人間のエネルギー源は解糖エンジンからミトコンドリアエンジンへの移行するとは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

車は、ガソリンをのエネルギー源として動きますが、私達、人間の体は何をエネルギー源として動いているのでしょうか?

近年、人の細胞内にエネルギーを産出する正と副の2種類のエンジンが有ることがわかってきました。

そして、人が年齢を経るに従いこの正と副の2種類のエンジンは入れ変わって行くのです。

ここでは、それ故、人は年齢とともにエンジンの燃料となる「食生活」を大きく転換する必要があることをご紹介します。

人間のエネルギー源とは

車のエンジンはガソリンを燃焼し動きますが、人間のエネルギー源は何でしょうか?

人間の筋肉を動かすにはやっぱりガソリンのようなものがいるのでしょうか?

私たちが話したり、歩いたり、考えたりできるのは、酸素や食べ物などを収り込み、体内でエネルギーを作っているからです。

実は、人間のエネルギーを生成するエンジンは、2種類あります。

2種類のエンジンとは、「解糖エンジン」 と 「ミトコンドリアエンジン」 といいます。

解糖エンジンからミトコンドリアエンジンへの移行とは?

2種類のエンジンとは?

解糖エンジン」 は、糖分を燃料としてエネルギーを作るエンジンです。

主に炭水化物を糖に変え、瞬発力のある動きをしたり、皮膚や粘膜、骨髄の細胞の材料を作り出します。

もう一つの 「ミトコンドリアエンジン」 は、酵素を燃料としてエネルギーを作り出します。

こちらは、瞬発力は弱いのですが、持続力に優れ、心臓や脳の神経細胞など、持続してエネルギーの必要な部位への供給を担当しています。

このように、人間の体は、2つの異なるエンジンからなる、ハイブリッドエンジンを搭載していたのです。

「食生活」を大きく転換する必要性とは?

このハイブリッドエンジンは、同時に働くものですが、メインとサブに分かれており、ある年齢を境にメインが入れ替わるとということがわかりました。

つまり、若いときには 「解糖エンジン」 がメインで働いていますが、やがて「ミトコンドリアエンジン」へと移行するのです。

この「解糖エンジン」から「ミトコンドリアエンジン」に切り替わる時期が、だいたい50歳なのです。

ですから私たちは、50歳になったら、エンジンの燃料となる「食生活」を大きく転換する必要があるのです。

2つのエンジンの比較(まとめ)

2種類のエネルギー工場とは?

人の体は約60兆個細胞でできていると言われます。

私たちの体は、食べ物の栄養素や呼吸から得た酸素を細胞まで運び、活動エネルギーに変えることで生き続けています。

人が呼吸し、食事をするのは、全身の60兆もの細胞にエネルギーの原料を送りこむためであり、こうした燃料をもとにした細胞内のエネルギー産生が生命活動の基礎になっているのです。

前述のように、その細胞内には2種類のエネルギー工場があり、ハイブリッドエンジンを構成しています。

細胞内のハイブリッドエンジンとは?


「免疫進化論」安保 徹著(河出文庫)によると、2種類のエンジンを比較すると以下のように整理できます。

「解糖エンジン」 「ミトコンドリアエンジン」
場所 細胞質 ミトコンドリア
体温 32~36度で活発に動く 37度以上で活発に動く
紫外線・放射線 必要無し 適度に浴びると活発化する
供給される細胞 白筋細胞、精子、皮膚細胞、粘膜上皮細胞、骨髄細胞、その他 赤筋細胞、脳神経細胞、心筋細胞、卵子、肝細胞、その他

 

ダイエットアドバイザーのコメント

以上の記事から、私たちは、50歳になったら、エンジンの燃料となる「食生活」を大きく転換する必要があることがわかります。

つまり、50歳からは糖質(炭水化物ー食物繊維)を摂取する必要が無いのです。

ただし炭水化物を止めることによる植物繊維やミネラル、ビタミン等が不足しないように注意する必要があります。

それ故、糖質制限ダイエット継続中の私は「すっきりフルーツ青汁」を補助食品として利用しているのです。

 

すっきりフルーツ青汁の公式ページはこちら

↓ ↓クリック ↓ ↓

 

こちらの記事は補助食品購入に際して参考になりますよ!
「すっきりフルーツ青汁でやせる」の罠?購入前に知るべき事とは?

 

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

血糖値とインスリンと肥満の関係は?食べても 太らない 方法とは?

近年、ダイエットや糖尿病改善効果が認知され、流行っている糖質制限食ですが、糖質を食べるのを制限すれば

記事を読む

肥満予防の食べ方とは?太る食べ方と痩せる食べ方はここが違う!

太っている人の食べかたを大づかみに見ると、ある傾向があります。 わたしたちは、この傾向から学ぶべき

記事を読む

満腹中枢をコントロールしゆっくり食べる方法は?よく噛むことの効果は?

肥満の主要な原因が、「大食い」であることは確かです。 でも、「早食い」を直せば「大食い」になら

記事を読む

糖質制限で食べれるご飯の量は?厳しい制限は危険か?実践上の注意点は?

昨今、糖質制限のダイエット効果が認められてきて、実践される方が増えてきました。 でも、1日1回

記事を読む

加齢につれ不足する栄養素:肉の健康的な食べ方・血糖値の上昇を抑える食べる順序は?

以下の記事でもお伝えしましたが、私たちの体は、若い時期の「子作りのための体」(解糖エンジンがメイン)

記事を読む

太る油と太らない油がある!ダイエットには高品質オリーブオイルがおすすめとは?

太る油・太らない油とは? 「油は太る」と思いがちですが、油の種類によって成分はかなり違います。

記事を読む

体重の減量 目標 |ベストの体重は?減量ペースの理想とは?

なぜ人間は体脂肪を蓄積しようとするのかや、ダイエットには食事制限が必須であることも、運動を同時に行な

記事を読む

急激なダイエットでリバウンドする理由は?原因は?対策は?

ダイエットにはつきものとされるのがリバウンドです。 ダイエット実践者の60%の人が、リバウンドを経

記事を読む

カロリー理論の嘘とは?カロリーの定義から見える健康常識の嘘とは?

あなたは、「カロリーの収支バランスをマイナスにすること」がダイエットだと思って食事制限をしていません

記事を読む

自分の適正体重を知るには?ベスト体重とは?BMl 判定基準 (日本肥満学会)は?

ダイエットは本来、適正体重になるため、食べすぎている量を適量に戻し、本当の健康をつくることです。

記事を読む

免疫力を上げる 酵素生活とは?酵素の種類と働きは?酵素不足の症状は?

今、酵素がブームとなっています。 私たちの休の中には、必ず酵素が

三大栄養素の働きは?体は栄養素だけでは作れない?酵素が必要な理由とは?

「最近、よく『酵素』という言葉を耳にするな」と思った人もいるでしょう。

肥満の原因は?カロリー 制限で痩せないわけは?カロリー計算は意味ない とは?

肥満やメタボが世界的に増えています。 私たちが太るのは、摂取カロ

食物繊維の健康効果|水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の最適摂取バランスとは?

食べても太らないヤセ体質を手にするには、あなたの腸に住んでいるヤセ菌を

ニンジン、リンゴ、バナナの整腸作用とは?

ビフィズス菌を増やすために、前回の記事 痩せ菌を増やす

→もっと見る

  • すっきりフルーツ青汁の公式ページはこちら

    ↓ ↓クリック ↓ ↓

PAGE TOP ↑