酵素阻害剤とは?薬は異物?薬剤師が薬を飲まないわけとは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

病気をよくするはずの薬が、あなたの体を悪くしているかもしれない。

そんな恐ろしい事実を、あなたはご存知ですか?

酵素積極的に食物から摂取することが、ダイエットには欠かせません。

それと同時に、酵素を阻害するものを極力摂らないようにすることも、とても大切です。

ここでは、酵素を阻害する酵素阻害剤である薬を飲み続けることが危険なこと、そして、それを知っている薬剤師が薬を飲まないわけをご紹介します。

酵素阻害剤とは?

酵素阻害剤の原理とは

酵素の働きを悪くする「酵素阻害剤」には、白砂糖、食品添加物、残留農薬がついた野菜、生のナッツや種、豆などがあります。

そして、これらに勝るとも劣らない酵素阻害剤が、実は「西洋薬」なのです。

実は最近の薬物開発は、このような「酵素阻害」の原理を多く利用しているのです。

「酵素阻害」の原理

たとえばペニシリンなどの薬品は、酵素活性(悪玉) のある部位を閉じ込めたり、死なせたり、増殖を妨げたりすることによって、病状の改善に効を奏しています。

酵素阻害剤の作用は

酵素阻害剤は、私たちの体内酵素を衰弱させます。

それゆえ西洋薬の常用は危険なのです。

こういった特定の薬品作用というのは、「酵素阻害」です。

抗生剤は細菌の膜の酵素を阻害することによって細菌を死滅させるのです。

ということは、これまた酵素阻害剤そのものといえます。

こういった薬は細菌のうち悪玉菌だけを殺すならよいかもしれませんが、少なからず善玉菌をも殺すから困ります。

それゆえ特定の病状を改善することにはプラス作用でも、長期にわたって服用していれば、私たちの体に必ずといっていいほど、マイナス作用を及ぼすことになるのです。

 

酵素阻害剤が使われている薬とは?

西洋薬のうち次にあげるものには酵素阻害剤が使われています。

たとえば血圧を下げるA・C阻害剤、膵炎の治療薬フォイパンがそうですし、抗ガン剤もそうです。

これらは一時はよくても、長い間飲み続けることで後々たいへんな副作用や余病(新しい病気)を生じますので、長期連用は極力避けなければなりません。

また、酵素阻害剤を利用していない西洋薬も危険です。

その理由は、根本的に人間の体になじみのない、異物的な作り方をしているからです。

西洋薬はピュアーな構造式を組み合わせたものですから、人間にとっては異物となります。

それゆえ、やはりこちらも酵素阻害剤となるのです。

薬の種類

現在使われている薬(西洋薬剤) には、次の2種類があります。

  1. 人工合成薬  :   自然の生薬をまったく使わないもの。何倍何十億もの化学物質をコンピュータで計算して、組み換えて作ったもの。
  2. 自然植物抽出薬 :草、花、幹、根、種、茸、皮などの自然の草花、樹木や種などから各種に合わせた方法で有効成分が抽出されたもの。

即効性があり、特定の病状を改善するのに大変効果的なのは1の人工合成薬ですが、その分、酵素阻害の作用も強い異物的なものです。

そして大体の西洋薬はこの人工合成薬のものです。

ただし2の自然植物抽出薬でも、体に良い抽出法と悪い抽出法があります。

体に良いのは、薬効効果が高く、抗酸化力が強く、いつまでたっても酸化しないものです。

悪いのはその逆で、抗酸化力が弱く、すぐに酸化してしまうものです。

薬剤師は薬を飲まないわけは?

本物の薬やサプリメントとは

これから望まれる本物の薬、本物のサプリメントとは自然な植物などから抽出したものです。

それは、還元力が強く、酸化していないことはもちろん、免疫を活性化させるものであり、活性酸素除去効果が強いものです。

また分子が小さく細胞まで届き、高い薬効効果があり、炎症をとることができるものであることも望みたいところです。

薬の長期間の継続服用は危険!

西洋薬を長年続けて服用していると、体内酵素が減り、薬がターゲットとする症状は改善されても、体全体は代謝が落ちて、元気がない状態になってしまうことが多々あります。

多くの方が頭痛や歯痛のときなどに気軽に服用している鎮痛剤も、長期間服用を続けると胃潰瘍になったり、ひどい胃炎や胃痛に悩まされたりする場合もあります。

また手足がひどく冷えて代謝が落ち、太りやすくなってしまうこともあるのです。

ですから、長期間にわたって西洋薬を飲み続けつことは、絶対に避けるべきなんです。

それ故、薬剤師は薬を飲まないのです。

 

ダイエットアドバイザーのコメント

 

 

薬剤師の宇多川久美子さんもその著書「薬剤師は薬を飲まない あなたの病気が治らない本当の理由」で
薬は身体にとっては異物であることを強調しています。
薬は酵素を必要以上に消費したり、免疫力を低下させたり、副作用などで、緊急時以外はできれば避けたいですね。
なお、お医者さんや病院が薬を患者に処方したがる背景には、現在の医療業界に潜む利益構造があることも知っておくと良いでしょう。
 
中見検索で紹介できますよ!

