「糖質が脳の唯一のエネルギー」は嘘!活性酸素の影響?脳は酸素を栄養に働くとは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

「糖質が脳の唯一のエネルギー源」の嘘!とは?

「糖質をやめると、頭がボケる」と主張する人がいますが、これは誤りです。

「脳の唯一の栄養は、ブドウ糖だ」というこれまでの常識に基づいた考え方だと思われるでしょうが、糖質を制限しても、頭がボケることはありません。

このサイトでも以下の記事で糖質を摂らなくても代替エネルギー源としての「ケトン体」の存在により、大丈夫であることをご紹介しました。

脳細胞はブドウ糖しか使えないの嘘!ケトン体回路が回るとは?

でも、50歳を過ぎたら、糖質を摂らなくても、大丈夫な理由はそれだけではありません。

たとえケトン体によらなくても、大丈夫なのです。

以下の記事でもご紹介しましたように

人間のエネルギー源は解糖エンジンからミトコンドリアエンジンへの移行するとは?

若いときには 「解糖エンジン」 がメインで働いていますが、やがて「ミトコンドリアエンジン」へと移行するからです。

「ミトコンドリアエンジン」へと移行すればエネルギー源としての糖質を摂らなくても良いのです。

そして、「ミトコンドリアエンジン」が働く環境を良くしさえすればよいのです。

 

活性酸素の影響とは?

まず、認知症の原因について、実は活性酸素が、認知症の発症にも深く関与しています。

認知症の原因はさまざまですが、患者数の最も多いのは、アルツハイマー型認知症と脳血管性認知症です。

アルツハイマーは、脳の細胞が変性して起こります。

近年の研究により、脳内に溜まった活性酸素が、アルツハイマーを起こすことがわかっています。

また、脳血管性認知症は、脳卒中など脳の血管に障害が起こり、それが原因して発症する疾患です。

脳卒中の発症も、活性酸素が関与していることも分かっています。

従って、ボケない頭を作るには、体内から放出される活性酸素の量を増やさないことこそ重要なのです。

 

脳は酸素を栄養に働くとは?

脳細胞のミトコンドリアの働き

活性酸素の量を増やさないようにするには、50歳を過ぎたら 「ミトコンドリアエンジン」 が順調に働けるよう、主食となる白い食品などの糖質の摂取を極力控えることが大事です。

いってしまえば、糖質制限食は、四大疾病だけでなく、ボケも防いでくれる健康法なのです。

では、50歳を過ぎたのち、脳は何を栄養にして働くのでしょうか

脳の細胞にも、ミトコンドリアがあります。

それらの細胞は、ミトコンドリアエンジンによって生成されたエネルギーを使って活動するようになります。

すなわち、ミトコンドリアエンジンが順調に働けば脳にとって酸素こそが不可欠なのです。

50歳を過ぎたら脳は酸素を栄養に働くのです。

「ミトコンドリアエンジン」が喜ぶ環境とは

体温を高く保ち、酸素をたくさん吸い込む

「ミトコンドリアエンジン」は、地球上が酸素に覆われ、表面温度が高くなる中で築かれたエネルギー系です。

ですから、酸素が豊富で体温が高い状態でよく動きます。

そのため、50歳以上の人は体を冷やさないようにして、できるだけ体温を高く保ち、酸素をたくさん吸い込むような体の動かし方がいいといえるでしょう。

高齢者に太極拳やヨガなどがいいとされるのも、こうした体の仕組みを知れば納得のいく話です。

また、「ミトコンドリアエンジン」 には 「解糖エンジン」 のような瞬発力はありませんが、長時間継続して膨大なエネルギー生成をできる持続力があります。

酸素の燃焼という生成法によって、解糖系よりはるかに効率的にエネルギーを生み出せるのが特徴です。

 

50歳を超えたら糖質の摂取を控える

50歳以降は違います。50歳から必要なのは、酸素です。

もちろん、「解糖エンジン」の働きがいっさい止まるわけではありませんが、毎回の食事でとるほどの糖質は必要としません。

50歳を超えても糖質を必要以上にとっていると、体に困ったことが起こります。

「解糖エンジン」が再び活発に動き出してしまうのです。

メインエンジンが切り替わったはずの年齢で「解糖エンジン」が活発化すると、「ミトコンドリアエンジン」がうまく働けなくなるのです。

「ミトコンドリアエンジン」 は、酸素を原料とするので、多くの酸素を取り込んでいます。

しかし、「解糖エンジン」 に邪魔をされ、「ミトコンドリアエンジン」が支障をきたすと、取り込んだ大量の酸素が活性酸素に変わってしまいます。

活性酸素が増えれば老化につながり病気になりやすくなることは、こちらの記事で紹介しましたね。

40代までは炭水化物を!ミトコンドリアエンジンで50代以降の老化を遅らせるには?

