痩せ菌を増やす 方法は?ビフィズス菌を増やすには? 増殖因子が多い食品は?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

既にご紹介済みの以下の記事ではビフィズス菌の効能を確認し、ビフィズス菌を外部から取り入れ、増やす方法をとりあげました。

ビフィズス菌の効能とは?乳酸菌との違いは?ビフィズス菌を増やす方法とは?

今回は、痩せ菌を増やす 方法としてすでに腸内に住み着いているビフィズス菌を増やす方法として、ビフィズス菌増殖因子が多い食品をご紹介します。

痩せ菌を増やす 方法は?

ヤセ菌を元気にするために発酵食品は欠かせない食べものです。

でも、食べものから摂った乳酸菌などの有用菌は腸内に住み着くことはできません。( 注:有用菌とは私たちの健康に欠かすことのできない腸内細菌。)

腸には約70%の免疫細胞が存在していて、外敵から身を守っています。

そのため、たとえ私たちの身体に有益な働きをする有用菌であったとしても、そう簡単に身体の中に住み着くことはできないのです。

食べものから摂った有用菌が、どれだけの期間腸内に留まっているかは、個人差があるのですが、通常であれば1~3日で便として排出されてしまいます。

ですから、外から取り入れるだけでなく、すでに腸内に住み着いている善玉菌を増やすこともヤセ菌を育てることにつながります。

ビフィズス菌 を増やすには?

ビフィズス菌 割合の変化は

母乳で育つ赤ちゃんの腸内細菌の90%以上はビフィズス菌なのですが、これは母乳にビフィズス菌を増やす働きのある「ビフィズス菌増殖因子」が含まれているためです。

さらに、乳糖というビフィズス菌のエサも含まれているため、離乳前の赤ちゃんの腸内には、ビフィズス菌がたくさん住んでいるのです。

成長とともに食の多様性が増し、ビフィズス菌の割合が下がりますが、ビフィズス菌の割合が下がってしまうのは、食だけでなく生活環境も関係しています。

そのため、大人になるとビフィズス菌がまったく存在しない場合もあるそうなのです。

ビフィズス菌 を増やすには

そうなってしまう前に、ビフィズス菌増殖因子が含まれた食べものを摂ることで、すでに腸内に住み着いているビフィズス菌を増やし、ヤセ菌が元気な腸内フローラを保ちましょう

ビフィズス菌 増殖因子が多い食材は

ビフィズス菌増殖因子は、いろいろな食べものに含まれていますが、とくに多く含まれているのが「二ンジン」「リンゴ」「バナナ」です。

これらには、ビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖水溶性食物繊維も含まれていますから、ビフィズス菌にとっては嬉しい食べものなのです。

また、これらの食べものにはビフィズス菌を増やす以外にも、ヤセ菌を育てるために役立つ成分が含まれています。

ニンジン、リンゴ、バナナは、年間通じて手に入りやすく、価格も安定していますから、毎日続けやすい食べものです。

1日1回は、食べる習慣をつけましょう。

なお、ニンジン、リンゴ、バナナの整腸効果についてはこちらで詳しくご紹介しています。

ニンジン、リンゴ、バナナの整腸作用とは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

癌 ・心疾患・ 脳血管疾患に効くココナッツオイルは血管の病気も防ぐ!

ココナッツオイルは、癌 心疾患 脳血管疾患の三大生活習慣病に効くと同時に血中の中性脂肪やコレステロー

記事を読む

タンバク質の役割は?不足の 影響は加齢による回復力低下ではないとは?

前回の記事:必須アミノ酸をバランス良く摂ろう!アミノ酸の分類は?筋力維持にBCAAが有効とは?

記事を読む

カロリー制限で体重が減らない理由は?栄養不足による現代型栄養失調とは?

ダイエットと聞いてまず思い浮かべるのが「カロリー制限」ではないでしょうか。 「ダイエットにはカ

記事を読む

食物繊維の健康効果|水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の最適摂取バランスとは?

食べても太らないヤセ体質を手にするには、あなたの腸に住んでいるヤセ菌を増やすことです。 それで

記事を読む

リバウンドの原因はストレスぎれで起こす過食?それを防止できるダイエットとは?

長年ダイエットをしてきた人なら、だれでもリバウンドの経験があると思います。 極端な食事制限の後

記事を読む

必須アミノ酸をバランス良く摂ろう!アミノ酸の分類は?筋力維持にBCAAが有効とは?

今 注目されているケトジェニックダイエットやケトン体食事法では、糖質摂取を控えるとともに、たんぱく質

記事を読む

太る油と太らない油がある!ダイエットには高品質オリーブオイルがおすすめとは?

太る油・太らない油とは? 「油は太る」と思いがちですが、油の種類によって成分はかなり違います。

記事を読む

肉や魚

食事誘発性熱産生が高いとは?たんばく質の補給は?とりすぎても大丈夫とは?

糖質制限で痩せやすくなる要因のひとつに「食事誘発性熱産生が高いこと」が挙げられます。 正しい糖質制

記事を読む

クレンジング酵素0 ダイエットで痩せた?購入方法や置き換え方は?効果は?

miitaさん 25歳、会社員、女、身長157センチ 恥ずかしい話、太りすぎが原因で自分を律し

記事を読む

脂質が肥満の原因?コレステロールで動脈硬化は嘘!糖質オフで脂肪が燃える?

糖質オフ健康法(糖質制限ダイエット)のメリットとして、脂質を食べてもOKであることも挙げられます。

記事を読む

三大栄養素の働きは?体は栄養素だけでは作れない?酵素が必要な理由とは?

「最近、よく『酵素』という言葉を耳にするな」と思った人もいるでしょう。

肥満の原因は?カロリー 制限で痩せないわけは?カロリー計算は意味ない とは?

肥満やメタボが世界的に増えています。 私たちが太るのは、摂取カロ

食物繊維の健康効果|水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の最適摂取バランスとは?

食べても太らないヤセ体質を手にするには、あなたの腸に住んでいるヤセ菌を

ニンジン、リンゴ、バナナの整腸作用とは?

ビフィズス菌を増やすために、前回の記事 痩せ菌を増やす

痩せ菌を増やす 方法は?ビフィズス菌を増やすには? 増殖因子が多い食品は?

既にご紹介済みの以下の記事ではビフィズス菌の効能を確認し、ビフィズス菌

→もっと見る

  • すっきりフルーツ青汁の公式ページはこちら

    ↓ ↓クリック ↓ ↓

PAGE TOP ↑