「ラクトフェリン+乳酸菌」の効果|ラクトフェリン、ビフイズス菌、フェカリス菌の相乗効果とは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

これまで、善玉菌、悪玉菌を含め、100兆個いるといわれる腸内の細菌の中でも善玉菌の代表選手として、乳酸菌とビフィズス菌の健康効果を確認しました。

そして、ビフィズス菌を増やす効果的な方法としてサプリメント「ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌」をご紹介しました。

ここでは、「ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌」に含まれている三つの成分「ラクトフェリン」、「ビフィズス菌」、「フェカリス菌」の相乗効果により、腸内環境が改善されることをご紹介します。

バナー原稿imp

乳酸菌とビフイズス菌の関係は?

乳酸菌とビフイズス菌、どちらも善玉菌の代表格です。

乳酸菌とビフィズス菌はよく同じ物として扱われますが、下図で示すように全く別物の善玉菌です。

乳酸箇の特徴と効果は?

乳酸菌の特徴と効果
乳酸菌は、糖を発酵させ、その発酵物に対して50%以上の乳酸を作り出す細菌の総称です。

酸素があっても生育できるので、植物の表面や人間・動物の体内、食品中と自然界に広く生息しており、何百種類も存在すると言われています。
(※発酵:糖類を分解し人間に有効な菌を生み出すこと)

人間の腸内では、主にビフィズス菌が生息しやすい環境を作る役割を担い、悪玉菌が増えにくい環境作りに役立っています。
食品などで補給された乳酸菌は、残念ながら一週間以内には体外に排出されてしまうそうです。

そのため、常に不足しないように補給する必要があります。

ビフィズス菌の特徴と効果は?

ビフィズス菌の特徴と効果
ビフィズス菌は、糖を発酵して、「乳酸」と「酢酸」を作り出す細菌の総称です。

乳酸菌と違って酸素を嫌うため、人間・動物の腸内に生息しています。

人間の腸内には、1兆~10兆個ものビフィズス菌が存在していて、善玉菌の99%以上を占めています。 しかし、ビフィズス菌は加齢やストレスで減少する特徴があります。

ビフィズス菌が減少してしまうと、腸内フローラがバランスを崩して腸が不調に陥ってしまいます。

ビフィズス菌の減少をなるべく最小限に抑えるには、食品やサプリメントから乳酸菌やビフィズス菌の善玉菌を摂り、腸内フローラのバランスを良好に保つ必要があるのです。

新型乳酸菌「フェカリス菌」の効果とは?

フェカリス菌の効果
今、人間の体内で発見された乳酸菌の一種、「フェカリス菌」が注目されています。

従来の乳酸菌は「生きている状態」でないと意味がないと言われていました。

しかし、フェカリス菌は「死滅状態(加熱処理しても)でも有効にはたらくことが分かったのです。

加熱殺菌が可能なので、さまざまな食品に利用でき、常温保存しやすいなどのメリットがあります。

また、他の乳酸菌に比べて超微粒子なので、一度で大量の菌を摂取でき、増殖が速いという特徴があります

整腸作用の他に、免疫力を高めたり、アレルギーを緩和させたりするはたらきがあると言われています。

 

ラクトフェリン+乳酸菌 サプリの効果とは?

高品質のラクトフェリンサプリとは

ビフィズス菌とフェカリス菌の両方を効率よく摂取できるサプリメントがあります。

それが前回の記事 ビフィズス菌の効能とは?乳酸菌との違いは?ビフィズス菌を増やす方法とは?

でもご紹介した「ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌」です。

「ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌」2粒で「生乳由来のラクトフェリン300mg」、「ビフィズス菌10億個」、「フェカリス菌200億個」も摂取することができるからです。

なお、ラクトフェリンにはビフィズス菌増殖促進のはたらきがあり、大腸内のビフィズス菌などの善玉菌を増やし、悪玉菌を減らして腸内細菌のバランスを調整して腸内環境を整えると言われています。

つまり、これら、ラクトフェリン、ビフィズス菌、フェカリス菌の相乗効果が働くことで整腸効果が高まるのです。

 

「ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌」の効果(まとめ)

  • 健康的なスタイル美人になるため体の内側からスッキリを目指せます!
  • 高品質ラクトフェリン300mg配合のラクトフェリンサプリです。
  • 注目成分であるフェカリス菌+ビフィズス菌も配合!
  • 耐酸性カプセル採用でカラダにしっかり届きます!
  • ビフィズス菌→善玉菌により、悪玉菌が増えにくい環境を作れます!
  • フェカリス→新型乳酸菌、超微粒子で一度に多く摂取できます!
  • さらにオリゴ糖がビフィズス菌の餌になるため効率よくビフィズス菌を摂取でます!
  • 胃酸に負けない耐酸性カプセルにより胃酸で溶けずしっかり体に届きます!

