食事量を減らすと太る?ヤセ菌が好む腸内環境とは?糖質を減らすと痩せるとは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

ダイエットというと、食事制限がつらい。

食べる量を減らすのは、空腹のがまんができない。

……というイメージがあるのではないでしょうか?

もちろん、食べるものの内容を制限することは大切です。

ですが、実は食事量を減らす必要はありません。

食事量を減らすと太るわけは?

食事量を減らすと便秘につながる

食事量を減してしまうと便のカサが減ってしまい、腸壁への刺激が少なくなって、かえって便秘になってしまう場合があります。

便秘になれば、本来排出されるべき毒素や老廃物が腸内に滞って、悪玉菌が優勢のデブ菌に好かれる腸内フローラになってしまいます。

食事量を減らすと代謝が低下

また、食事量を我慢して減らすと基礎代謝が低下してかえって太りやすい体質になってしまいます。

ですから、とくに、日頃から少食で便秘がちという方は、食べる量を増やしてみましょう。

 

ヤセ菌が好む腸内環境とは?

食物繊維は善玉菌のエサ

食物繊維は、善玉菌のエサとなって、ヤセ菌の住みやすい腸内環境作りに役立ちます。

野菜、果物、海藻などの食物繊維が豊冨な食べものをしっかり食べましょう。

 

また、食物繊維には、糖や脂肪の吸収を穏やかにする働き、胃から腸への食べものの移動のスピードを遅らせる働きもあります。

ですから、食事の始めに、サラダや温野菜、野菜たっぷりのお味噌汁やスープを飲む習慣をつけましょう。

そうすることで、満腹感も得られ、糖や脂肪の吸収も穏やかになり、善玉菌を元気にしてヤセ菌が活発に働く腸内フローラが作られます。

参考記事:食物繊維の多い食品にダイエット効果がある!その理由とは?

良質の油分は増やすのはOK

過度に脂質を減らすのも食事への満足感が減ってしまい、かえって食べたい衝動にかられる原因となってしまいます。

ダイエットのために、と食事に気を使っているのに間食や夜食がやめられない方は、食事にオリーブオイルココナッツオイルなどの良質の油分をプラスしてみましょう。

油脂にも、脳の報酬系を刺激して食事への満足感を高める働きがあります。

さらに、オリーブオイルやココナッツオイルは、腸のぜん動運動を刺激し潤滑油となって、スムーズな排出をサポートする便秘解消にもなる油分です。

ですから、肉やバターなどの動物性脂肪や、市販のドレッシングやタレに直き換えて使いまLよう。

参考記事:太る油と太らない油がある!ダイエットには高品質オリーブオイルがおすすめとは?

糖質を減らすと痩せるとは?

ヤセ菌のために減らすのであれば、糖質を減らすのがおすすめです。

白米やパンも、糖質が多い穀物です。

ですが、ご飯やパンを食べないと、やはり食事量が充分でなく便秘になってしまう場合があります。

したがって、ヤセ菌のためには、白米ではなく、食物繊維が豊富な大麦などの雑穀やライ麦パンを選びましょう。

参考記事:肥満の原因は脂質ではなく糖質の摂り過ぎ!脂質の代謝過程からわかる事は?

まとめ

食事の量を減らさないことも腸内フローラを良い状態に保つサポートになります。

さらに、しっかり食べることで腸のリズムも整います。

善玉菌のエサとなる食べものをたくさん食べて、老廃物や毒素を溜めこまないヤセ菌の住みやすい腸内環境を保ちましょう。

 

ダイエットアドバイザーのコメント

jigazou
%e5%a4%a7%e9%ba%a6%e8%8b%a5%e8%91%89

 

食物繊維が豊富な青汁は、腸内環境を整えるのに有効な補助食品です。

特に、私が毎朝飲んでいるすっきりフルーツ青汁には栄養素が豊富な国内産の厳選された大麦若葉が使用されており、食物繊維が豊富です。
その上、フルーツや野菜のエキスも存分に配合されているので、ミネラル(カルシウムが牛乳の約4倍)や多くのビタミン類などの栄養素を一気に摂取できます。

おかげで、私は毎日、快腸な生活を送っています。

 

 

詳しくはこちらのサイトから公式ページを参照してください。
↓ ↓ ↓
「すっきりフルーツ青汁でやせる」の罠?購入前に知るべき事とは?

2014y11m15d_152908512-300x216

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

ケトン体はいつから増加する?ダイエット効果をカロリー制限と比較すると?

今、本屋さんには、さまざまなダイエット方法を紹介する書籍が並んでいます。 しかし、そのほとんど

記事を読む

睡眠は時間より質!睡眠の質を高める生活習慣とは?体内時計を治すには?

睡眠は時間より質を重視すべき? 睡眠の質や時間と肥満の関係について取り上げた記事 睡眠の質と

記事を読む

油脂・脂肪酸の種類とは?どの油脂をどのようにとれば健康にいいのか?

ここまで、栄養素として脂質の重要性と油脂全般についてご紹介してきました。 脂質は、体のエネルギ

記事を読む

ストレスで太るのはなぜ?空腹でない食欲とは?過食を防止するには?

「ストレスで太る」は医学的にも正しい事がわかっています。 ここでは、まず、ストレスで太る原因が

記事を読む

アメリカの失敗に学ぶ!肥満の原因 は?カロリー神話の嘘とは?

糖質制限食を継続していくうえで、糖質制限の効果のメカニズムを知っておくことは非常に大切です。

記事を読む

満腹中枢をコントロールしゆっくり食べる方法は?よく噛むことの効果は?

肥満の主要な原因が、「大食い」であることは確かです。 でも、「早食い」を直せば「大食い」になら

記事を読む

EPAとDHAの効果とは?1日摂取量は?魚と肉の摂取すべき比率は?

「青魚」が身体によいことは広く知られるようになりました。 青魚は内臓脂肪を落とすうえでも、ぜひ

記事を読む

糖質制限ダイエットの悩みに向き合うサプリ【糖質スリム】とは?口コミを紹介!

糖質を制限するダイエット方法は2012年頃から話題になり、その効果の高さから老若男女問わずに支持を得

記事を読む

大豆サポニンの効果とは?脂の酸化を抑え、肥満予防に適している理由?

6月になりました。ダイエットの季節です。 ダイエットの方法といえば、まずは食事制限。 でも、空腹

記事を読む

お酒のカロリーで太る?アルコールの適量は?飲み過ぎを予防するには?

お酒は「エンプティ・カロリーだから太らない」という説を信じている人がいます。 ところが、エンプ

記事を読む

三大栄養素の働きは?体は栄養素だけでは作れない?酵素が必要な理由とは?

「最近、よく『酵素』という言葉を耳にするな」と思った人もいるでしょう。

肥満の原因は?カロリー 制限で痩せないわけは?カロリー計算は意味ない とは?

肥満やメタボが世界的に増えています。 私たちが太るのは、摂取カロ

食物繊維の健康効果|水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の最適摂取バランスとは?

食べても太らないヤセ体質を手にするには、あなたの腸に住んでいるヤセ菌を

ニンジン、リンゴ、バナナの整腸作用とは?

ビフィズス菌を増やすために、前回の記事 痩せ菌を増やす

痩せ菌を増やす 方法は?ビフィズス菌を増やすには? 増殖因子が多い食品は?

既にご紹介済みの以下の記事ではビフィズス菌の効能を確認し、ビフィズス菌

→もっと見る

  • すっきりフルーツ青汁の公式ページはこちら

    ↓ ↓クリック ↓ ↓

PAGE TOP ↑