日本人の食事の課題=太りやすい&やせにくい とは?健康的にやせるダイエット法は?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

戦前の日本には、肥満で悩む人はほとんどいなかったそうです。

肥満に悩む人が増えてきたのは、日本においてはこのわずか半世紀くらいのことです。

これには、戦後に普及した「間違った栄養学の常識」 が大きいのでしょう。

ここでは、現在の日本人の食事の課題、「太りやすい、やせにくい体」になった原因を確認し、健康的にやせるダイエットの方法をご紹介します。

日本人の食事の課題は?

戦後の復興を目指す日本では、欧米人に体格的にも追いつけ追い越せと、肉を中心としたタンパク質、炭水化物、脂質といった ”三大栄養素”をしっかり摂ることが推奨されてきました。

しかし肉類などの動物性タンパク質や炭水化物の過剰摂取、質の悪い脂質の摂取は、確実に私たちの体を太りやすく、内臓脂肪がつきやすい体質へと変えていきます。

残念ながら「酵素栄養学」の見地からすると、日本人の現在の食事は質が高いものとはいえません。

つまり、太りやすくやせにくい体になった人が増加しているのです。

太りやすい、やせにくい体になった原因は?

消化酵素の無駄遣い

その一番の原因が、消化酵素の無駄遣いを促すような食事スタイルです。

たとえば次のような食事スタイルはめずらしいことではないでしょう

独身の男性サラリーマンの食事スタイル

朝は数分で立ち食いそばをかきこみ、
お昼は外食でご飯に肉類のおかずたっぷりの定食をお腹いっぱい食べ、
夜は仕事のつきあいがてら飲み屋で揚げ物や肉料理を つまみにお酒を飲み、
しめは深夜のラーメン・・・・。

こんな高カロリー、低酵素な食事ばかりを摂っていては、太るのは当たり前のことです。

スーパーのお惣菜やコンビニ弁当の多用

一般の家庭においても、スーパーのお惣菜やコンビニのお弁当などを日常的に食事に取り入れるようになりました。

その結果、ますます生の野菜や発酵食品といった”酵素食”を食べる習慣から遠ざかっていようです。

消化不良は体内酵素の浪費を促進?

悪しき食習慣は、消化不良を起こす原因となります。

私たちの体の消化のメカニズムから、「肉や魚などの動物性タンパク質」は消化するのに、とても時間がかかります。

そして、たくさんの消化酵素を必要とするため、私たちの体内の酵素をどんどん浪費してしまいます。

また消化しきれなかったタンパク質の残留物質は腸内で腐敗し、悪玉菌のエサになるため、タンパク質の過剰摂取は腸内環境の悪化を招きます。

腸の働きが悪くなると、良い便を出すことができなくなり、老廃物をスッキリ体の外に出すことができなくなります。

こういった状態が続くと、「細胞便秘」が起こり、私たちの体の細胞自体の代謝が悪くなっていきます

加熱した食品ばかりを食べると

加熱した食品ばかりを食べたり、遅い時間に夜食をとったりしていると、さらに消化不良の状態が進んでしまいます。

結果として私たちの体内では、消化酵素が浪費され、代謝酵素として使える分の酵素が減ってしまいます

そして、新陳代謝が悪くなり、太りやすくやせにくい体になっていくのです。

 

「腹六分目」こそが理想?

昔から「腹八分目」が良いといわれています。

でも、近年の日本人ではさらに軽めにした「腹六分目」こそが、きちんと消化できて、栄養素の吸収もしっかりできる食事量なのではないか実感しています。

「腹六分目」の効果など詳しくは下の本を参照してください。

クリックでなか見!検索できますよ。

↓↓↓↓

 

ひと言でいえば、現代の日本人は総じて「食べ過ぎだが、栄養は不足している食生活」をしているのです。

健康的にやせるダイエットの方法とは

健康的にやせるダイエットの基本原則とは

タンパク質や脂質、炭水化物は控え、酵素とビタミンたっぶりの生野菜やフルーツ、腸内環境を整えてくれる発酵食品などをしっかり摂る食生活に変えていけば、どんな人でもスリムな体に変身できます。

消化にエネルギーを奪われるとき、私たちの体内での代謝は極めておろそかになります。

そして代謝が十分にできないことで、脂肪細胞の代謝も滞り、肥満につながるというわけです。

さらに代謝の悪化は、さまざまな病気を引き起こす原因になります。

いかに消化に負担をかけない食生活を実践して、消化酵素の無駄遣いを防ぎ、代謝酵素を温存するかが、健康的にやせるダイエットの基本原則なのです。

健康的にやせるダイエットの方法とは

したがって、酵素栄養学の見地から、健康的にやせるダイエットの方法とは、以下の三つです。

  • 消化に負担をかけない食生活を実践する
  • 消化酵素の無駄遣いを防ぎ、代謝酵素を温存する
  •    「腹六分目」を実践し食べ過ぎを防ぐ
  • 食物酵素をたっぷり摂って、酵素の不足を補う
  •     生の野菜や発酵食品といった”酵素食”をしっかり食べる