特に、ダイエットに対して、「キツイ食事制限」「ハードな運動」「疲れもストレスも溜まってイライラ!!」と感じている方にもおすすめ!です。

「ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌」の公式ページははこちら

↓↓ クリック ↓↓

バナー原稿imp

 

なお、ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌 サプリがストレス対策に有効であることについてはこちらでご紹介中です。

 

 

ストレスに強い人とは? ストレスの解消法は?ストレス対策に効くサプリとは?

また、ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌 サプリの口コミについてもご紹介中です。

ラクトフェリン サプリの口コミ|「ラクトフェリン+乳酸菌」との出会いとその効果とは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

善玉菌だけでは健康になれない?日和見菌を増やす納豆のネバネバ 効果とは?

  前回は日本の伝統食である味噌に含まれる善玉菌による健康効果についてご紹介しました

記事を読む

テロメアって命の回数券?活性酸素の悪影響を減らし寿命を延ばすには?

本来、人間には125歳まで元気に生き続ける遺伝子が備わっているということをご存知でしょうか。

記事を読む

ラクトフェリン サプリの口コミ|「ラクトフェリン+乳酸菌」との出会いとその効果とは?

記事:ビフィズス菌の効能とは?乳酸菌との違いは?ビフィズス菌を増やす方法とは? では、ビフィズス菌

記事を読む

食事制限 ダイエットで痩せないわけは?腸内細菌と肥満や健康との関係は?

ダイエットは、女性の永遠のテーマですね。 また働き盛りの男性にとってもメタボ解消は関心が高いで

記事を読む

コラーゲンは摂取しても意味ない?アミノ酸が豊富なコラーゲンペプチドの効果とは?

お肌や関節軟骨などに効果があると言われるコラーゲンですが、最近、「口から摂取してもそのままでは吸収さ

記事を読む

ビフィズス菌の効能とは?乳酸菌との違いは?ビフィズス菌を増やす方法とは?

日本で売り出されているヨーグルトは7500種類以上もあり、ビフィズス菌など、さまざまな菌が入っている

記事を読む

腸内環境が悪いと便秘になり太る?改善でダイエットできる?改善に良い食品は?

ダイエットといえば、カロリーを抑えることや脂肪を減らすことばかりが注目されてきましたが、近年、腸内環

記事を読む

肥満と腸内細菌の深い関係とは?マウス実験の論文では?肥満を解消できる?

太るよりはやせたい、やせてカッコよく、きれいにみせたいという人が、とくに女性には多いと思います。

記事を読む

「モリチン」の乱れが便秘の原因?改善する方法は?胃腸のホルモンの種類は?

  前回の記事 『デトックスのダイエット 効果は?メンタル的には?便秘解消が1

記事を読む

乳製品のダイエット 効果は?食べ過ぎ防止とは?お肉のヨーグルト漬けは?

乳製品のダイエット 効果とは? 良質のたんばく質の供給に欠かせない乳製品は、多くのビタミンを含む優

記事を読む

腸内細菌が健康に影響する!腸内環境を 良くするには?ビフィズス菌と乳酸菌の違いは?

腸というものは、私たちが自分でコントロールすることが可能な臓器です。

食事制限 ダイエットで痩せないわけは?腸内細菌と肥満や健康との関係は?

ダイエットは、女性の永遠のテーマですね。 また働き盛りの男性にと

老化を促す原因とは?老化スピードを遅らせるには?肉の老化防止効果 とは?

  既にご紹介しました以下の記事 熱中症予防の根

コレステロール値について|病気との関係は?適正値とは?高いことの影響は?

中高年になると、「コレステロール値が高いから肉は食べない」という方が多

たんばく質食品の中で肉が最良の理由|良質脂質と必須アミノ酸が全て摂れるから?

  中高年が老化を早めないためには、筋肉や骨のたんばく

→もっと見る

PAGE TOP ↑