腸内細菌が健康に影響する!腸内環境を 良くするには?ビフィズス菌と乳酸菌の違いは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

腸というものは、私たちが自分でコントロールすることが可能な臓器です。

そのコントロールの鍵は、「食べ物」と「運動」です。

この二つで、腸内細菌をコントロールすることができるからなのです。

ここでは、以下の3点についてご紹介します。

  • 腸内細菌のバランスが健康と若さへの影響する
  • 腸内環境を 良くするには
  • 「ビフィズス菌」と「乳酸菌」の違いと効能

腸内細菌の健康への影響とは?

腸に集中する免疫細胞が活性化すると?

腸には、からだ全体の免疫細胞の六、七割が集中しています。

この免疫細胞が活性化しているかどうかで健康状態が変わってしまいます。

疲れやすかったり、風邪をひきやすかったリするのは、腸の免疫細胞がへたっているときです。

大腸内には1000楯類以上、総数で600兆から1000兆個以上の腸内細菌がすんでいます。

免疫細胞の機能をコントロールするかどうかは、その腸内細菌のバランスにかかっています。

従って、腸内細菌のバランスを良くすれば、免疫細胞が活性化し健康な体がになるのです。

 

大腸は病気の発生源とは?

大腸に老廃物が長期間滞留していると、それらが直接、大腸に障害を生じさせるのです。

したがって、人の臓器のなかでいちばん病気の種類が多いのも大腸といえます。

そして、大腸壁から悪い物質が吸収され、それが全身にまわってしまい、さまざまなトラブルの原因となります。

腸内細菌が産生した有害物質は、血管を通じてからだ全休にゆきわたると、大腸そのものの病気はもとより、がん、免疫低下、免疫不全、肥満、糖尿病、自閉症、認知症、アルツハイマーなどのさまざまな病気の要因となります。

このように大腸は病気の発生源でもありますが、腸内環境をコントロールできる唯一の臓器でもあるのです。

したがって、腸内環境をコントロールして良くすることが、免疫細胞が活性化する上で大切なのです。

 

腸内環境を 良くするには

よい腸内環境とは、悪玉菌が少なく善玉菌が多い環境のことと定義づけられます。

 

この腸内環境は、食べ物のみでコントロールすることができるという特徴をもっています。

 

その腸内環境は毎日、皆さんが出される大便によって知ることができます。

よい腸内環境にし良い大便を出すには「三つのうんち力」が必要です。

大便を「つくる力(何を食べるか)」、「育てる力(善玉菌を増やす)」、「出す力(腸腰筋を鍛える体操)」の三つです。

 

 

「ビフィズス菌」と「乳酸菌」の違いと効能は?

善玉菌の代表として二つの腸内細菌が知られています。

ビフィズス菌」と「乳酸菌」です。

この二つは、分類学的には異なる種類の細菌です。

ビフィズス菌と乳酸菌の違いは?

腸内細菌の大部分は、酸素があると生育できない嫌気性菌です。

乳酸菌は通性嫌気性菌

ですが乳酸菌は、酸素があってもなくても生育できる通性嫌気性菌で、自然界のいろいろなところに生息しています。

この菌は、脳内で主に乳酸を産生します。

ビフィズス菌は偏性嫌気性菌

一方、ビフィズス菌は、乳酸菌と違って酸素があるところでは生育できません

これを偏性嫌気性菌とよんでいます。

この菌は、人や動物の大腸に生育して酢酸と乳酸を産生します。

これらの善玉菌は、発酵乳製品や乳酸菌飲料をとることで増やすことができます。

ビフィズス菌の効能は

ビフィズス菌を活性化させれば、免疫力が正常化して、疲れにくく、風邪をひきにくい体質を手に入れることができます。

腸年齢が若くなると、化粧のノリがよくなり、肌の黒ずみや乾燥、毛穴のひらきやニキビ、吹き出物を改善でき、若々しい肌を取り戻すことができるでしょう。

 

腸はこんなふうにからだをコントロールしているのです。

 

なお、ビフィズス菌の効能や乳酸菌との違いについては以下の記事でご紹介しています。

参考:ビフィズス菌の効能とは?乳酸菌との違いは?ビフィズス菌を増やす方法とは?
 