↓ ↓ ↓

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

関連記事

お酒の飲み過ぎ予防法は?おつまみの選び方は?食べすぎや飲みすぎの調整法は?

「お酒をよく飲むから体重が増える」と言う人がいますが、じつは、アルコールはそれほどカロリーは高くあり

記事を読む

肥満と姿勢の関係|肥満は姿勢の悪さが招く?姿勢を改善する方法は?

肥満と姿勢の関係は? 筋肉は、使わないでいると20代前半の早い時期から衰え始めます。 特に、

記事を読む

大豆タンパク質のダイエット効果とは?健康効果は?「スーパー発芽大豆」の口コミは?

あなたは、大豆製品を食べればダイエットに効果があるってことをご存知ですか? このブログでも以下

記事を読む

水溶性食物繊維の特徴?不溶性食物繊維の役割?とりすぎはミネラルを排出とは?

野菜や果物などに含まれている食物繊維には、大きなパワーが秘められています。 ダイエットはもちろ

記事を読む

「ダイエット中」の勘違いとは?ダイエットと禁煙を比較すると?本当に痩せる ダイエットとは?

「ダイエット中」の勘違いとは? あなたは「今、ダイエット中だから食べられない」とか「ダイエット中は

記事を読む

糖質の量を計算する方法は?糖質と糖類の違いに注意!糖分の定義はないとは?

糖尿病患者を対象とした糖質制限食では1回の食事につき、摂取する糖質を20グラム以内と設定しています。

記事を読む

太る原因は糖質!糖質制限食は主食をカットしたんぱく質と脂質をしっかりとる!

従来の常識では太る原因は摂取カロリーが消費カロリを上回ることと考えられていました。 ところが、

記事を読む

糖質制限で内臓脂肪が減る!メタボの症状は?保健指導の内容は?

糖質制限をして体脂肪が減り、適切な体重になると、さまざまな生活習慣病を予防したり改善します。 基本

記事を読む

糖質制限とカロリー制限の併用は間違い?リバウンドや痩せない理由は?

従来、カロリー制限でダイエットしていた方が糖質制限する際、よくある間違いがあります。 それは、糖質

記事を読む

脂肪分解を促進するには?褐色脂肪細胞の活性化、コレウスフォルスコリの効果とは?

適切なトレーニングをすれば、「脂肪が燃える」事はわかっていますが、脂肪を分解してくれる栄養素ってある

記事を読む

腸内環境を整える食事は?油抜きダイエットの弊害&良質の油を適量摂るとは?

女性の中には、頑間な便秘や下腹の張りなど、腸の調子が今ひとつすぐれない

カロリー制限では美しく痩せない!そのわけは?「酵素ダイエット」の方法とメリットとは?

「ダイエットをしているのに、なかなか体重が落ちない」と悩んでいる女性は

酵素阻害剤とは?薬は異物?薬剤師が薬を飲まないわけとは?

病気をよくするはずの薬が、あなたの体を悪くしているかもしれない。

すっきりフルーツ青汁は酵素サプリ?生酵素との違いは?もっとすっきり生酵素とは?

  すっきりフルーツ青汁って酵素サプリ? 酵素サプリとは

フルーツの糖分はダイエットにNG?牛乳でカルシウム補給は嘘?生野菜は体を冷やす?

「今まで何度もダイエットを試みているのに、なかなか成果が上がらない」

→もっと見る

  • ダブル酵素とトリプル乳酸菌、さらに5つのサポート成分の贅沢サプリが、定期初回980円で90日返金保証付でGETできます。
    ↓ ↓ クリック ↓ ↓

  • はじめよう!カラダのメカニズムを整えてすっきり体質へ!
    1日不足分の野菜とフルーツを配合!生酵素と栄養酵素をダブル配合!
    ↓ ↓ クリック ↓ ↓

  • 大ヒット商品の『すっきりフルーツ青汁』を販売する「FABIUS」より生酵素サプリが新登場!

    もっとすっきり生酵素」の詳細はこちら

    ↓ 公式ページ ↓

    もっとすっきり生酵素

PAGE TOP ↑