か? 旧来の摂取カロリーを制限するダイエット法に毒されていると、「油脂(脂質)

記事を読む

チアシード ダイエットで痩せた?その効果は?食事メニューは?運動は?

necosさん 31歳女性 主婦 管理栄養士 身長151cm 私が痩せたいと思った動機は、友人

記事を読む

ITの進化がストレスの原因とは?眼精疲労に効く栄養は?サプリのおすすめは?

「綺麗に痩せる」ためのダイエットでは、まず、健康な体を維持することが大前提です。 そのためには

記事を読む

腸内細菌が健康に影響する!腸内環境を 良くするには?ビフィズス菌と乳酸菌の違いは?

腸というものは、私たちが自分でコントロールすることが可能な臓器です。

食事制限 ダイエットで痩せないわけは?腸内細菌と肥満や健康との関係は?

ダイエットは、女性の永遠のテーマですね。 また働き盛りの男性にと

老化を促す原因とは?老化スピードを遅らせるには?肉の老化防止効果 とは?

  既にご紹介しました以下の記事 熱中症予防の根

コレステロール値について|病気との関係は?適正値とは?高いことの影響は?

中高年になると、「コレステロール値が高いから肉は食べない」という方が多

たんばく質食品の中で肉が最良の理由|良質脂質と必須アミノ酸が全て摂れるから?

  中高年が老化を早めないためには、筋肉や骨のたんばく

→もっと見る

PAGE TOP ↑