腸内フローラの最適バランスとは?腸内細菌の数や種類は?善玉 悪玉 日和見とは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

 

日本人の腸管は、成人で10メートル近くもの長さがあり、広げればテニスコート一面分にもなります。

そこには、さまざまな腸内細菌が集合体を作って生息しています。

その姿は、花畑のように色鮮やかであることから、腸内フローラと呼ばれています。

なお、腸内フローラーの状態がダイエットに関係していることは以下の記事でもご紹介しました。

腸内フローラとは?肥満人の腸内細菌をマウスに移植したら?肥満を改善するには?

今回は、腸内フローラの理想のバランスについてご紹介します。

腸内細菌の数や種類は?

腸内フローラの美しさは、腸内細菌たちの縄張り意識の強さが作り出すものともいえます。

腸内細菌は、体に悪さをする菌が入り込んでくると、その侵入を防ごうと攻撃するのです。

腸は「内なる外」です、食べたものや病原菌が体内に吸収されるのは、腸からです。

病原菌が腸内細菌に排除されれば、病原菌が腸から侵入して体内に回ることはありません。

このように、病原菌などの異物から体を守る免疫システムは、腸内フローラとの密接な連携によって活性化しています。

腸内細菌の集合体は、成人で1000種類以上あり、そこには1000兆個以上の細菌類がいると推測されています。

 

重さにすると、なんと1~2キログラムにもなります。

 

腸内細菌の 善玉 悪玉 日和見とは?

それらの腸内細菌は、主に3つのタイプにわけられます。

それがよく聞く「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」です。


「善玉菌を増やして、悪玉菌を退治しよう」などという宣伝文句を見かけることがありますが、これは間違いです。

善玉菌、悪主菌という呼び名は、人間が便宜上つけたもので、悪玉菌も腸内にて非常に重要な役割を担っているからです。

腸管にとって重要なのは、善玉菌と悪玉菌と日和見菌のバランスです。

善玉菌ががんばって働くには、悪玉菌の助けが必要です。

ただし、悪主菌が増えてしまうと、善玉菌は減ってしまいます。

善玉菌が多くなれば腸は若々しさを保ちますが、善玉菌が勢力を拡大すると腸は老化し、免疫力も低下するのです。

日和見菌は、勢力の優勢なほうにつき、免疫力が落ちてくると体に悪いことを始めます。

腸内フローラ の最適なバランスとは?

 

腸内フローラの理想の状態とは、「善玉菌はいっぱい、日和見菌はほとほと、悪玉菌は少々」というバランスです。

 

このバランスが保たれているときこそ、免疫力は最も強化され、病原菌に負けない体を築くことができるのです。

 

なお、腸内フローラの最適バランスについては以下の記事でもご紹介しています。

便秘は腸内環境悪化のサイン!腸内細菌の数や種類は?腸内フローラとは?

 

健康的なスタイル美人になるため腸内フローラのバランスを改善するためのサプリ

「ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌」の公式ページははこちら

↓↓ クリック ↓↓

バナー原稿imp

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

乳製品のダイエット 効果は?食べ過ぎ防止とは?お肉のヨーグルト漬けは?

乳製品のダイエット 効果とは? 良質のたんばく質の供給に欠かせない乳製品は、多くのビタミンを含む優

記事を読む

腸内環境の悪化で起こる異常とは?便秘、肌荒れ、肥満になる?

腸内環境を整えることは便秘を解消して肥満や肌荒れを防ぐだけではなく、私たちの健康に大きく関わっている

記事を読む

食物繊維の便秘解消 理由は?サラダよりも加熱処理してたっぷり食べよう!

腸をスッキリさせるためには、食物繊維は欠かせません。 以前の記事 食物繊維の多い食品にダ

記事を読む

ラクトフェリン サプリの口コミ|ダイエット効果は?免疫力アップした?老化防止は?

健康的なスタイル美人になるため体の内側からスッキリを目指せるサプリというキャッチフレーズの「ホコ二コ

記事を読む

腸内細菌のバランスを整えるポイントは?発酵食 味噌の効果とは?

近年、腸内細菌に関する研究がさまざまな分野で、多くの研究者によって進められるようになったきました。

記事を読む

便秘&下痢対策|腸内環境を改善する栄養素は?食物繊維の種類と効果は?

前回の記事 肌荒れの原因と対策は生活習慣にある?ビタミンBやミネラルなどの効果は? では肌荒れ

記事を読む

糖質オフ レシピで何を食べる?活性酸素を抑える腸内細菌は野菜を摂ると増える?

既にご紹介した記事  40代までは炭水化物を!ミトコンドリアエンジンで50代以降の老化を遅らせるに

記事を読む

「モリチン」の乱れが便秘の原因?改善する方法は?胃腸のホルモンの種類は?

  前回の記事 『デトックスのダイエット 効果は?メンタル的には?便秘解消が1

記事を読む

腸内フローラとは?肥満人の腸内細菌をマウスに移植したら?肥満を改善するには?

最近、「腸内フローラ」という言葉を、よく耳にされると思います。 このブログのでも、以下の記事で

記事を読む

ビフィズス菌の効能とは?乳酸菌との違いは?ビフィズス菌を増やす方法とは?

日本で売り出されているヨーグルトは7500種類以上もあり、ビフィズス菌など、さまざまな菌が入っている

記事を読む

加齢につれ不足する栄養素:肉の健康的な食べ方・血糖値の上昇を抑える食べる順序は?

以下の記事でもお伝えしましたが、私たちの体は、若い時期の「子作りのため

ヨーグルトって整腸 効果なし?あり?プロバイオテイクス+プレバイオテイクスの効果とは?

私は毎朝、100gぐらいのヨーグルトを食べています。 ヨーグルト

善玉菌だけでは健康になれない?日和見菌を増やす納豆のネバネバ 効果とは?

  前回は日本の伝統食である味噌に含まれる善玉菌による

腸内細菌のバランスを整えるポイントは?発酵食 味噌の効果とは?

近年、腸内細菌に関する研究がさまざまな分野で、多くの研究者によって進め

腸内細菌でうつを治療できる?タンパク質を合成する?健康への影響は?

年々深刻化しているうつ病。 日本ではその患者数が増え続け、毎年3

→もっと見る

  • 乳酸菌は年齢と共に減少しますので、『腸内フローラ』善玉菌・悪玉菌のバランスを保つのは年々難しくなってきます。
    女神フローラは40代以降の方の不安を安全にサポートする強い味方です。
      ↓ ↓ 詳しくはこちら ↓ ↓

PAGE TOP ↑