痩せ菌を増やす 方法は?ビフィズス菌を増やすには? 増殖因子が多い食品は?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】DHA&EPAサプリの比較!どれがいい?みやびvsマイケアvsきなりの魅力とは?

[ 広 告 ]

既にご紹介済みの以下の記事ではビフィズス菌の効能を確認し、ビフィズス菌を外部から取り入れ、増やす方法をとりあげました。

ビフィズス菌の効能とは?乳酸菌との違いは?ビフィズス菌を増やす方法とは?

今回は、痩せ菌を増やす 方法としてすでに腸内に住み着いているビフィズス菌を増やす方法として、ビフィズス菌増殖因子が多い食品をご紹介します。

痩せ菌を増やす 方法は?

ヤセ菌を元気にするために発酵食品は欠かせない食べものです。

でも、食べものから摂った乳酸菌などの有用菌は腸内に住み着くことはできません。( 注:有用菌とは私たちの健康に欠かすことのできない腸内細菌。)

腸には約70%の免疫細胞が存在していて、外敵から身を守っています。

そのため、たとえ私たちの身体に有益な働きをする有用菌であったとしても、そう簡単に身体の中に住み着くことはできないのです。

食べものから摂った有用菌が、どれだけの期間腸内に留まっているかは、個人差があるのですが、通常であれば1~3日で便として排出されてしまいます。

ですから、外から取り入れるだけでなく、すでに腸内に住み着いている善玉菌を増やすこともヤセ菌を育てることにつながります。

ビフィズス菌 を増やすには?

ビフィズス菌 割合の変化は

母乳で育つ赤ちゃんの腸内細菌の90%以上はビフィズス菌なのですが、これは母乳にビフィズス菌を増やす働きのある「ビフィズス菌増殖因子」が含まれているためです。

さらに、乳糖というビフィズス菌のエサも含まれているため、離乳前の赤ちゃんの腸内には、ビフィズス菌がたくさん住んでいるのです。

成長とともに食の多様性が増し、ビフィズス菌の割合が下がりますが、ビフィズス菌の割合が下がってしまうのは、食だけでなく生活環境も関係しています。

そのため、大人になるとビフィズス菌がまったく存在しない場合もあるそうなのです。

ビフィズス菌 を増やすには

そうなってしまう前に、ビフィズス菌増殖因子が含まれた食べものを摂ることで、すでに腸内に住み着いているビフィズス菌を増やし、ヤセ菌が元気な腸内フローラを保ちましょう

ビフィズス菌 増殖因子が多い食材は

ビフィズス菌増殖因子は、いろいろな食べものに含まれていますが、とくに多く含まれているのが「二ンジン」「リンゴ」「バナナ」です。

これらには、ビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖水溶性食物繊維も含まれていますから、ビフィズス菌にとっては嬉しい食べものなのです。

また、これらの食べものにはビフィズス菌を増やす以外にも、ヤセ菌を育てるために役立つ成分が含まれています。

ニンジン、リンゴ、バナナは、年間通じて手に入りやすく、価格も安定していますから、毎日続けやすい食べものです。

1日1回は、食べる習慣をつけましょう。

なお、ニンジン、リンゴ、バナナの整腸効果についてはこちらで詳しくご紹介しています。

ニンジン、リンゴ、バナナの整腸作用とは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】DHA&EPAサプリの比較!どれがいい?みやびvsマイケアvsきなりの魅力とは?

関連記事

[ 広 告 ]
ファイトケミカルの効果的な摂り方は?野菜でとるには?摂取の効果を上げるには?

近年、ファイトケミカルがガン予防に効果がある「第7の栄養素」として注目

肉でキレイに痩せる理由|その健康・美容効果とは?肉ダイエットのレシピをご紹介!

前回の記事:食事制限による減量は「お腹ポッコリ・ハゲ・リバウンド」を招

食事制限による減量は「お腹ポッコリ・ハゲ・リバウンド」を招く!その対策は?

最近、テレビや雑誌・本などで「1か月で約10kg減!」など、短期間で効

中年期と高齢期で健康常識は違う!その間違いは?高齢者の粗食は危険とは?

現代日本では、肥満や高コレステロールは不健康のシンボルのようにいわれて

ポリフェノールが多い果物は?キウイフルーツの食べ方は?その免疫力とは?

これまで野菜を中心にファイトケミカルについて語ってきました。 ⇒

→もっと見る

  • すっきりフルーツ青汁の公式ページはこちら

    ↓ ↓クリック ↓ ↓

PAGE TOP ↑