時間栄養学の研究で判明!食べる時間によって太る?朝食抜きは太るとは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

前回の記事では、「どうして、朝食を抜くと太るのか」について近年、時間栄養学の研究のなかで解明されてきたことをご紹介しました。

食べる量が減ったのに太るわけは?朝食抜きが肥満の原因?時間 栄養学への変化とは?

そこで、朝食を抜くと太る理由について主要なものを、ご紹介します。

 時間栄養学の研究で判明したことは?

まず 「なぜ朝食を抜くと太るのか」 について、ひとつめの大きな理由をお話しします。

時間栄養学の慨念が登場するまでは

私たちは基本的に1日に3度の食事をとります。

心身ともに元気に活動するためには栄養が必要だからです。

そして、時間栄養学の慨念が登場するまで、それらの栄養はいつ食べでも同じように代謝され、エネルギーが消費されると思われていました。

この考え方では、朝食を抜くと痩せるはずで、なぜ太るのか説明できません。

 

時間栄養学の研究による変化は

しかし、時間栄養学の研究により、食事を食べる時間によって、身体が発する熱量が違うことがわかってきたのです。

私たちは食事をすると身体が温かくなるのを感じますが、これは体内に吸収された栄養素が分解される過程で熱を出すからです。

食後は身体を動かしていなくても体内から熱が出るため、この熱量が大きいほど痩せやすく、小さいほど太りやすいのです。

この 「食べる時間」 による熱量の違いは、中村丁次先生(日本栄養士会名誉会長)らの実験で明らかになりました。

 

朝食は太りにくく、夕食は太りやすい?

その実験では毎食、同じメニューで500キロカロリーの食事を・昼・夕に食べた場合と、昼・夕・に食べた場合とで、身体が発する熱量の違いを調べました。

その結果、朝食で発する熱量が夜食の4倍も大きいことがわかったのです。

これは、目覚めたばかりの心身を活性化するのに、朝食によって体内に取り込まれた栄養素が使われ、多量のエネルギーを消費するからです。

代謝がよくなるので、当然痩せやすくなります。

一方、夜食では身体が休息の準備に入って眠りにつくため、栄養素の大半は明日に備えて脂肪として貯蔵されます。

つまり太りやすくなります。

 

 

食べる時間によって太る(代謝のしかたが変わる)とは?

このように、同じ量の栄養素を合んだ食事でも、食べる時間によって体内での代謝のしかたが大きく変わるのです。

代謝とは
食事でとる栄養素を体内に取り入れ、エネルギーとして消費したり、古い細胞を新しい細胞に生まれ変わらせて身体をつくったりすることをいいます。

脳、内臓、筋肉などの身体の組織を活発に働かせて、心臓を動かしたり、食べ物を消化・吸収したり、体温を保ったりするのも代謝なら、脳、内臓、筋肉、血液、皮膚、髪 の毛、体脂肪などをつくるのも代謝によるものです。

よく「代謝がよい人」 は痩せやすく、「代謝が悪い人」 は太りやすいといわれますが、これは栄養素を燃やしてエネルギーに変える働きの違いによるものです。

代謝がよい人は活動が盛んでエネルギーが発生するため、いくら食べても太りませんが、代謝の悪い人はエネルギーを脂肪としてため込みやすく、どんどん太ってしまいます。

年齢や性別、体型などによって代謝のしかたは変わりますが、食事の時間によっても代謝のしかたが変わることがわかったのです。

つまり、同じ量の食事をとるなら、夜食ではなく、朝食のほうが断然、痩せやすいということです。

 

朝食抜きはむしろ太る理由は?

朝食を抜くと、1日のエネルギー摂取率が減って痩せると思いきや、むしろ逆に太ってしまうのです。

というのも、朝食を抜くと身体が栄養不足を心配して昼食や夕食から脂肪合成を盛んにし、心身の活動を抑えるからです。

 

また、朝食を食べた人と食べなかった人で、身体の表面温度が違うこともわかっています。

遠赤外線サーモグラグラフィーを使った実験結果
遠赤外線サーモグラグラフィーを使った実験によると、

朝食を食べた人は身体が緑色から黄色、赤色へと変化していました。赤色は高温度を示しています。

それに対して、朝食を食べなかった人は緑色から青色に変化し、赤色だったのは脳や心臓など活動を停止できない部分だけでした。

青色は低温度を示すものですから、明らかに体温が低くなっていたのです。

体温が低いのは代謝を下げて、消費エネルギーを少しでも節約しようとするからです。これでは痩せるどころか、太ってしまいます。

 

