赤ちゃんの腸内細菌は母乳から!?腸内フローラの個人差は?整える方法とは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】DHA&EPAサプリの比較!どれがいい?みやびvsマイケアvsきなりの魅力とは?

[ 広 告 ]

お母さんの子宮の中は無菌状態のため、生まれる前の赤ちゃんの腸内には細菌は住んでいません。

赤ちゃんから最初に出るウンチが無菌なのは、そのためです。

それでは、腸内細菌は、どのようにして私たちの腸内に入り込み住み着くのでしょうか?

ここでは、赤ちゃんの腸内フローラがどのようにして構成されていき、個人差ができてくるのか、そして、腸内細菌のバランスを変えて良い状態に整える方法についてご紹介します。

 

赤ちゃんの腸内細菌は母乳から

赤ちゃんのビフィズス菌の割合は

お母さんの子宮の中という無菌状態から生まれた赤ちゃんは、生まれてくる過程でお母さんから菌をもらいます。

さらに、吸い込む空気や赤ちゃんに触れる人たち、寝具、母乳などから少しずつ菌をもらいます。

母乳には、ビフィズス菌を増やす働きのあるビフィズス菌増殖因子が含まれています。

そのためため、母乳で育つ赤ちゃんの腸内は90%以上がビフィズス菌で構成されています。

 

腸内細菌のは構成はいつ決まる?

そして、いろいろな食べものが身体に取り入れられることで、腸内細菌の種類が増えていきます。

90%以上あったビフィズス菌は徐々に減り、ほかの腸内細菌と共に腸内フローラを作り始めます。

無菌状態の腸の中に環境と食べものから菌を取り込み、その種類を増やしながら生後1年までに腸内細菌の構成がほぼ決まるのだそうです。

 

腸内フローラには個人差がある?

腸内フローラの個人差とは

ですから、同じ腸内フローラを持つ人ははかには存在せず、人それぞれに違った腸内フローラを持っています。

さらに、腸内細菌の種類が安定したとしても、腸内細菌のバランスは日々変化しているため、昨日と同じ私であっても、昨日と同じ腸内フローラではないのです。

腸内フローラは、食べたもの、生活習慣、腸のターンオーバー、腸のリズムなど、さまざまな要因で日々変化しています。

つまり、お友達の便秘に効果のあった食べものや習慣があなたの便秘にも効果があるとは限らないのは、同じ腸内フローラを持っていないからです。

 

腸内細菌 整える 方法は?

腸内細菌を変えるには

では、一度悪玉菌が優勢の腸内フローラに変わってしまったら、もう元には戻らないのでしょうか?

そのようなことはありません。

腸内細菌の生命力は強く、食生活と生活習慣を気をつけることで、数日~数週間で元気を取り戻し、良い状態へと変化するといわれています。

なお、腸内環境を変えよくする方法については以下の記事でもご紹介します。

腸内細菌が健康に影響する!腸内環境を 良くするには?ビフィズス菌と乳酸菌の違いは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】DHA&EPAサプリの比較!どれがいい?みやびvsマイケアvsきなりの魅力とは?

関連記事

[ 広 告 ]
ファイトケミカルの効果的な摂り方は?野菜でとるには?摂取の効果を上げるには?

近年、ファイトケミカルがガン予防に効果がある「第7の栄養素」として注目

肉でキレイに痩せる理由|その健康・美容効果とは?肉ダイエットのレシピをご紹介!

前回の記事:食事制限による減量は「お腹ポッコリ・ハゲ・リバウンド」を招

食事制限による減量は「お腹ポッコリ・ハゲ・リバウンド」を招く!その対策は?

最近、テレビや雑誌・本などで「1か月で約10kg減!」など、短期間で効

中年期と高齢期で健康常識は違う!その間違いは?高齢者の粗食は危険とは?

現代日本では、肥満や高コレステロールは不健康のシンボルのようにいわれて

ポリフェノールが多い果物は?キウイフルーツの食べ方は?その免疫力とは?

これまで野菜を中心にファイトケミカルについて語ってきました。 ⇒

→もっと見る

  • すっきりフルーツ青汁の公式ページはこちら

    ↓ ↓クリック ↓ ↓

PAGE TOP ↑