 

従って、50歳を超えたら、糖質(炭水化物ー食物繊維)の摂取を控えた方が良いのです。

糖質制限実施時の注意事項

jigazou
%e5%a4%a7%e9%ba%a6%e8%8b%a5%e8%91%89

 

 

糖尿人の私は、糖質制限ダイエットを継続中ですが、このダイエット法で炭水化物(糖質+食物繊維)の摂取を制限すると、食物繊維が不足する心配があります。
その結果、食物繊維をエサとする腸内細菌が不活性になり腸内環境が不調になってしまう弊害があるかのです。

そこで、私はその対策として食物繊維が豊富な青汁補助食品として利用して快調な腸内環境を維持しています。

私が毎日飲んでいるすっきりフルーツ青汁には栄養素が豊富な国内産の厳選された大麦若葉と色とりどりの野菜のエキスが使用されており、食物繊維が豊富です。

 

 

すっきりフルーツ青汁について詳しくはこちらのサイトを参照してください。
↓ ↓ ↓
「すっきりフルーツ青汁でやせる」の罠?購入前に知るべき事とは?

2014y11m15d_152908512-300x216

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

糖質制限 ダイエットを勉強するための本はこれ!ー時系列まとめー

一昔前は”異端”とされていた糖質制限食ですが、ご自分で実践された各先生による本の出版や講演等が相次ぎ

記事を読む

内臓脂肪の落とし方|コンビニランチ選択時の2つの注意点とは?

近年、コンビニの数が増え、商品も多彩になり、充実してきました。 昼食はコンビニなどで、おにぎり

記事を読む

ヤセ菌、デブ菌の働きは?ヤセ菌を増やす方法は?ストレスを溜めない生活とは?

ヤセ菌、デブ菌の働きは? 記事 ヤセ菌・ デブ菌の働きは?短鎖脂肪酸が肥満を防ぐ?痩せ体質の

記事を読む

必須アミノ酸をバランス良く摂ろう!アミノ酸の分類は?筋力維持にBCAAが有効とは?

今 注目されているケトジェニックダイエットやケトン体食事法では、糖質摂取を控えるとともに、たんぱく質

記事を読む

腸内環境が悪いと便秘になり太る?改善でダイエットできる?改善に良い食品は?

ダイエットといえば、カロリーを抑えることや脂肪を減らすことばかりが注目されてきましたが、近年、腸内環

記事を読む

ミネラルで美肌になる?便秘はミネラル不足が原因?ミネラルが多い食べ物とは?

肌荒れなどお肌のトラブルの主要な原因のひとつとして便秘が挙げられます。 そして、ビタミンが善玉

記事を読む

オルビス 置き換え ダイエットの効果は?補助食品を利用したきっかけは?

TERAIさん 28歳、デスクワークOL、身長は151cm ダイエットをするのならきちんと運動

記事を読む

食物繊維の多い食品にダイエット効果がある!その理由とは?

食物繊維の多い食品にはダイエット効果がある! 肥満の予防に食物繊維が効果があるといわれています。

記事を読む

カロリー制限 ダイエットの停滞とは?リバウンドの理由は?カロリー計算の嘘とは? 

私が2型糖尿病予備軍と診断された時、病院から指導された肥満解消のための食事療法はカロリー制限によるも

記事を読む

大豆タンパク質のダイエット効果とは?健康効果は?「スーパー発芽大豆」の口コミは?

あなたは、大豆製品を食べればダイエットに効果があるってことをご存知ですか? このブログでも以下

記事を読む

食べすぎが病気の原因!?食べすぎのサインとは?腹6分目の効果とは?

あなたは食べすぎを自覚していますか? 「自分は大食いでは

甘いものの食べ過ぎの影響は?精製白米や白いパンもシミやシワの原因とは?

ケーキや菓子パン、アイスクリームなど、甘いものが大好きという人は特に女

シミやシワを増やす原因は活性酸素とは?酵素ダイエットで美肌になる方法は?

記事 酵素が健康ダイエットの本命!生活習慣病を防ぎアンチエイジン

酵素ダイエット成功の要は腸!リンパ組織が腸に集中?腸の健康チェックの方法は?

記事 日本人の食事の課題=太りやすい&やせにくい とは?健康的にやせ

健康で長生きの秘訣は?酵素は体の痛みにも効く?酵素を節約し有効活用するとは?

これまでの記事でご紹介したように、酵素は人間の体内でじつによく働いてく

→もっと見る

  • すっきりフルーツ青汁の公式ページはこちら

    ↓ ↓クリック ↓ ↓

PAGE TOP ↑