朝食を抜くと太るのは、以上の理由があるからなのです。

 

ダイエットアドバイザーのコメント

jigazou
%e5%a4%a7%e9%ba%a6%e8%8b%a5%e8%91%89

 

この記事から従来のカロリー制限食による方法ではダイエット効果が得られない理由がわかりますね。

従来のカロリー理論はあまりに単純化しすぎたダイエット理論で人の太る理由を正しく説明できないのです。

時間栄養学の研究結果を踏まえて、人の太る理由を正しく理解する必要があります。そして、朝食はしっかり摂リましょう。

栄養バランスの良いしっかりした朝食にするためには、適切な補助食品を利用するのも良いでしょう。

私が毎日牛乳に混ぜて飲んでいるすっきりフルーツ青汁には栄養素が豊富な国内産の厳選された大麦若葉と色とりどりの野菜のエキスが使用されており、食物繊維が豊富です。

したがって、朝食にすっきりフルーツ青汁を加えるだけで栄養バランスのよい食事になるのです。

 

 

詳しくはこちらのサイトから公式ページを参照してください。
↓ ↓ ↓
「すっきりフルーツ青汁でやせる」の罠?購入前に知るべき事とは?

2014y11m15d_152908512-300x216

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

肥満は健康問題を引き起こす?生活習慣病の原因にも?BMI 25 以上は要注意!

記事「BMl 判定基準 (日本肥満学会)は?」でご紹介した標準体重を計算してみて、「私は標準範囲だか

記事を読む

急激なダイエットでリバウンドする理由は?原因は?対策は?

ダイエットにはつきものとされるのがリバウンドです。 ダイエット実践者の60%の人が、リバウンドを経

記事を読む

アミノ酸ってどんなもの?タンパク質との結合・構成の関係は?その定義は?

既にご紹介しました記事:必須アミノ酸をバランス良く摂ろう!アミノ酸の分類は?筋力維持にBCAAが有効

記事を読む

ストレスの弊害は?食欲との関係は?ダイエットの最大の敵とは?

私たちは、日々たくさんのストレスを受けながら生きています。 これは仕事をしていても専業主婦でも

記事を読む

小太りの方が長生きって本当か?BMI判定の限界は?肥満の判定は体脂肪率で!とは?

あなたは、小太りくらいの方が長生きできるから・・・と思ってメタボを放置していませんか? 事実、

記事を読む

GI値が高い食品、低い食品とは?GI値は食品の組み合わせや調理法でも変わるか?

前回の記事 肥満を防止する食事方法とは?GI値の定義とは?おもな主食のGI値は? では肥満を防

記事を読む

ストレスで太るのはなぜ?空腹でない食欲とは?過食を防止するには?

「ストレスで太る」は医学的にも正しい事がわかっています。 ここでは、まず、ストレスで太る原因が

記事を読む

糖質制限でタンパク質をしっかりとる理由は?カロリー制限では?満腹感や満足度は?

近年、注目を集めている糖質制限ダイエットについて。 前回の記事では、糖質制減食ではタンパク質や

記事を読む

食事制限 ダイエットで痩せないわけは?腸内細菌と肥満や健康との関係は?

ダイエットは、女性の永遠のテーマですね。 また働き盛りの男性にとってもメタボ解消は関心が高いで

記事を読む

らっきょうの驚くべき健康効果とは?らっきょうの産地は?購入方法は?

らっきょうには「畑の薬」と言われるぐらい、驚くべき健康効果があるって事をご存じですか? そしてそん

記事を読む

食事制限 ダイエットで痩せないわけは?腸内細菌と肥満や健康との関係は?

ダイエットは、女性の永遠のテーマですね。 また働き盛りの男性にと

老化を促す原因とは?老化スピードを遅らせるには?肉の老化防止効果 とは?

  既にご紹介しました以下の記事 熱中症予防の根

コレステロール値について|病気との関係は?適正値とは?高いことの影響は?

中高年になると、「コレステロール値が高いから肉は食べない」という方が多

たんばく質食品の中で肉が最良の理由|良質脂質と必須アミノ酸が全て摂れるから?

  中高年が老化を早めないためには、筋肉や骨のたんばく

肥満と腸内細菌の深い関係とは?マウス実験の論文では?肥満を解消できる?

太るよりはやせたい、やせてカッコよく、きれいにみせたいという人が、とく

→もっと見る

PAGE TOP ↑