腸内環境を良くする青汁とは?

jigazou
%e7%94%9f%e3%81%8d%e3%81%9f%e4%b9%b3%e9%85%b8%e8%8f%8c

食物繊維が豊富な青汁をのむことは、腸内環境を整えるのに有効なことが分かっています。

最近は乳酸菌を配合した青汁もいろいろ発売されています。

特に、私が毎朝飲んでいるすっきりフルーツ青汁には「有胞子乳酸菌」という 、胃散や熱によって破壊されにくい2種類の乳酸菌が配合されており、善玉菌を増やし、腸内環境を整えてくれます。

つまり、生きたまま届く乳酸菌が腸内環境を整えてくれるのです

 

詳しくはこちらのサイトから公式ページを参照してください。
↓ ↓ ↓
「すっきりフルーツ青汁でやせる」の罠?購入前に知るべき事とは?

2014y11m15d_152908512-300x216

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

腸内細菌のバランスを整えるポイントは?発酵食 味噌の効果とは?

近年、腸内細菌に関する研究がさまざまな分野で、多くの研究者によって進められるようになったきました。

記事を読む

リバウンド予防のダイエットは成功したか?オルビスダイエット食品の効果は?

TERAIさん 30歳前半 女性、ライター、身長は151cm 私は、28歳のOLの時、あるダイ

記事を読む

テロメアって命の回数券?活性酸素の悪影響を減らし寿命を延ばすには?

本来、人間には125歳まで元気に生き続ける遺伝子が備わっているということをご存知でしょうか。

記事を読む

時間栄養学の研究で判明!食べる時間によって太る?朝食抜きは太るとは?

前回の記事では、「どうして、朝食を抜くと太るのか」について近年、時間栄養学の研究のなかで解明されてき

記事を読む

三大栄養素の働きは?体は栄養素だけでは作れない?酵素が必要な理由とは?

「最近、よく『酵素』という言葉を耳にするな」と思った人もいるでしょう。 そう、実は今、酵素はブ

記事を読む

食物繊維の多い食品にダイエット効果がある!その理由とは?

食物繊維の多い食品にはダイエット効果がある! 肥満の予防に食物繊維が効果があるといわれています。

記事を読む

ヤセ菌、デブ菌の働きは?ヤセ菌を増やす方法は?ストレスを溜めない生活とは?

ヤセ菌、デブ菌の働きは? 記事 ヤセ菌・ デブ菌の働きは?短鎖脂肪酸が肥満を防ぐ?痩せ体質の

記事を読む

回転寿司はヘルシーか?健康上の問題点は?ヘルシーな食べ方は?

回転寿司はヘルシーか? いまや寿司は「SUSHI」という国際語になり、欧米ではヘルシーメニューとし

記事を読む

牛丼の塩分量は?塩分の取りすぎでどうなる? おすすめの食べ方は?

糖質制限ダイエットでは、ごはんの多い丼ものは要注意食品とされており、牛丼も例外ではありません。

記事を読む

水溶性食物繊維の特徴?不溶性食物繊維の役割?とりすぎはミネラルを排出とは?

野菜や果物などに含まれている食物繊維には、大きなパワーが秘められています。 ダイエットはもちろ

記事を読む

三大栄養素の働きは?体は栄養素だけでは作れない?酵素が必要な理由とは?

「最近、よく『酵素』という言葉を耳にするな」と思った人もいるでしょう。

肥満の原因は?カロリー 制限で痩せないわけは?カロリー計算は意味ない とは?

肥満やメタボが世界的に増えています。 私たちが太るのは、摂取カロ

食物繊維の健康効果|水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の最適摂取バランスとは?

食べても太らないヤセ体質を手にするには、あなたの腸に住んでいるヤセ菌を

ニンジン、リンゴ、バナナの整腸作用とは?

ビフィズス菌を増やすために、前回の記事 痩せ菌を増やす

痩せ菌を増やす 方法は?ビフィズス菌を増やすには? 増殖因子が多い食品は?

既にご紹介済みの以下の記事ではビフィズス菌の効能を確認し、ビフィズス菌

→もっと見る

  • すっきりフルーツ青汁の公式ページはこちら

    ↓ ↓クリック ↓ ↓

PAGE TOP ↑