食べる量が減ったのに太るわけは?朝食抜きが肥満の原因?時間 栄養学への変化とは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

飽食の時代といわれる現代ですが、実は以前に比べて食べる量が減っているという事実をご存じでしょぅか?

栄養学的に日本人が1日に必要とするエネルギー摂取量は2200キロカロリーといわれていますが、実際のエネルギー摂取量は1874キロカロリーしかないのです。

それにもかかわらず、「痩せたい」「いまダイエット中で……」という人は、どの世代にも非常に多くいます。

つまり、ダイエットに成功せず痩せていないのです。

それでは、1日に食べる量が減っているのに、どうして痩せないのでしょうか?

食べる量が減ったのに太るのはなぜか?

「食べていないのに太る」の疑問?

「食べていないのに太る」という人がかなりいるようです。

もちろん40代をすぎると、20~30代の頃に比べれば代謝も落ちますから、当時と同じ量を食べていたら、少しずつ太ってしまうでしょう。

しかし、ダイエットをしている人の声に耳を傾けてみると

「同僚のA子さんに比べて、ふだんから明らかに私のほうが食べている量は少ない。なのに彼女はスリムで、私はぼっちゃり。どういうこと?」
という人がとても多いのです。

また実際問題として、1日の栄養所要量を守っているのに、太る人がいるのです。

この疑問については、長い間、栄養学の世界でも解決できずにいました。

「時計遺伝子」の発見とは

しかし、その疑問が「時計遺伝子」の発見で説明できるようになりました。

時計遺伝子とは、ひと言でいえば、「人間の身体のなかに備わっている時計」のことです。

朝目覚めて、昼間活動し、夜になると眠るという人間の1日のサイクルも、時計遺伝子が予測して準備しているために起こっているのです。

たとえば時計遺伝子は日の出を予測して、その数時間前から睡眠のホルモンを減らし、活動に必要なホルモンを増加させます。

ですから、みなさんは起きてすぐに活動できるのです。

この発見によって、同じ食べ物であっても、食べる時間によって食べ物の吸収率や代謝など身体への影響に大きく差が出ることがわかりました。

とくに重要な鍵を握るのが朝食です。

 

朝食抜きが肥満の原因?

食生活パターンと肥満危険度の調査結果は

アメリカ人の食生活パターンと肥満危険度を調査した研究では、「朝食を食べない人は、朝食をとっている人よりも太る」 という結果が出ています

このデータを性別と年齢で補正すると朝食を食べない人は、カロリー摂取が少ないのに、朝食を食べている人の5倍も太っているのです。

さらに多数のアメリカ人を対象にした国民栄養調査でも、朝食を食べない人は、パンやシリアルの朝食を食べた人と比べて、明らかに肥満していました。

朝食を抜くことは、痩せるどころか太ってしまうのです。

いったいどうして朝食を抜くと、こんなに太ってしまうのでしょうか?

朝食を抜くと太る!?

これまで栄養学では「1日に何をどれくらいの量、食べればいいのか」という視点で研究がなされてきました。

そのため、1日の必要摂取量をきちんと食べていれば健康になり、太ることもないと考えられてきたのです。

ところが、時計遺伝子の存在が明らかになったことにより、私たちの身体をつくっている細胞には時を刻む体内時計があり、それが食事や活動、睡眠といった身
体リズムをコントロールしていることがわかりました。

朝食を抜くと、「時計遺伝子」が飢餓の危機を感じ、身体活動を低下させてエネルギーを脂肪に換え、蓄えてしまうのです。

時間 栄養学への変化とは

時計遺伝子の発見は、栄養学の世界をも変えました。

それまでの

「1日に何をどれくらいの量、食べればいいのか」という考え方
↓ ↓ から ↓ ↓
「1日のうち、いつ、どんな速さで、どんな順序で、何を食べるか」

という時問栄養学の考え方に変わったからです。

この時間栄養学により、これまでわかっていなかった時間と栄養の関係も明らかになったのです。

そのひとつが朝食を食べることの大切さです。

 

「どうして、朝食を抜くと太るのか」という質問に対する答えは、時間栄養学の研究のなかで解明されてきたのです。

 

なお、以下の記事も参考になるでしょう。

朝食抜きは太る!体内時計をリセットし活動モードに変える食事とは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

体内時計と睡眠、睡眠時間と肥満度の関係は?生活 リズムを整えるには?

体内時計と睡眠の関係は? 前回の記事 自律神経が乱れると太る?体内時計の乱れの原因と整える方法は?

記事を読む

肥満は健康問題を引き起こす?生活習慣病の原因にも?BMI 25 以上は要注意!

記事「BMl 判定基準 (日本肥満学会)は?」でご紹介した標準体重を計算してみて、「私は標準範囲だか

記事を読む

5大栄養素の役割とは?糖質の摂りすぎで太るメカニズムとは?

近年、ダイエットや健康に効果があることが認められて、実践する人が増えてきた糖質制限ダイエット。

記事を読む

癌 ・心疾患・ 脳血管疾患に効くココナッツオイルは血管の病気も防ぐ!

ココナッツオイルは、癌 心疾患 脳血管疾患の三大生活習慣病に効くと同時に血中の中性脂肪やコレステロー

記事を読む

白いご飯は日本の伝統食か?日本人の食事の変遷から見える現在の問題点は?

「日本人の主食はコメ」というのが、ごく一般的な”常識”となっています。 専門の学者のなかにも、

記事を読む

過剰な糖質が太りやすく、やせにくい体をつくる理由とは?

糖質の 摂り過ぎの現状 あなたの食事の糖質の量は? あなたは、きょう、朝食で何を食べましたか?

記事を読む

カロリー制限で体重が減らない理由は?栄養不足による現代型栄養失調とは?

ダイエットと聞いてまず思い浮かべるのが「カロリー制限」ではないでしょうか。 「ダイエットにはカ

記事を読む

自分の適正体重を知るには?ベスト体重とは?BMl 判定基準 (日本肥満学会)は?

ダイエットは本来、適正体重になるため、食べすぎている量を適量に戻し、本当の健康をつくることです。

記事を読む

糖質制限でタンパク質をしっかりとる理由は?カロリー制限では?満腹感や満足度は?

近年、注目を集めている糖質制限ダイエットについて。 前回の記事では、糖質制減食ではタンパク質や

記事を読む

太らない体作りを意識するには?味付けは?素材の味を生かすには?

あなたがダイエットに成功しない理由の1つは、おそらく「食べ過ぎ」でしょう。 では、なぜ、あなた

記事を読む

食事制限 ダイエットで痩せないわけは?腸内細菌と肥満や健康との関係は?

ダイエットは、女性の永遠のテーマですね。 また働き盛りの男性にと

老化を促す原因とは?老化スピードを遅らせるには?肉の老化防止効果 とは?

  既にご紹介しました以下の記事 熱中症予防の根

コレステロール値について|病気との関係は?適正値とは?高いことの影響は?

中高年になると、「コレステロール値が高いから肉は食べない」という方が多

たんばく質食品の中で肉が最良の理由|良質脂質と必須アミノ酸が全て摂れるから?

  中高年が老化を早めないためには、筋肉や骨のたんばく

肥満と腸内細菌の深い関係とは?マウス実験の論文では?肥満を解消できる?

太るよりはやせたい、やせてカッコよく、きれいにみせたいという人が、とく

→もっと見る

PAGE TOP ↑