たんばく質食品の中で肉が最良の理由|良質脂質と必須アミノ酸が全て摂れるから?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

 

中高年が老化を早めないためには、筋肉や骨のたんばく質を減らさないことかポイントです。

そのために、食品からたんばく質を毎日摂取する必要があると言われています。

以前の記事でも、加齢につれ不足するたんばく質をあげ、特に肉を食べる必要性を明らかにしました。

参考:加齢につれ不足する栄養素:肉の健康的な食べ方・血糖値の上昇を抑える食べる順序は?

 

ここでは、たんばく質食品の中でも、肉が特別優れている理由をご紹介します。

肉でたんばく質と脂質を同時に摂取できる

では、魚や大豆など、良質のたんばく質を合む食品がたくさんあるのに、なぜなのでしょうか?

その秘密は、肉が持つ特有の栄養成分にあります。

その秘密は肉類は良質なたんばく質と脂質が同時に摂取できる食品だからなのです。

 

肉で必須アミノ酸の全てを摂取できる

人体の60~70%は水分で、次いで多いのがたんばく質で体重の約20%を占めています

筋肉、皮膚、爪などの体の組織、心臓などの臓器、生命活動に必要なホルモンや酵素など、全てたんばく質でできています。

体内のたんばく質組織は10万種類にもおよび、そしてこれらの全てのたんばく質は、20種類のアミノ酸が結合してできています。

この20種類のアミノ職のうち8種類は、特に ”必須アミノ酸” といわれ、体内で合成することができないものです。

しかも、8種類のうち、一つでも欠けるとたんばく質の合成が不十分になり、体の不具合の原因になります。

そのため、必須アミノ酸が揃った良質のたんばく質を食事から毎日摂らなくてはなりません、

その8種類の必須アミノ酸全てを偏りなく摂取することができる食材がなのです。

つまり、肉を食べることで、下図のバランスの良い理想的なたんぱく質の桶を実現できるのです。

参考記事:必須アミノ酸をバランス良く摂ろう!アミノ酸の分類は?筋力維持にBCAAが有効とは?

 

 

大豆、魚と肉のタンパク質の比較

大豆と肉のタンパク質の違いは?

植物性のたんばく質の場合、畑の肉といわれるほどの優秀な大豆でさえ必須アミノ酸が肉ほど整っておらずたんばく質の利用効率(アミノ酸のバランス)は肉に劣ります。

つまり、たんばく質の豊富な優秀な食品の大豆ですが、肉の代わりにはならないのです。

 

魚と肉のタンパク質の違いは?

健康的なイメージの強い魚ではどうでしょう。

中高年世代になって、肉より魚を多く摂るようにしているという話もよく耳にします。

確かに、魚介類は肉と並んで主要なたんばく質の食材ですし、肉を食べなくても魚介類で代替できるのではないかとお考えの方は多いかもしれません。

しかし、魚は、肉の代わりになりません。

魚介類に含まれる脂肪と肉に含まれる脂肪は性質が違うため、肉の脂身に含まれる栄養は、魚介類から摂取できないのです。

また、魚介類に含まれる多価不飽和脂肪酸は優れた栄養には違いないのですが、体中でエネルギーになりにくいという特微があります。

一方、肉に含まれる飽和脂肪酸いう脂質は、摂取するとすぐにエネルギーに転換されやすいという性質があります。

肉の飽和脂肪酸がエネルギーを供給!

実は、食事から摂ったたんばく質を体の組織にするには、とても多くのエネルギー必要とします。

これを、たんぱく質は食事誘発性熱産生が高いと言います。

参考:食事誘発性熱産生が高いとは?たんばく質の補給は?とりすぎても大丈夫とは?

 

食べる量が減るシニア世代にとっては、コンパクトな量でエネルギーを供給してくれる飽和胎肋酸がとても大切になります。

 

この脂質のおかげで、肉を食べれば効率よく迅速にたんばく質を体の組織につくりかえることができるというわけです。

従って、特に、50歳を過ぎたら、肉は私たちにとって必要な栄養源なのです。

 

それは次の記事でもご紹介しましたね。

参考:加齢につれ不足する栄養素:肉の健康的な食べ方・血糖値の上昇を抑える食べる順序は?

   肉食は健康に悪い?日本人の寿命が長い理由は?肉食の起源は?