 
 

ダイエットアドバイザーのコメント


糖尿人である私はゆるやかな糖質制限ダイエットで肥満を解消し、血糖値の正常状態をキープしています。

なお最近は、酵素栄養学の見地から、生野菜や果物を最初に食べ、さらに80種類以上の酵素が配合されている「すっきりフルーツ青汁」を利用して、手っ取り早く、食物酵素を補充しています。
そして、食いしん坊の私ですがいきなり腹6部目にするのはつらいので、現在は腹8部目程度にして、消化酵素の無駄遣いを防ぎ、代謝酵素を温存するように努めています。

すっきりフルーツ青汁の公式ページはこちら

↓ ↓クリック ↓ ↓

 

こちらの記事は補助食品購入に際して参考になりますよ!
「すっきりフルーツ青汁でやせる」の罠?購入前に知るべき事とは?

 

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

マーガリンよりバターが太らない!トランス脂肪酸は危険?ショートニングも?

かつては、「バターは動物性脂質、マーガリンは植物性脂質だから、マーガリンのほうが健康的」とされていま

記事を読む

メタボ 診断基準とは?内臓脂肪 チェックリストでわかるあなたの診断結果は?

メタボ 診断基準とは? 以前にご紹介しました以下の記事でも、メタボリックシンドロームの診断基準を紹

記事を読む

便秘&下痢対策|腸内環境を改善する栄養素は?食物繊維の種類と効果は?

前回の記事 肌荒れの原因と対策は生活習慣にある?ビタミンBやミネラルなどの効果は? では肌荒れ

記事を読む

トランス脂肪酸が日本で溢れる理由?見分け方は?不自然な食品とは?

前回ご紹介した記事 油脂・脂肪酸の種類とは?どの油脂をどのようにとれば健康にいいのか で

記事を読む

「もったいない」が太るもと!食べる量を減らすには?残す マナーとは?

「もったいない」が太るもと!とは 食べ物を粗末にしてはいけません。 しかし、もったいなからと

記事を読む

炭酸水ダイエットのメリットとデメリット?実践方法は?効果は?

infoさん 26歳、会社員、女性、158センチ 私は最近炭酸水ダイエットを始めました。 炭

記事を読む

食べ物の消化 経路は?小腸の構造と特徴は?大腸における腸内細菌の役割とは?

私たちが食事をしたとき、食べ物はどういう経路で、どんな消化管に入っていって、 どう処理されてい

記事を読む

早食い防止法|噛む回数が少ない食材、多い食材は?噛む回数を増やすには?

早食いは満腹になりにくく、血糖値の上昇が早いので、「ゆっくり時間をかけて食べたほうがよい」とよく言わ

記事を読む

ダイエットで目標体重は必要か?「なりたい自分」をイメージしやる気を継続する方法

ダイエットをする際には、一般的に 「目標体重を持つこと」が大切だとされています。 そのため、「

記事を読む

糖質の量を計算する方法は?糖質と糖類の違いに注意!糖分の定義はないとは?

糖尿病患者を対象とした糖質制限食では1回の食事につき、摂取する糖質を20グラム以内と設定しています。

記事を読む

すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

本サイトの人気記事はFABIUSの人気ナンバーワン商品「すっきりフルー

食べすぎが病気の原因!?食べすぎのサインとは?腹6分目の効果とは?

あなたは食べすぎを自覚していますか? 「自分は大食いでは

甘いものの食べ過ぎの影響は?精製白米や白いパンもシミやシワの原因とは?

ケーキや菓子パン、アイスクリームなど、甘いものが大好きという人は特に女

シミやシワを増やす原因は活性酸素とは?酵素ダイエットで美肌になる方法は?

記事 酵素が健康ダイエットの本命!生活習慣病を防ぎアンチエイジン

酵素ダイエット成功の要は腸!リンパ組織が腸に集中?腸の健康チェックの方法は?

記事 日本人の食事の課題=太りやすい&やせにくい とは?健康的にやせ

→もっと見る

  • ダブル酵素とトリプル乳酸菌、さらに5つのサポート成分の贅沢サプリが、定期初回980円で90日返金保証付でGETできます。
    ↓ ↓ クリック ↓ ↓

  • はじめよう!カラダのメカニズムを整えてすっきり体質へ!
    1日不足分の野菜とフルーツを配合!生酵素と栄養酵素をダブル配合!
    ↓ ↓ クリック ↓ ↓

  • すっきりフルーツ青汁の公式ページはこちら

    ↓ ↓クリック ↓ ↓

PAGE TOP ↑