善玉菌だけでは健康になれない?日和見菌を増やす納豆のネバネバ 効果とは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

 

前回は日本の伝統食である味噌に含まれる善玉菌による健康効果についてご紹介しました。

腸内細菌のバランスを整えるポイントは?発酵食 味噌の効果とは?

そして、腸内環境のバランスを整えるポイントは「日和見菌を味方にすること」を確認しました。

そこで、今回は善玉菌ではなく日和見菌を増やす上で効果がある、日本の伝統食「納豆」の効果についてご紹介します。

善玉菌だけでは健康になれない?

伝統食の多くは乳酸菌などの発酵菌が多く含まれ、これらが腸内細菌を増やし、免疫力を高めてくれます。

味噌、しょうゆ、酢、みりんなどの調味料のほか、納豆、ぬか清は、塩辛などが発酵食品の代表格です。

今までは乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌ばかりが注目されてきました。

しかし、腸内バランスのカギを握っているのは腸内環境の大半を占める日和見菌です。

目和見菌は、善玉菌が優勢の時は善玉菌に加担し、悪玉菌が優勢の時は悪工菌の加担をするという性質があるということは前回の記事ですでに述べたとおりです。

つまり、善玉菌だけを意識しても、それだけでは健康になれないということです。

大事なのは善玉菌を増やしながら、同時に味方となる日和見菌を元気にすることです。

 

日和見菌を増やすには?

腸にいる日和見菌の多くは士壌菌であり、土壌菌とは土の中にいる微生物のことです。

この土壌菌を多く含む食物の代表は「納豆」です。

大豆を発酵させる納豆菌は「枯草菌(こそうきん)」という土壌菌の仲間なのです。

枯草菌は細胞壁に覆われているため、胃酸に比較的強く、生きて腸まで届きます。

そして、腸に棲む仲間たちを活性化させます。

つまり、納豆は日和見菌を増やし、活性化し腸内環境を整える働きがあるなど下図のように様々な効果が期待できるのです。

納豆のネバネバ 効果とは?

健康効果を高める納豆の食べ方は?

さらに、納豆には健康作用の高い栄養素が含まれています。

骨粗しょう症や女性の更年期障宮を予防するイソフラボン、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らすレシチン、カルシウムの吸収を促すビタミンK、抗酸化力の高いビタミンEなどです。

できれば、山王オクラ、メカブなどネバネバ食材を納豆に混ぜて、毎日食べることをおすすめします。

 

ネバネバの食材には腸内細菌の大好物である水溶性の食物繊維が含まれているので、納豆とは相性抜群なのです。

 

なお、水溶性食物繊維の特徴については以下の記事でご紹介しています。

水溶性食物繊維の特徴?不溶性食物繊維の役割?とりすぎはミネラルを排出とは?

 

ダイエットアドバイザーのコメント

jigazou
%e5%a4%a7%e9%ba%a6%e8%8b%a5%e8%91%89

 

食物繊維が豊富な青汁は、腸内環境を整えるのに有効な補助食品です。

特に、私が毎朝飲んでいるすっきりフルーツ青汁には栄養素が豊富な国内産の厳選された大麦若葉が使用されており、食物繊維が豊富です。

その上、フルーツや野菜のエキスも存分に配合されているので、ミネラル(カルシウムが牛乳の約4倍)や多くのビタミン類などの栄養素を一気に摂取できます。
したがって、食物繊維のとりすぎによるミネラル排出の心配も無用です。

おかげで、私は毎日、快腸な生活を送っています。

 

 

詳しくはこちらのサイトから公式ページを参照してください。
↓ ↓ ↓
「すっきりフルーツ青汁でやせる」の罠?購入前に知るべき事とは?

2014y11m15d_152908512-300x216

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

アミノ酸が肥満を防ぐ!血糖を脂肪細胞に取り込むインスリンの作用を阻害する

糖質のみが血糖値を上げ、血管中の余分の血糖は肥満ホルモンと呼ばれるインスリンの働きによって、体内の脂

記事を読む

リバウンドの原因はストレスぎれで起こす過食?それを防止できるダイエットとは?

長年ダイエットをしてきた人なら、だれでもリバウンドの経験があると思います。 極端な食事制限の後

記事を読む

朝食抜きは太る!体内時計をリセットし活動モードに変える食事とは?

「あ、今日はもう時間がない!」。あわてて飛び起きて、駅にダッシュする。 「昨日の酒が残って食欲

記事を読む

糖新生の仕組みとは?糖質制限で活性化?メインのエネルギー源は脂肪とは?

糖質制限のダイエット効果の要因として、体脂肪が燃えやすくなることは前回、ご紹介しました。 今回

記事を読む

ダイエット時、運動で体脂肪は減らない?運動の効果は?健康には?

「運動すればメラメラと脂肪が燃える!」と、過剰な期待をもってはいけない。 運動だけでは、期待してい

記事を読む

腸の重要な働きとは?腸内環境の悪化の症状は?改善の方法は?

大腸内検査の専門医の先生によると、腸の状態のよい人は全身の健康状態もよく、生活習慣病などにもかかりに

記事を読む

人間のエネルギー源は解糖エンジンからミトコンドリアエンジンへの移行するとは?

車は、ガソリンをのエネルギー源として動きますが、私達、人間の体は何をエネルギー源として動いているので

記事を読む

善玉菌の代表 乳酸菌の効果は?摂取法は?すっきりフルーツ青汁には?

善玉菌、悪玉菌を含め、100兆個いるといわれる腸内の細菌。 その中でも善玉菌の代表選手が乳酸菌

記事を読む

糖質オフ レシピで何を食べる?活性酸素を抑える腸内細菌は野菜を摂ると増える?

既にご紹介した記事  40代までは炭水化物を!ミトコンドリアエンジンで50代以降の老化を遅らせるに

記事を読む

エネルギー源として脂質と糖質の違い?糖質を取りすぎたら?白米より肉がいい理由は?

健康を考えるのであれば、白米より良質の肉を多く食べたほうがまだいい! こう断言できるのには、い

記事を読む

加齢につれ不足する栄養素:肉の健康的な食べ方・血糖値の上昇を抑える食べる順序は?

以下の記事でもお伝えしましたが、私たちの体は、若い時期の「子作りのため

ヨーグルトって整腸 効果なし?あり?プロバイオテイクス+プレバイオテイクスの効果とは?

私は毎朝、100gぐらいのヨーグルトを食べています。 ヨーグルト

善玉菌だけでは健康になれない?日和見菌を増やす納豆のネバネバ 効果とは?

  前回は日本の伝統食である味噌に含まれる善玉菌による

腸内細菌のバランスを整えるポイントは?発酵食 味噌の効果とは?

近年、腸内細菌に関する研究がさまざまな分野で、多くの研究者によって進め

腸内細菌でうつを治療できる?タンパク質を合成する?健康への影響は?

年々深刻化しているうつ病。 日本ではその患者数が増え続け、毎年3

→もっと見る

  • 乳酸菌は年齢と共に減少しますので、『腸内フローラ』善玉菌・悪玉菌のバランスを保つのは年々難しくなってきます。
    女神フローラは40代以降の方の不安を安全にサポートする強い味方です。
      ↓ ↓ 詳しくはこちら ↓ ↓

  • コーヒーでメラメラパワーをGET! エクササイズコーヒーの初回定期コース 新登場!
PAGE TOP ↑