この記事では日本人の寿命が急激に伸びた理由のひとつとして挙げられているのが、良質なタンパク質=肉をとるようになったことをご紹介しています。

 

ダイエットアドバイザーのコメント

jigazou
%e5%a4%a7%e9%ba%a6%e8%8b%a5%e8%91%89

 

この記事から、肉を摂ることで良質なタンパク質と脂質を同時に摂れることがわかりました。

そして腸内環境を整えるためには肉を食物繊維の多い野菜とともに摂ることが効果的です。

でも、もし野菜を十分取れない場合は食物繊維が豊富な青汁一緒に摂れば良いでしょう

特に、私が毎日飲んでいるすっきりフルーツ青汁には栄養素が豊富な国内産の厳選された大麦若葉と色とりどりの野菜のエキスが使用されており、食物繊維が豊富です。

したがって、肉を食べる時、すっきりフルーツ青汁を用いて、野菜不足を補充するのも良いでしょう。

 

 

詳しくはこちらのサイトから公式ページを参照してください。
↓ ↓ ↓
「すっきりフルーツ青汁でやせる」の罠?購入前に知るべき事とは?

2014y11m15d_152908512-300x216

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

内臓脂肪の落とし方|コンビニランチ選択時の2つの注意点とは?

近年、コンビニの数が増え、商品も多彩になり、充実してきました。 昼食はコンビニなどで、おにぎり

記事を読む

コレステロール悪玉説は嘘? 脂質摂取基準では?動脈硬化 との因果関係は?

あなたは、卵は「コレステロールの多い卵は1日1個までにして2個以上食べてはダメ」ということを言われた

記事を読む

ココナッツオイルとはヤシ油?中鎖脂肪酸や飽和脂肪酸が豊富とは?

今、ダイエットで注目されているケトン体食事法とは、文字通りケトン体を体内でたくさん生み出すことを目的

記事を読む

マーガリンよりバターが太らない!トランス脂肪酸は危険?ショートニングも?

かつては、「バターは動物性脂質、マーガリンは植物性脂質だから、マーガリンのほうが健康的」とされていま

記事を読む

炭水化物≠糖質:炭水化物抜きが便秘の原因?低糖質ダイエットは?

最近注目されている糖質制限ダイエット。 でも類似の言葉として炭水化物抜きダイエット、低糖質ダイエッ

記事を読む

大豆サポニンの効果とは?脂の酸化を抑え、肥満予防に適している理由?

6月になりました。ダイエットの季節です。 ダイエットの方法といえば、まずは食事制限。 でも、空腹

記事を読む

「モリチン」の乱れが便秘の原因?改善する方法は?胃腸のホルモンの種類は?

  前回の記事 『デトックスのダイエット 効果は?メンタル的には?便秘解消が1

記事を読む

善玉菌の代表 乳酸菌の効果は?摂取法は?すっきりフルーツ青汁には?

善玉菌、悪玉菌を含め、100兆個いるといわれる腸内の細菌。 その中でも善玉菌の代表選手が乳酸菌

記事を読む

カロリー制限ダイエットは痩せない?糖質制限の効果は?ケトン体食事法は?

カロリー制限ダイエットって、なかなか成功しないですよね。 むしろ糖質制限ダイエットの方が効果的だと

記事を読む

糖質制限でタンパク質をしっかりとる理由は?カロリー制限では?満腹感や満足度は?

近年、注目を集めている糖質制限ダイエットについて。 前回の記事では、糖質制減食ではタンパク質や

記事を読む

食事制限 ダイエットで痩せないわけは?腸内細菌と肥満や健康との関係は?

ダイエットは、女性の永遠のテーマですね。 また働き盛りの男性にと

老化を促す原因とは?老化スピードを遅らせるには?肉の老化防止効果 とは?

  既にご紹介しました以下の記事 熱中症予防の根

コレステロール値について|病気との関係は?適正値とは?高いことの影響は?

中高年になると、「コレステロール値が高いから肉は食べない」という方が多

たんばく質食品の中で肉が最良の理由|良質脂質と必須アミノ酸が全て摂れるから?

  中高年が老化を早めないためには、筋肉や骨のたんばく

肥満と腸内細菌の深い関係とは?マウス実験の論文では?肥満を解消できる?

太るよりはやせたい、やせてカッコよく、きれいにみせたいという人が、とく

→もっと見る

  • 乳酸菌は年齢と共に減少しますので、『腸内フローラ』善玉菌・悪玉菌のバランスを保つのは年々難しくなってきます。
    女神フローラは40代以降の方の不安を安全にサポートする強い味方です。
      ↓ ↓ 詳しくはこちら ↓ ↓

PAGE TOP ↑