ビフィズス菌の効能とは?乳酸菌との違いは?ビフィズス菌を増やす方法とは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

日本で売り出されているヨーグルトは7500種類以上もあり、ビフィズス菌など、さまざまな菌が入っていることをうたっています。

ダイエットなど美容や健康、あるいは老化防止のためには、腸内環境を整えることが大切なことはこれまでご紹介してきました。

そして、記事 善玉菌の代表 乳酸菌の効果は?摂取法は?すっきりフルーツ青汁には?

では、善玉菌、悪玉菌を含め、100兆個いるといわれる腸内の細菌の中でも善玉菌の代表選手として、乳酸菌の健康への役立ちを確認しました。

今回は、同じく善玉菌であるビフィズス菌について、効能と乳酸菌との違いを確認し、ビフィズス菌を増やす効果的な方法をご紹介します。

ビフィズス菌の効能とは?

腸内フローラのバランスを良くするには

人間の腸の中には、数百種類、数百兆個以上の細菌がすんでいると言われています。

腸が元気で健康ならば、腸内フローラは人の体にいい影響を及ぼす善玉菌20%、腐敗産物を作り出す悪玉菌10%、腸内で優位な菌の味方につく日和見菌70%の割合を保っています。

ところが、現代人の日常は、不規則な生活、過度のストレス、抗生物質の服用、脂肪(肉食)の多い食事など、腸内フローラのバランスを崩す要素であふれています。

そこで、ヨーグルトなどを摂ることで、意識的に善玉菌である乳酸菌やビフィズス菌が減少しないように心がける必要があるのです。

言い換えれば、ビフィズス菌の効能とは腸内フローラのバランスを整え、腸を元気にし健康にすることといえるでしょう。

年齢による体内のビフィズス菌の変化は

ビフィズス菌は、1899年にパスツール研究所のティシエ博士によって授乳期の赤ちゃんの便から発見されました。

一般的に、出生直後の赤ちゃんの腸内には、菌がまったく生息していませんが、1週間後ごには赤ちゃんの腸内のほとんどがビフィズス菌で占められます。

母乳を飲んでいる頃の赤ちゃんが便通障害と無縁と言われているのは、ビフィズス菌によって腸が守られているからなのです。

その後、離乳が始まる頃からビフィズス菌は徐々に減少し始め、成年期には安定するものの、加齢(腸の老化)とともに再び減少していきます


善玉菌であるビフィズス菌が減少すると悪玉菌が増加し、アンモニアなどの腐敗産物が増加することにつながります。

従って、高齢になるほどに、ビフィズス菌の必要性が高まることがわかりますね。

乳酸菌とビフィズス菌の違いは

既にご紹介した乳酸菌は、ビフィズス菌が棲みやすい環境をつくる重要な働きがありますが、ビフィズス菌の最大の特徴は、人の腸内に最も多くすんでいる有用な菌だということです。

乳酸菌の数は、ビフィズス菌の約1万分の1から100分の1以下しかありません。

乳酸菌は糖を分解して乳酸を作りますが、ビフィズス菌は乳酸以外にも酢酸を作り出し、腸内を酸性にして腸内環境を改善します。

また、ビフィズス菌は、酸素があると生育できない(偏性嫌気性)のですが、乳酸菌は酸素があっても生育できる(通性嫌気性)と言われています。

ビフィズス菌を増やす方法とは

ビフィズス菌を増やすには?

ビフィズス菌は、生体内で増加させることがむずかしいので、不足分は外から取り入れる必要があります。

日本では、ビフィズス菌製剤であるビオフェルミンRなどが大正時代から開発生産されています。

また、ビフィズス菌の栄養分となるオリゴ糖も、甘味料の一種として広く知られるようになりました。

従って、ビフィズス菌を増やすには

ビフィズス菌製剤やビフィズス菌含有ヨーグルト、オリゴ糖を上手に日常生活に取り入れていくことが大切です。

ビフィズス菌が増える効果は?

それにより、腸内環境をよくし、腸の老化を防ぐ事に役立つからです。

また、腸内環境がよくなれば、シミ、シワなど肌トラブルの解消によい効果をもたらし、見た目の改善にもつながることがわかっています。

なお、腸内環境がよくなれば改善できる体の不調については、次の記事でもご紹介しています。

参考記事:腸内環境が悪いと便秘になり太る?改善でダイエットできる?改善に良い食品は?

ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌 とは?

@ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌@は以下の特徴があり

ダイエットに対して、「キツイ食事制限」「ハードな運動」「疲れもストレスも溜まってイライラ!!」と感じている方にもおすすめ!です。

★「生乳由来のラクトフェリン300mg」と「二種類の乳酸菌(ビフィズス菌フェカリス菌」が2粒で摂取することができます!

なお、ラクトフェリンにはビフィズス菌増殖促進のはたらきがあり、大腸内のビフィズス菌などの善玉菌を増やし、悪玉菌を減らして腸内細菌のバランスを調整して腸内環境を整えると言われています。

★「いつもスッキリしていたい」「ツヤやキメに憧れている」
「生活習慣が乱れがち」「食生活が偏りがち」「健康を維持したい」
などなど様々な方々にお試ししていただけます!

詳しくはこちら

↓↓ クリック ↓↓

バナー原稿imp

ラクトフェリン+乳酸菌 サプリの効果は?

ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌 サプリの効果についてはこちらでご紹介中です。

「ラクトフェリン+乳酸菌」の効果|ラクトフェリン、ビフイズス菌、フェカリス菌の相乗効果とは?

また、ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌 サプリがストレス対策に有効であることもご紹介中です。

 

 

ストレスに強い人とは? ストレスの解消法は?ストレス対策に効くサプリとは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

入浴のストレス解消効果は?効果的な温度は?ダイエット効果を高めるには?

入浴のストレス解消効果は? 毎日忙しいからといって、シャワーだけですましている人もいるようです。

記事を読む

ラクトフェリン サプリの口コミ|「ラクトフェリン+乳酸菌」との出会いとその効果とは?

記事:ビフィズス菌の効能とは?乳酸菌との違いは?ビフィズス菌を増やす方法とは? では、ビフィズス菌

記事を読む

たるみ対策が必要なわけは?40代のたるみの3つの原因と改善方法は?

たるみ対策が必要なわけは? 40代からのダイエットはただ体重を落とすだけでは不十分です。 筋

記事を読む

テロメアって命の回数券?活性酸素の悪影響を減らし寿命を延ばすには?

本来、人間には125歳まで元気に生き続ける遺伝子が備わっているということをご存知でしょうか。

記事を読む

食べる量が減ったのに太るわけは?朝食抜きが肥満の原因?時間 栄養学への変化とは?

飽食の時代といわれる現代ですが、実は以前に比べて食べる量が減っているという事実をご存じでしょぅか?

記事を読む

早食い防止法|噛む回数が少ない食材、多い食材は?噛む回数を増やすには?

早食いは満腹になりにくく、血糖値の上昇が早いので、「ゆっくり時間をかけて食べたほうがよい」とよく言わ

記事を読む

ストレスに強い人とは? ストレスの解消法は?ストレス対策に効くサプリとは?

既にご紹介しました記事、 ⇒ストレスの弊害は?食欲との関係は?ダイエットの最大の敵とは?

記事を読む

肥満と腸内細菌の深い関係とは?マウス実験の論文では?肥満を解消できる?

太るよりはやせたい、やせてカッコよく、きれいにみせたいという人が、とくに女性には多いと思います。

記事を読む

便秘は腸内環境悪化のサイン!腸内細菌の数や種類は?腸内フローラとは?

あなたは、1000兆個という膨大な数字をイメージできますか? 実は、コレは最近わかってきた人の

記事を読む

「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂っている女性は太らないとは?

毎年新しいダイエット法が話題になります。 テレビなどでは、「たった3日で、◎キロ減! ウエスト

記事を読む

腸内細菌が健康に影響する!腸内環境を 良くするには?ビフィズス菌と乳酸菌の違いは?

腸というものは、私たちが自分でコントロールすることが可能な臓器です。

食事制限 ダイエットで痩せないわけは?腸内細菌と肥満や健康との関係は?

ダイエットは、女性の永遠のテーマですね。 また働き盛りの男性にと

老化を促す原因とは?老化スピードを遅らせるには?肉の老化防止効果 とは?

  既にご紹介しました以下の記事 熱中症予防の根

コレステロール値について|病気との関係は?適正値とは?高いことの影響は?

中高年になると、「コレステロール値が高いから肉は食べない」という方が多

たんばく質食品の中で肉が最良の理由|良質脂質と必須アミノ酸が全て摂れるから?

  中高年が老化を早めないためには、筋肉や骨のたんばく

→もっと見る

PAGE TOP ↑